--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

12.15

ベジタリアンと出会いたい

ほんのささやかな願いなのだがいつも思うことがある。

ベジタリアンと出会いたい

たったそれだけなのだが俺がベジタリアンになってから2年以上経つが一人たりとも出会ったことがない。
同志と言える人間に出会えることはとても素晴らしく幸運であると思う。
簡単なもので以下の条件を満たしている人がいたら良いなと思える。
・ベジタリアンである
・スポーツをしている
・栄養管理が出来て薄味志向
・筋力トレーニングをしている(ヨガやティラピスなどでもOK)
・健康に気を遣っている
・服装や外見に気を遣っている(老けを避け、若く見られる)
・相手を尊重し尊敬出来る

つまり、俺がやっている事の一部なんだけど、それだけでも良いから同調出来る人がいるなら男女問わず友達になりたいと思う。
ベジなんだけど、それ以外は全く何もないって言うパターンはあまり好ましくない。
掲示板見てもたまにあるのが、「ベジなんだけど栄養失調気味」とか有り得ないと思う。
それはベジと言わずに単純な偏食なだけですよ。
前に女と知り合って「私ヨガやってるの」と言われて「へぇ~マジで?」と思って聞くと年数回とか・・・
それも回数券のチケット買ったからってだけで積極的にやっている訳じゃないの。
俺、無言になっちゃった
女友達出来ても「肉大好き」って言葉で一気に興味が失せるというか、こっちから連絡しなくなる
なかなかレベルの高い人っていないよねぇ、こういう人って一体どこにいるんだろう。
一番手堅いのはそういう事をしている施設などで探す事なんだろうけど、1つだけ頑張って他何も無いってのが多くて一から素晴らしさを教え込むのも面倒臭いよね。(多分そうしても嫌がるだろうし)
さらに男でベジってほとんど絶滅危惧種かと思う程話しを聞かない。

逆に、オヤジや一般的な人間ってさっき提示した条件の間逆を行くから本当に残念でならない。
つまり、何も気にせず努力もせずただ生きているだけってパターンだね。
多分、このブログを見ている人は最低でも上記の条件の何らか1つを満たしていると思う。
じゃなきゃ興味ないと思うから。
より多角的に物事を見ることが出来るようになれば、更に多くの興味を持つようになると考えている。
今まで何とも思わなかった物事に対して興味を持ち、その分野の能力値を上げる事が出来るようになる事はとても素晴らしいと思う。
俺は全ての事柄に興味があり知らない事なら尚更で、全く知らない分野の話しを聞いていても凄く興味津々に食いついて理解しようとするクセがある。
しかも物凄い勢いで質問したりして短時間のうちに理解度を上げようとする。
全ての事柄は1つの理論から派生したものであり、それらは応用出来ると信じているからだ。
知識として片隅にあるかないかはとても大きいと思う。
無から有は生まれにくいが、有から有は非常に生み出しやすい。
今まで考えていた事が間違いだと気付いたら、未練もなく即座に切り捨て新しい情報を受け入れる。
そして、新しい情報からの視点でものをみると今まで考えていた事が一変することに気付く。

この世はプレイヤーとシナリオとデータで構成されている。
プレイヤーは人間で、シナリオは考え方、データは人間以外の現物だ。
プレイヤーはシナリオに基づいた動作を行い、データを消費する。
データは永久不変であり、それ自体には大きな差はない。
善か悪かは全てシナリオ次第なのだ。
なので、シナリオの内容により一方にはプラスに映り、一方にはマイナスに映る。
掲示板などで「どっちがいい?」などの下らない質問が載っていたりするが、それは価値観や考え方次第でどっちもが善であると言えるし、実際にそういうパターンは非常に多いものだ。
それが尊重というものだから。
一方が一方的な側面しか見えない(見ない)定規でデータを測ろうが無駄なのだから。
だが、中にはデータへの死や残虐行為を敢えて推奨してまで行う必要があるのか?と思える事柄に気付くようになる。
気付くかどうかは人間としての成長度によると思う。
なぜなら、自分の欲求を律し、正義を貫き通さなければ出来ないからだ。
ほとんどの人間はそんな面倒な事は気にしないで蜜だけ求めている。
シナリオを交換してあげるだけで今まで見てきた世の中が一変する事に気付かない人は多い。
それが映画として出たとしてもほとんどの人間が「映画だから」、「現実じゃない」などとしか考えない。
考える事自体を放棄している人間たち。
彼等は今後30年経ってもきっと何の成長も遂げないんだろうな。
そして最も醜いのは、「自分がその殺される側のデータになった時に初めて涙を流して命乞いをし、この世の異常さに気が付く」という点だ。

俺は自発的に自分のやるべき事に気付いて行動を起こした人間がとても好きだ。
その中でベジタリアンというものはとても大きいと感じる。
これから日本でもベジタリアンが増える事を強く願う。
日本人が野蛮な中国人を「民度が低い」と差別する場面をよく目撃するが、俺は「毛皮を平気でまとい、生物を殺すだけ殺して食べもせずゴミとして処理する」日本人も相当民度が低いと思う。
日本は世界一ゴミ廃棄量が多い国で有名だ。
食わずに殺すなら、頼むから殺さないでくれと言いたい。
それこそが本当の無駄死になのだから。


スポンサーサイト

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(12) 

    2008

10.12

野菜の認識

ふとした事を思った。

飯を食ってたら、他にも席がガラガラ空いてるのになぜかバカ日本人は隣に座ってきた。
しかも男2人組!
うっとーしーだろが!!

はぁ?って顔して2人を見ていたがお構いなしだ。
マジでキモい。
で、声がデカいから聞きたくも無いのにガンガン聞こえてくる。
そこで、マジでコイツ馬鹿だろ!って思ったことがあった。

A男:「俺結構野菜好きなんだよね!!」
B男:「へぇ、そーなの?何が好き?」
A男:「生姜は凄く好き!」
B男:「あぁ!」
A男:「生姜って凄く旨くて好きなんだよ!」
B男:「ていうか、生姜なら俺も好きだよ!」
A男:「野菜も好きで、ムシャムシャすげー食うよ!」(サラダを頼んだ)
B男:「へぇ!」
A男:「野菜すげーウメーよな!」
B男:「野菜人か!」(ドラゴンボールのサイヤ人とかけてる)
A男:「そうそう、俺スーパー野菜人!!!」
B男:「わははっ!」
A男:「わははっ!」


牛丼大盛り頼んでるテメーがそんなクダラネー事言ってんじゃネーよ、ドチビ!殺すぞ?

もうね、世間の「ベジ」とか「野菜」とかの認識がおかしい。
ちょっとサラダを食うと「野菜大好き」らしい。
野菜食う事は別に普通だし!
こういうヤツは結構多くて、ダッセーって俺は蔑んでみてる。
大抵のヤツは、肉もガツガツ食うからな、全くベジじゃねーし!!
まぁ、個人の認識の違いならまだしも店で「ベジ」がついても、それは野菜を多く使ってるだけで思いっきり肉も入ってる。

「はぁ?・・・どういうこと?」

ベジとかエコとか言うのがきっとカッコイイとか勘違いしてるエセ野郎の仕業なんだろうが、ホントにウザいのこの上ない!!!!
メニューにベジがついても、ちゃんとレシピに肉を使ってない事を確認しないと大変な事になる。
しかも昭和時代の生き残りか?と思うほどの時代遅れが、ベジタリアン=ヴィーガンとしか考えていない。
説明すんのもメンドクセーって話し!

ベジの認識や肉を食うという事への認識が本当におかしい。
何も考えない馬鹿なヤツに哀れみを感じる。
肉を食う、食わないって事を「価値観の違い」とだけしか考えていないヤツに殺意を覚える。

一度さ、屠殺場で何が起きてるか見学に行ってこいよ、テメーは!
なんならオメーをこの場でテメーをブチ殺しても構わねーんだぜ?



ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

03.01

普段の食生活

普段食べてるものはこんな感じだ。
おりじん
※おにぎりを3つ、おくらめかぶ豆腐、セロリサラダ、トマト、コンニャクと厚揚げ
このうち、おにぎり1つは朝食用。
これでおよそ900円台だ。
毎回、朝食&昼食で900~1200円食べている。
夕食も残業がなくてベジ系を食べに行く場合以外は、オリジンで済ませている。
夕食を大量に食べると、体内環境と言うか調子が微妙に悪くなる事がわかるようになった。
なので、夕食は少なめにしておよそ400~500円程(おにぎり3つとおくらめかぶ豆腐)食べている。
夕食がこれより少ないとハードトレーニングに耐えられない。
途中でエネルギー不足で急に力が出なくなる。

久しぶりに、「はーべすと」で食べた。
「はーべすと」は、横浜地域に2店舗あるが、ワールドポーターズ店よりヨドバシカメラ店の方が、値段が500円安い上に野菜を使った物が多く、とても良い!
はーべすと3-1
※厚揚げ豆腐、大豆こんぶ、コンニャク、さつまいも、ひじき大豆、蒸した野菜、キャベツと油揚げ

はーべすと3-2
※ピクルス(パプリカ、きゅうり、大根、ニンジン)、きゅうりの漬物、柚子の野菜和え、何とかの野菜和え、白身魚の揚げ物、堅焼きそば、ほうれん草系を2種類

これにグラタンとパスタ少々。
食べてる間は至福の時だが、ヴュッフェスタイルのために食べ過ぎの傾向に陥り易く、毎回腹がパツンパツンの状態だ。
いつも考えるのは、この一食で「1000Kcal超えてるかな?」だ。
そして、「超えてるに決まってる!」と言われる。
そりゃ、カツ丼が900Kcal台だからカロリーが1000Kcalを超えている事は言うまでもないんだが、まぁ、それぞれの栄養素別で見れば断然マトモだ!

ベジタリアンを始めてから8ヶ月経つが、完全に味の好みが変わってきた。
元々、豆類や芋類、小麦類は大好きだったが、特に「美味い」と感じるようになってきた。
「はーべすと」で食べた、大豆とサツマイモがメチャクチャ美味くて何回もおかわりしていた。
「こんな美味い食材があるなんて、何て恵まれているんだろうか!」と思いながら食べていた。

その他にも、野菜の味の違いがわかるようになってきた。
野菜には、「肉系」、「繊細系」、「スパイシー系」、「嗅覚系」があると思うようになってきた。
肉系:キャベツやおくら、トマトなどの食べ応えがある野菜で、料理の中でもメインを張れる存在
繊細系:葉などの味を染み込ませる事が出来、味付けでガラリと雰囲気が変わる脇役的存在
スパイシー系:唐辛子などの一般的な香辛料と区分されているもので、味付けのベクトルを大きく変える存在
嗅覚系:パクチーやシェラントロ、クレソンなどの香草系やパセリ、みょうがなどの鼻で感じてから舌で味を感じる野菜で味のレベルや品を向上させてくれる存在
野菜がより美味しく感じるようになった。

その野菜から見れば、豆類、芋類、穀類、小麦系はより味が強く美味しい。
野菜では引き出す事が出来ない次元の味だが、それぞれに「美味しい」と感じる長所がある。
野菜1つを取っても満足出来るに十分な食材だと感じる。
全てが野菜で作られた食事でも高い満足度はある。

ただ、栄養学に詳しい人ならわかるが、人間で非常に大切な『タンパク質』が不足してしまう。
ここで挙げた、そのどれもがタンパク質の含有量が非常に少ない(というか皆無のものが多い)。
はやり、タンパク質を自然界から効率良く採るには魚介類しかない。
魚はちょっと気が引けてしまうが、個人的にはタコ、イカ、エビ、カニ辺りは魚と比べると良心の咎めが結構少ない・・・
特にタコは、超高タンパク質、超低脂肪、低カロリーで非常に良質な食材だ。
タコが大好きで、サクを買ってきて1分以上洗ってからワサビだけをつけて足1本丸ごと食べてしまう。
タコはなぜあんな宇宙人のような気持ち悪い容姿なのにあれだけ美味いのか・・・
だが、値段は非常に高価だ!
鶏が100g辺り大特価で30円台で売られている時代に、タコは100g辺り200円前後だ。
だが、そういつもいつも魚介類に頼るのも悪いから、ハードトレーニングをした時はプロテインを積極的に採るようにしている。
あとは、マルチビタミン剤とカルシウム剤は欠かせない。



ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

11.12

食肉を断った映像

いわくつきだと言われているが、これで絶句し食べる事への憎悪を感じたのは確かだった。
http://saisyoku.com/cow.htm

この内容を読んで途中から涙が止まらなかった。
http://saisyoku.com/talk1.htm

最も残酷なのは人間だと思い知らされた。



ベジタリアントラックバック(0)  コメント(3) 

    2007

11.03

本来のあり方?

自然界で野生動物を狩る


つまりは、本来あるべき姿だと言える気がする映像を見つけた。
※冒頭に出てくる密猟や娯楽ハントは論外


だが、見ていてとても納得いくものではなかった。
大型動物は死ぬまでにとても時間がかかる。
それまで、鉄製の槍でブスブス刺されまくるのも痛々しすぎる。
アリのように数で制されジワジワと殺される。
人間に力がないため死ぬに死ねない。
死に方としては拒絶したくなるうちの1つだろう。
いっその事、大口径の機関銃で脳天を1発で吹き飛ばしてあげて欲しい。
だが、そんな武器を手にしたら野生動物の狩りが一層楽になり犠牲者も増えるだろう。

もし、以前話した野性の掟に乗っ取った狩りを行ったとしたら、全人口の肉を食いたいという欲望を満たすには野生動物は滅んでしまう気がする。
止める事の出来ない食肉の欲望を満たすには、家畜の動物たちが犠牲になる事によって現在の野生動物を滅亡させない最後の堤防の役目を果たしているのかと思ってしまった。
この問題は簡単に結論が出せないとつくづく思った。




ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

11.02

レストラン選び

外食する際に利用する店

No.1 自然食バイキング はーべすと
はーべすと正面

数多い品数と美味しい味付けに惹かれて、利用する回数が多い店。
ベジタリアン用で肉不使用という訳ではないが、和食なので肉以外の食べ物も多い。
魚や芋、乳製品など様々あるが、どれも一定水準をクリアしていると思う。
はーべすと2

値段は、数ヶ月前に1500円から2000円に値上げしてしまったが、その分魚などの品目も増え、内容が充実した。
「まともな食税」と考えれば、2000円という値段は満足出来る値段だ。
身近な所でならワールドポーターズの5Fと横浜のヨドバシカメラのB1にある。
ヨドバシでは時間制限がなかったが、ポーターでは90分の時間制限があった。
ここに来た時はバイキング形式のため多めに食べ過ぎてしまうが、良くない傾向だ。
お気に入りのメニューがいくつかあり、これは絶対に外さない。
・鯛のような魚(淡白でとても美味しい)
・豆乳で作ったグラタン(とてもアッサリしていて生クリーム感も出来るだけ抜いてて美味しい)
・とろろ
・パスタ
・野菜物
この価格で食べられるメニューで、この味付けのセンスは相当イケてる。
ハッキリ言って美味い!!
ただ、和食が好きじゃない人はオススメ出来ませんけど。
基本的に、薄味和食~やや濃味和食がメインで、数品はイタリアン風だったりインド風だったりとその時によってちょいちょいメニューが変わる。
半月振りに行ってみると、微妙にメニューが変わってたりしてて頑張ってると感じる。
今日食べたメイン料理の写真を取るのを忘れたが、オマケで食後のひとときの様子を載せる!
4.jpg


はーべすとの公式サイトがないだけに、関連紹介してるサイトを貼っておく。
http://www.create-restaurants.co.jp/topics/index.html

--------

2007/11/1
そういえば更新してないな。
最近「使える!」と思ったファミレスを紹介!
ファミレスは数が多いし緊急のときに重宝する。

No.2 藍屋

普通のファミレスと比べると値段は高めの設定だ。
ちゃんと食べると1200~2000円の範囲となる。
はーべすとが食べられちゃうじゃん!!
しかし、ファミレスとしては魚メインの料理が多く、珍しくどのメニューにしようか「迷える」店だ。
藍屋のメニュー

No.3 ボンベイ トーキー

カレー屋で、アッサリした味とナンの外カリ、中フワがとてもおいしい。
以前記事でも書いた
ボンベイ トーキー
オススメだ!

No.4 すき屋

驚かれるかもしれないが、肉を食うわけではない。
単品で、ご飯・納豆・とろろ・豆腐・サラダを頼む。
俺の中で「和食セット」と言っている。
この内容は松屋と比べても格段に美味しい。
とろろに付いているワサビを半分位使って豆腐につける。
そこに醤油を垂らして食べるととても美味い!
とろろもホントにそつなく癖無くオーソドックスなので食べやすい。
(所詮、味はたかが知れているし添加物も凄そうだけどコンビニよりはマシだ!)
食べ物屋に困った時は使える!

No.5 おむすび権米衛

昼以外は注文を受けてから、釜からご飯をよそって握ってくれる。
勿論、握る時はビニール袋を使用しているので衛生上は問題ない。
値段の割には量がとても多くて有難い。
何度か食べたが米はやや硬めだった!
おむすび権米衛

No.6 ジャンカデリック

中目黒にあるメキシカン料理の店。
今まで食べたメキシカンで一番美味しかった。
学生の頃、一世風靡した有名なメキシカン料理屋で1年間バイトしてる時もあったので普通の人よりは味は分かると思う。
ここのチップスはその場で揚げてくれるし非常に薄いのでサクサクッとした歯ごたえがとても美味い!
サルサ狂の俺にはよく合った!
ただ、喫煙だし店は狭いし清潔感漂うという訳ではないので御注意を!!
客の外国人率が高めだった気がした。
テキーラ裏メニューがある。
テキーラは結構強烈な方だと思う!
ジャンカデリック

No.7 ZEST 恵比寿店

ZEST最大の規模と売り上げを誇る恵比寿店。
メキシカンだ。
ここは全体的に脂質が高いので要注意だ!
だが、本格メキシカンから比べるとかなり日本人テイストにアレンジしているので食べやすいと思う人は多いと思う。
ここのテキーラは非常に飲みやすく何杯でも行けちゃう!
6千円位平気で飲めちゃう。
ZEST Cantina


ベジタリアントラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

11.01

久しぶりのはーべすと

久しぶりにはーべすとに食べに行った。

内容としてはこんな感じ。
20071101225002.jpg

20071101224957.jpg

■左のプレート
キンピラ、野菜の炒め物、きゅうり漬け、サバ、玉子焼き、生で食べられるカボチャ、ふかし芋

■右のプレート
キノコのパスタ、ナスとチーズとトマトのペンネ、豆乳カブ(?)

■左おわん
6穀米に野菜和風カレー
#野菜がゴロゴロ入っていたが、中でも大根が珍しい。
#旨みを吸っていてとても美味しかった。
#カレールウは辛くなく子供味ぽかったが、カレーうどん用のカレーのような感じでめんつゆ感を感じた

■右おわん
とろろにゴマ、葉っぱをトッピング

この日のはーべすとは味が濃いめだったし、塩が多めだった。
俺としてはちょっと残念だ。
カレーは子供味っぽかったが、クセになった。
いつ来てもとろろが美味しい!
ご飯がなくてもチュルルッといくらでもいけちゃう!

この後に、おかわりして以下の食べ物を追加!
・麦ご飯カレー
・パスタ(1回目より少ない)
・ペンネ(1回目より少ない)
・とろろ

カロリーなどどんな感じだろう。
1500Kcal超えちゃったかな。
いや、今日は越えてないかも!
俺が好きな豆乳グラタン無くなっちゃった。
結構悲しかったりする。

彼女はこんな具合!
20071101224949.jpg

セッティングが綺麗・・・
パスタを食べようとしてる所で撮ったから橋がブレてる!(笑)



ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.10

ベジタリアン商品

ベジタリアン関連の商品を紹介!
ベジタリアン関連商品の現地調達は非常に難しく骨が折れる作業だ。
ネットで送ってくれる事はとても頼もしい。

★気付いた時に随時アップ★

無かんすい、ノンフライで肉・魚エキス未使用で、1食当たりのカロリーも343Kcalとヘルシーな感じとなっていて、穀物が入っているのも嬉しい!


肉もどきの一種のようだ。
初めてみた。
味がイケてたらレパートリーが増えそうな一品だ。
予め細切れとなっているから調理はしやすそう。


ビーフエキスや脂肪を使わずに植物成分だけで作ったカレー
個人的にはレトルト食品は苦手だが、一応アップしておく!


野菜たっぷりのオーガニック(有機)パテ!
パテをパンやクラッカーなどについて食べる人はチェックしてほしい
保存料、着色料、香料無添加らしい。
ドイツなので海外の中でも日本に近そうだ。


チリソース発見ーーー!!
オイラの大好きなチリ系だ♪
他にナンも売っているようだ。


三育フーズから出ているチンジャオロース
「香味野菜であるしょうが、ねぎをたっぷり使い植物原料のおいしさをギュッ!と詰め込んだソースです。」みたいなので、五葷を食さない方にはムリな商品となっていますので御注意を!


北海道産真昆布と国内産干椎茸のみを使用した純植物性のだし
料理をする上ではベジ調味料は重宝しますね。


てりやき野菜ハンバーグ
え?大丈夫なの?
目を疑ってしまうような商品を見つけてしまった。
「動物性油脂、肉エキス、肉フレーバーなどは使用していません!」と三育フーズさんが謳っています。


キター!
大好物のタコスー!
普段は肉関連抜いてもらっているタコスがヴィーガン仕様で登場してる!!
そしてまたもや三育フーズ殿!
頑張ってますね!


ベジ用のサルサやチリソース!!
ん?
サルサって元々ベジな気が・・・



中華風野菜ミートボール
ちょっと、ミートって言ってますよー!!
大丈夫ですかー?
読んでみると大豆らしい。
当然、「動物性油脂、肉エキス、肉フレーバーなどは使用していません!」とのこと。


動物性原料を使っていないベジタリアンスープ


SOYバーグ
大豆で作ったハンバーグだ。


ベジタリアンのためのカレー
こだわり屋にあったのと同じものだ。


タンドールゴビ
現在料は「カリフラワー 生姜 ニンニク スパイス 塩 サラダ油 ベッサン(インド豆の粉) 
添加物・合成保存料は一切使用していません」だそうです。
肉かと思ってしまう一品だ。
この記事を書いていてベジタリアンは食べるものがないと言ったのは誰だ?と思ってしまう。
俺にとってのベジタリアンの質素な食生活が一変した。
ベジタリアンの食卓に『彩り』をつけてくれるだろう。
ミスチルの「彩り」も良いよね!


キトハーブ薬膳カレー(ハーブ)
『スープカレーのようでサラサラとしています。
具はごろごろとたくさん入っているわけではありませんが、
47種類もの(普通は10種利前後)スパイスハーブ&漢方生薬を配合しているため、とてもスパイシーで満足感が高く感じられます。
胸焼けはせず、新陳代謝が活発になるのか体の中からぽかぽか暖かくなり食べているうちに汗ばんで、
体の毒素が排出されてるう~~って実感できるカレーなのです!
かといって薬くさいわけではないのでご安心を。。。』
100g当たり120Kcal程度とカレー界としては信じられない低カロリーとなっている。
(俺の自作カレーと良い勝負だな!!)
カレーというのは20gで115Kcalというのは当たり前である。
ココイチカレーの成分表があったので一読を。


テンペ
個人的には苦手である。
テンペ好きはチェックしてください。


野菜ハンバーグ
三育フーズ様から出ています。


松田のとうにゅうず
こだわり屋にも売っていた豆乳で作ったマヨネーズ
マヨネーズ好きな人は要チェック!!


雑穀クラッカー
こだわり屋で買った商品!
※北海道産小麦粉と、国産の雑穀で砂糖・動物性油脂・乳製品・卵は不使用
クラッカーが苦手な俺でもおいしく食べる事が出来た。
単独で食べると油分を感じるが、ジャムなどで食べるとまるで感じない。
そして通常のクラッカーのモサッとしてバフッと口に張り付く感じもない。
パリッとしてサクサクと堅めの感触と雑穀の素朴さがやたらと癖になった。
オススメの一品だ!!


おからクッキーなど
上記商品の会社であるりんねしゃから出ているので期待出来る!
甘さも控えめとよさそうだ。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.07

こだわり屋

こだわり屋
横浜そごうのデパチカにある
材料を厳選している商品を扱っている店
残念ながらベジタリアン専門店ではない
こだわり屋1


彼女から教えてもらった店だ。
そういう店があるのは聞いていたが今回初めて行ってみた。
とりあえず、写メとりまくった。
紹介していこうと思う。

店自体はとても小さくこじんまりしている。
ところ狭しと商品が置かれている。
こだわり屋2


まずはこんな毒素満点な物を見てみた!
「酵母エキスって何を使ってんだ?」という点以外はとてもナチュラルな感じに映る!
食品添加物はほとんどないだろう。
商品1

パンなんてあるんだけど・・・
どれどれっと。
トランス脂肪酸を含む凶悪ショートニングを使ってない!
それどころかバターさえも?
家で作る並みのヘルシー食品じゃないか!
しかし、パンは買いません。
パン買う人は要チェックかもね。
商品3

お菓子を撮ってみた。
ヘルシー食材を使っている。
しかし、クッキーは脂質が・・・
商品4

雑穀使ってる・・・美味そう。
素朴でパリパリ食べられるなら買っちゃいたいな。
でもクラッカーは表面の油分があって苦手だ。
とても食べられない。
でもきっと美味いのかも・・・
商品5


買っちゃった
買ってみた
油分はやっぱりあったけど、普通のクラッカーと違って食べる事は出来そうだ。

デミグラスソースなのに肉エキス不使用ってのは凄い!!
味が気になるが、カロリーが
ベジタリアンのためのカレー?
ほほぅ、スパイス風味なのかな!?
商品7

このラーメンは有名所だね!
かん水を使わない良質らーめんらしい。
しかし、らーめんは食べません。
カロリーは塩で1食分430Kcal程度もあった。
この程度の量だと腹一杯になるとも思えない。
らーめん好きには良いかもね!
商品8

豆乳で作ったマヨネーズ。
卵も使ってない!
珍しい一品だ。
マヨネーズは嫌いだが、味はほんとにマヨネーズだった。
商品9

なんと、魚肉ソーセージがあった。
恐る恐る見てみると・・・
商品10
一般で売られている魚肉ソーセージとはまるで違うじゃないか!
これは頑張ってますね!

味が気になる所です。
商品6

農薬対策の野菜(や果物)も売っていた!
しかも気持ち安いような・・・
商品11


正直、ここまでのクオリティの高さを誇っているとは思わなかった。
近所の方は一度覗いてみてください。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.07

ベジタリアン

ベジタリアンになる理由は様々だが、そんな彼等には同志として強く共感を覚える。
健康目的のため、動物愛護のため、宗教信念のため、勧められたため、既にベジタリアンをしている人の考え方に共感したため・・・

俺の理由は動物愛護のためで、その考え方についてはベジタリアン宣言で既に書いている。

日本ではベジタリアンというだけで好機の目で見られる。
ベジタリアンというのは色々な意味で精神力や信念がないと続ける事は困難である。
俺はまだ始めてから3ヶ月半程度しか経っていないが、さして困ることはない。
ベジタリアンになってから幾ばくか変化があった。
・体調管理がし易くなった
・肉を食っている頃から比べて太りにくくなった
・誤って肉を食べてしまった時に下痢気味になるようになった(エキスでも濃度によっては起こる)
・より快便になった気がする

そして最も大きかったのがこれだった!
・ベジタリアンになったという自覚による精神力の強化

「強い信念が自分にはある」という明確な意識が、より自分の精神力を強いものにしていると言うのがハッキリとわかった。
これはベジタリアン精神に関したものではない。
全体的な考え方にもいえる事だった。
全国にいるベジタリアン精神を持っている人は共通の悩みがあると思っている。
それに関しては今更言う必要もないだろう。
しかし、互いが互いに切磋琢磨して、より良いベジタリアンライフが送れるインフラを構築していければもっと過ごしやすくなると思っている。
ベジタリアン精神を持ったレストラン経営者や大企業の社長が増えれば、もっと日本でのベジタリアンライフが送りやすくなるだろう。
ベジタリアン商品を買う事やベジタリアン商品を扱っている店でなるべく買い物をする事で、ベジタリアンライフを送りやすくなる事に繋がるし、ベジタリアン化計画に協力をしていると言えるだろう。
企業も収益が上がれば拡大もしやすくなる。
しかし、収益が見込めないならばベジタリアン化を断念する他なくなる。
それはつまり、ベジタリアンライフを快適に送るための希望の星を消してしまうということになる。

消費者は"安全でおいしく安い"物を望む。
しかし、実際には"危険で作られた味で安い"物が高い需要を誇るのが現実のようだ。
少し考えて見て欲しい。
農薬を使った方が農家としては楽で綺麗で苦労しないが危険な物が作れるのだ。
当然、楽な農薬を使う方に需要は集中する。
だが、一部で消費者に安全な物を届けたい一心で農薬を使わなかったり、使っても頻度を減らしたり、なるべく毒性が薄いものを使ったりと努力を惜しまずに毎日毎日苦労をしてまで野菜や果物を生産している農家がいる。
そういう方法で生産された野菜や果物は、"見た目が悪くて高くて数が少ない"物として世に出回っている。
そして、消費者は「健康を考えると良いんだけど高いからねぇ」と言う。
良い物は高いという常識が理解出来ていない。
農薬使いたい放題で農薬漬けの虫も寄り付かない見た目がピカピカな物が200円で、本当に苦労をして農家自身でも食べる事が出来る位のクオリティの高い物が350円で売っていたならば、俺は350円など安いと思える。
一毛作ならば365日分の努力を、二毛作ならば182日分の努力が上乗せしているだけだ。
差額が150円で365日で割ると1日の努力が1.7円程度だ。
1日に1.7円あげるから農薬を使わずに手作業で虫を採ったりカモを放したり防護ネットなどで対策打ったり広い土地を見回ってって言われたら、あなたやりますか?
俺はたった1.7円程度のためだけにそんなことは到底出来ない。
正直、その差額が努力料ならば安い位だ!
「金と健康どちらが大事?」という質問の答えで、「金」というのが現状のようだ。
実際に農薬を使わなかったり、牛豚鶏の健康状態を考えたり、国産にこだわったクオリティの高い商品だけを扱ったりしている企業の儲けはほとんどない!
むしろ、値段が高いと言う事だけで廃業や安くて悪い商品の扱いに方向転換する事を余儀なくされているのが現状だと知った時、とても悲しくなった。
食物の内容に気を遣える人間はレベルが高いと俺は思っている。
尊敬出来る対象である。
儲けなど考えずに良い食品を世に出したいという信念から動いていても世間では冷たい目であしらわれる結果となる。

金とはなんだ?
溜め込んで何に使う?
なけなしの溜め込んだ金で娯楽を楽しむのか?
マンションを買うのか?
その蝕まれた体で将来は安全だと考えているのか?

こんな事を考えてしまった。
余りにも忙しい人間が、「金で時間を買う」という事がある。
時間は買うが、健康は買うことはないのだろうか?
中国では富裕層を中心に「金で健康を買う」という行動を起こしている。
健康というのは目に見える物ではないから、実感がわかないのだろう。
それは仕方ないと思っている。
実際に若いうちは何をしてもヘッチャラだ!
若いうちにガタが来ていたら長生きは出来ない。

沖縄を中心に高齢化が進んでいる。
80歳などまだ若い!
100歳位でも生きている。
ここで1つの疑問が出た。

「何でそんなに長生き出来るの?」

俺はずっと思っていた。
そして超高齢なのに健康で元気だ!
なぜ?
もちろん、遺伝子や風土も関係しているだろう。
そして1つの結論に気付いた。

「本来、人間はその歳まで生きられる設計なんだ!!」

じゃ、何で半分程度の50歳や60歳で病死してしまうのか?


つまり、食べている物なのだ!
食べている食物で体を形成しているのは間違いない事実だ。
強い毒を飲めば死ぬし、弱い毒を飲めば体調を崩す。
それは摂取した食物が直接体に取り込まれているからだ。
長生きしている人は、大抵自給自足やそれに近い環境にある。
農家は「商品用の作物」と「自分たちが食べる用の作物」を作り分ける。
農家の人が言っていた。

「商品用なんて危険過ぎて食べられる訳がないよ。都会の人たちはあんなものを食べているんだから信じられない」

生産現場を見ている訳でも農薬の毒性を理解している訳でもない。
農薬を使って殺人することは容易い。
実際にそんな事件もある。
要は濃度を調節してるから大丈夫だ!と言っているだけに過ぎない。
致死量が1gなら、1mg程度なら死にはしない。
そう、死にはしない!
健康など知ったことではないのが今のやり方だ!
要は死ななければ問題ないのだ。
蓄積して数年後、数十年後に死んでも「XXX病」や「XXXガン」という形で現れるだけだ。
誰も農薬や添加物による被害とは思いもしない。
理解することすら出来ないのだ。

「あぁ、運が悪かったんだ!」

そう言って体を切り刻まれ、数十万~数百万の治療費を払い、入院を余儀なくされる。
しかし、それは運ではないのだ!

『何の危険物質を摂取したか?』

その要因が大半を占めている。
遺伝的疾患や環境的要因も考えられるが全国で共通して起こっている事を考えると、一部の固有的環境疾患という要素は限りなく少ないだろう。

かく言う俺もこの事に気付いたのは、つい最近だ!
ようやく28年かかって気付く事が出来た。
これを言って「バカじゃん!」と笑う人もいれば、呆れる人もいるだろうし、何も感じない人もいるだろう。
それはそれで別に構わない。
記事として書く事によって、それに気付くキッカケになるのならば、書く事自体がとても重要なのだ。
俺も微妙に外れていて、本当の真実がさらにその奥に確実に存在していたとしても、それについて考えることすらしなければ真実に辿り着く確率は限りなく0%だっただろう。
間違ったとしてもいい、それが逆方向に進んでいたとしてもいい。
考える事や行動する事がとても大事なのだから!



俺は今まで透明で見る事が出来なかったベジタリアンの扉を開ける事が出来た。
そして、その中にある更なる情報の扉を見る事が出来た。
ここで書いたのはその中の1つの扉だ。
このベジタリアンという考え方は、ベジタリアンにあらず!
要は考え方なのだ。
世の中には幾万という真実が惜しげもなくその辺に転がっている。
誰にでも見る事は出来て理解する事は出来る。
ただ、透明なだけだ。
気付いた人が発言することによって、一生気付くことも出来なかった事実に気付ける事が出来るようになる。
理解されることなど前提ではない!
考え方は存在する人間の数だけある!
まさにそれ自体がアイデンティティだ。
10cmの白いボールを「10cmの白いボール」と認識している人もいるし「白いボール」と認識している人もいれば、「赤いボール」と認識している人もいる。
それは個人の勝手だ。
しかし、事実は「10cmの白いボール」である。
透明であるがために気付かないとても重要な真実は俺の10cm目の前にもある。
まさにエジソンやアインシュタインは大天才である。
彼は10cm目の前にある透明だった重要な真実の扉を見る事が出来たのだ。
そのおかげで俺たちも見えるようになった。

人は人と共存しなければ生きていけない。
今、1人でも不自由なく生きていけてると思えているのは過去の偉人の賜物である。

俺にとってのベジタリアンは重要な扉だった。
互いに感銘を受け合える人間と出会える事の素晴らしさを知った。
そして、俺は今まさにそう思える人間に出会えている。
それ自体が奇跡だ!
この限りなく無数に存在する人間たち。
人が一生のうちに出会える人間の数など多くても3桁止まりだろう。
今まで出会えた人と憎みながら別れる事もあるだろうし何も感じずに別れることもある。
大半が何も無く別れると思っている。
今後の自分の人生にとって重要な人物や大事な人が生活している地域や名前がわかるのなら、きっと全国の人間は一斉に動き出すだろう。
出会いは1つの縁である。
名コーチと名プレイヤーの出会いは必ずしも起こる訳ではない。
この世には世界一の実力を持ちながら、平凡に暮らしている人も少なくないだろう。
出会いというのはそれだけ人生において重要な出来事だと思う。

俺はそのうちの1つの出会いが出来たと確信出来る。
その出会いも奇跡的な展開だった。
1つの歯車が噛み合わないだけで出会う事はなかった。
出会えて本当にありがとう。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(10) 

    2007

10.02

解体という現実

一番最初に紹介した「屠殺について」のサイトが更新されていた。
友達に教えてもらった。

解体される牛の映像が映っていた。
まず見てもらいたい。
http://saisyoku.com/index.html
「鉄壁の向こうに隠された涙 」というタイトルをクリックすると見る事が出来る。

牛の頭に撃っているのは「電気ショットガン」と呼ばれるものだ。
文献によると、牛の神経を破壊し動かないようにするもので、その時に痛覚も破壊されるとある。
しかし、映像を見てもらうとわかる通り、痛覚など破壊されていない。
単純に牛を吊るすまでの間、動きを止めるだけの代物だろう。
人間だけが得をするものだ。
虐待と言われる事に対して企業や肉食主義はこの「電気ショットガン」で意識はないと言っている。
これは海外の映像だが、恐らく日本でも同じことが起きているだろう。
片足で数百kgを超える体重を支えることの辛さを人間はわかっていない。
拷問が合法だった時代で、「吊るす」という行為自体が拷問として確立している。
人間の場合など簡単に脱臼してしまうそうだ。
耐え難い苦痛でやってもない罪を認めてしまう人もいる。

これは、永遠に終わる事のない残虐行為のほんの一部を垣間見たに過ぎない。
これを見てまで人間は肉が食べられるのだろうか?
「気持ち悪いから見ない」という人間がいる。
なんというご都合主義者なのだろうか!
嫌な部分を見たくなく、美味しい部分は味わいたい。
そんなに世間は甘くない!
権利があるなら義務もある。
少なくとも、肉を食べている人間は絶対に見なければならない!
そして、懺悔をすべきだろう。
現実世界で行われている、今もなお止まる事のない虐殺行為に加担していることを!
もっと現実を知るべきである。
テレビやラジオで流れている情報は、政府などによって検閲されたごく一部の情報である。
今現在行われている事実が全て流れている訳ではないのだ。
国民は情報操作されている。
インターネットには本当の真実がある!
勿論、捏造された情報もある。
鵜呑みは良くないが調べていけば大抵の事実を突き止めることは可能だ!
少しでも虐殺される動物が減るように「肉を食べない」行為をしてほしい。
今ここで変われば、その時点から生産される量が確実に減る。

虐殺をやめさせよう。

そして周りに伝えよう。

血の通った人間であるのなら!

食欲という名の欲求に打ち勝とう!

たかだか「肉を食べたい」というだけのことだ。

あなたにプライドがあるのなら。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

09.30

ベジタリアン関連ブログ No.1

ここのブログではベジタリアンレシピが充実している。
どれも美味しそうで羨ましい。
http://koto82.blog82.fc2.com/

ここのブログではベジタリアン関連の物を色々とチェックしているようだ。
中には見た事があるのも多いが、全く知らないものもある。
ベジタリアン製品に関心が高そうだ。
http://mrks.blog17.fc2.com/blog-category-23.html

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.27

激ウマなカレー屋さん

以前自作カレーを作った時に予告しておいたカレー屋について

そこは「ボンベイ・トーキー ラゾーナ川崎プラザ店」という店だ。
http://maharaja-group.com/

インドと言えばベジタリアン思考かと思ったが、残念ながら容赦なく肉は使用している。
肉料理もそれなりに多いと思う。
まだベジタリアンになる前に一度タンドリーチキンを食べたが、普通だった。
彼女が作ったタンドリーチキンの方が美味しかった。
よく「タン鳥」、「タン鳥」とメールでせがんでいたのを覚えてる。
肉も鶏のムネ肉を使いオーブンで焼くから脂肪分がとてもカットされ、表面もカリっとしていて美味しかった。
まぁ、今では有り得ない話しなのでこれは置いておくとする。

フィッシュカレーも食べたが、魚臭さが残っていて正直オススメは出来ない。
彼女は食べる前に、「魚は微妙なとこが多いからやめた方がいいよ」と注意してくれていた。
まさにその通りだった。

美味かったと思ったのは、ココナッツカレーや以前食べたマトンカレー(肉はちょっと塩味が濃い)、野菜カレーだ。
そしてナンがとても美味しい。
まず巨大である。
そして外はカリッとしていて中はふんわりしている!
何枚でも食べられる位に美味しい。
カレーと一緒に食べるとヤミツキとなる。
大抵、ナンは2枚頼む。

これは野菜カレーを頼んだ時に撮ったもの。
ボンペイ

カレーは少なく思えるが、思ったより入っている。
ナン2枚頼んでギリギリ丁度かな?というくらい。
この2品で1500円程だったと思う。

最初の頃は本格インド風だからか、従業員がインド人だから理由はよくわからないがゴールデンタイムでも3~4組の客しかいなかった!
俺としてはシメシメって感じだが、潰れてしまったらとても困る。
待たない程度で客は入ってほしいと思っていた。
そして3週間位前に久しぶりに行った時はなんと全席埋まっていた。

遂にこの時が来てしまったか・・・

そう思った。
待つのがとても嫌いな性格なので、「待つか」「待たないか」は店選びではとても大きい。
いくら美味しくても1時間待つなら絶対に食べない。
時間がもったいないからだ!
そこまで犠牲にする程の食欲は俺にはない。
美味いと言われている店も大抵はたかが知れていると思ったのも大きな要因ではある。
フードエリアで混んでいる店を見ると、ハンバーグやらステーキやら焼肉やらお好み焼きやらと脂質重視の大まかな大味が持ち味の店が多い。
逆に、そば・うどんや和食、ヘルシーを謳った店は結構空いている。
とてもありがたい!
待たずに食べられるのは気分が良い。
しかし、遂にボンベイにも客が訪れるようになってしまった・・・

混んでる理由は美味しいからなのは間違いないが、もう1つの理由は1人当たりの客の滞在時間が長いことだ。
待っている客などお構いなしでいつまでも話し込んでいる。
俺は食べ終わるとすぐに店を出てしまう。
いつまでも店にいては時間がもったいないし、外には腹を空かせて待っている人もいる。
まぁ、ここは価値観の違いだからなんとも言えないか。

最初の数口はあまりの美味さに驚いた。
いつ来ても、最初の数口はやはりとても美味いのだ。
普段食べている物とのギャップがあるからだろう。
多分食べているメニューの中では脂質が多めなカテゴリなんだと思う。
けど、それでも日本のベタベタこってりカレーの味と比べると非常に食べやすい。
ここは俺のお気に入りの1つの店だ。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.21

軽井沢ファーマーズギフト その後

昨日紹介した軽井沢ファーマーズギフトで買ったものを食べてみた。

まず、油っぽかった。
試食では、油分(液体)がなく、にんにくとパプリカのようなものしかなかったから、油分を食べることはなかった。
瓶詰めになっているコイツは、大量の油分に漬かっていた。
油が苦手な俺にはちょっとキツい。
だからって、具材だけを食べてたらすぐになくなってしまう。
でも、わざわざ脂質を増やす油を採るのは好ましくない。
油がオリーブオイルならまだ許せる。
オリーブオイルには、人間にとって必要不可欠な多価不飽和脂肪酸(リノール酸及びリノレイン酸)を含んでいるからだ。
だが、それ以外のサラダ油やらゴマ油やらキャノーラ油などと言った特にプラスの面を持たない、むしろ採る量自体を極力制限しなければならない油は絶対に採りたくない。
※ゴマの抗酸化作用は捨てがたいが、なんせカロリーが高い。ゴマペーストから採りたい所だ

1回目は仕方なく普通に食べてみた。
食べて少しすると、油分が皮膚表面に浮き出る感じになった。
これは、油分を採りすぎると起こる俺の特徴の1つだ。
もう絶対に油分は採らない。

麦ご飯の上にオイルとにんにくなどをわけて混ぜてみた。
やっぱり旨い!
ご飯を何杯も食べられる感じだ。
キリがない!
残り、1/3の量のご飯に納豆を混ぜて食べてみた。
サルサっぽいこの味と納豆が妙にマッチしていた。
食キチガイのように感じるが、合っているのだ!

次の飯の時に、麦ご飯+サラダにんにくバジル風味+ハラペニ+納豆(金のつぶ におわなっとう)のミラクルMIXで食べてみた。
普通に旨いんですが!
納豆とサルサが好きな人はちょっと試してもらいたい。
とりあえず、騙されたと思って!!
多分、麦ご飯+サルサ(汁少なめ具材タップリ)+ハラペニ+納豆でもイケるはずだ!
機会があったら試したい。

エリンギのは普通だった。
まぁ、想像通りだ。
試食はなかったが、試食してたら買ってなかったと思う。
量も結構ガツガツなくなっていくから、数回食べたらなくなってしまうだろう。
今度はもっとサッパリしたのを買ってみよう。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.20

軽井沢ファーマーズギフト

この前、ウマいショップを見つけた。
軽井沢ファーマーズギフトという店だ。

試食がいくつか出来たので、食ってみた。
旨い!
俺が食ったのは、「サラダにんにくバジル風味」というヤツだった。
サルサが大好物の俺にとってヒットした!
程よい酸味と辛味、そして野菜の味ににんにくがフュージョンしている。
ちょっと食ってみた割には、俺好みだったので驚いた。
他のも色々と試食してみた。
基本的に肉は使っていないものが多かった。
(見た限りでは、肉は入ってなかった気がした)

チーズペースト系のものもあれば、ジャムもあり、パンやパスタに和えるおかずのようなものが売っていた。
ホームページはここ!
だいぶ品数がある。
http://www.farmers-gift.com/

他にヒットしたもので、「ジェノバ風ソース」があった。
ホームページの『焼きたてパン用極上ソース(ソースタイプ)』項目に記載。
バジルとオリーブの味で、ナイスな風味を出していた。
これは買わなかったが、かなりオススメ!
(家ではパンやパスタを食べないので、使い勝手が悪かったから)

「サラダにんにくバジル(瓶入)」と「ぴり辛エリンギ黒胡椒風味(瓶)」と・・・
ホームページの『プチデリ(洋風惣菜)』項目に記載。

ホームページにはないが、「チョコレートとオレンジのミックスジャム」を買った。
チョコオレンジは海外のチョコのように、チョコの味が終わると濃いオレンジの味がして、なかなか旨い!

軽井沢ファーマーズギフト


ていうか、上のページにサルサがあるじゃん!!
店頭には無かったな。
だいぶ興味がある。
瓶詰めの洋風惣菜系2つは、麦ご飯と一緒に食べてみよう。
ただ、にんにくが最小単位の粒で丸ごと入っているのが残念。
風味は保持出来るのだろうが、包丁でスライスしなければならないのは手間がかかる。

一緒に見つけた友達は、『塗るチーズ』タイプの「ゴルゴンゾーラバジル」と「ガーリックオニオン」を買っていた。
俺としては、ちょっと脂質の味が強めで若干苦手かも知れない。
酒飲みには堪らないだろう。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。