--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

12.18

FX セカンドインパクト後

米ドルのセカンドインパクト後からまたFXの取引をしてみた。
参考記事「久しぶりのFX
あれから3週間経ったが、とりあえず積極的に参加した結果がこれだ。

fx1.png

3週間で22万円の利益はそれなりに満足しているが、損失のうちセカンドインパクト後の2万の損切りとユーロの行方の不安からの9万の損切りは納得がいかなかった。
もっと資金があれば相当共に損失をゼロに抑えられたからだ。
というか、基本的に損失は自動的に損になるわけじゃないので自分で含み損から損の確定を行う。
つまり、自分で完全な損ではない状態から完全な損の状態に決定するのである意味グロかったりするものだ。
損失を出さなければ3週間で約40万円の利益を上げるだけにいかに損失が起こり得そうな取引を無くす事かが重要だろう。
予想が出来て勝つ自信があるだけに参加してしまいやすいが、気持ちを自制する重要さを忘れてはいけない。
FXは非常に奥深く、そして人生の哲学が集約されている。
これを語るととても長くなりそうなので、気が向いたら今度記事にしてみようと思う。

スポンサーサイト

資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.04

久しぶりのFX

あー、FX久しぶりだなぁ~
ここんとこ動きが不安定で恐いから全然手を出せなかったけど、セカンドインパクト後をチャンスと見て久しぶりに参加した。
とはいえ、リスクを抑えたいので取引額をだいぶ少なくしている。

アメリカ指標の一部がプラスに転じて値動きが尋常じゃない。
俺は米ドルに関してはここん所の上昇トレンドを一気に裏切る如く下降トレンドを描くと思っていたが、上昇トレンドに拍車がかかった。
だが、信用しきれていないのであまり取引したくない。

先週金曜から参加したから6日間になるかな。
結果は利益19.1万円で、損失4.7万円だったので14.4万円の利益を出した。
6日間と取引額を考慮すると結構良い感じだった。
危険を冒せば、あと4万程度は稼げたけどそういうのは望んでいなかった。
また、取引額を以前のようにしていたら、この3倍は固かっただろうと思う。
最悪、10~15円反発しても耐えられる程度の低額だった。
損失も実はセカンドインパクト直前(1.5時間前)から取引していたので、この時のセカンドインパクトを察知して直前で損切りしたので、あの一件がなければ損失を2.3万円程度まで抑えられただけに参加タイミングが悪かった。

------------
追記

勝負単位ではなく取引単位だと55勝28敗だった。
特に後半3日間は19勝1敗で利益10万円と圧勝だったのは勝負の仕方を変えたのが非常に大きい。
負けなければソコソコ稼げるし損を小さいうちに切っておけばリスクを抑えられる。
この勝負をかえたのは友達からの1つのアドバイスだった。
そこから自分なりにかなり調査して、ある方程式に気付けたのはとても良かった。
熟練者は結構ニンジンぶら下げてくるなぁ~って思った。


資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

11.30

米ドルの行方

米ドルの円高ドル安がさらに進む。
セカンドインパクトとでも言ったところか。
だが、1年前に85円台まで落ちることは予想していたので別に驚く事はなかった。
参考記事「進む、円高ドル安
現在、米ドルは首の皮一枚で基軸通貨であるが、ユーロへ移行する可能性が高まっている。
さらに、何度となく過去記事で「アメリカは死に体」だと言い続けてきたが、本当に国として危ない状態だと思う。
とはいえ、あれだけの軍事力と高ビーな性格、世界をリードしてきた企業力はダテじゃないと思う。

予想者で、70円台も有り得るし、それすらも割る可能性があるとか言っている輩がいる。
瞬間的に78円まで下がったとしてもすぐに政府介入が入るだろうし、このラインは基本的に有り得ないだろう。
何よりも企業や国の損失が計り知れないので政府が容認するとは到底思えない。
下がっても基本ラインは82円程度だろうが、その時には確実に政府介入が起こると睨んでいる。
アメリカ政府がドル安を容認している事が理解出来ない。
何を考えているんだろうか・・・

だが、スイングトレードを考慮すれば、これは非常においしい!!
今回のセカンドインパクトで数十万円~数百万円程度の利益を見込んでいる。
ただ、目測の誤りは多額の損失を招くので勝負のタイミングはとても重要だ。
ちなみに、ロシアで起こったテロとスイスのデモは月曜の為替にどう影響を出すのか。
両方ともユーロには影響なさそうだが、つられて落ちると言うことはないのかな。

資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

11.02

豪ドル運用 完結編

去年の今頃、余裕資金299万円を豪ドル定期預金にして運用し始めた。
1年後に満期となり、今より効率良く利益が出せる方法に切り替えるため円に戻した。
為替効果で約97万円増え、利息で約13万円増えた。
為替だけなら、以下写真の通り。
20091021.png

1年間寝かせただけで110万円の利益を出したが、正直不満足ではある。
それは、別の方法を取っていたら今頃最低300万円、最高で600万円位は得ただろうからだ。
知識の無さに恨みさえ憶えた位だ。
だが、円換金時に豪ドルが急激に円安になってくれたのはとても嬉しかった。
正直、85円台付近には、あと2年はかかると思っていたからだ。
95円までは確実に行くから10円分は上がるだろうが、もはやリスクが高過ぎてヤル気にもならない。
別のルートからほぼ確実に毎月13万円の運用を試みている。
その手で生涯生き抜くという手段は考えていないので、高いリスクを負う必要もない。
必要なのはコンスタントに確実に利益を上げられることだ。
それに尽きる。

今は、100年に一度の大不況と言われているが、俺にとってはとても美味しいと感じた。
資金さえあれば、生涯暮らせるほどのチャンスだったろう。
資金が3000万円ほどあれば、それは実現できたと思う。
1億円なら、もうそれが出来ない方がどうかしてるとさえ思える。
金持ちは、金持ちになるための環境や条件を備えており、それは逆に貧乏人は貧乏になるために貧乏な行動をしているとも言える。
それをとても痛感した1年だった。
この時期に金があれば、一生暮らすだけの金が手に入っただろう、とても残念だ。
だが、ボールはまだ生きているのも事実!
資金運用次第で、年間百万円を超える利益を出すことはそこまで難しくないことだ。


-------------
関連記事
豪ドル運用

資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

12.07

ド素人が始めるFX   - マネーサーフィン -

早速、FXを始めてみた。
26万円程を入金して開始した。

最初の10営業日間
今週最終日の取引をしなければ、大幅利益だったのに、最終日の急暴落は予想出来なかった。
この履歴はたった10日間の事なのが凄い・・・
日付がなぜかズレてるのは、確定日との都合か?
FXは結構ヤバいかも知れない。
利益と損益が紙一重で、いつ状況が一変していてもおかしくない。
「3万円程度なら数時間で稼げちゃう」とさえ錯覚させる程だ。
最初の数日は、仮想FXと操作が違っていたのとFXの洗礼とばかりに損失を出しまくった。
さらに極めつけは読みが甘く、寝ている間に予約取引しておいたのがあっという間にロスカットして8.3万円の損失を出してしまった。
起きてビックリ、寝てる数時間で8.3万円がマイナスされていた。
この時が初めてのロスカットで、何が起こったのか最初は理解出来なかった。
だけど、一度犯したミスを繰り返さなければ損失はほぼ出さずに済む事も覚えた。
結果的に、それ以降はずっと利益だけを計上していた。
特に、1日で17万円の利益を出した時は嬉しかった。
そして、その分も簡単にひっくり返されるのがFXというものだ。
次の日の大暴落で、最終的に14万円あった利益が-3万円の損失にまで落ちてしまった。
全力買いしたのが過ちだった・・・いや、正確には途中まで8万円の利益だった時点で決済すれば22万円の利益のままFINISH出来た。
確実にもっと利益が出ると確信していた事が判断を誤らせた。
大暴落後は、今週取引2時間前に急上昇して終わった。
この大暴落がなければ、この日15万円の利益を出して終わるはずだった。
非常に残念だったよ。
でも、損してもパニックになる事もなく、意外と冷静だ。
乱高下の最中はドキドキするし気が気ではないが、損失自体には「まぁ、仕方ないか・・・」と思って終了してしまう。
それは恐らく、「儲けを出そうとしたんだから損してもそれは仕方ないものだ」という考え方があるからだ。
今週は結果的に総額で-4.5万円だったが、もっと慎重に行えばこんな損失は出さずにいけると思っている。
それと、資金は使わなくても良いから最大限資金を多く入金しておいた方が良いと思う。
それはロスカットのリスクを低く出来るので、もし大損害を出しても塩漬けにする選択肢があるからだ。
今回のラストの大損害は、要は体力があれば(専用口座残高が多い)塩漬けが出来た訳で、最終的に想像していた位にまで回復したので、そうなれば16万円の利益を出していた。
経験値が無い分、損してしまう事があるが少しずつ理解していこうと思う。
FX1.jpg

資産運用トラックバック(0)  コメント(1) 

    2008

11.25

ド素人が始めるFX  -バーチャルFX編-

先月の外貨預金から資金運用への可能性を感じ、FXを始めようと思うようになった。
ただ、FXは外貨預金のように超低リスクではない。
ハイリスク、ハイリターンな取引の1つだ。

先物取引や株などには絶対に手を出さないように考えていた。
ましてはギャンブルに大金をつぎ込むのは全くもってバカバカしい。
(学生の頃、競馬はやっていたが所詮は遊び金程度で最終的には8万の利益で終わった)

損をする、特に大損をこくようなものは絶対にやらないのが信条だ。
中途半端に金をアホのように稼いでしまうと、仕事への執念がなくなってしまうからだ。
一生安泰ならまだしも、下手に500万円とか2000万円稼いじゃうとドツボのハマって最終的に大損してしまう、そんな人はとても多い。

俺はFXを、小金を稼ぐツールという定義で考えている。
それは、1回1万~5万程度の利益で十分で、月数回程度で必ず毎月利益で終わらせるようにしようと思っている。
それがどんなに少ない額でも構わない。
損失に突入したら、潔く『損切り』をして損の規模を最小限に抑えるように心がけたい。
「もう少し持っていれば、逆転して利益が出るだろう」という不確かな考えは一切断ち切る。
FXは、自分が行える事の出来る範疇の理解とリスクマネージメントのトレーニングになりそうだと思えた。

1日で大体の用語などを理解してから、バーチャルFXで実際にどんなものか試してみた。
バーチャルFXはバーチャルとはいえ、資金だけが仮想であって、それ以外は現実世界のそれと同じものだ。
良い腕試しだった!
外貨預金を契約してから1ヶ月、毎日為替をチェックしていたので最近の値動きにはソコソコ自信があった。

で、やってみた。
開けてから色々と知らない言葉のオンパレードでそこからまた調べまくった。
やったのは昨日と今日の2日だけだ。

1日目はこんな感じ。
1日目
1日でおよそ、9.6万円の利益だった。

2日目はこんな感じ。
2日目
1日でおよそ、26万円の利益だった。

500万円の資金から始めるので、2日で合わせて35万円の利益だった。
2日目2

これはあくまでバーチャルだから恐怖感もないし、資金もあるからその分買えてしまうので現実世界と同じに考えてはいけない。
だが、それでも額を減らしてリスクを少なくして行えば確実に利益を出す事は可能のようだ。
FDO取引をメインに行い、成行も少々って感じで同時に4カ国の外貨を買っていた。
間違いなく、実際の金ならこんな大胆な事は出来ない。

俺が狙うのは、まずシンプルな短期取引で、勝率が出来るだけ高いやり方でいきたい。
例えば、下のようなチャートの場合、【赤矢印】で指した中規模または大規模な急上昇または急降下のタイミングで取引を開始し、反転する前にサクッと決算して終了する。
その際、ややビバレッジを多くして短時間勝負に出る。
ちょっとでも下がりそうならソッコーで決算して終わる。
利益なら額は何でも良くて、変に欲を出さないようにする。
もし大規模な反転が起きた場合、損失する事は気にせずすぐに終了させる。
Ci081125230611.jpg

大事なのは、「利益で完了する」ことだ。
それが例え、利益額50円でも構わない。
損失にさえならなければ良いと考えてる。

『コツコツやって数万単位で稼ぐ』

それでちょいちょい小遣い稼げればいいな。
そこで運良く、超大規模な波に乗れたら、ヤッホーって感じなスタンス。
そういう波が無い場合は、絶対に手を出さない。
下手に手を出せば絶対に負けるので、これは鉄則!
FXは、専門家でさえ見分けるのが困難で、超有名な専門家でさえ勝率は50%程度らしい。
なので、欲をかくことは厳禁です。
欲かきまくった主婦などが、一夜にして何百万~何千万円の損失を出しまくっている。
そんな人が巷に溢れかえっている。

大事なのは、利益よりも損失を出さない事。
損失を出しても出来るだけ最小限に抑える事。
とっても有難いシステムである、「ロスカット」を上手く利用する事。

そんな感じで明日から実践してみようと考え中でっす。


資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.29

豪ドル! -- 日記 --

2008/10/28

200810229.jpg
※この内容は、本編「豪ドル!運用」で書いた分とする


2008/10/29

200810230.jpg

投資してから1日目で、豪$が1日で59.64円→62.63円に円安になったため、為替手数料の損失から見て10万円位利益が出た。
とは言っても、実際に利益が出るのは円換えした時なので、「まぁ、そんなもんか」って程度で見ている。
ついでに、豪$普通預金にあと60万円追加投資してみた。
やっぱり、昨日の外貨定期預金の時に60万円追加しておけば良かったな。

そうそう、今日もバカみたいに超超長蛇の列を作って外貨為替交換所で換金している人たちがいた。
マジで暴利も良いとこだろ!

外貨   外貨為替交換所  新生銀行
---------------------------------------------------------
豪$  売りで75.56円   売りで62.63円(別途、為替手数料50銭追加)
US$  売りで101.??円   売りで97.71円(別途、為替手数料50銭追加)

40分以上も待って行列作ってる人たちは、多分自分の利益と交換所の利益がほとんど同じじゃないのか?と思う。
1$につき、3円位水増しされてる訳じゃん?
で、円換金する際も3円位水増しされたら、利益あんのか?と思ってしまうぞ。



2008/10/30

豪$にさらに増資して、メインバンクから12万円分追加した。
本当は、あと50万円程度増やしたかったが、メインバンクの残金は残しておきたいので止めていたのでサブバンクから出資する事にした。
が、夜遅いため明日振り込まれる。
まぁ、仕方ないか・・・
許せないのは振替手数料が420円も取られている事だ!
超超超超超超超超超低金利のクセに一丁前に手数料は高額だ!
去年の利息、いくらだったっけ?
100円もいってねーぞ!
一回の振り替えで数年分の利息分を強奪するなんて、ナメんな!
だから、外資で運用するんじゃい!!
ていうか、豪$は日々どんどんとレートが上がっていってるから早く最後の換金を済ませたい所だ!
最終的に豪$で運用するのは295万円位に登る予定だ。
それを初期時の59.68円で換金しておけばスゲー得してただろうなぁ・・・・勿体無い(><)
あとは、円の貯金もそれ相応分は残しておかないとだから、この位で良いか。
次の給料日にもまだまだレートが低かったら換金する予定だ!
チャンスが続いていれば、7割程度の35万位ずつ豪$に変えて運用していこう。


2008/10/31

200810231.jpg

朝、ソッコーで57万円を豪$に換金した。
なんと、レートが67.08円も・・・
たった3日で、約7.5円も上がっとるやん!!
レートが59.68円の時に129万円換金出来たら、2384豪$も多かった。
レートが80円で19万、90円が21.4万、100円で23.8万円も差が出る。
メインバンクとサブバンクの配分なども関係していたが、それでもこの2日の遅れは判断の遅さでもあった。
さらに運が悪く、夜になればなるほど円高が進み、ちょっと前で65.72円まで豪$の価値が落ちた。
まぁ、こういう所も本当はちゃんと予想しないとダメなんだろうけど、会社があるもんで朝か夜ギリギリしかないから仕方ないことだった。
しかも今月中なら為替手数料半額って所に釘付けで、あと残り時間15時間・・・トゥッ、トゥッ、トゥッ、(24風)
さらに、絶対に朝より夜の方が部が悪いと思ってしまった。
時間があれば、チャートを見ながら3時間泳がせて様子見るとかあるが、なんせ朝早めに起きて作った時間が20分程度だったから、まぁ、ムリだね。


とまぁ、ここまでは豪$買いの動きが頻繁だったため、立て続けに頑張って記事を書いたが、あとは1週間に1回程度位で書いていくつもり。
元々、FXみたく差額で稼ぐというよりは長期運用を目的としている。
だから、相当の円安が進んで運用しているよりも換えた方が割が良いなら話しは別だが、基本的に3~6年位寝かせておこうと考える。
オーストラリアのバブルが崩壊して未曾有の大不況で長期不安定になる前に救出してあげないといけない。
100円を超える時点で換金のタイミングではある。
でも最高潮のタイミングってスゲー難しいよなぁ・・・
その100円の大台に乗ったのが最後、今後数十年以上も到達しなくなったならそのタイミングで換金した方が圧倒的に得だ。
引き際が肝心だね!


資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.29

豪ドル運用

今日(2008/10/28)、遂に豪ドルに換金した。

新生銀行で、日本円で170万円分の豪ドルを買った!
レートは59.68円だった。
為替手数料は、豪ドルで8850銭。
キャンペーン中だったので50%OFFで済んだ!
為替手数料の総額は、約2490014197円。

ちなみに、異常な程の長蛇の列を作ってまで換金していた街の外貨為替取引所での為替手数料は、アメリカドルが1.7円近く水増ししていた96.67円位だった。
すっげぇ、高っか・・・
ちなみに、今のタイミングでアメリカドルは94.94円で換金出来る・・・

元々、日本円を超超超低金利の銀行に預けるのがバカバカしいと思っていたので、思い切って外貨定期預金の12ヶ月に決めた。
「外貨定期は為替変動で危険だ」という意見もあるが、もう豪$は下がる所まで下がったのだから、これから下がってもあと数円だろうと見切った。
それに豪$高になるまで貯金すれば良い話しだし危険な事はない。
(オーストラリアが破綻しなければ・・・恐らくしないだろうと信じている)

そう言ってる間に、この2時間で豪$が1円安くなってる。
変動凄いな。
そのタイミングなら、豪$当たり1円儲かった!(笑)
まぁ、こんなちっこい変動は当然起きるとして、遠い将来を見てるから気にしない、気にしない!

で、外貨定期預金は2タイプあり、「通常の外貨定期預金」と「パワーサポートプラス」だ。
■通常の外貨定期預金
利息は年利6%(源泉分離課税で実際は4.8%)
満期まで一切解約不可能
満期時に利息を豪$で支払い

■パワーサポートプラス
利息は年利6%(源泉分離課税で実際は4.8%)
期間中でも預入通貨を変更可能
満期前でも自由に円換金可能(突然の豪$高時に円に換金可能)
利息は毎月当時の為替レートに従い、円支払い

結果的には、「パワーサポートプラス」にした。
最後の為替レート的に今は不安だが、今回の狙いのメインは円安時に円換金するのが目的なので運用はオマケみたいなものだった。
そこまでガメつく考えないようにした。

利息は、年間8万4000円だ。
月々7000円が利息として支払われる。
マジっすか?隊長
ウハウハじゃね?
ここに為替レートがどう絡んでくるかが問題なんだがな!二等兵よ
とりあえず、ちょっくら記録つけてみようかと。

早く、オーストラリアの経済盛り返さないかな!
頼んまっせ、オージーちゃん!

豪ドル!の日記については、こちら

※時間無かったから雑な表・・・
外貨定期預金1(利回り運用+FX的要素)

月日   元金    外貨        利息    レート     実績 
10/28  170万円  28,394豪$  0円    59.68円   -2.5万円
10/29  170万円  28,394豪$  0円    62.98円   +7.6万円
10/30  170万円  28,394豪$  0円    64.80円   +14万円
10/31  170万円  28,394豪$  0円    63.72円   +11万円
11/28  170万円  28,394豪$ 7,230円  62.05円   +6.1万円

外貨普通預金(FX的要素として(※1))

月日   元金    外貨        利息    レート     実績 
10/29  60万円   9,480豪$   0円    63.24円   -1万円
10/30  12万円   1,779豪$   0円    67.45円   -889円●●
10/30  72万円  11,259豪$   0円    64.80円   +8250円
10/31  57万円   8,500豪$   0円    67.08円   -4250円●●
10/31  129万円 19,759豪$   0円    67.08円   +4000円
<<外貨定期預金に変更>>

※1:本当はFXの方が為替手数料が1/10位安いが新規口座開設してまでやる手間もレートのタイミングも勿体ないから諦めた


外貨定期預金2(利回り運用)

月日   元金    外貨        利息    レート     実績 
10/31  129万円  19,759豪$  0円    63.72円   -3万円
11/30  129万円  19,759豪$ 4,837円  62.05円   -6.4万円



資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。