--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

08.09

死刑は冤罪者から執行されやすい

http://d.hatena.ne.jp/ken-kataoka/20081029/1225270744
http://blogs.yahoo.co.jp/t_kogue/58120349.html

足利事件などで使用されていた精度の低いDNA鑑定で犯人にされてしまった人は意外と多いと思う。
彼等は、精度の上がった現在のDNA鑑定で再鑑定すべきだろう。
死刑執行を止められる方法はただ1つ、「再審中(請求含む)」の場合だけだ。
犯罪を行っていない人は無論、冤罪なのだから再審請求をするわけだ。
しかし、冤罪ぽい人に対しては再審される前に死刑執行して闇に葬る事が横行しているようだ。
何十年も死刑執行されない中、わずか数年で執行されている人達はちょっと怪しい。
犯罪自体のエグさや恨みの濃さも考慮して執行期間を考慮しているかも知れないだろうが、正直どうなんだろうか。

警察側としては、電光石火のDNA判定が「実は精度が低かった」とバレたら面目丸潰れの上に既に地に落ちている信頼がさらに失墜、裁判でも決めてに欠けるなどと言った副作用が色濃く表れる。
それだけは避けたいがために、無実の人間を容赦無く抹殺する。
それが今のやり方だ。
そして最も恐ろしいのは、殺人犯がさも当たり前のように一般人に紛れてのうのうと暮らしていることだ!
そういう人間が、「コイツ、ウザってーなー」と思ったら短絡的に殺人を犯してしまうのではないか?という事だ。
「どうせ捕まらない」、「また誰かが代わりに捕まる」、「警察は適当だ」などと感じているだろうからね。
死刑執行する大臣は何も考えずに判子を突いているから、冤罪だと思ったらすぐに再審請求しなければいつ殺されるかわからない。

なぜ、精度の低いNDA鑑定で捕まった人達に再度精度の上がったDNA鑑定をしないのか。
答えは簡単だ!
多くの冤罪者がバレてしまうからだ。
精神を崩壊させる程の脅迫取調べと裁判官を味方につけた従来の裁判ではムリがあるのだ。
基本的に、誰かと常に一緒にいてアリバイが証明出来ないと、いつ冤罪にされても不思議じゃない。
これは薬害被害などのように、突然身に起こる避ける事が出来ない恐ろしい現実なのだ。
痴漢冤罪のように、最初はすぐに解放されると思っているが実際にはそんな甘い物ではなくていつの間にか逃げられない状況に追い込まれているらしい。
最近は本当に真っ当で虫も殺さない人間が殺人を行う時代だから、冤罪かどうかチェックするのもとても難しいと思う。
1度限りの通り魔に至っては、捕まえるのは至難の業だと思う。
なぜなら、被害者との接点も無く、人目のつかない所で瞬間的に行われたらどうしようもない。
警察側もとても大変な仕事をしているだろうが、冤罪チェックフィルターを何重にも設けて冤罪率を極めて低く抑える必要があるのではないか?と思う。



スポンサーサイト

紅茶トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.22

紀州はちみつ南高梅 おにぎり

コンビニで仕方なく飯を食う事になった。

どれだけ被爆(?)するか検討もつかなくてかなり嫌だったのだが、仕方なーーーーーーく、コンビニで飯を買うことになったのだ!!
マトモそうなampmで、最も安全そうな「紀州はちみつ南高梅」というおにぎりを買ってみた。
ビックリしたよ、完全にナメ切ってたコンビニのおにぎりが美味しくて!!!
というより、この梅がデラックスうめー!

紀州はちみつ南高梅

この「紀州はちみつ南高梅」ってのをちゃんとした所で買って食べてみたい。
とりあえず、ampm行ったら食べてみそ!


紅茶トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.17

マリアージュフレールのアールグレイ インペリアル

マリアージュフレールのアールグレイ インペリアルをプレゼントとして買ってみた。
20071017203028.jpg

店内の写真を撮って良いか確認した所、断られてしまったので店内の写真はない。
「缶入り」と「袋入り」の2パターン選べ、缶入りだと300円高い。
缶代としてならそこまで高くない。
しかし、フレンチブルーの時に買った缶が空いているので袋入りで買った。
20071017203038.jpg

20071017203046.jpg



あ、茶葉を撮るの忘れてた。
今度追加しておこう。

匂いはフレンチブルーと比べるとアールグレイの匂いがとても強く厳格という言葉を想像した。
フレンチブルーは爽やかな匂いがするが、インペリアルは重堅い感じの匂いだった。
味も重い感じなのかと想像した。

茶葉専用のコップを久しぶりに使ってみた。
20071017203058.jpg

20071017203103.jpg

付属の綺麗な茶こしがついているのであまり手間がかからない。
しかも蓋をすると冷めにくくなる。
これ結構便利です。

プレゼントとして一緒に買ってきたもちと食べた。
20071017203113.jpg


インペリアルの感想は、ハチミツのような匂いがかすかにして想像よりフルーティ気味な匂いがした。
もっと強いアールグレイの匂いを期待していた。
味は、驚くほど薄くてサッパリしていた。
冷めた時に味が濃くなるので、そのタイミングでも飲んでみた。
多少濃くなったもののフレンチブルー程濃い味は出ていなかった。
薄味で爽やかなアールグレイの人志向タイプだろう。

フレンチブルー


インペリアル


マグカップ

http://www.italiazakka.com/fiori/tea_strainer_turquoise.shtml
http://www.zakkaya-schurr.com/towa/dog-mug.htm


紅茶トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.06

24 シーズン5

な、なんと!!
24のシーズン5が地上波で3日前からフジの深夜で放送されているのだ。
もう、これにはぶったまげた!

少し前にレンタルビデオ屋でせっせと高い金払って全部見た所だった。
480円×12本で5760円もした。

それが今では無料でテレビで見る事が出来てしまっている。
目を疑ったね、ホント
24シリーズを見ている人でシーズン5を見てないならば、これを見逃す手はないだろう。
もう7話位は進んでいるが、この記事で気付いた人がいたら今からでも遅くは無い。
とりあえず、ビデオで撮ってから欠けている所をレンタルすれば完全に話しは繋がる!

ネタバレ注意

シーズン4から就任したクソ大統領がイラついてしまう。
リーダーシップもなく、器もなく、責任能力もなく、冷静な判断能力もなく、感情に任せて怒鳴り散らすタイプの人間だ!
彼の成果の多くは他の有能な人間の判断に伴ったものにも関わらず、良い結果だけは自分の物にしたいようだ。
見てて良いものではない。
どこかの上司にもいそうなタイプだ。
デイビット・パーマー暗殺は正直ショックだった。
ミッシェルやトニーの死以上のショックだった。
リン・マクギルを拘束してトップに立ったビル・ブキャナンは結構好きなタイプだ。
融通が利き、人柄が良く、柔軟な思考が出来る。
有能ではないと言われるシーンもあるが、スタッフを信頼してみんなで頑張るという考え方の彼には全力を以って応えたいと思ってしまう。
デイビット・パーマーも似た所は多いが、目標のためには非情になれる所と統率能力が高い点が明らかに異なるように見える。
カーティス・マニングも結構好きで、正義感が強く命令に忠実で死を恐れずに強行出来る人間だ。
説明だけ見ていると軍用犬みたいだ!(笑)
ちょっとウケた!
加えて、体もデカく体力もあり身体能力も高いので銃器を使った戦術だけじゃなく戦闘もかなりイケている。
やっぱり軍用犬か?(笑)
しかし、こんな彼なのにシーズン6で死んでしまうらしい。
しかもバウアーに殺されるようだ。
このあらすじは正直見たくなかった。
見た時はヘコんだ。
バウアーはシーズン6の1話目は命に未練など無かったのに、また例の如くやってしまったのか・・・
彼は根っからの愛国心の塊で正義を重んじているのだろう。
全てを犠牲にしてまで国に仕えている。
愛国心を植え付けるための洗脳ドラマか?

そしていつもいつも思ってしまうのが、バウアーの化け物染みた不死身さだ。
シーズン5の序盤では既に肋骨が折れていたのに、そんな素振りは微塵も感じさせない。
防弾チョッキの上からAK-47で撃たれてもピンピンしている。
あんな威力のある銃で撃たれれば、少なくとも骨にヒビが入っていてもおかしくない。
アメリカは不死身のヒーローがステイタスなのだろう。
まぁ、弱いよりはその方が良いのは同意出来る。

それとアメリカの特徴なのか、上司の質問に対して質問で答えるのは国民性か?
面倒な国民だと思った。

紅茶トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.03

マリアージュフレール アールグレイ フレンチブルー

俺は紅茶がとても好きだ。
コーヒーをあまり飲まないせいもあるだろうか・・・

以前、彼女にマリアージュフレール(MARIAGE FRÈRES)の「アールグレイ フレンチブルー」という銘柄をプレゼントした。
マリアージュフレールのアールグレイ フレンチブルー

100gで2200円程だ。
もともとアールグレイが好きだったので味はとても満足している。
青い花のブルーエが少々入っており、アールグレイの匂いが多少柔らかくなっていてとても良かった。
マリアージュフレールのアールグレイ フレンチブルーの中身

味としては渋みもほとんどなく、アールグレイの味がとてもおいしい。
この前に飲んでいたのは別のメーカーの100gで1200円程度のアールグレイだったので、味が強く直球勝負という印象があったが、この「アールグレイ フレンチブルー」は味はきちんと出ているのに強すぎず丁度良かった。
俺としては熱いうちは匂いを楽しみ、冷えてきてから味が一段と濃くなるので、そのタイミングで飲むのが好きだ。

この品質のアールグレイを飲んでいると、ファミレスで出てくるアールグレイやそれなりの店で出てくるアールグレイを飲んでも渋いだけでとても美味しいとは思えなくなってしまった。
舌がおかしくなりそうで、一口飲んで終了となりますガラガラガッシャン

しかし、1点残念なことがある。

原産国が中国だった。
しかし、アールグレイの主な原産国は中国かスリランカのどちらかだ!
スリランカの国情や体質は未知だ。
中国と変わらないかもしれない。
『中国産』はアールグレイを飲むのであれば、目をつむるしかないのだろうか・・・
実に残念だった。


マリアージュフレールの刻印


紅茶トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。