--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.30

TCEというゲーム

TCEというゲームについては以前紹介して触れた。

5つのファイルをダウンロードして、順番に起動させインストールする。
たったこれだけでこのゲームに参加出来てしまう。
ハッキリ言って、無料で出来るとはとても思えない位のグレードの高いゲームだと思う。
というよりオンラインゲームしたことないので本当の所は、評価は出来ない。

これをやると時間があっという間になくなってしまう。
驚く位に時間泥棒だ!
よくやっていた頃は、会社から帰ってきて30~40分程度遊ぶ感じだった。
もうかれこれ1年以上はやっていない気がする。
ブログで紹介したこともあって、久しぶりにやってみた。
プレイも面白いが人がやっているのをスペクト(ゲームの閲覧状態)しているのも飽きなかったりする。
それぞれのプレイヤーの視点からも見る事は出来るし、映画のように第三者として見ることも出来る。
上手くなりたい時は上手いプレイヤーの視点からスペクトするのがとても効果的だ。
今となっては、もうそういう意識はない。
第三者としてスペクトしているだけでも結構面白いと思ってしまう。
大抵、激戦となる場面は決まっている。
そこにスペクト位置を合わせて見ていたりすると映画を見ているようで飽きない。
(ただ、時間がある時じゃないと出来ないが・・・)

少し前にスペクトした画面を撮っておいたので物語風に紹介する。

ゲーム開始!
スペコ(警察)側のプレイヤーが一斉に出撃!
スタートダッシュはとても肝心!
TCE1-1.jpg

テロリスト側と交戦中!
仲間が一名やられた!
繰り返す、仲間が一名やられた!!
TCE1-2.jpg

もう完全にテロリストに制圧されてしまった。
スペコ拠点側に3名ものテロリストが我が物顔で走っている。
凄まじい光景だ・・・
1分20秒の出来事だった。
TCE1-3.jpg


ゲーム開始後、スペコ側が既に1人やられた!
始まって32秒しか経っていない。
これがTCEのリアルさか?
2階の窓の奥にテロリストが1名いる。
TCE2-1.jpg

さらに1分30秒程すると、スペコの死体の山・・・
悠然とテロリストが右リーンしながらスペコを探す。
テロリストが圧倒していた。
TCE2-3.jpg

勇猛果敢にスペコチームが突入を展開!
カッコ良い!
TCE4-1.jpg

と思いきや、テロリストが侵入を試みる!
だが、1名やられてしまっている。
先頭のテロが、「GO!GO!GO!」と言わんばかりにダッシュを決める!
「バックアップは任せろよ!」とバックで援護しているテロが1名!
下にいるテロは障害物が邪魔で先が見えていない。
とりあえず、後を追っている状況か。
TCE4-2.jpg

銃撃戦がありスペコが1名死んでしまった。
しかしテロリスト側は3人もいる・・・
この奥にはスペコ陣営がある。
TCE4-3.jpg

ここのフィールドはユーザが独自で作ったものだ。
マップは結構広いタイプ。
スペコ側の奥がハッキリ見えない。
TCEではフィールドが狭いものが多い。
そこでスナイパーの必要性が怪しまれていた。
だが、ここ位に広ければスナイパーが活躍出来る舞台だろう。
早速建物に登ったスナイパーがスペコを虎視眈々と狙っている。
が、その横を見ると多数のテロリストが死んでいる。
向こうにもスナイパーがいるのだろう。
TCE3-1.jpg

丁度互いの中間地点にポイントを置いてみた。
左側に2名のスペコ、右側に1名のテロリスト。
障害物を挟んで、互いが互いに気付いていないようだ。
しかし、これだけスペコの右側が障害物からハミ出ているのにスナイパーは何をしているのか?
もしかして、スペコ側のスナイパーに既に狙撃されてしまったのか?
TCE3-2.jpg

凄い突入でスペコ陣営の丁度真裏まで来たテロリスト!
もう彼は敵の銃弾を浴びまくっている。
それもそうだ、この長い距離を死なずに突入しただけでも凄いのだ!
元気ピンピンのスペコが颯爽と出てきた。
瀕死の彼はこのあとあえなくスペコの銃弾に倒れる事となる。
TCE3-3.jpg

スペクトポイントをまた中盤に戻す。
左側の上下にスペコが2名、右側の上にテロリストが1名いる。
またもや互いに気付いていないようだ。
TCE3-4.jpg

18秒後にはテロリストはやられてしまった。
その後ろのテロリストもまた同じ運命に・・・
左側下のスペコは銃弾を食らったが生き延びて逃げた。
TCE3-5.jpg

最後にスペコ側からのショット!
敵がどこにいるかサッパリわからない。
しかし、だからと言って走り出せばすぐに蜂の巣にされる。
テロリスト側のスナイパーが目を凝らして狙いすましている!
その他にも展開しているテロリストが意外とそこら辺にいたりするのだ。
TCE3-6.jpg


ちなみに、プレイヤー視点ではこんな具合だ。
TCE-me.jpg

良い感じで一掃してしまった。
手前で死んでいる仲間は誤射ではなく既に敵にやられていた。
TCE-Try.jpg


このゲームはとにかく、音と想像力と勘が大きな要素となっている。
[音]
忍び足以外は全ての行動に「音」が付きまとうのだ。
忍び足をするととても行動が遅くなる。
ほとんど亀のような気分になる。
公式の銃はライフルタイプ、サブマシンガンタイプ、スナイパーライフルタイプの3種類があり、合計で20種類以上ある。
音は全て異なる。
これらは敵から奪うことが可能だ。
しかし奪うことの出来ない銃がある。
ハンドガンだ。
この音の聞き分けが出来るようになると、1回の発砲で敵が大体どの位離れた所にいるか、左右前後のどっちにいるかわかるようになる。
歩いている音が聞こえたら至近距離に敵味方は不明だが、誰かが居る事が明確になる。
イヤフォン着用を推奨する!

[想像力]
公式MAPは全部で5種類ある。
その他に個人個人のユーザが自作MAPを作ったカスタムMAPと言うものがある。
初めてのMAPで戦うのと慣れ親しんだ公式MAPで戦うのでは雲泥の差が出る。
初めての場合、地形や状況把握に時間を費やすことになる。
敵と銃撃戦になるポイントは基本的に限られている。
何も考えずに戦いに行くとストレスが溜まる位殺される。
相当上手くないと無知のMAPでいきなりガンガン敵を倒す事は不可能だ。
これは感想だが、カスタムマップで本当に良いと思えるものは正直少ないと思う。
公式MAPはシンプルな物が多いが、それなりに作りこまれていると思う。
公式MAPのみのサーバーで遊べば、MAPの配置の記憶が楽になる。
というのも、MAPにおけるオブジェクトの配置がとても大きな要素となるからだ。
ある場所に向かうのにどのルートが最も近いか!
敵がいると思われる場所を敢えて迂回して目的地に行くためのルートはどれか?
敵がいるのを確認したり勘で探って、その敵の裏をかくためのルートは?
障害物があるのを知って突入したり、貫通可能な障害物を撃って様子を見たり・・・
様々な状況が複雑に絡み合う。
敵は常に見える所にいる訳ではない。
むしろ、上手いプレイヤーの場合はほとんど目で確認することは難しい。
上手くアンブッシュしてたりする。
そういう相手は本当に見えない。
ノコノコと出て行けば待ってたとばかりに瞬殺される。
あまりにも自分より上手いプレイヤーが多いときは、遊ぶのをやめて上手いプレイヤーをスペクトすると良い!
どのルートをどうやって行動し、どうやって敵を倒すか!
非常に参考になる。

[勘]
これは経験でしか培えない!
例えば・・・
敵から銃撃を受けたとする。
大体銃弾がどの辺から飛んできたか想像がついている場合とする。
だけど正確な敵の位置が分からないと反撃は不可能である。
敵の位置が曖昧のまま反撃に出ると高確率で殺される。
わからない場合はトンズラする手もある。
しかし、経験を積んでいるプレイヤーの場合は自分ならどこから撃つか!相手はどこから撃ってくる事が多いか!という計算も含め、状況把握が早い!
そして勘を含め、算出した結果が正確に相手の位置を割り出せる確率が高い!
付け加えると、実際に撃ちにいった一瞬で敵を見つける能力が長けていたり、敵に対して素早く照準を合わせるテクニックがあってのことだ。
当然、いかにスペシャルプレイヤーだろうとアッサリ殺されてしまう時もある。
しかし、通路の曲がり角に敵がいるかもしれないという勘やアンブッシュ(ゲーム上ではCAMP(キャンプ)と言われている)しているポイントを察知する勘がプレイヤーから死を遠ざけてくれる。
神の領域にいるプレイヤーを見ると驚愕な映像を目の当たりにする。
敵を見つける能力、敵の位置を把握して照準を合わせて撃ち殺す動作が一瞬のうちに出来る能力、敵がいないと思われる場所はチョッパヤで走り去り敵がいると思われる所では忍び足で隠密行動が取れる能力。
もうマジックかと思う!
キャンプ(基本的にキャンプは嫌われる行為の風潮があり、ひたすらキャンプしていると冷ややかな目で見られたり「Move!」を連発されるので注意!)をせずに動き回っているのに、自分が1回死ぬ間に敵を6~7人倒してしまう。
相手が初級レベルであれば、1対4の状況でも勝ってしまう事もある。
初心~初級は行動パターンが似ているためなのもある。
普通、こちらが1人で相手が2人以上いると勝つのには苦労する。
相手を一気に倒すには相手の裏をかかなければならない。
相手が見ていなければ何人いようが瞬殺することは難しくない。
しかし、全ての敵が自分の位置を知ってしまった場合、勝つ事は非常に難しい。
このゲームはチームプレイをした方が圧倒的に有利なのだ。
チームプレイをせずに個人個人で連携も取らずに来た敵は多数居たとしても意外とおいしかったりする!
大抵経験を積んでいると個人個人で連携も取らないが周りに仲間がいる場合、怪しいと思った所は先に行かせてしまったりする。
下手なプレイヤーがノコノコ出て行くと瞬殺される。
それで敵がどの辺にいるか、おおよその把握が出来たりする。


俺のパソコンのスペックは大して高くないが、それでもそれなりに遊べちゃったりする。
ただ、海外のサーバーに行くとラグ(実際の描写と自分のパソコンの描写にズレが発生することで、こっちでは撃っているのに実際にはもう敵に殺されているということが起こる)の発生がキツくなり、動作があまり保障されないが、海外のプレイヤーの方がヘタな事が多い。
と言うのも、無鉄砲に突っ込む人間が多かったり気を配らずにノコノコ出てくる事が多い!
まさにネギカモである。

このゲームに慣れてくると、初めてのMAPや現実世界において、どこが安全なポイントでどこが危険なポイントで、どこの位置が敵を襲撃するのに適しているかわかるようになってくる。
軍事練習か?と思ってしまう。
だが、現実に今ここで銃撃戦が起きた場合、どこを通って逃げるか!と勝手に算出してしまったりする。
頭で考えるというよりは感覚というか、第六感というやつですぐにわかるようになった。
良いのか悪いのか・・・
多分、このゲームを始める前に実際に野山や廃屋でサバイバルゲームをしていたからもあるだろう。

スポンサーサイト

ゲームトラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.30

面白ネタ

ちょっとシモネタ系です。
中国語翻訳ツールで凄い事になってます。
こんな事が起きてたら悪夢でですね
中国語翻訳ソフト



面白情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.30

海洋生物

海は神秘に満ち溢れている。
人間が把握出来ている生物は一体どの程度なのか?

サーフィンをするようになって海への関心はとても高まった。
波待ちしていると意外と生物っていないなと思ってしまう。
しかし、よーく見てみるとチビっこいクモみたいなカニみたいなものがいたりする。
砂浜にもそういう生物が結構いる。
ペットボトルを置いといて、たまにうがいと水補給で砂浜に上がってくる。
ペットボトルのフタを開けてキャップのミゾを見てみると生物がいたりする。
海は生命体に満ち溢れている。
現段階で最も凶暴で大型の捕食生物はホオジロザメだろう。

ホオジロザメの捕食シーン


超巨大なホオジロザメ


しかし、そのホオジロザメを餌とする超大型のサメがいる。
メガロドンだ。
絶滅したとされているが、それを証明することも出来ない。
海の広大さが人類の英知を凌駕する。

個体のサイズは別にして、ホオジロザメは日本近海にも現れる。
温暖化の煽りを受けて今年は静岡にハンマーヘッドシャークの群れが現れた。
サメは一度現れるとしばらくの間、その周辺に居続けるといわれる。
サメ騒動が出た場合は数日間は近づかない方がいいだろう。
いつか関東圏内の海でサーファーがサメにカチッとされる日が来るかもしれない。
目の前で見たら間違いなくパニック必至だ!
サーフィン中にXXX遭遇!




独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.30

ベジタリアン関連ブログ No.1

ここのブログではベジタリアンレシピが充実している。
どれも美味しそうで羨ましい。
http://koto82.blog82.fc2.com/

ここのブログではベジタリアン関連の物を色々とチェックしているようだ。
中には見た事があるのも多いが、全く知らないものもある。
ベジタリアン製品に関心が高そうだ。
http://mrks.blog17.fc2.com/blog-category-23.html

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.30

夢遊病と奇妙な体験 後編

3回目の家、つまりは今の家だ。
ここに最初に住んだ時は夜がやたら気味悪かった。
そして数ヶ月程度してからまたアレがやってきた。
相変わらずクモは健在だ。
その他では人が出てくる。
カップルが玄関の廊下辺りから居間に入ってくる。
知り合いや知らない人が天井辺りから声をかけてくる。
またもや寝ている自分を天井から見下ろしている。
恐怖というよりは、寝ている自分が知り合いにも似た人間に見られる恥ずかしさがあった。
大抵俺は喋っている最中に意識が戻って誰も居ない事に気付く。
それは本当にリアルなのだ。
逆に人がいないのが嘘のようだった。

夢遊病と夢が連結しているパターンとしては珍しいがいくつかある。
自分が何でそんな行動に出ているのかが理解出来ていた。
夢の延長線で行動しているのだ。
1つ目の家では、車で旅行している最中に廃屋があったので肝試しがてらに入った。
いつの間にか、それぞれがバラバラに行動していた。
どの位の時間が経ったか分からなかった。
今いる場所は半地下のような部屋だった。
窓があり地面が高い位置にあったからそう思った。
その先には乗っていた車に俺以外のメンバーが乗り込んでいて出発する所だった。
しかも、その半地下の窓はシャッターが降りだしていた。
ビックリして走って「ここにいる!」と気付かせるために思い切り窓ガラスを叩いた。
その瞬間、凄い音がした。
そして正気に戻った。
自分の家の窓ガラスを叩き割っていた。

ごくたまにこういう事が起こる。
正直、自分ではどうしようもない。
止める事も出来ないし、その自信もない。

最近あったことでは、3つ目の家で起こった。
賊のようなものに襲われた。
殺らないと殺られるとすぐにわかった。
無我夢中で殴っていた。
渾身の一撃を放った瞬間、違和感で起きた。
コンクリートの壁を思い切り殴っていた。
意識が戻ってから少しずつ、ズッキンズッキンと痛みを感じるようになった。
これはまだ自分自身の事だからいいとする。
いや、ホントは全然良くない!
良くないが、次の出来事から比べると些細な悩みだ。

彼女の家に泊まった。
例の如く、彼女は眠りにこだわりがある。
俺は寝るときにビクンビクンと痙攣するそうだ!(笑)
もう放っといておいて!(><)って感じだ。
しかも寝返りが多いらしい。
まぁ、確かに子供の時は寝相メチャメチャ悪かったよ、うん。
事実だから仕方ない。
でも今は治ってます!
だが、それらがとても眠れないらしい。
何度も何度も起きてしまうということで、彼女はベッドで俺はその下に布団を敷いて寝るスタイルが定着してた。
彼女は犬も飼っているので、犬と仲良く一緒に寝ている事もよくあった。
そんな状態で俺が寝ていたら、夢遊病&夢連結パターンが初めて発生してしまった。
内容はこんな感じだ。
俺が友人とバーで飲んでいた。
帰る時にバーから出たら、目の前に浮浪者がヨロヨロとしていた。
普段はそんな状態でも気にしないが、その時はやたら気になった。
そのまま歩いていたら、突然浮浪者がこっちに向かって走ってきた。
まぁ、正直敵ではないとナメていた。
しかし、キラリと光るものが一瞬見えた。
ナイフだった。
浮浪者は前のめりで走っていたのでナイフの出どこが分からなかった。
ヤバイ!と思った。
思いっきりミゾオチに蹴りを入れて寝転がした。
ナイフはどこにも落ちていなかった。
まだ浮浪者が持っていたのだろう。
浮浪者は起き上がろうとしていた。
こっちの心拍数もかなり上がっていた。
もう動かなくなるまで殴ってやるつもりだった。
すぐさま倒れている浮浪者を押さえてロシアンフックを顔面に叩き込んでやろうと思って相手の半身をこちらに向けた。

記憶はここまでだった。

彼女が喋ってきた。

何したの?

俺は夢の続きで心拍数が高く、興奮していた。
夢の話しをした。
でも意識がハッキリしているわけではなかったから、後から聞くとロレツがきちんと回っていなかったらしい。
酔っ払いのようだった、と。

暗くて彼女の顔は見えていない。

すると、彼女が俺の行動を喋りだした。

何か違和感があると思って目を開けたら、俺が下半身辺りから這いつくばって見ていたらしい。
彼女は驚き、大声を出したら俺は凄い勢いで布団に飛んでいったと言っていた。
そして俺に喋りかけてきた。


夢では『すぐに殴って動かなくしないと』と思っていた。
もし、彼女が気付くのが遅ければ容赦無く殴っていたんだと思う。
夢とダブって「彼女=浮浪者」となっていたら、実際に彼女が俺の行動を阻止しようとしても、浮浪者の反撃と勘違いして殴り続けていたかもしれない。
俺が意識を取り戻すまで、ずっと・・・

もうそれを考えただけで恐ろしかった。
しかし、本当に恐ろしかったのは彼女の方だ!
それは当然である。
最悪、殺してしまったかもしれないのだから。
それ以降、寝るときは部屋を分けた。

だが、それ自体は根本的解決ではない。
一時的対応措置である。
その後、泊まることは極力減った。
それはとても危険な状況だとその時初めて知った。
もう治すしかないのだ。
彼女が言うのは、明け方・・・大体4時頃に眠ると比較的この現象は起きないらしい。
どうしても泊まる時は、この位の時間に寝るように矯正させられていた。
それと、犬がいる方が多少起こりにくい気がした。
最後にもう1つ対策があって、寝室だと高確率でそれが起こるらしい。
なので居間に寝てみた事があった。
するとそれは起こらないらしい。
もしかすると、距離が遠くて彼女が気付いていないと言う解釈もある。
しかし、居間に寝ている時に寝ぼけて何かをしてる最中に正気に戻ったという体験は確かになかった。

そういえば、以前職場にいた既婚者女性が言っていた。
「私の旦那も夢遊病だよ。それで、寝ている時に殴られてアバラ折れた。」
普通に言ってのけた。
俺はそんな事ないと思っていたから、そういう情報もあるんだと思った位だった。
しかし俺にもそういうリスクがある事を知った。
そしてネットで調べまくった。
やはり、そういう例はあるようだった。
海外の方が多いらしい。
しかし、肝心の治療はないようだ。
元々、夢遊病のほとんどは自然に完治するので、成人になってまで症状が続くのは珍しいのだ。
薬を使うことで、多少だが夢遊病の症状を改善する例は認められているが、副作用があるようだ。
まぁ、この手段はないので却下!

この時、ふとした疑問を抱いた。
霊能者に夢遊病率が多いのではないか?
こんなコアな内容の文献はネットから探し出すことは出来なかった。
霊能者のキーワードが入ると、途端に胡散臭く感じる。
公式な資料では存在しなかった。
恐らく、日本では調査の対象にすらなっていないだろう。
海外では関心が高そうではあるが!!

恐らく、これは一生治らないと思っている。
そして、同じような内容で苦しんでる人も少数ながら確実に存在する。
多分、結婚する時は寝室は別々にした方が良いんだと思う。

話しは戻る。
今も当然ながら、電気を付けて寝ている。
消して眠れるほど度胸はない。
最近は突然ベッドの間に虫が入ってきて、凄い勢いで走りまくる感覚に陥る。
数はとても多く、そして体は小さい。
しかし、クモと同じで一度も姿を見たことが無い。
一度、シーツなど全てはがしてチェックしてみた。
やっぱりいない。
凄い勢いで逃げたのか?
本気で彼女に話してみた。

「それは実際にいないよ!実際にいなかったんでしょ?夢だよ。」

そういわれた。
もうね、とても夢とは思えない位にリアルなの!
って、誰に言っても理解されないのはわかっている。
だから、調査してみようと思った。
気持ちが悪いからすぐに起きたくなるのだが、そこを我慢してみた。
ずっと走らせてみた。
目で見える訳ではない。
皮膚で感じるのだ。
意識を集中させて、一体何なのかを探ってみた。
アリが登ってきているような感覚で超高速なのだ。
頭側と足側を行ったり来たりをずっと繰り返している。
時間が経つにしたがって虫の数も増え、より顔に近づいてくる。
我慢の限界だ!
結局分からず終いだった。

ある時、眠気でオチそうになった。
その瞬間・・・
例の虫が出てきた。

ん?

何かに気付いた。
意識があるうちから虫が現れたことは初めてだった。
もしかして・・・

血流?

血の流れが虫と思わせているのか?

血の巡りが悪くなった瞬間に気付いてるのか?

それが今現在の結論だった。
そして最近起こった現象では、オッサンのような声が聞こえる。
「今がチャンスだ!」
「早くしろ!」
「気がつく前に、XXXXX(何言ってるか不明)」
声はとても大きい。
これは電気を消して寝てしまったときのことだ。
その後、2回ほど電気を消していた。
現れる確率は100%だった。
相変わらず電気を付けて寝ている。
オッサンはもう3ヶ月以上も前の話しだ。

多分、電気を消せば今も不思議な現象は起きるだろう。
これと同じ現象が起きている人がいたらコメントしてほしい。
これが一体何なのか科学的に解明されることは日本では有り得ないと思うが、海外の偉大な学者が発見してくれることを心から願っている。

自分についてトラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.29

コンタクトレンズ

俺はスポーツの時にコンタクトをつけている。
使っているのは、ワンデーアキュビューだ。
店頭で買うと1箱3200円。
高かったが、すぐに購入できるから何も思わなかった。
だが、ネット価格は破格だ!
それを教えてくれたのは彼女だった。

ネットで買い物するのは今までで3回位しかない。
とにかく面倒で、交通費かけて時間もかけて店頭で買うことをとっていた。
しかし、彼女は結構ネット購入を利用している。
マンションに宅配ボックスがあるから、ネットで買うとそのうち宅配ボックスに届いている。
受け取るなどの手間も無く、いつの間にか届いているのだ。
それを見て賢い時間の使い方だと思った。
俺のマンションにも宅配ボックスが設置された。
なのにまるで使っていない。
使うべきだろう。
手続きがあった気がするが・・・フゥ

あ、そういえば!

アフェリエイトではどんな所があるのか?と思ってしまった。
コンタクトレンズで沢山の件数が検索された。
俺はワンデーアキビューを使っているので、アキュビュー価格で見ていった。
そこで目に止まったのが、glensだった。

そこは個人輸入している所だった。
価格は非常に安い!
コンタクトレンズの激安ランキング結果が以下にまとめてあった。
http://www.contactlensnavi.com/1d_1dayacuvue/

そこでの最安値が1990円なのに対して、ここのglensは1690円だった。
送料が580円なので、1箱2270円。
消費税はかからないらしい。
店頭で買っていた時と比べると1箱辺り1000円も安い。
店頭で買っていた頃は3箱で9600円だった。
うん、これは高いね!
ただ、注意すべきは届くまでの時間だ。
ホームページにこう書いてあった。



ご注文いただきまして、在庫がある場合、約10営業日となります。商品によっては多少の前後がございますが、大幅に遅れる際には別途ご連絡させていただきます。また、お届け予定日より1週間以上経っても商品が届かない場合、こちらまでお問い合わせください。



時間がない場合は、店頭か国内販売しているネットで買った方が良いだろう。
時間がある場合は、ここで買ってみるのも手かも。
コンタクトの蓄えがあと、1箱半。
今度買ってみよう。




推奨商品・注目商品トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.29

夢遊病と奇妙な体験 前編

幼少期には夢遊病と言われる現象が起きていた。
寝ていると突然起きだして生活を始める。
例えば、歩いたり喋ったりするそうだった。
寝室から居間まで歩いて、両親と喋ったりしていたそうだ。
喋っているうちに目が覚めて素の自分に戻る。
それまで喋っていた事は何一つ覚えていない。
とても奇妙な状況だ。
というより、人から聞くと怖さすら感じる。

そして、大学に進学してすぐに一人暮らしを始めた。
夢遊病など治っていると思っていた。
彼女にも何も言われないし、自覚症状も全くなかった。

俺は、感じる程度の霊感があるようなのは薄々気付いていた。
何か猛烈に嫌な予感がする場所があったり、瞬間があったりと・・・

一人暮らししてから5年程度が経ったある日のことだった。
寝ていると、突然寝ている自分を天井から見下ろしていることがある。
しかしそれは2~3秒程度の間で消えてしまう。
自分に吸い込まれるようになって終わることが多かった。
最初の頃は夢だと思っていた。
子供の頃から今に至るまで、相変わらず夢を見続けている。
その中で子供の頃によく、魔物から逃げるために空を飛ぶ夢を見ることが多かったからだ。
その延長線上だと思っていた。
しかしそれは違った。
何度も続いたのだ。
それから少しすると天井から見下ろす体験はなくなった。
また暫くすると、今度は恐怖体験に取って代わった。

寝ていると何か変な感覚になるのか、突然目が覚める。
と、その時に天井から何かが降ってくる。
女の人の場合とクモの場合とがあった。
ハッキリ言って恐怖である。
とても夢ではないレベルだった。
あれが何なのか全く不明である。
そのうち寝る前に恐怖を感じながら「もう見ない」と思って寝るが、それは容赦なく現れる。
もう怖くて電気をつけて寝た。
そうすると、それは現れなくなった。

周りに相談しても理解してもらえない。
「ストレスじゃない?」
「ちょっとわからないな」
「病院行ってみたら?」
自分で解明する手段しかない。
ただ、『寝ている自分を見ている』というのは他にも経験者がいて共感してもらえた。

しかし、それもつかの間・・・
電気をつけていてもたまに現れるようになった。
電気をつけている場合は感じるだけなのだが、十分嫌なものだった。

一人暮らしから数えて3回引越しをしている。
全て都内だが。
その家によって、現れるものは異なる。
今話していたのは1回目の家の出来事である。

2つ目の家に引っ越した。
女の人というのは無くなった。
しかしクモは健在で、その頃もまた現れていた。
しかもクモは巨大化している。
1つ目の家の頃は、天井からクモの糸が垂れ下がって目の前までクモがいる状況。
2つ目の家では、上記+タランチュラみたいなのがかぶっている寝具にいたりする。
実に生々しい。
リアルそのものだ。
その後もしばらく探すが今まで1度たりとも見つかったことがない。
また、人が近くで喋っていることもあって俺も実際に喋っている。
本当にすぐそこに人がいて喋っている。
内容もキチンとしているものだ。
気配もある。
しかし、気がつくと誰もいない。
それに関しては恐怖はない。

その頃に付き合ったのが今の彼女だ。
彼女によって、夢遊病が治っていない事を気付かされた。
夜一緒に寝ていると、突然起きて喋ったりしているそうだ。
彼女は子供の頃から一人で寝ていて、眠りにはとてもこだわりがある。
雑音がしてもダメ、明るくてもダメ、ベットが良くないとダメ、気が散ることがあってもダメ。
睡眠の質にこだわり、浅い眠りだと不満らしい。
次の日のテンションがガタ落ちである。
まぁ、お嬢さん育ちだ。
俺はその逆である。
むしろ、騒がしい方が安心して眠れる。
そんな彼女だから気付いたのかも知れない。
歴代の元カノには何も言われていなかった。
ソンナバカナ!と思った。
だが、その頃は俺が夢遊病だったことは言っていなかった。
だから素直に悟る事が出来た。
まだ夢遊病が治っていないことを。

彼女から聞くに・・・
寝てから30分位の間に変調が出始めるらしい。
そして、恐怖に怯えるような声を出す。
(※これは家庭事情だと思う。これについてはまた今度)
それから暫くして夢遊病の症状がでる。
むっくり起きて騒ぎ出したり、彼女に喋りかけたり、ドアをあけようとしたりするようだ。
喋っている内容は意味不明らしい。
大体、変調が起きる段階で彼女に起こされる。

夢遊病でベランダから飛び降りた成人男性がいることをネットで見たことがあった。
俺の場合は考える動作、つまりドアを開けたり一定の時間が経つと目が覚める。
そこで夢遊病は終了だ!
大抵一度起きると、その日に二度目はない記憶があるが定かではない。

3つ目の家の時に大きな出来事が起きた。

(次回に続く)

自分についてトラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.28

ミャンマーのデモ

どうやら、アメリカがミャンマーに経済制裁を発動した。
ブッシュ政権は、対ミャンマーに対して躍起になっていると報道されている。
理由がわからない。
イラクの汚名晴らしか?
国家の悪行に苦しむミャンマー国民を助けて、ヒーローのステイタスを勝ち取るという構図なのか?
アメリカは噛まれると本気になりやすい国だ。
ちょっと不安ではあるが、武力を使わないで解決することを望む。

また、アメリカは日中に対しても同じく行動するなどを求めているようだ。
日本とミャンマーは歴史的に友好国であると外務省が示している。
これで日本も積極的に動かざるを得ない状況になった。
福田政権は波風の立たない行動でサッサと解決したいはずだ。
就任後の大きな問題が海外問題か。
外交下手な日本政府としては面倒なのかもしれない。

時事問題トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.28

ミャンマーのデモ

8日目に大きな動きがおきたようだ。
その中で、日本人ジャーナリストの長井健司という人物が銃殺されてしまったようだ。
その映像はテレビで流された。
倒れている所を右わき腹付近に1発の銃弾を受けていた。
治安部隊が制圧に乗り出したので民間人が一斉に退去したが、長井さんは居続けたらしい。
そこで先兵に至近距離から銃撃されたという流れで報道されている。
恐らく、ジャーナリスト魂が『決定的なチャンス』だと悟ったのだろう。
生命の危機感よりも信念、プライド、野望が勝ったのだと思う。
立っている所を銃撃されて、そのまま地面に倒れていた。
肝臓辺りを直撃しただろう。
その後も「なぜ撃った?」というジェスチャーをしていた。
しかし、既に後の祭り・・・
長井さん殺害1

長井さん殺害2

外国人を殺してしまうとは、この暴動はどうなってしまうのか?
以前、タリバンに生きたまま首をかっ切られた香田証生さんを思い出した。
非常に有名な動画で、Webでもその一部始終が見られるようになっている。
日本はどう関与するのだろうか・・・

福田首相は、北朝鮮の拉致問題に対して話し合いで解決したいと言っていた。
きっとこれも事務的な手続きだけで終わるのだろう。
海外でトラブルに巻き込まれても日本政府は本気で対応しない傾向にあるのは感じられる。
アメリカとはえらい違いだ!
世界的にも高い税金を納めてる日本国民の見返りは一体・・・

時事問題トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.28

味と風味

人気の味と本当の味

ラーメンを食べるテレビがついていた。
そこで、豚骨を4日間煮詰めてスープを作っていた。
映像を見るとスープは沸騰していた。
そして、ウマい!ウマい!とみんな食っていた。
本当にウマいかどうかは番組上不明だが、どうやら人気店らしい。

今の人たちの舌はきっとどうかしてる。
彼らは、外国にはない和食本来の『風味』は理解出来るのだろうか。
沸騰した時点で風味はなくなってしまう。
およそ92度程度の沸騰するかしないかの境でダシを取ることで、風味が損なわれずに美味しいスープが取れることを日本料理人がテレビで話していた。

煮詰めてしまうと味が極端に変わるのは分かっていた。
ラーメンは濃い味が当たり前の風潮だが、器の底が見える位の風味を効かせた塩ラーメンを食べた事があった。
本来はラーメン自体食べないが、なぜかこの時は食べてみた。
サッパリしていてとても美味しかった。
こういうラーメンなら、たまに外食しても良いかもしれないと思えた。

もう3年位前になるが、ウルルン滞在記でゲストは忘れたが中国のラーメン職人の所に修行をした時の番組を見た。
中国の先生は川などで取れる魚介類と塩のみでスープを作り、ラーメンとして出した。
器の底が見える位の透明度だった。
日本のゲストの若造が食べてみた所、不満気そうな顔で「コクが無い」と言ってのけた。
当然、中国の先生は反論していた。
番組上、形として納得はした素振りは見せたが、最終的に納得は出来ていないまま帰国したように見えた。

きっと彼が言っていたコクというのは、破壊され尽くした風味に脂質分と濃い何かしらの味のことを言っていたんだと思う。
日本における欧米食文化の弊害で彼を作り出してしまった気がする。

風味は些細なミス、例えば必要以上に火をかけてしまったり、素材と水の量が微妙に合っていなかったり、高温でダシをとってしまったり・・・極わずかなミスが命取りとなる。
しかし、大味だけで売っている店は、多少量を誤ろうが煮込み時間がズレようが味が濃くなってしまおうが、気にしないだろう。
また、客もそこまでの差に気付く訳もない。
さらに、トッピングでニンニクやらタレやらを追加したのなら、もう元々の味などどうでもいい。
本当の味がわかる客を相手にする老舗の懐石料理店や和食店の長を務める総料理長はとてつもないプレッシャーがあるだろう。
そして、一同が努力を怠ることなく目標を持っているのだと思う。

今は30代で脱サラした人がラーメン屋を開くのも珍しくないが、味覚は歳とともに落ちていくだろう。
ましてや、本当の食べ物を食べてない人には一生かかっても到達出来ない境地がある。
一言に料理人と言っても、そこには天地の差があることは否めない。
薄味文化がまた浸透してほしいものだ。

食についてトラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.27

なんでだろう・・・

音楽配信サイトに無い曲が多い!

まず、ミスチルの曲を見たことがない。
そして、今欲しいドリカムの「24/7-club mix featuring ZEEBRA」がどこに行ってもない。
ドリカムの「24/7」自体はあるが、絶対的にZEEBRAとのfeaturingの方がイケてる!
ノリやすいし出来が良い!
だから無いのが残念である。

ドリカムの「24/7(英語版)」があるので、興味があったら視聴してみて。
http://mora.jp/package/80311556/00602498996317/


---------------
追記 09/11/22

音が悪めで軽いが、youtubeにあった。


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.27

ミャンマーのデモ

ミャンマーデモが7日目になった段階で、治安部隊が武力行使に出始めた。
前日にアメリカなどの大統領が「武力行使は避けるべきだ」と言ったばかりの出来事だった。

威嚇射撃と言っていたが、数人の僧侶が死んでしまっているようだ。
明日以降は、より過激な行使が行われそうだ。
他国が介入して民主化には出来ないのだろうか・・・
ただ、アメリカの武力介入だけはやめてほしい。
アメリカが戦争を起こすと、その土地周辺が被爆するのだ。
劣化ウラン弾を使用するためだ。
そもそも劣化ウラン弾は低レベル核兵器ではないのか?
テロよりも地球や地域に多大な影響を及ぼしている気がしてならない。

アメリカによるイラクへの公開大虐殺強奪強姦行為が行われているのにも関わらずアメリカの保障が何1つないのはどういうことか?
フセイン政権が大量破壊兵器を持っているということで喧嘩を吹っかけた所から始まった。
アメリカは当然のように保有しているが・・・一体何様なのか?
そしてフセイン一族は殺害された。
街もことごとく破壊された。
砂漠地帯にはアメリカでいらなくなったウランを元に作られた兵器が無数に置き去りにされている。
(戦地はニューモか?)
近づくだけで被爆し、燃えた空気を吸うだけでも被爆をする。
原子力関連の施設も破壊され、イエローケークが川に流れ込み市民は強い被爆を強いられる。
結果的に大量破壊兵器は見つからなかった。
フセインの横暴も相当なものだったそうだが、今のイラクはさらに治安が悪く、殺人が横行しているそうだ。
毎日どこかで殺人が起きていると聞いた。
最前線ではないが、こんな地域に自衛隊が派遣に行った。
当然ながら自衛隊の隊員も体調不良に悩まされ、遺伝子に一生消えない傷を負わされた。
派遣にいった隊員から産まれてくる子の手足はカニのように奇形となり、その他にもヒドい状況の赤ん坊が産まれている。
隊員は生涯に渡り、改善される事もない悲惨な体調不良に苦しめられるのだ。
放射能が体に存在するため、近くにいる人も何らかの微量な被爆はしているだろう。
隊員に死の命令をしたのは小泉元首相だ。
しかも自衛隊派遣の延長までした。
アメリカに対してのご機嫌取りがしたいだけだ。
他国のことよりも自国民に対してキチンと考えるべきだったろう。

脱線してしまったが、アメリカが介入するとこういうことが起こる。
コソボの時も一緒だった。
ミャンマーは日本に非常に近い。
東南アジアや東アジアの気流は全て日本に集結する。
日本はそういう場所に存在する。
つまり、日本周辺の公害は最終的に日本に到達することになる。
ウランで燃えるウラン235の半減期は7億年、燃えないウラン238の半減期は45億年である。
つまりその倍の年数をかけてようやく地球上から消滅する。
ということは一度放射能をばら撒かれたら、生きている間にはなくならないということだ。
20世紀で最も放射能をばら撒いた国はアメリカだ。
ついでロシアとなる。
テロリスト、テロリストと騒ぐが、時代が違えばどこかの国はテロ大国なのだ。
しかし、彼らは自分たちのことを棚に上げて、テロリストには屈しない・・・もう意味不明である。
アルカイダとアメリカの関係も凄いことになっている。
アルカイダはアメリカの犬だったが、・・・話すと長くなるので省く。

他国でも血を見ない革命が起きれば、より平和で安全な関係が築けるだろう。
アメリカだけは何もしないでほしい。
まぁ、ウマミがないので動くとは思えないが・・・

時事問題トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.27

激ウマなカレー屋さん

以前自作カレーを作った時に予告しておいたカレー屋について

そこは「ボンベイ・トーキー ラゾーナ川崎プラザ店」という店だ。
http://maharaja-group.com/

インドと言えばベジタリアン思考かと思ったが、残念ながら容赦なく肉は使用している。
肉料理もそれなりに多いと思う。
まだベジタリアンになる前に一度タンドリーチキンを食べたが、普通だった。
彼女が作ったタンドリーチキンの方が美味しかった。
よく「タン鳥」、「タン鳥」とメールでせがんでいたのを覚えてる。
肉も鶏のムネ肉を使いオーブンで焼くから脂肪分がとてもカットされ、表面もカリっとしていて美味しかった。
まぁ、今では有り得ない話しなのでこれは置いておくとする。

フィッシュカレーも食べたが、魚臭さが残っていて正直オススメは出来ない。
彼女は食べる前に、「魚は微妙なとこが多いからやめた方がいいよ」と注意してくれていた。
まさにその通りだった。

美味かったと思ったのは、ココナッツカレーや以前食べたマトンカレー(肉はちょっと塩味が濃い)、野菜カレーだ。
そしてナンがとても美味しい。
まず巨大である。
そして外はカリッとしていて中はふんわりしている!
何枚でも食べられる位に美味しい。
カレーと一緒に食べるとヤミツキとなる。
大抵、ナンは2枚頼む。

これは野菜カレーを頼んだ時に撮ったもの。
ボンペイ

カレーは少なく思えるが、思ったより入っている。
ナン2枚頼んでギリギリ丁度かな?というくらい。
この2品で1500円程だったと思う。

最初の頃は本格インド風だからか、従業員がインド人だから理由はよくわからないがゴールデンタイムでも3~4組の客しかいなかった!
俺としてはシメシメって感じだが、潰れてしまったらとても困る。
待たない程度で客は入ってほしいと思っていた。
そして3週間位前に久しぶりに行った時はなんと全席埋まっていた。

遂にこの時が来てしまったか・・・

そう思った。
待つのがとても嫌いな性格なので、「待つか」「待たないか」は店選びではとても大きい。
いくら美味しくても1時間待つなら絶対に食べない。
時間がもったいないからだ!
そこまで犠牲にする程の食欲は俺にはない。
美味いと言われている店も大抵はたかが知れていると思ったのも大きな要因ではある。
フードエリアで混んでいる店を見ると、ハンバーグやらステーキやら焼肉やらお好み焼きやらと脂質重視の大まかな大味が持ち味の店が多い。
逆に、そば・うどんや和食、ヘルシーを謳った店は結構空いている。
とてもありがたい!
待たずに食べられるのは気分が良い。
しかし、遂にボンベイにも客が訪れるようになってしまった・・・

混んでる理由は美味しいからなのは間違いないが、もう1つの理由は1人当たりの客の滞在時間が長いことだ。
待っている客などお構いなしでいつまでも話し込んでいる。
俺は食べ終わるとすぐに店を出てしまう。
いつまでも店にいては時間がもったいないし、外には腹を空かせて待っている人もいる。
まぁ、ここは価値観の違いだからなんとも言えないか。

最初の数口はあまりの美味さに驚いた。
いつ来ても、最初の数口はやはりとても美味いのだ。
普段食べている物とのギャップがあるからだろう。
多分食べているメニューの中では脂質が多めなカテゴリなんだと思う。
けど、それでも日本のベタベタこってりカレーの味と比べると非常に食べやすい。
ここは俺のお気に入りの1つの店だ。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.26

面白動画 No.1

以前にちょっとウケた動画があったので紹介する。

http://jp.youtube.com/watch?v=dBSUMdqv0iQ
http://jp.youtube.com/watch?v=us6EfGcG2HE
http://jp.youtube.com/watch?v=Um--YIeR86Q&NR=1

面白情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.26

最低な自転車乗り!

今日の事故遭遇ついでに最低な自転車乗りについて話す

これも今日見たのだが、最低な自転車乗りがいた。
乗ってるマシンはロードタイプでそれなりだった。
時刻は19:40程か・・・
しかし、バス停のくぼみからメイン通りに進入してくる際に後ろを確認しない!
とにかくその後も後ろを確認することはない。
しかもテールランプなどを装備していないのか無灯火だった。
さらにちょい渋滞気味の小さな交差点で赤信号の時に信号無視して走って行ってしまった。

同じ自転車乗りとして、恥だと思った。
マナー云々どころか道交法に違反しまくっている!
本当にサイテーな自転車乗りを久々に見た。
ママチャリで道交法なんて知らねーよ!と言わんばかりにモラルが欠如している一般人は本当に害虫だと思う。
ハッキリ言って、警察がその気になって取り締まったら逮捕されますよ?
まぁ、そういう輩は除いておくとして、まさかロードタイプの自転車乗りがそんな無謀な乗り方をするとは本当に信じられなかった。

車から見て自転車はウザったいという意見はある。
法律を守らない上にそれなりのスピードも出る。
当たってしまったら深手の怪我も負わせてしまう。
真夜中に無灯火で逆走は当たり前!
信号無視は日常茶飯事!
車が走っているのに急に道路を横断!
急ブレーキも多いが、車線変更(本来は有り得ない)は後方未確認!!
もしもの時は車が止まるものだと勝手に勘違いしている!
そう思うのは御最もだと思う。
だから、自転車を乗るときは本当にマナーを守って丁寧に運転する。
自転車にも免許制度を設けるべきだと思う。
ヨーロッパは自転車の認知度が高い。
一般道に自転車が走るためのレーンがある。
実に羨ましい!
その代わりに罰則もきちんとある!
日本における自転車の地位向上はいつになるのだろうか・・・

怒りトラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.26

事故現場に遭遇

今日車に乗っていたら事故したての現場に遭遇した。
周りが騒然となっていて雰囲気がちょっと違っていた。
歩道の人がみんな止まってみていたので、何かあったとわかった。
車を走らせていると事故現場だった。
事故現場に遭遇

写メで撮ったので画像は良くないが、もっと白い乗用車はベッコリへこんでいた。
どっちが悪いのかわからなかったが、グレイっぽい方が突っ込んでしまったようだ。
端を通ったときにグレイ車はエアバックが出ていてフロントガラスが割れていた。
ドカタの人間だった。
もう一方の白い乗用車の方はサラリーマン風だった。
足がチョロチョロ動いていた。
ドカタの方がサラリーマン風の運転席側まで移動して何か話していた。
どっちが悪いにしろ、事後手続きや賠償関係は考えたくない!
不幸中の幸いなのは、車同士だったということだろう。
バイクかチャリだと更なる悲劇が待っていたと思う!
一人一人の運転意識やマナーが事故を防ぐ!
チャリやバイク、車を運転する人は紳士な運転を心がけるべきだろう!

独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.25

食材の吟味

久しぶりにベジタリアン関連の話題

常に意識している食べている物、いない物を書き留める

[食べている物]
・麦ご飯(毎日200~400g食べる。うち、麦が20%を占める)
・納豆(毎日最低1パック食べる。大好物!)
・豆腐(たまに+α的な食材として食べる)
・野菜類(特に好き嫌いなし!香草は結構好き!)
・豆類(主にゴマが多く、大豆やそら豆などの大豆(おおまめ)類。ごくたまにアーモンド)
・魚介類(主にツナを食べるが、タコも結構食べる。アジの開きに目がない!)
・ヨーグルト(たまに+α的な食材として食べる)
・ミネラルウォーター(主にコントレックスかクールマイヨールを一日に1.5~2L飲む。)
 ※カルシウム600mg(一日の推奨摂取量)は、コントレックス1.3L分に相当する
・和菓子(洋菓子を食べないので代わりに当たる菓子類。団子、饅頭が好き!砂糖菓子嫌い)
・小麦類(素朴さが大好きだが、意外と高カロリー食材!気をつけないと・・・)
・サルサなどのサッパリした野菜食品
・ワサビ、唐辛子、ハラペニなどの辛いもの

[積極的に食べる訳ではないが一応食べる物]
・チーズ(モミレットとモッツァレラが好きだが、脂質の関係上滅多に食べない)
・自作パン(バター、砂糖無しで素っ気無い全粒粉パンが大好き!)
・パスタ(カロリーの割には量少なくない?)

[食べない物(苦手で嫌い)]
・揚げ物(さらに時間が経っている場合は100%食べない)
・油物(パスタなどで使用するオリーブ以外は基本的に食べないが、揚げたてホヤホヤの天ぷらは食べる)
・丼系(カロリーが尋常じゃない)
・肉類(動物愛護ベジタリアン精神のため)
・生卵類(動物愛護ベジタリアン精神のため)
・牛乳(実は知られていないが体に悪い食材)
・洋菓子(存在自体が意味不明)
・市販のパン類(カロリー・脂質が質量に見合っていない上に危ない食材)
・マヨネーズ(ツナマヨは最近少しだけ食べるようになってしまったが・・・食べると気分悪くなる)


大体こんな具合。
意識するというよりはもう自動的に頭で勝手に考えてる。
特に苦になることもない。
最も苦になるのが、食べない物を食べてしまったとき!
自分でもビックリする位に落ち込む!
素朴な食べ物大好き!
それを理解出来る人が周りで増えてくれることを願う。

食についてトラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

09.24

自作「スパイシーツナカレー」

カレーライスは好きだ!
しかし、市販のカレーカレー店はカロリーや脂質が恐ろしいことになっている。
自分で作ればカロリーの調整がしやすい。

料理上手な彼女のを見て、自分の家でも作ってみた。
この作り方や材料は別に彼女のレシピではない。
というか、全く違う!
当然、彼女の方がもっとオーソドックスで圧倒的に美味い。

俺は香草が大好きだ!
スパイスも大好きだ!
多分、日本製カレーとはタイプがまるで違う。
まず、日本に親しまれているカレーカレーに限らず、様々なものが)は、カロリーや脂質が高すぎる!
脂質を使えば美味しいものが出来るに決まっている。
当然のことである。
それでもマズい店は料理人失格である。
人間の遺伝子に脂質の高いものが美味いと反応する要素が絶対にあると思っている。
自然界で脂質の高いものを食べることは、命をつなぐことになるからだ。
体に必要なものは美味しく感じる。
だから、好んで摂取する!
生物の生きる知恵だ。
俺が本当にスゴいと思うのは、ローカロリー&ローファットで美味しいものを作れる人間だ。
ハッキリ言ってとても難しいと思う。

使用する材料=栄養素になるので、材料選びは最も重要な要素の1つとなる。
俺が集めた材料はこれだ!
カレー材料

・S&Bカレーパウダー
・トマトジュース(ホールトマトを使っていたが、潰す手間が面倒)
・有機ブルドックソース
・トマトケチャップ
・クミン
・ガラムマサラ
・ターメリック
・一味唐辛子
・肉として、ツナ
・野菜として、タマネギ・ピーマン

気付いたと思いますが、S&Bカレーパウダーがデカいのは目の錯覚ではありません!
実際に巨大です。
左の一般用と右の業務用があり、一般用が300円に対して業務用は1000円と破格の値段だ。
SBカレー

買わない手はない。
このカレーパウダーは、主にスパイスで作られている。
カレールウのようにコク(要は脂肪分など)や味の深みはない。
余計なものが一切入っていない、理想のカレーパウダーとなっている。
主にドライカレーを作るときに使用される。
カレールウを使わずに、カレーパウダーでカレーを作るアイディアは彼女から教えてもらった。
それをみて、カレーが身近になった。
持ちも良いし、とても良いメニューである。

で、作ってみた。
30分以内で調理終了!
出来たのがこれだ!
カレーライス

バリ旨い♪
しかし、一味唐辛子が効きまくってて汗は止まらない。
体を温めるという点ではいいが、あまり強烈だと胃に悪い。
その後、胃が重かった。
今度は一味唐辛子を半分に抑えてみよう。
味の決め手はソースとツナである。
それらを入れないと、ちょっと粉粉過ぎる上に味が薄い!
スパイスだけで味を濃いレベルにまでするには材料費が高くつく。
手軽で旨くてヘルシーで低価格!
これを考慮して作りたいものだ。

発汗作用があってスパイスが効いている食べ物はヤミツキになってしまう。
香草がとても好きで、東南アジア圏内の料理も好きだ。
特に、ここ最近急に好きになった。
もしかして、ベジタリアンになった効果なのか?

P.S.

生きてきた中で最も美味いと感じたカレーを食べた。
本気で神がかっていた!
カレーの枠を超えた。
今度、記事にすることにしよう。

食についてトラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.24

義理と人情、男気

今日、フジテレビでやっていたHEROの2時間超ドラマを観た。
映画版HEROの序章に位置する内容だった。

ここに出てくる滝田(中井貴一)は、マジメで正義感に厚く、義理人情のある人間だった。
そんな人間はとても好きだ。

彼は母子家庭で育ち、中学の時に母親が倒れて生活に困っていた。
彼の母親は心中も考えていたそうだ。
そんな時に、彼は地元の良心的な巨大企業の社長と知り合った。
彼の願いで、母親を事務員として雇ってもらうことができ、命をつないだそうだ。
そして彼はその企業に入社し、専務まで上りつめた。
社長が死んだ後も、彼は社長に忠義を尽くす意味で2代目の息子が道を外さないように社長がすることを考えて諭していた。
そんな2代目が不倫をしてしまい、それをネタにユスりを受け、彼は3000万円を払った。
企業を考えた結果だった。
しかし、彼はそのユスりの相手を殺してしまう。
その理由は、守りたいと考えている地元とその綺麗な海にタバコを投げ捨てたからだ。
殺してしまうことはやりすぎだが、信念がある人こそ、プライドがあり土足で踏みにじられることが許せないだろう。
彼の人柄は地元住民の心を捉え、彼が殺人事件として拘留されている間ずっと住民の応援があった。

・受けた恩は相手が死んでも誠意を見せる
・自分のことより企業を考える
・目指すべき目標と信念を持つ
・他人に対しても優しさがある

人間を本気にさせるのは、無理強いでも恐怖でも金でもなく信念だと思う。
信念のためならどんな事にも耐えられ、心は折れないだろう。
自分が不利に立たされようが、ツライ状況が待っていようが、自分を犠牲に出来る。
そして、そういう人間はカッコ良いものだ!
ジムでトレーニング中にテレビでやっていたのだが、リンカーンのうるりん滞在記で出てきた「練馬ザファッカー」の彼らはとても良い人間だった。
彼らは見た目はギャング風だが、中身が熱かった!
最後の別れは感動した。
心からぶつかっていけて、そして心から話せる!
熱かった!
そしてカッコ良かった!
イマドキだとウザいと言われるのだろうが、そんなの関係ネー♪そんなの関係ネー♪
そういう仲間はいつでもWelcome!って感じだメーン!

映画やドラマで、義理人情男気のキャラには食いついてしまう。
カッコ良くて感動して涙が出ることも多い。
だが日本人と海外とでは、そのあり方は違う!
大和魂男は結構好きだ!
利点だ、利益だというのはこだわらない。
自分がどうあるべきか、信念で動いている。
昔は日本国民は熱い人種だったと思うが、今はホントに冷め切ってると思う。
表面上で会話している人が多い。
深く関わるのがメンドーだから良いとこ取りでコミュニケーションを図ってる。

心から何でも話せて喧嘩も出来る仲間っていいネ!

感動・Good情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

09.22

自転車ライディング!!

自転車は子供の頃から好きで、よく乗っていた。
といっても、当然ママチャリだった。

20歳の頃に、マウンテンにスリックタイヤを履いたマテリアルシルバーの自転車に乗っていた。
価格は大体4万程度と低価格!
当時は、自転車界にはまだ興味がなくて知識ゼロだった。
フロントサスが効いてて、段差も気にせずガンガン走れて楽しかった。
標準でエンドバーも付いてて、思いっきり街乗り仕様だった。
しかし、このシルバーを乗っている時に個人タクシーに横から衝突され、廃車となった。
高齢運転手の前方不注意だった。
足を2ヶ所骨折していた。
そして即入院

退院後、2代目をすぐに買った。
同じメーカーの同じタイプを買おうと思ったが、2年経っていて様変わりしていた。
エンドバーはないし、グリップもダサくなっていた。
ギアもママチャリっぽくて微妙だった。
だけど、まず買ってみた。
そして、昔のシルバーと同じ雰囲気になるように、無意味にエンドバー付けたりグリップ変えたりとイメチェンをして、ようやく昔の感じに戻した。
結構高くついた。
およそ5.5万円程度。
当時、金がなかったので結構痛かった。
そして、街乗りを楽しんだ。
しかし、以前事故った場所で同じ11月にまた車に突っ込まれた
しかも、相手はパトカーだ。
警察官の前方不注意だった。
この時は大事に至らなくて済んだ。

それから4年程度経ってから、3代目を買った。
買ったのは、GIANTのFCR2の2005年モデルだ。
価格はネット価格で7.5万で買えた。
コイツは見た目はフラットバーだが、バー以外はほぼロードレーサー仕様となっている。
マイチャリ

今までマウンテンのフカフカ乗り心地に慣れてしまったので、カチカチの硬くて痛い3代目は衝撃だった。
確かに早いが、タイヤも今までのスリックタイヤの1/3程度にまで細くなってコケるんじゃないかとドキドキだった。
サドルにドッシリ乗ってしまっていたので、金的と肛門の間がメッチャ痛い!
どうしようかと思うほど痛かった。
とりあえず、サドルを変えてみた。
少し良くなった気がした。
実は、FCR2を買うまでにはどれを買うかとても悩んだ。
悩むこと、なんと1年。
2004年の夏前に探し出した。
当時は、COMPOSITE2(大体20万前後)を狙っていた。
当時は、TCR COMPOSITE2(大体33.5万前後)を狙っていた。
オールカーボンフレームの割には低価格だった。
見た目もススメバチカラーで、なかなか良かった!
COMPOSITE2-2004.jpg


しかし、値段が非常に高い・・・
とても買うことは難しかった。
次の候補に挙がったのが、以下のマシンたち!
TCR HYBRID 約21万
TCR HYBRID-2004

TCR 約16.8万
TCR-2004.jpg


外見は似た感じだが、大きく違うのがTCR HYBRIDには一部カーボンを使用している点。
カーボンフレームには乗ったことがないが、一般的なアルミに比べて乗り心地が良いらしい。
アルミはタイヤに受けた振動をモロに伝えてしまうらしいが、カーボンはある程度吸収してくれる金属素材のようだ。
TCR HYBRIDの黒い部分がそうらしい。
知人にサス付きマウンテンを乗っていたとしたら、ロードに変えた時には相当違和感があると言われていた。
乗り心地は良い方を取りたい!
しかし、オール黄色カラーがなんとも言えない。
買うことを決心させてくれるには及ばなかった。
最高峰のTCR COMPOSITE TEAMに憧れていた。
外見もよく、パーツもとても豪華だった!
総重量が7.2kgってどんだけ軽いんだろうか。
TCR COMPOSITE TEAM-2004


お目当てのマシンは、値段もなかなかするし来年にはグレードアップして安くなっていることを祈りながら、今年を見送った。
ようやく、来年の夏過ぎに2005年モデルが公表された!
待ちに待った瞬間だった。

どれどれ・・・
青ざめた。
どうかしてしまったのか?
TCR COMPOSITE2
TCR COMPOSITE 2-2005

もう、見た目からしてとても買えなかった。

他のマシンも見てみた。
OCR COMPOSITE2
OCR COMPOSITE2-2005

外見としては、まぁセーフだった。
正直、これと今の愛車とで相当迷った。

TCR HYBRID
TCR HYBRID-2005

随分とサッパリしてしまった。
イメチェンは成功だろうが面白みがなかった。
パス!

TCR
TCR-2005.jpg

話しになりません。
どういうマーケティングでカラーを決めているんだろうか・・・
内容は悪くないと思うのに勿体無い。
当然パス!

夜中走る時にマシンのカラーが暗いと車の運転手が発見しづらいだろうと思う。
つまり、事故に遭いやすい・・・
マシンカラーの違いで無傷か骨折かを天秤にかけるなら、なるべく光を反射しやすい方が良いと思う。
もちろん自転車用テールランプや反射板、フロントのハイビームは完備の上の話し。
事故などシャレにならない。

そしてもう1つ問題があった。
最終的にチャリは1台保有することを決めていたので、チャリ=今回買うマシンとなる。
ロードタイプは走りやすいのだろうが、ちょこっと遠めの近所(3km圏内)に行くときなど人目を気にしてしまう。
そもそも、普段の服装とロードタイプの見た目が合わないのだ。
非常にバランスが悪い。
その威力はチンドン屋級だろう。
そこで、より一般的なフラットバータイプを検討した。
今まで考えていなかったが、最終的にフラットバーに決定した!
そして、価格層を一気に下げた。
その後に買ったのが、今の愛車であるFCR2だった。
FCR2-2005.jpg


スペックは以下の通りだ!

---------------------------------------------------------------

フレーム GIANT ALUXX 6061-T6 アルミニウム オーバーサイズチュービング リプレーサブルリアエンド
フロントフォーク GIANT COMPOSITE SL フォーク アルミコラム
BBセット TH 7420ST 116-68mm
ギアクランク FSA CFM-335A 30/42/52T 165mm(42) 170mm(46.5,50)
チェーン SHIMANO CN-HG50
ペダル VP-992A アルミゲージ
ヘッドセット TH 1-1/8 セミカートリッジ インテグラル
ハンドルバー ARICLE YCA110DB3 540mm フラット アルミ,バーエンド付
ハンドルステム FSA ST-XC170 25.4mm-6D-105mm(42) 120mm(46.5,50)
ブレーキセット TEKTRO TK423AG
ブレーキレバー AVID FR-5
F・ハブ FORMULA XSR-3 20H ホイールセット
R・ハブ FORMULA XSR-3 24H ホイールセット
リム -
スポーク -
タイヤ MICHELIN DYNAMIC 700X25C
バルブ方式 仏式バルブ
F・ディレイラー SHIMANO FD-R443A 直付用
R・ディレイラー SHIMANO RD-2200 8S
シフトレバー SHIMANO SL-R440 8S
フリーホイール SRAM PG850 8S 12-26T
サドル WTB ROCKET-V
シートピラー FSA SP-SL280 27.2X350mm
シートピン アルミ 34.9 シートピン 31.7-27.2シム付
リアサスユニット -

付属品 ベル,ロック
重量 9.7kg(465mm)

---------------------------------------------------------------

余談だが、2007モデルと2006モデルの外見を見比べてみたが、2005モデルの方がズバ抜けてよかった。
2004モデルもイケてた。
2004モデルが少し上回ってて、2005モデルが次に良いって感じだった。
それ以外はあまりイケてない。
特に、2002~2003モデルは話しになっていない。

この愛車とは、最初の半年位で1000km走った。
丁度、秋口~冬にかけて乗り出したので、顔や鼻や耳が激寒!
の割には、体がやたら汗で濡れまくり!
去年の今頃までは走りまくってた。
とはいえ、まだまだイケてないので、1回のライディングで20~40kmと短距離がメインだった。
休日に60km位まで伸ばしたりしてた。
環八や環七、246がメイン道路で信号で止まることが多い。
たまに死にかける時もあった。
ブレーキングが当時よりヘボかったら、激しく事故られてた事が何回もあった。
チャリはバカにされるのか軽視されるのかナメられやすい。
時には、4m程度の小さな道路が合流してくる所で小さい道の信号が赤になった。
このまま行ってしまっても青のタイミングで走れそうだった。
しかし、律儀に止まった。
その瞬間に、スポーツカータイプの車が時速50km以上の超高速で出てきた。
もし、そのまま走っていたら100%轢かれていた。
あの形状の車で、あの速度で当たられたら最悪死んでいてもおかしくなかった。
道路は弱肉強食のサバンナのようだ!
スピードが出る車やイカつい車がハバを効かせている。
自分の命を守るのは自分しかない。
道路規則を守ることで、確実に命を救うことにつながると確信した。
最近では、車の方が自転車をなるべく避ける傾向にあるようで恐怖を感じることは減ったが、真夜中のガラガラしてる道路を我が物顔のように走るキチガイがいて、時速100km近い速度で飛ばすヤツがいる。
しかも、車と自転車の間隔が20cmあるかないかという場合がある。
その時ばかりは、血の気が引いた。
轢かれれば即死で、後には何が残る?
真夜中だから、ほぼ確実にひき逃げ決定!
正直、そんなことで人生を終わらせるのはバカバカしいと思えた。
ライディング専用のロードが欲しい所だ!
しかし、深夜のライディングは止められない。
特に永田町周辺は、片側3車線ほどのかなり広い道路なのに、車がほとんど走っていないから自分専用のサーキット場かと勘違いしてしまう位に広大で気持ちが良い!
ヤミツキになる。
しかも空気が気持ち綺麗で吸いやすい。
来年辺りに、自転車専用のスペースを作るらしいが、とてつもない朗報だ!
延期しないですぐに着手してもらいたい。
しかし、間違いなく原チャが占領するだろう。
それは目に見えてる。
基本的に、2輪(特に原チャ)は無法者集団だからだ。
道交法を守っている者は基本的に少ない。

1回の最長ライディングは、5時間で95km程度だった。
もう金的と肛門の周辺が腫れ上がって、数日間イスに座るのがキツかった。
全身の疲労もなかなか激しかった。
グローブをつけていなかったので、掌は真っ赤になってズキズキ痛んでいた。
(グリップバーが硬い)
背中辺りもそれなりにズキズキと痛かった。
後に、サドルの高さを少し低くした。
この程度の距離で、こんなになってしまってまだまだだと実感した。
足と腕と腹筋でケツを上げて、サドルのちょこっと座りを習得しないと一生ケツの痛みから解放されないだろう。
けど、とても難しいテクだと思う。

ベスト最高時速は、トンネルに入った時の無風状態で、時速60km程度だった。
真後ろに車が走っていたので、コケたら轢かれる恐怖感はなかなかだった。
きっと車を運転していた人は、もっとドキドキしていたと思う。
ごめんなさい

しかし、ストップ・ザ・ライディングの日を迎えてしまった。
相棒に、「排気ガスは肺を真っ黒にして、細胞を殺す。肺ガンに繋がる。」と言われた。
健康も考慮していたのに、かえって体を蝕ませていたとなると話しは別だ。
そこからパッタリとライディングをしなくなってしまった。
その期間、1年ほど。
せっかく身についた筋持久力の太ももも、今では瞬発力の太ももに。
う~ん、残念だ。

最近は、深夜にたまに走る位になってしまった。
ライディングの勘も落ちていて、主幹道路でやたら恐怖を感じるようになった。
少しずつ勘は戻ってきているが、1年間のブランクは大きかった。
体から作り直しだ!

だけど、やっぱりライディングは楽しい!
ランナーズハイのようなものも体験出来る。
昔は、3時間位走っていると頭がボーっとして気持ち良くなる。
苦痛から解放される瞬間だ!
超人になったと勘違いしてしまう!
いくらでも走れると錯覚を起こしている。
走っている事が気持ち良くてやめられない。
これがまた、クセになっていた。
しかし今は経験出来ていない。
残念・・・。

基本的な平均時速は25~30km程度付近で、信号ストップなどを含めると大体時速20km程度となる。
途中で、ロードレーサーを見つけると、時速35~40kmにまで上がるが、長時間持続することは今は出来なくなっている。
筋持久力が減ったからだろう。

自転車は、ひたすらにストイックで自分との勝負のスポーツだ。
何かのテクニックを磨くというより、体を作るって感じに似てる気がする。
1人で走っていると、他の自転車ライダーを見ると嬉しくなる。
そして近づいてしまう。
けど、近いと緊急時に何かと危険なので距離を置きながら信号ストップをしない位置でついていく。
そのうち妙に親近感が沸き、仲間意識が勝手に芽生える。
そして、必ずどこかの十字路などで別れが訪れる。
寂しい瞬間だ。
しかし、後ろにつかれると話しは別だ。
妙なプレッシャーがあって、嫌なものだ。
正直、ウザい!
そーいう時は坂や直線道路でぶっちぎることを目標とする。
ライディング中に時間があって、まだ元気な時に他のライダーと遭遇すると、どこまでもついていってしまう。
ストーカーモードはONである。
これほどウザいものはないだろう。
相手が気の毒である。
何度も曲がったりして突き放したいモードが出ている場合はもちろん解放するが、気にしてない素振りだと相手のご好意に甘えてしまう。(自己中な解釈はやめましょう)
だいぶ疲れた時は、スリップストリームも利用しちゃったりしてイタイ子発揮してます。
一目見てその道の人っぽいライダーに遭遇した時、俺も後ろにつかれてスリップストリームを利用されていた時が何度かあった。
特に緩やかな上り坂の時に多い気がする。
他のライダーとのセッションは、ライディングの1つの楽しみ方だと思ってる。

都内にチャリ専用バンクかトラックがあれば良いなと心から思う。
自転車は、フォームやセッティングを含めてとても奥が深いスポーツだ!
道を歩いている時に自転車ライダーを見かけると、つい目が追ってしまったりどこのメーカーの自転車なのか見てしまう。
そして体が走りたいとうずく!
三田周辺や品川、新宿辺りは比較的多い印象がある。
もっと自転車ライダー人口が増えればいいな。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。