--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

08.31

サーフィントリップでの怪我

少し前に茨城のサーフィントリップに行った時にアチコチ怪我をしてしまった。

中でも一番酷かったのがフィンで掌をザックリ切ってしまった事だ。
サーフィンカット7

傷口の皮膚がヒラヒラ動くから結構ウザかった。
そんな時に一緒に行っていた人からデカいサイズの絆創膏をもらった。
めっちゃ感謝しつつ、とりあえず貼ってみたらかなり良い具合だった。
サーフィンカット10

まず消毒するものなんてないし、そのままにしておくと土や砂が入っちゃうのでだいぶ良かった。
コンビニに行ってテーピングがないか探してみた。
テーピングはなかったがガムテープ(布)があったからとりあえず買ってみた。
ガムテープを貼って固定させようとしていたら、少し前に合流したメンバーさんがテーピングを持っていて貸してくれた。
何重にもグルグル巻きにして固定させた。
もうガムテープは使いそうになかったので、お礼に未使用のガムテープをあげた。
サーフィンカット11

が、しかーし!!
波はそんな甘くなかった。
パドリングして波待ちしてるまでは痛みも少なかったので良かったが、デカめの波に乗って再度パドリングしようとしたら右手がピラピラしていたので見てみたら、半分程度は取れかかっていた。
何度かやっていて、そのうち一度波に飲まれた事があった。
その時に手首に巻いていた部分以外は完全に取れてしまった。
絆創膏もアッサリ取れちゃって傷口はまたヒラヒラしてた。
もうテーピングで固定されていないから力を入れると傷口がグチュグチュ動いちゃうのでサーフィンを止めた。
まぁ、この日が最終日だったのでちょっと早めに切り上げたと思えば諦めもついた。
家に帰ってきてから傷口を洗ってみたら、こんな感じだった。
サーフィンカット1

まぁ、それなりに切れていた。
傷口の中に結構砂が入ってたけど、それを取るには皮膚がくっついている所をカットしないと取れそうになかったから無視して放置した。
問題はテニスが出来るかどうかだ!
勿論、このままじゃ絶対に出来ない。
ラケットなんて握れないからだ。
たった3日後にテニススクールがあったからキャンセルして休んだ。
問題は次のスクールの時に出来るかどうかだ!

ところが意外と治癒が早く、4日後には完全に傷口がふさがり、10日後には血の塊となって痛みを感じなくなっていた。
で、テニススクール&レンタルコートで2時間20分やってみた。
久しぶりで思ったより勘が鈍っててビビった。
しかも、傷口の下の方に亀裂が入り割れてしまい、思ったよりも違和感があったので無意識のうちに手をかばっていて、足の裏がつるような感じで掌がつってしまって痛かった。
で、傷口はというと、ちょっと剥がれていた。
サーフィンカット2

かさぶたっぽい所の下の部分の薄皮を触ってみたら痛くなかったので、これだけ剥がれていたら寝てる時とか引っかかって痛い目を見ると思って、はさみでチョキチョキとトリミングしてみた。
想像以上にかさぶたが厚く、逆に引っ掛かり易くなってしまう状況だった。
サーフィンカット4

なので、引っ掛かりが起きないように角を丸くするようにした。
うーん、まだダメだ・・・
サーフィンカット3

と、沢山切ってるうちにチリ共和国のような形になってしまった。
サーフィンカット5

引っ掛かりはなくなったし、もういいや、これで!
砂を取るために皮膚をカットしていたら絶対に2週間後までには治癒していなかっただろうな。

他にも怪我はしていて、こんな程度のはいつの間にかにしょっちゅうしてる。
サーフィンカット9

痛みは大したことないのに意外とこの足のがサンダル履いたりピッチリした靴を履くときに痛かった。
しみる痛さは結構ウザいね。
怪我した時などの痛み自体は大した事ないけど、怪我ってその後の生活において面倒だと感じる。
スポーツしていると何だかんだと体全体を使ってたりするからどこかしらにストレスを感じるようになる。
これは他のサーファーにぶつかりそうになったので頑張ってローリングスルーして回避した時に自分の板のフィンでやっちまった。
しかも消毒もしないで砂や土が容赦なく傷口にくっついてるのが当たり前だったのに化膿すらしなかったのは、「自分で自分の体を褒めてやりたいです。」
サンダル履くと痛いから基本的に原住民のように裸足で行動してた!
そのせいか、足の裏の皮膚が強くなってた!(笑)
サーフィンカット6

あと、左手のこの打撲もパンパンに腫れてウザかった。
掌で最も弱いのは、親指付け根のこの柔らかい部分だ。
この部分はパンチを受けた時などにも結構痛い場所なので注意が必要なのだ。
この数日は何かに取り付かれたように怪我が多かった。
サーフィンカット8


------------
追記

次の日サーフィンに行ったら、チリ共和国がゴッソリ無くなっていた・・・(汗
まぁ、これはこれで完治ってことで!
ザックリ傷が11日で完治したのは意外と早かった。
チリ共和国の消失

------------
追記

他にもサーフィンで激しく怪我してる人がいた・・・
痛そぅ~(><)
ttp://hiro333.blog102.fc2.com/blog-entry-71.html

ていうか、サーフィンはかなり危険だと思う。
ショートは軽いから特に危険でもないけど、ロングはヤバいね。
ロングだと3m超えの物が多く、重さも量ったことないけど推定で6kg位はあるんじゃないか?
板は超硬質だから顔面なんかにモロに当たったら絶対骨折しちゃうだろうな。
しかもボードと体を繋いでおくリーシュコードが3m位あるから波に飲まれて板がポーンっと吹っ飛ぶのを見ると怖い!
あれがモロに頭にズビシとヒットしたら陥没すんじゃないかと思う。
たまにチャラ男の陸サーファーがリーシュコードつけないでサーフィンしてるけど、マジで恐ろしい。
まぁ、彼らはちっとも乗れないし沖にも出る事が出来ないから実際に危険ではないが波に飲まれた時に板が前方に鉄砲玉のように勢い良く飛んでいくのを見るとゾッとする。

まぁ、板部分は手でガードすればなんとかなるからまだマシだけど、フィンは当たったら切れちゃうから恐ろしい。
メタボな腹にぶつかれば腹が切腹状態に裂けるんじゃないかと思うよ、あれは・・・
板がポーンと宙に舞った時のフィン部の行方が気になる。
もうさ、柔らかメタボ肌なら突き刺さるんじゃないか?


スポンサーサイト

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.29

早朝の落雷

8/29 9:32

朝5:00頃雷がハンパなく鳴り響き、うち1発落ちたらしく停電した。
30秒ほどで復旧したが真っ暗になった時はまた恐怖体験をするんじゃないかとマジで恐かった。
これって多分電子機器に影響出るんじゃないか?

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.29

氷菓「ガツン、とみかん」

20080829005226
20080829005223
8/29 0:50

何か安全に間食出来るのはないかと探していたらお気に入りの氷菓が売り切れていたので、「ガツン、とみかん」を買ってみた。

十分満足出来る食べ応えに味もそれなりに良くサッパリと涼しくなれる。
それでいて栄養成分表がこんなもんだ。
カロリーも低く糖分も大した事ないので気にせず食べられる。
トレーニング中などに食べれば糖質タイプだからすぐに消化出来るので脂質タイプよりも扱いやすい。
氷菓菓子は低カロリー、低糖質、ゼロ脂質で結構満足出来るから意外と使える。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.27

野球五輪戦士

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/27 0:35

リーグ復帰後は多くが普通に活躍してるね。
五輪では沈黙打線に被ゲッツー打線が嘘のようだ。
やっぱ、日本のレベルが下がってるのか…
日本の有望選手がメジャーリーグでコテンパンにのされて帰ってくる理由がわかった気がする。
マウンドや球などの環境が合わないのかと思っていたが、単純に実力不足だったようだ。

日本は教育や環境作りを出来るだけ手を抜くけど結果を人一倍求める習性がある。
スポーツを学力と同等で見るべきで野球で一般人より稼げる見込みがあるなら勉強に費やす時間や、国家レベルのより高濃度な練習が出来る環境に身を置けるようにすべきだと思う。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.25

五輪 日本ベストプレイヤー

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/25 12:17

ダントツでソフトボールの上野選手に捧げたい。
彼女だけで金メダルを取れた訳じゃないのは百も承知だが、それでもなおあの死闘を制する事が出来たのは彼女の根性と精神力があってこそだ。
ロンドン五輪ではソフトボールは無くなってしまうようだが、8年後の五輪で出て来ても上野選手の全盛期は終わってしまう。
非常に勿体ないが、他の選手を驚異的に鍛え上げて層が厚くレベルが高いメンバーを作って欲しい。

他にも挙げられるならば、女子柔道の谷本選手と男子柔道の内柴選手とバドミントン女子ダブルスの末綱選手と嫌いだけど男子水泳の北島か。

末綱選手は残念ながらミスの少ない相棒を探すべきだと思う。
ミスの多い選手にミスを少なくしてもらうには凄く時間がかかる上に大事な所や精神的にモロくなるとミスを連発するようになる。
相棒の成長を待つ間に自分の最盛期が過ぎては意味がない。
手っ取り早いのはレベルの高い相棒を見つける事だ。
相棒のレベルがもっと高ければ3位決定戦の韓国ペアに勝ってただろう。

世界に目を向けると、1大会で8冠に輝いた男子水泳のフェルプス選手や100m、200mで驚異的な新記録を叩き出した男子陸上のボルト選手、24回の新記録更新中の女子棒高跳びのイシンバエワ選手辺りか。
ただ、イシンバエワ選手は記録更新する度に契約企業から報奨金が貰えるから1cmずつ自分で記録を塗り替えてるのがセコくてウンザリだが、人間としての性格は外国人にしてはだいぶ可愛い。

後は男子バスケットのスペイン代表の17歳のリッキー・ルビオ選手だ。
高校生ながらにして同じポジションのNBAプレイヤーを差し置いてスターティングメンバーを獲得したのは驚異的だ。
今後の活躍がかなり期待されている。
また、ベビーフェイスながらにイケメンなのも人気の1つか。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.24

五輪 「斜陽と昇陽」

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/24 12:44

北京五輪に「斜陽と昇陽」というタイトルを付けたい。
金メダルが目指せる基礎が完全に歴史と共に出来上がっている、所謂エリート選手と言われるスポーツ部門の多くが結果を残せなかった。
逆に日の目も当たらず名前も知られず放送さえ微妙な、もしくは放送されていない選手が奮起した事により知られる事すらなかった彼らのスポーツ界に光をもたらした。
それはとても有意義でありスター選手としてもてはやされても良い位だ。
それにより他の選手にも頑張る意気込みになるきっかけになっただろう。
注目されれば選手達はより頑張れる。
彼らはみんなナルシストだ。
どこかのクソのようなVIPヅラしてふん反り返って結果すら出せない有名所のヤツらとの差がカースト制度を思わせる程のツラい思いをして結果を出した彼らにこれからも頑張って欲しいし幸せになって欲しいしスポーツが普及して欲しい。
日の当たらなかったスポーツはロンドン五輪までに死ぬ程頑張って常連になってほしいものだ。

それにしてもソフトボールを無くすのは許せないな。
上野選手には本当に感動させられた。
男よりも凄い根性だと思う。
本当にカッコ良いよ!

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.23

五輪 日本人の観客

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/23 9:50

観客を見ていると国によって多種多様な容姿である事が当然ながら感じる事が出来る。
中でもヒドいのが東アジア系で中国は民度の低さを露呈しているが、日本も負けていない位にグロテスクな面々で見るに堪えない状態だ。
特に北部ヨーロッパ系と比べると日本人は特殊メイクをしたのか?と思える程にヒドい。
なぜこんなに違うのかと同じ民族ながらガッカリする。
それぞれの国の人を見るのはこういうオリンピックなどのスポーツがメインとなる。
つまり、日本人とは観客や選手として出ている人のような顔立ちだと認識されるのだ。
残念ながら日本でのスポーツ選手で顔のいい人はほとんどいないし観客で行ってるヤツらは吐き気を催すツラ構えだ。
選手は仕方ないとして、観客は国の威信をかけてブサイクを国外に流出させないで欲しい。
ハッキリ言って気持ち悪いしアレを日本人だと思われたくない。
だって観客で来てる人間の中で最下位を争うブサイクさを誇っているよ。
まだ韓国よりはマシだけど中国とはドッコイドッコイで、頭などに日の丸鉢巻きに日の丸扇子をつけて法被を着てるメタボオヤジなどやババアに品性を感じるか?服のセンスを感じるか?良さを感じるか?
感じられる訳がねーよ。
国内じゃ扇子すら使わなそうなヤツらが海外で扇子振りかざしてんなよ。
日本人はみんなチンドン屋だと思われるのが悲しい。
海外の旅行会社のアンケートでは「日本人は服のセンスが良い」と言われてるのに完全に否定させてくれるツラ汚しだ。

それにしても北欧や北ヨーロッパ系の美しさは物凄いよなぁ…
いつも憧れる。
とてもとても、、同じ生物だとは思えないよ…
神様は意地悪だね。
よく日本人女性は日本人男性を愛せるよね。
男ながらにいつも思う。
海外の男のカッコ良いし体も良いし異常だよ。
それでいて紳士でレディファーストで強い。
日本の男が勝っている部分はハッキリ言ってないね。
ヤバいと思うよ、日本の男は。
浮気してる場合じゃねーよ。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.23

五輪 卓球 張怡寧(チョウイネ)

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/23 0:22

卓球女子世界No.1プレイヤーだ。
最初に見たのは福原愛と闘った時だった。
卓球選手にしては顔は良い方でクールで感情を表に出さない。
常にクールに淡々と闘う。
卓球はやり込んだ訳でも無く卓球の見方が分かる訳でもないが、他の沢山の選手と比べて非常に華麗で綺麗なプレイスタイルだと感じた。
すぐに品性を感じてカッコ良いと思った。
俺が見て彼女に感じたプレイスタイルは、突出した部分はないが全てが綺麗にマスターしていて穴の無い能力バランスで感情や状況には全く左右されない絶対女王だった。
とはいえ、穴が無いが1つの技やテクニックを昇華して上位に食い込んで来ている相手にはやや手こずるシーンもあり、全身からわき出る力強さはなく可憐で女性的な面がちょっと心配してしまったりもする。
だが、福原レベルでは全く手も足も出ずに彼女の異常な強さに駆逐されていた。
福原と闘ってる時に思わずファンになってしまった。
丁度、フェデラーのような存在に近い。
フェデラーと同様に彼女もまた、いつまで凶悪な下位選手を抑えていられるかわからないがそうは長くないだろう。
彼女の強さは尋常ではなく、負け試合は年に数回しかないと言われ、しかも外国人選手に負ける事はほぼ皆無のようだ。
彼女は強さを手に入れるために凄い犠牲と一般人では耐えられない程のトレーニングをしていたと言う。
そのストイックさもファンになった一因だった。
準々決勝の相手は凄い強敵で危ういシーンも多く毎ゲームギリギリまで競っていたが、結果的に4-1で勝利した。
今日やった準決勝も毎ゲーム10オールのジュースにもつれ込んでいたが、これも結果的に4-1で勝利した。
この準決勝の相手には彼女は20勝0敗らしく圧倒的優位であるのにこの結果には驚かされた。
世界No.1プレイヤーと言えど、圧勝で勝つ訳ではないんだ…と言うのが印象的だった。
世界トップ5以内位なら実力差は僅差で毎試合死ぬ程大変なのが卓球なのか?

結果的に4-1で圧勝しているがどっちが勝ってもおかしくない程に試合は競っていた。
決勝戦は元世界No.1プレイヤーの王楠(オウナン)選手と闘うのでこれまたデットヒートが想像出来る。
個人的には王楠選手と準決勝で戦ったカクヤク選手の方が強いと思えた。
試合には負けたが、アグレッシブで男勝りの超強打を連打する物凄い選手で将来間違いなく世界を席巻する事が想像出来た。

決勝戦は張選手に勝って欲しい。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.21

五輪 星野ジャパン

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/21 7:10

目も当てられない状況は言うまでもなく、何と言うか…

乗り込む前は現時点の日本最強メンバーだと息巻いていたが、想像通りキューバ、韓国、アメリカに負けた。
悲しいのは、アメリカのメンバーだ。
オールマイナーリーグメンバーで有名選手は誰一人もいなくアメリカでは見向きもされていない扱いで、男子野球予選は放送さえされていない。
国民も全く興味無しだ。
たかだかオリンピックごときでメジャーリーグを中断するのはバカらしいようだ。
日本では現役の有名選手をバンバン使って、チームもマスコミもこれぞ日本の魂と誇りとプライドと言わんばかりの意気込みで入れ込んでる。

なんだがこのギャップが悲しくなる。
日本の野球のレベルは下がってるのではないか?と思ってしまう。
全神経を野球のみに費やしている大人の選手相手に学校の勉強もしていた高校上がりの投手が健闘出来ちゃうしどうなんだろ?
もはや日本の野球のレベルは世界トップクラスと言うのは過去の話しと思った方がいいのかもしれない。

決勝トーナメント戦は日本、キューバ、アメリカ、韓国の4ヵ国だが、その全てに日本は負けている。
これで運良く日本が金メダル取ったら他国は納得いかないよな。
韓国がWBC(?)で「なぜ(韓国に)二度も負けた日本が(韓国より上の)優勝になってんの?おかしくないか?」と言ってたのはもっともだと思った。
自分達が逆の立場だったら絶対に納得いかないだろう。
藁にもすがって決勝トーナメント戦に臨むだろうが、そんな日本に何の魅力も感じない。
個人的にリーグ戦が公平だと思う。
日本が金メダル取っても微妙な心境で素直に喜べない。
もう4位で良いんじゃない?
もしメダルを手にしてもそれはシステムに救われただけに過ぎない。
日本は世界のレベルを認めるべきだと思う。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.19

茨城で雷の脅威

8/19 17:45

サーフィントリップで茨城に来ているんだが、雷の影響で停電になってしまった。
スコール型の通り雨だと信じたい…

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.18

五輪 卓球 平野早矢香

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/18 0:22

彼女は一般的な日本人にはないモノを持っている。
それは相手を強く睨みつける眼光の強さと威圧感、そして常に保ち続けるポジティブプレイだ。
負けてようが、相手のゲームポイントだろうがお構いなしのアグレッシブな攻撃プレイは凄く気持ち良い!
相手にしてもメンドクセーって思うだろう。
平常心を保ってアグレッシブに攻撃すればミス率も低くなり精神的にも追い込まれにくく相手のミス率を上げる事にも繋がる。
ただ、ビビってり変に興奮してたり動揺した状態でアグレッシブに攻撃すると筋肉が無駄に緊張したり縮こまったりギコちなかったりして自分の中の理想のフォームとは異なるので当然ミス率は上がる。
だが、それを恐れて消極的に堅実にそつなくこなせばミスはしないが相手からは全く脅威に感じないため楽だと思われる。
そうなれば相手はのびのびとしたプレイが出来るため、ミス率も下がりファインプレイ率も上がるようになり手が付けられなくなる。
平野選手はそういう安心感を相手に与えないから逆転出来るチャンスが転がり込んで来るようにもなるだろう。
第二次韓国戦のシングルスでは彼女は敗戦してしまったが十分楽しめたし、また観たいと思えた。
何より他の一般的な日本人とは違ってアグレッシブだったので観ていて気持ち良かった。
ただ、1つ残念というか気になりまくったのが眼光が怖過ぎる点だった。
サーブの際も相手をこれでもか!って位睨み付ける。
タイムアウトでコーチと喋ってる時も目が怖過ぎる。
集中してるからか気合いをいれているからかはわからないが、睨んでるから人相が悪い感じだった。

団体戦ってとても微妙だ!
それは一時的にチームを組んでるだけだから、チームメイトがヤバくなってる時に状況打破のためのアドバイスやその人の独特の欠点を修正するような事を言う事は団体戦では有効だが、普通の個人戦に戻ると「敵に塩を送る」事になってしまう。
普段コイツのこの弱点をつけるから勝ててるがそれを克服したら勝ちにくくなると思えた時に素直にアドバイス出来るか?
俺は出来ない。
自分で自分の首を絞めたくはないからだ。
現役で生涯ダブルスだったり趣味で切磋琢磨していく状況なら話しは全く別だが、これが仕事としている場合でシングルスで日本一や世界を狙っているなら必ずソイツと当たるわけで、その時のアドバイスで何かを掴んでしまって勝ちにくくなったら、あるいは負けるようになったらバカバカしい。
だが、福原選手がタイムアウトで帰ってきた時に平野選手は内容はわからないが、バンバン積極的に福原選手にアドバイスしていた。
基本的にもう一人の福岡選手は、ぽけたーんと見ているだけだった。(頑張れとかは言ってる)

きっと平野選手は損得勘定はしないタイプでスポーツに純粋で団体戦なら団体戦としてあるべき姿で行動が出来るんだなと感じた。
勝手ながら、変化球無しで自分に正直で真直ぐ突進する不器用なタイプだと感じてしまった。
そういう人は裏切られたり利用されなきゃ良いんだが、世の中は良い人間ばかりではない。
むしろ、(腹黒い含む)悪い人間の方が多い位で基本的に人間とは自分さえ良けりゃ、悪さもするし正しい事もしないし他人の事など考えやしないものだ。
現役を終えたら人間に嫌悪感を感じずにコーチの道に進んで欲しい。
彼女みたくどんな状況でもポジティブ&アグレッシブな指導が出来る人材は非常に重要だと思う。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.16

五輪 なでしこジャパン

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/16 0:35

日本女子サッカーのレベルが高い。
観ていて気持ち良い!
アグレッシブで粘り強いドリブルをするし繋げないならロングシュートも撃つ!
決定率も割と良いし見掛けだけの攻撃じゃない。
よく走るしガッツがある。
点を取るんだという気持ちが強く伝わる。

日本男子サッカーよりも確実に強い。
当然だが、これは対戦したら勝てるという意味ではない。
日本男子サッカーで思い出すのは、「頑張ったぞ感を出しただけのヤル気なし攻撃」、「シュートは極力撃たない」、「本当にシュート練習してるのか不思議な位ゴール枠を捕らえられないシュート」、「とりあえずダメそうなら転んどけ」、「試合中にボールパス練習」、「ドMかと思う程にかわいそうなゴールキーパーとディフェンスたち」、「全く繋がらないゴールキーパーのロングキックパス」、「気迫のないダラダラしたプレイ」、「スロースターターのくせになぜか後半バテて足が動かない」、「とにかく全然動けないから全くプレッシャーかけられない」、「サッカー未開発地域に勝ってチャンピオン気取り」、「番狂わせはないがバンバン取りこぼす」、「点を取ると明確にわかる程のネガティブプレイと自信喪失」、「本業より遊び命」ってキリないからこの辺でヤメとく。
日本男子サッカーは観てるのですらストレスになるからもうずっと観ていない。
観たいとも思わない。
正確には思えない…か。

そこから比べると、なでしこジャパンは面白い。
ゴール前で倒されても他の選手が詰めてきてゴールを奪う。
こんなの男子にゃ到底出来やしない。
今のは「PKだろPKだろ!」ととりあえずアピっとくがすぐに諦めて全てが無になるのが関の山だ。
超強豪のノルウェーに大差で勝ったのや押されながらもずっと勝てなかった中国に勝ったのは本当に感動した。
例え負けていたとしてもポジティブなプレイスタイルは非常に清々しい。
なでしこジャパンにはこれからももっと頑張って欲しい。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.13

五輪 バドミントン スエマエペア

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/13 17:52

ウォー!!!!
カッケー!
1ゲーム目の中終盤位から鳥肌が止まらなかった。
もう勝っててもおかしくなかった。
韓国の自己中な図々しさと日本の清らかさが勝敗を分けてしまった。
ていうか、チビブスのサーブ位置は明らかに高けーだろ!
まだまだフォルト取れたけど審判への威嚇がウッセーから少なかった方だろ!
どう見ても胸下位置じゃねーか、ドチビ!

前田の序中盤のミスがなければと悔やまれる。
2ゲーム後半は自信を無くしたのか走らせて体力を削るのか得意のスマッシュではなくドロップを多用してた。
逆にスエマエペアは後半足が重くなったためオープンコースを突かれて数ポイントロスしていた。
韓国側では前衛に長身選手を置くと甘いシャトルが上がると簡単にプッシュ&スマッシュしてくるのが脅威だったし、体のスピードを補うに十分な程に手が長いから何度も追いつけなそうなシャトルを拾っていた。
スエマエペアの決定的なプッシュを驚異的に拾っていたのも精神的に疲れただろう。
オグシオペアもそうだが、終盤のドロップ&ドライブ&ドリブンクリアで走らされての前方ダッシュに力がなく疲労感を感じる。
最後のポイントも半分は足がついていってなくてアウトになってろと妥協を感じた。
きっと打っても浅かったんじゃないかと思えた。
技術的な差はソコソコしかないから体力と精神力を養えば勝てていたに違いない。
2ゲーム目の明確な点差は疲れによるミスショットと弱気になった精神状態の差でしかなかった。
非常に残念だ。

完全に体力を回復させて2日後の4位決定戦を頑張って欲しい。
緊張やプレッシャーは負けた事によって楽になり場慣れしたプレイが期待出来る。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.12

五輪 テニス and バドミントン

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/12 2:18

まず、オグシオペアが惨敗してしまったのが思いのほかショックだった。
バドミントンの放送自体が非常に稀少価値だったので放送される事にワクワクしていた。
この興奮は表現しづらい。
だが、中国の世界No.3のペアに一方的に負けてしまった。
オグシオペアのプレイスタイルを知らないから何とも言えないが、想像するに恐らく調子が悪いままの状態だったんだろうと感じた。
オグシオペアの1回戦目の相手はラリーが続くと自滅していたので、とにかく来たシャトルを粘り強く深めに上げていれば何とか勝てていた。
だが、次の相手は前田・末綱ペアが世界No.1の中国ペアを破ってしまったため絶対に勝たなければいけない状況になり完全攻撃主体の押せ押せプレイに対して、オグシオペアは1回戦と同様のレシーブに回ってひたすら深めのハイクリアをしていた。
だが、1回戦とは格が違う相手だったために出来る限りスマッシュ主体の超攻撃的プレイに圧倒されていた。
それに加えてドロップショットも効果的に使い、オグシオペアに振られようが素早いフットワークでしっかり対応していた。
そこにアウトの多いミスショットを相手にしっかりウォッチされ積極性が失われかけていた。
体調が悪かったのか、2ゲーム目の序中盤に潮田選手の表情が映った時にはそれなりに集中力が切れていたと思えた。
もっとドロップ、スマッシュ、ヘヤピンを積極的に使って欲しかった。
試合を通してそのほとんどがハイクリア系と繋ぎのドライブだったので彼女達も帰国してから悔しさが込み上げる事と想像出来た。
まるでスマッシュの練習をしてるかのようだった。
一緒に観てた人が「チヤホヤされてたからお嬢様プレイだった」と言っていた。
終盤には足が動かなくなってきた所を突かれて狙い澄したドロップでポイントを失っていた。
とても残念だった。
だが、前田・末綱ペアが大健闘をしてくれたおかけでバドミントンへの希望を完全に失墜する事なく次戦も放送にこぎつける事が出来た。
これは非常に非常に重要な事で、一般人の「所詮はバドミントンもダメか!もういいや!」というバドミントンの未来さえ危うい状況を彼女達が救ってくれたのだ。
オグシオに続く第2の救世主と言っても過言ではない。
彼女達がスマッシュを多用する攻撃的プレイを使い分ける事が出来たから勝てたのは間違い。
受けに回らず取られても粘り強く攻撃的プレイを維持してほしいと願う。
あわよくば、メダルを取って欲しい所だが非常に厳しいのは事実だ。
オグシオペアの相手の世界No.3ペアが恐らく優勝する事だろう。

そうそう、バドミントンの試合を観て簡単そうだと思った人も多いだろうが、ハッキリ言っておこう、体力がない人間にはバドミントンは出来ない。
ダブルスはまだ楽なので苦ではない(相棒との呼吸がとても大事)が、シングルスをやればすぐにわかるだろうが四方八方に振られ落とされ前方ダッシュや後方ダッシュに高速反復横飛びのような動きを休みなくすれば、たった20分で足はプルプル、ケツはブルブル筋肉痛と足への疲労、スタミナ不足を体感して二度とやりたくないと思う事だろう。
数回しかやった事ない大口叩いていたズブの素人を相手に地獄を見せた事があった。
キツいコースを打ち込んだり高速スマッシュをすれば続かないから、とりあえず走れば取れるコースとしてまず前後前後と延々に走らせ走らせ走らせまくって急に横の動きや斜めの動きをさせるためのコースを打って、最も遠い対角線のコースに延々と打ち込む。
最初は意気揚々とついて来るが、5~6分程度で息が切れ始めてきて、そのうち足が重くなったのか移動速度が遅くなり取れるはずのシャトルを追わなくなってくる。
そのうち振っても動かなくなり弱音を吐くようになる。
この競技は精神力と完全にシンクロする。
相手が女子になればすぐに足は動かなくなる。
だから長くラリーを楽しみたい時はなるべくいる所に返してあげないといけない。
基本的に移動はステップダッシュしかしないから一般人が競技系バドミントンをするとほぼ確実にケツ~太ももにかけて筋肉痛になるようだ。
ダッシュのトレーニングをしてないと俺もケツ中央内部の筋肉痛になる。
一般人には3日間連続で競技系バドミントンをする事は不可能だと思っている。

テニスは錦織も杉山も負けちゃったね。
杉山の2セット目の後半は上り調子で良かったのに要所で爪が甘く取れたゲームを落としていた。
錦織戦はいつ放送するのかな…
それにしても観客全然いないのはなぜ?
海外の女子はブラを全然しないようだ。
汗で透けててもお構いなしか?
神経の図太さを感じる。
日本人には絶対に真似出来ない。
そういう図太さもまたプレイに影響してくるのか?

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.11

スポーツレスリングジュードー

8/11 0:22

何だろ、この海外式柔道。
とにかく見苦しい。
組む事もせずタックルのオンパレードだ。
そんなにタックルしたきゃレスリングやれよ!
なんかレスリングの実力不足組が柔道に回ってきたくさい。

立ち技あり関節技あり寝技ありタックルあり
この条件でとにかく背中をつける倒し方さえすれば良いって認識か?

服が乱れて見苦しかろうが気にしない。
礼の本質が分からなかろうが気にしない。
審判の制止なんてお構いなし。
ポイントあれば敵前逃亡は常套手段。
審判の誤審は日常茶飯事。

野村選手が正座をして相手を待つ姿が本当にカッコ良かった。
心技体がない者に柔道はしてほしくない。
「礼で始まり、礼で終わる」
それだけ精神を学ぶべきだと思う。
少林寺拳法も同様に心を大事にする。
柔道はボクシングやレスリングなどとは明らかに一線を引くものだと信じている。
昔の柔道はより荒々しく危険なものだったらしい。
なぜなら合戦の最中、刀が折れ武器が無くなった時に相手を最短で殺すための武術だ。
それが時代と共に実戦形式から武術形式に変わりより安全なスタイルになった。
子供の頃、柔道を教えてもらった時は紳士的な立ち振る舞いや精神の部分を教えられた記憶が残っている。
日本人以外にはきっと理解出来ないだろうな。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.10

NHKの粘着ババア

8/10 23:50

現地リポート陣で内柴と中村を呼び寄せてNHKのババアナがどうでも良いくっだらない相手が困るような質問のオンパレードで攻撃してる。
バカじゃね?って感じ。
NHKババアナだったとしたらこれがNHKのレベルか…
よっぽどフジの顔だけ女子アナの方が気の利いた事を言うぞ。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.10

有望な人材を食い潰す人間

この記事は、カテゴリ[モブログ] から カテゴリ[スポーツ]に変更

8/10 21:18

ヘボコーチやヘボ監督が有望な人材を食い潰す現実が今なおある。
他人に厳しくする事は誰もが出来る。
ましてやそれが金メダルクラスなら自分の力のなさを露呈しないために尚更キツい練習を強いるだろう。
だが、コーチや監督は選手の体調や肉体管理まで出来て初めて意味があるんじゃないかと思う。
じゃなきゃ、脳ミソがない根性論によるオーバーワークをごり押しするカスコーチなどが最強であるからだ。
たまたま超極少数の部類に入るタフなタイプに当たれば素質さえあれば開花するだろう。
だが、それが最高の名コーチとは100%断言出来ない。
たまたま逸材に当たったから良かっただけの話しだ。
その逸材ですら歳を取り肉体(細胞)が衰えればオーバーワークに耐えられず故障が発生する。
そのコーチに一言言いたい。

オマエが同じメニューをこなしてみろ!

本当の名コーチは、アメとムチを理解し選手の身体や特性を理解し本人にあったメニューをプログラム出来、心理学や人体学に精通し身体のケアを十分に考慮出来、ムダな負荷を身体に与えない効率の良いトレーニングを選手に課す事の出来る人間だ。
「1人の人間にそこまで求めるな!出来る訳がない」ってんなら「まず頭を遣え」と言っておこう。
誰もテメー1人に求めちゃいない。
そんな器が無いなら無いなりに各種専門のスタッフを雇えば良いだけの話しだ!
選手や国民が求めてるのはテメーの能力じゃなく、選手の結果だ!
独占欲に目がくらんだ野心家に執拗に終着されたが最期だ。
狭い世界で逃げ切るのは困難だろう。
そして、なにより悲惨なのが部外者であるマスコミが師弟関係を解消するとこぞって面白おかしく勝手な推測を交え次の標的が現れるまで食い物にする。

この前、野口のドキュメンタリー番組を観た時、彼女のクソコーチもまた脳ミソが足りなそうな低水準な会話しかしていなかった。
ムダな罵声にムダな厳しさが目立った。
なぜ体育会系はバカばっかなんだろうか?
感情のままに罵声を浴びせるな!
不要な言葉は全く必要がないのだ。
不要なトレーニングは全く必要ないのだ。
海外の屈強で大きな身体に勝つには日本は精神論に頼らざるを得ない部分も確かにある。
だがそれは効率良く鍛えれば良いだけの話しだ!
じゃー、なにか?
知的なコーチには名コーチはいないとでも?
もはや、日本流コーチ論は無用の長物だと気付くべきだ。
選手を甘やかせろと言っている訳では無い。
効率良いトレーニングプログラムを組み、ムダな罵声を廃止し、選手自身にも目標を作らせ理想形を強くイメージさせテンションを高く保つようにメンタル面を強化/育成し、身体のケアを常に万全に整え健康管理をし、競争力を養う(常に勝つ状態を作り『勝つ癖』を付ける)ようにすると言う事だ。
コーチ主体の強制管理に何の魅力も感じる事が出来ない。
アメリカの有名なテニスクラブのように個人の特性は無視してふるいにかけるための強制的な練習方法で結果を出している所も多いが、それは日本とは決定的な違いがある。
日本はスポーツ人口が圧倒的に少ない。
日本のスポーツの地位が異常に低い。
海外の有名なクラブには素質、身体、逞しさ、貪欲さ、野望のどれもが高水準の選手が集まってくるのだ。
ハイレベルな素材はいくらでもいるから出来る事で、日本のそれとはまるで違う事を理解しよう。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.10

北京五輪 柳本ジャパン

8/10 1:00

気持ちで負けてたらどんなに頑張っても勝てやしないだろ。
ここで出て来るチームはどこも誤魔化しが利くほどレベルは低くない。
どの競技もそうだが、気持ちで負けて失敗を恐れていたらチャンスや運は転がり込む訳ないし、何より相手にナメられて相手が粘り強くなる。
失敗しようが上手くいかなかろうがバカみたいにガムシャラに押せ押せでハイテンションでポジティブにこられた方が精神的に押してる感じがしないだろう。
失敗した位で考え込むなよ。
成功してる時は無駄な考えはなく雑念を取り払って良い具合に脱力してるからワンプレイ、ワンプレイが凄くナチュラルで融通が利く伸び伸びとしたもののはずだ。
考え込んで失敗を恐れて結果が良くなる場合や競技があるはずがない。
常に良いイメージをシミュレーションしてそれを実現するだけだ。
結果的にそれで失敗したとしても恐れながら失敗するより100万倍マシだ!
臆するヒマがあるなら自分のベストプレイを思い出すべきだろう。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.09

銀行の利便性とは

8/9 9:15

そもそも銀行は顧客の金を運用するのが目的のはず。
銀行側からすれば勝手に集まってくる金を貸し出しするだけだから、顧客数が増え使える金が増える事で事業が成り立っている。
人様の金をあたかも自分の金のように貸し出してるくせに高い利息を取ったりする。
全ては顧客の金次第だ。
だが、顧客からすれば何が利点なんだ?
超低金利のため、預ける報酬としての利息も全く期待出来ない。
それ所か、ある時間帯以外は金を下ろすのに手数料を取るのだ。
銀行は自分たちの勝手なシステムを作っておいて従わせる。
自分の金を下ろすのに金を取るって普通に考えてどう思う?
異常だろ!
そういえば、この事について20歳位の時に友達にバカらしくない?と言ったら、「手数料なんて安いんだからケチケチすんなよ」と言っていた事が今でも頭から離れない。
こんなバカがいるから日本人は楽だろうな。
もう絶句しちゃった。
額が低ければ理に適わない事も許容してしまうらしい。
よく考えてみようか!
利息は年いくら入ってくる?
年利0.001%だと100万預けても年2回の利息支払いで年間20円だ。
1回の預金引き下ろしの最安手数料の5分の1だ!
顧客から100万という金を預かってる代償は年間20円で済ませている。
今時の小学生でも1日にもっともらってるだろ!
週末深夜に自分の金を2週間に1回引き下ろしてる場合、5460円も銀行に搾取される事になる。
年間利息の20円を引くと5440円の損失だ!
運用とは名ばかりとしか思えない。
さらに1000万円以上の預金への責任放棄が法的に認められている上に自分たちのシステムを悪用されたり弱点を突かれたりして預けていた資金が物理的ではなくプログラム上盗まれても責任を負わない現実がある。
とにかく、何らかのトラブルに見舞われた場合の多くは意味不明で無責任な理由から救済すらしないのだ。
対象人数が多くなればなるほど銀行本体へのリスクが増えるためか完全なる責任放棄処置を取る。
しかもなぜかATMだと自分の金なのに出金額が制限されている。
そのうちの1つの理由が犯罪によるリスクを出金額を減らす事で一定に抑えられると考えているが、システム自体の強化を図れよ!と言いたい。犯罪被害の抑止ではなく、犯罪被害を許容しつつリスクを減らす方向でしか動いていない。
では、どこにメリットがあるのか?
メリットは2つだけだ。
・公的に資金の入出が立証出来、給料などの未払い等のトラブル解消
・泥棒や火災などのトラブルの際にタンス預金だと一気に消失してしまう所を回避出来る(重く堅く大きい金庫があればほぼ解消か?)

世の多くの人達はたったこの2つのために高いリスクを負ってまで銀行を利用しているのだと想像出来る。
また、キャッシュカードと通帳を紛失した場合は必要な手続きを行わない限りは自分の金すら下ろせない。
開設店舗じゃないと完全身分証明書(免許証など)と本人だけでは金は全く下ろせない。
引越しして口座開設した店舗から遠くなると面倒な事が何かと増える。
そんなおたく(銀行)の事情を顧客に丸投げすんなよってのが本心だ!
開設店舗とその他の店舗で区別すんなボケって感じだ。
全ての店舗を開設店舗と同等の事が出来るようにしとけって誰もが思うだろう。
管轄とかは顧客からすればどーでもいーし!
あとさ、窓口受付時間が15:00までって明らかに短くない?
仕事してるとそう簡単に行けないよ。
で、それを補うATMを使えば手数料だ!
バカじゃねーかと!

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

08.08

ICカードを信用するな

8/8 0:16

ICカードと言うよりはプログラミングシステム全体を完全に信用してはならない。
完成されたプログラミングシステムにはバグが無いと思ってる人も少なくないだろうが、一般的にバグを完全に取り除く事は事実上不可能なのだ。

ではなぜ現在のシステムはまともに動いているのか?

そう思うのは当然だ。
これはシステム開発における工程の1つのテスト作業で、想像出来るパターンを網羅して不具合がない事を確認しているからだ。
じゃー、それでバグを全部取り除けるんじゃないの?と思うだろうが、そうもいかないのが現状だ。
単純明解で多重条件が発生しなければそれも可能だが、システムがデカかったりシステムを変更するたびに必ず複雑になり結果として複雑な条件を考慮しなければならなくなりバグを取り除く事が段々と難しくなったりする。

バグの例を挙げると、電話してたら急に切れたりメールしてたら電源切れたりなどだ。
なぜこの記事を書いたかと言うと、前にPASMOを使っていたらバグによる不具合があったからだ。
内容は、「定期有効期間中に定期区域間を乗車したら残金が引かれた」と言うものだった。
しかも本来の料金の5.5倍の額が引かれていた。
たまたま自動改札機の窓口を見たから気付いただけでウッカリ見逃してた確率は高い。
すぐに履歴印刷して駅員に行って引かれた分を返してもらえたが、定期を更新して有効期間の表示が書き替えられていたら履歴印刷だけでは立証は難しかったんじゃないかと思う。

[表示]
2008/07/01-2008/07/31
[不正バグ日]
2008/07/30
[使用履歴]
2008/07/30 定期区域間

このタイミングなら印刷した履歴を見ればすぐにわかるだろう。

[表示]
2008/09/01-2008/09/31
[不正バグ日]
2008/07/30
[使用履歴]
2008/07/30 定期区域間

この場合、ICカードにどこまでの情報が残ってるか不明だが楽観的に考えるべきではないから現在の情報のみしか保持していないと仮定すると、立証が難しい。
「ずっとこの定期を買っている」と力説しても結果的には証拠不十分だ。
だから今の定期が切れる前に全ての使用履歴を印刷して不正がないか自分で調べるべきだろう。
今回発生したバグが開発者によって修正されない限り、条件さえ再現すれば全ての人に100%起こるので非常に危険だ。
前に「何か残金の減りが早いなぁ」と思っていたので同じ感覚を体験したならばチェックして見る事を薦める。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。