--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.31

麻生バカ総理のバカ政策

10/31 23:50

麻生のバカが880兆円もある赤字の返済をせずに、税金をばらまく「景気回復政策」の内容を発表した。
その多くが一部の人間しか恩恵が受けられないのに、そのばらまきを回収するためにその後、全国民が対象となる消費税の増税を行う予定だ!
もう、バカじゃねーかと!
ジジィにやらせても古い考えしかなくてダメなんじゃね?
ここ最近で最も最悪な政策になるだろう。
借金も返さない超赤字国家の通貨や企業に魅力が感じられる訳ねーよ!
まぁ、その後永遠に続く消費税増税で挽回するんだろうが、マジでクソだな!
国で日本ポイントとか作って金を消費するとポイントがつき、ポイントで軽犯罪との相殺や国営のサービスが安価で受けられるようになったりとか出来たら「金を使う価値」が出てきそうなんだけどな。
スポンサーサイト

モブログトラックバック(0)  コメント(2) 

    2008

10.31

日銀 金利値下げ!

10/31 23:36

日銀が金利を0.5%から0.3%に下げた!
価値を下げた形となり、来るか来るか円安ーーーー!!!

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.29

豪ドル! -- 日記 --

2008/10/28

200810229.jpg
※この内容は、本編「豪ドル!運用」で書いた分とする


2008/10/29

200810230.jpg

投資してから1日目で、豪$が1日で59.64円→62.63円に円安になったため、為替手数料の損失から見て10万円位利益が出た。
とは言っても、実際に利益が出るのは円換えした時なので、「まぁ、そんなもんか」って程度で見ている。
ついでに、豪$普通預金にあと60万円追加投資してみた。
やっぱり、昨日の外貨定期預金の時に60万円追加しておけば良かったな。

そうそう、今日もバカみたいに超超長蛇の列を作って外貨為替交換所で換金している人たちがいた。
マジで暴利も良いとこだろ!

外貨   外貨為替交換所  新生銀行
---------------------------------------------------------
豪$  売りで75.56円   売りで62.63円(別途、為替手数料50銭追加)
US$  売りで101.??円   売りで97.71円(別途、為替手数料50銭追加)

40分以上も待って行列作ってる人たちは、多分自分の利益と交換所の利益がほとんど同じじゃないのか?と思う。
1$につき、3円位水増しされてる訳じゃん?
で、円換金する際も3円位水増しされたら、利益あんのか?と思ってしまうぞ。



2008/10/30

豪$にさらに増資して、メインバンクから12万円分追加した。
本当は、あと50万円程度増やしたかったが、メインバンクの残金は残しておきたいので止めていたのでサブバンクから出資する事にした。
が、夜遅いため明日振り込まれる。
まぁ、仕方ないか・・・
許せないのは振替手数料が420円も取られている事だ!
超超超超超超超超超低金利のクセに一丁前に手数料は高額だ!
去年の利息、いくらだったっけ?
100円もいってねーぞ!
一回の振り替えで数年分の利息分を強奪するなんて、ナメんな!
だから、外資で運用するんじゃい!!
ていうか、豪$は日々どんどんとレートが上がっていってるから早く最後の換金を済ませたい所だ!
最終的に豪$で運用するのは295万円位に登る予定だ。
それを初期時の59.68円で換金しておけばスゲー得してただろうなぁ・・・・勿体無い(><)
あとは、円の貯金もそれ相応分は残しておかないとだから、この位で良いか。
次の給料日にもまだまだレートが低かったら換金する予定だ!
チャンスが続いていれば、7割程度の35万位ずつ豪$に変えて運用していこう。


2008/10/31

200810231.jpg

朝、ソッコーで57万円を豪$に換金した。
なんと、レートが67.08円も・・・
たった3日で、約7.5円も上がっとるやん!!
レートが59.68円の時に129万円換金出来たら、2384豪$も多かった。
レートが80円で19万、90円が21.4万、100円で23.8万円も差が出る。
メインバンクとサブバンクの配分なども関係していたが、それでもこの2日の遅れは判断の遅さでもあった。
さらに運が悪く、夜になればなるほど円高が進み、ちょっと前で65.72円まで豪$の価値が落ちた。
まぁ、こういう所も本当はちゃんと予想しないとダメなんだろうけど、会社があるもんで朝か夜ギリギリしかないから仕方ないことだった。
しかも今月中なら為替手数料半額って所に釘付けで、あと残り時間15時間・・・トゥッ、トゥッ、トゥッ、(24風)
さらに、絶対に朝より夜の方が部が悪いと思ってしまった。
時間があれば、チャートを見ながら3時間泳がせて様子見るとかあるが、なんせ朝早めに起きて作った時間が20分程度だったから、まぁ、ムリだね。


とまぁ、ここまでは豪$買いの動きが頻繁だったため、立て続けに頑張って記事を書いたが、あとは1週間に1回程度位で書いていくつもり。
元々、FXみたく差額で稼ぐというよりは長期運用を目的としている。
だから、相当の円安が進んで運用しているよりも換えた方が割が良いなら話しは別だが、基本的に3~6年位寝かせておこうと考える。
オーストラリアのバブルが崩壊して未曾有の大不況で長期不安定になる前に救出してあげないといけない。
100円を超える時点で換金のタイミングではある。
でも最高潮のタイミングってスゲー難しいよなぁ・・・
その100円の大台に乗ったのが最後、今後数十年以上も到達しなくなったならそのタイミングで換金した方が圧倒的に得だ。
引き際が肝心だね!


資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.29

映画「豚がいた教室」

10/29 12:54

前から彼女に教えて貰っていたが、今日トクダネでやってたので記事にする。

内容は、小学校でPちゃんと言う豚を飼っていて、最終的にPちゃんを殺して肉を食うと言うものだ。

まず、この映画を作ってくれた監督を始めとするスタッフ一同に心から感謝する。
非動物愛護国である日本にしては非常に珍しい正義のある映画だ!
命の尊さと彼等への懺悔、肉を食べるとはどういう事かをもう一度考えてもらいたい。

この映画で大泣きして平気で肉を食い続けるヤツらは偽善者以外の何者でしかない!
その涙はなぜ流れたのか?を聞いてみたい。
きっと、蟻が石ころにぶつかって倒れただけで泣くんじゃないかと想像出来る位の安っぽい涙だ!
その感情からわかる人間性の安っぽさや陳腐さを自分で痛感出来たならまだマトモだ。
それすらもアメリカ式言い訳の如き理不尽さで自分を正当化して映画の事すら過去のものでしかなくなるのがほとんどだろう。

もう一度言うが…

獣肉を食わずとも人間は生きていけるのだ!

つまり、肉を食うと言う事は嗜好以外のなにものでもないのだ!!!
生きるためでも何でもない!
・カスのような精神力だから肉を食う事を止める事が出来ない
・自分以外の他のものがどうなろうと知ったこっちゃいない!

肉を食い続けている人間はこのうちのどっちかだ!
日本人は明治時代に入るまでずっと獣肉を食べる習慣は無い!
つまり、肉を食わずとも生きて行けると歴史が証明している!
それに飢饉がある訳でもない。
日本には余って捨てる程の多種多様な食材が溢れている。
栄養管理さえ出来ていれば何の問題も無い!

酒やタバコをやってる人間が「健康のため」なんて正当化する言い訳はまず出来ない!
人間は考える事を止めた時からどんどん劣化していく。
もう一度、なぜ肉を食べるのか考えてみて欲しい!
本当に生きている彼等を殺してまでその肉を食べる必要があるのか?
本当に食べないと生きて行けないのか?
ただただ、あるから食べるだけと言わないで欲しい!
食べれば消費する。
消費されればまた殺す!

1人が全く獣肉を食べないだけで救われる生命の数は年間で100を超えると言う。

本当に牛や豚、鶏などを殺してまで肉を食べる必要があるのか考えてほしい。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.29

豪ドル運用

今日(2008/10/28)、遂に豪ドルに換金した。

新生銀行で、日本円で170万円分の豪ドルを買った!
レートは59.68円だった。
為替手数料は、豪ドルで8850銭。
キャンペーン中だったので50%OFFで済んだ!
為替手数料の総額は、約2490014197円。

ちなみに、異常な程の長蛇の列を作ってまで換金していた街の外貨為替取引所での為替手数料は、アメリカドルが1.7円近く水増ししていた96.67円位だった。
すっげぇ、高っか・・・
ちなみに、今のタイミングでアメリカドルは94.94円で換金出来る・・・

元々、日本円を超超超低金利の銀行に預けるのがバカバカしいと思っていたので、思い切って外貨定期預金の12ヶ月に決めた。
「外貨定期は為替変動で危険だ」という意見もあるが、もう豪$は下がる所まで下がったのだから、これから下がってもあと数円だろうと見切った。
それに豪$高になるまで貯金すれば良い話しだし危険な事はない。
(オーストラリアが破綻しなければ・・・恐らくしないだろうと信じている)

そう言ってる間に、この2時間で豪$が1円安くなってる。
変動凄いな。
そのタイミングなら、豪$当たり1円儲かった!(笑)
まぁ、こんなちっこい変動は当然起きるとして、遠い将来を見てるから気にしない、気にしない!

で、外貨定期預金は2タイプあり、「通常の外貨定期預金」と「パワーサポートプラス」だ。
■通常の外貨定期預金
利息は年利6%(源泉分離課税で実際は4.8%)
満期まで一切解約不可能
満期時に利息を豪$で支払い

■パワーサポートプラス
利息は年利6%(源泉分離課税で実際は4.8%)
期間中でも預入通貨を変更可能
満期前でも自由に円換金可能(突然の豪$高時に円に換金可能)
利息は毎月当時の為替レートに従い、円支払い

結果的には、「パワーサポートプラス」にした。
最後の為替レート的に今は不安だが、今回の狙いのメインは円安時に円換金するのが目的なので運用はオマケみたいなものだった。
そこまでガメつく考えないようにした。

利息は、年間8万4000円だ。
月々7000円が利息として支払われる。
マジっすか?隊長
ウハウハじゃね?
ここに為替レートがどう絡んでくるかが問題なんだがな!二等兵よ
とりあえず、ちょっくら記録つけてみようかと。

早く、オーストラリアの経済盛り返さないかな!
頼んまっせ、オージーちゃん!

豪ドル!の日記については、こちら

※時間無かったから雑な表・・・
外貨定期預金1(利回り運用+FX的要素)

月日   元金    外貨        利息    レート     実績 
10/28  170万円  28,394豪$  0円    59.68円   -2.5万円
10/29  170万円  28,394豪$  0円    62.98円   +7.6万円
10/30  170万円  28,394豪$  0円    64.80円   +14万円
10/31  170万円  28,394豪$  0円    63.72円   +11万円
11/28  170万円  28,394豪$ 7,230円  62.05円   +6.1万円

外貨普通預金(FX的要素として(※1))

月日   元金    外貨        利息    レート     実績 
10/29  60万円   9,480豪$   0円    63.24円   -1万円
10/30  12万円   1,779豪$   0円    67.45円   -889円●●
10/30  72万円  11,259豪$   0円    64.80円   +8250円
10/31  57万円   8,500豪$   0円    67.08円   -4250円●●
10/31  129万円 19,759豪$   0円    67.08円   +4000円
<<外貨定期預金に変更>>

※1:本当はFXの方が為替手数料が1/10位安いが新規口座開設してまでやる手間もレートのタイミングも勿体ないから諦めた


外貨定期預金2(利回り運用)

月日   元金    外貨        利息    レート     実績 
10/31  129万円  19,759豪$  0円    63.72円   -3万円
11/30  129万円  19,759豪$ 4,837円  62.05円   -6.4万円



資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.28

豪ドル!

10/28 20:48

オーストラリアドルがベラボーに大暴落してん…。
オーストラリアは今バブルス君でウハウハらしい。
アメリカ危機につられて豪ドル安になっているけど、他にも強さと信頼アップを計った政策が裏目に出たりなど理由はあるらしい。

今年始めは、1豪$=105円程度だったが今では62円と半値近くまで落ちた。
さらに昔は、1豪$=120円だった。
元々、オーストラリアは日本にも負けない位の経済大国のようだが、ここまで落ちると信用して良いのかわからない。

アメリカの場合は、世界最大の軍事国家と言うのが担保みたいな感じで、「さすがにアメリカが中堅国家に成り下がるのが想像出来ない」と思えた。
実際、自分らが生きて行けなくなるなら他の国を侵略してでも生き返るのが容易に想像出来る。
だが、オーストラリアってどーなの?
アメリカからは田舎州みたいな扱いだし、国自体にも将来性はある?

でもそのまま落ちて消えるとも思えない。
不安はあるが、1豪$=62円の時に150万円分買って、1豪$=105円の時に売ったら為替手数料など無視して104万円の儲けだ!
手数料で有り得ない位に多めに見積もって10~15万差し引いても89~94万の儲け!

マジっすか?隊長

景気は国が崩壊しない限り、好景気と不景気を繰り返すものだ!

何かイケる気がする~

あ、吟醸ちゃった!

新生銀行は今月為替手数料がデラックス安いからチャンスでは?
これは何十年に一度のチャンスでは?

と、素人が言ってみる。
だけど、普通に考えて物凄い時期であるのは確か!

豪ドルがこれ以上暴落する事は考えられないし、暴落しても国が蘇生して1豪$=100円超えを待てば良いだけ!
だから遊び金の範疇の150万円ならチリと消えれば流石に痛いが、「生きて行けない」とか「首が回らない」訳じゃないからサクッと買ってみるか!

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.28

進む、円高ドル安

10/28 12:05

今、FX取引が熱い!
近年稀にみる円高だからな。
だが、俺の予想では85~87円まで上がると踏んでいる。
アメリカはどう考えてもこの混乱をすぐには回避出来ないだろう。
経済救済措置に税金を充てたい国と、それを非難する国民の対立はヒートアップするだろうし、見栄を張ってクレジットカードで借金してまで物を買う事に抵抗感が無いアメリカ人のパニックと不満は数年後にはより強烈になる。
日本もバブル崩壊直後よりも数年先に待つ不況の方が遥かにツラかった。
アメリカ政府が税金を使って更なる破産待ちの大企業を救った所でメンツは保てるがそのシワ寄せのあおりはアメリカ国民と日本政府に来る。
日本はアメリカの巨大なポケットマネーのような存在だ!
アメリカはなりふり構ってられなくなるから強気で日本にゆすりをかけてくるに違いない。

今の円高はあと1週間~2週間がピークで一旦はドルが吹き返すだろうが、数年以内にまた円高ドル安は訪れると睨んでいる。
そっちの方が期間も長くドルの最安値になるんじゃないかな?
となると、FXでドル買いに走った人達は換金した金はここ5~6年位は自由に出来ないかも…
なので、ドルを買う分はあくまで自由に使える範囲で行うべきだ!

超低金利の銀行に一生預けても得る事が出来ない利息以上のリターンが今はFXで容易に期待出来る。
この判断自体は間違ってないが、ドル買いのタイミングがまだ早い気がする…
今、長蛇の列をなしてみんなドルを買っている。

一週間以内に俺も230万位換金しようかな…

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.27

日本はアメリカの属国か?

10/27 14:53

昨日、サキヨミでやってた「年次改革要望書」なるものを知った!
要はアメリカ政府が日本政策に関して細かい点まで「こうしたらどうか?」と要望する事をまとめたものだ!
まぁ、参考程度に見ておけば良いものを日米関係を円滑にするために採用して悪影響がない範囲で承認しているのが現状だ!
それが日本のメリットになるものなら良いのだが、アメリカに都合の良い内容やアメリカより日本が優れてる点を崩壊させるような内容のようだ!

後者については、「○○を廃止しろ!」などと直接的に言えば日本も受け入れないとわかっているために間接的に一見わかりにくい内容で要望してくるようだ。
日本政府はバカだからそんな目論みを知る由も無く簡単に承認して状況を悪化させてしまっている。

その一例として、以下の事を言っていた。(うろ覚えだが…)

アメリカが日本の強さを「終身雇用と年功序列」と結論付けた。
アメリカ社会はそれを受け入れるのは実質的に不可能なので日本の弱体化を狙い、「派遣労働法の改正」を要望した。
それを承認して、数年前から転職/派遣が横行し結果的に格差社会に繋がった。
最近では日本政府は、派遣業などに対して締め付けをキツくするようにした。

また、要望書にはアメリカの大企業レベルが自分達に優位になるような些細な要望まで書いてるんではないか?と思えるものまであった。

今年来た要望書の中には、添加物規制緩和などがあった。
都合の良い下僕のように扱われているのは恐らく中国などのように過激な外交政策が取れないからだろう。
日本は核でも持ってもっと意見を主張すべきじゃないか?

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.26

アカントアメーバの脅威

コンタクトレンズを使っていると失明する。

これは誰もが一度は耳にする事だろう。
その原因の1つが、「アカントアメーバ」による感染だ。
このアカントアメーバが目に感染すると激痛を伴い、最悪失明するそうだ。
では、アカントアメーバはどこに生息するか?

海、川、池、湖、土壌・・・至る所にいるそうだ。
何でもとても原始的な生物らしい。
そして、水道水にもいると言う事が最も脅威な所だ。

コンタクトレンズを扱う際は、石鹸などの界面活性剤で滅菌しなければならないという。
だが、どんなに滅菌しても水道水に含まれているアカントアメーバは次から次へと出てくるんだよね?
まず、水道水のアカントアメーバの生息率と感染率が知りたいと思った。

引用:
アカントアメーバの感染リスクは、24時間連続装用が可能なソフト・コンタクトレンズで最も高く、1日で使いすてるソフト・コンタクトレンズで最も低かった。ソフト・コンタクトレンズを常用している男女の91%がレンズを装着したまま泳ぐか、または不適切な消毒をしていることが判った。

アカントアメーバ感染例では、過酸化水素や塩素系のソフトレンズ消毒液の使用が非常に多く見られた。しかし、塩素はアカントアメーバに対して無効なのです。

アカントアメーバの感染率が水質に左右されることが、この調査で判明したようです。この結果は、コンタクトレンズの使用者の多くがレンズや保存ケースを滅菌・消毒されていない水に接触させていることを示唆しているようです。コンタクトレンズは便利な反面、衛生的な使用を心掛けないと、大変に痛い目にあうことになります。気をつけましょう。


引用:
角膜に傷がある場合に感染しやすいです。
このアメーバの弱点は、熱に弱いため以前の煮沸消毒では死んでしまうという事です。
ですから、ソフトコンタクトレンズの煮沸使用の感染率は少ないという結果があります。


引用:
100万人のコンタクトレンズユーザーに対して、約1~2例と推測されています。



欲しい情報は無かったが、とりあえず「角膜に傷が無い」、「1日使い捨てコンタクトで8~16時間で捨てる」、「コンタクトを扱う際には石鹸で手を洗う。絶対に手が汚い状態でコンタクトはいじっていない」って事で感染率は非常に低いと思われるが、不明確な点が多い。
もしかしたら、不潔なヤツだけ感染する程度のものかもしれない。
だが、条件が合えばアカントアメーバ角膜炎から失明というケースが確実にある。

しかし、見逃せない情報があった。
「海にもアカントアメーバがいて、サーファーがアカントアメーバ角膜炎になりやすい」という事を書いていた湘南地域の眼科があった。
って、いつの間にか検索引っかからなくなってるし、どこ行ったコラーーーーー!
デマか?デマかーーーーー?
本気でサーフィン諦めるかどうか迷ってた時間返せコラーーーー!

と言いつつも、湘南の海が汚いのは事実だし実際問題雑菌も多いだろうし不潔にしていたら危ない事は間違いないな。
特に、雨が降った後は最悪だ!
街の地面や土壌、タバコの毒や犬の糞、生活排水に工業排水など、ありとあらゆる汚物が川を経て最後に流れ着く場所が海だ。
敢えて排水溝にタバコの吸殻を捨てるヤツに殺意が芽生える!
コイツらの自己中さで海が無駄に汚れる。
大雨、台風の後の海は特に結構ためらってしまうなぁ・・・
この辺のインフラの改善はどうにかならないかな!


警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.24

PWS症候群

10/21 23:00

今日の朝、トクダネでPWS症候群についてやっていた。
遺伝子の染色体異常により満腹中枢機能が壊れていくら食べても腹が減るらしい。
今日の21:00頃からフジでクローズアップした番組をやるらしい。
とりあえず録画予約しておいた。
いつ見るかはわかんないな。

昔チラッと見た事あるが、デブ女が弱々しいばあちゃんを脅迫してチキン食わせろチキン食わせろってウゼーやつだ。
テメーじゃ働く事もしねーし作る訳でもねーのに一丁前に異常者がチョーシに乗ってて殴り殺してーって記憶があった。
親に何もかもしてもらって丸投げのクズのくせにナマイキだからクズ最下層にも程があんだろが!
今日のトクダネで、リハビリとして病院に入院して20数kg減量して、誕生日に家でパーティ開いた時に自分だけチキンが少ない量だっただけで部屋に引きこもり!
アメリカ人って何でこんなに精神がモロいのか?といつも思う!
下らねー事でギャァギャァ騒ぎ散らしてヒステリック起こしてマジでウゼーな、バカヤロー!
あの国はいろんな意味で過保護すぎ!

で、俺としては1つ言っておきたい。
悲劇のヒロインみてーな事になってっけど生きていけてるだけマシじゃねーのか?
テメーが食いてー食いてー騒いでるチキンはブッ殺されてんだよ!
テメーみてーな生きてても何の役にも立たねー無努力のニート風情が大量に肉を食いまくるだけで罪もねー生き物が多めに生産→殺害されてんだわ!
ツレーなら死んでくんねーかな?
生産、飼育にかかる食料消費や環境汚染、無駄な生物の殺戮が多少減るだろうよ!
こんなクズでも人間ってだけで多くの生物を殺戮する側に回るこの世界がマジでどーかしてる!
テメーは欲望のままに生物を食い荒らしているが、一度でも殺される生物について考えた事があるのか?
彼等が毎日どんな生活を送りどんな死を遂げるのか考えた事はあるのか?
生きる事がどんな事で命を断つ事がどういう事か考えた事があるのか?
オマエは目の前で生きている牛を自分の手で殺してまで肉を食いたいと本当に思うのか?

テメーみてーなクズには到底わかりゃしねーだろーがその裏では壮絶な闇の世界が繰り広げられてんだよ、くそボケが!

マジでこいつらの遺伝子は残しちゃいけねーしすぐにでも絶滅してくんねーかな!
こいつらは生物を物のように食べる事は当たり前だった。
死に逝く生物への敬意や懺悔など微塵も感じられない!
テメーらが悲劇の主人公で精一杯だ!
こいつらを知った時に沸き上がった怒りは想像を絶するレベルだった!
許せなかった!
命を頂く時に生物への懺悔と敬意を払って食べる人と、ただ味が好きだから食いてーだけで食ってるのは結果は一緒だが、内容はまるで違う!
もし、自分が食われるために殺されるとした場合、「本当にごめんなさい。でも生きるために必要なんです。本当にごめんなさい、ごめんなさい…」と泣いている相手に殺されるのと、「いーからサッサとブッ殺せよ!早く肉食いてーんだよ!あ、そーそー、すぐに血を抜くためにアチコチ切りまくって早く血抜けよ!血が残ってると臭くて食えたもんじゃねーから捨てるハメになるからな!」と言って命令されて慈愛も無く物のように扱われ無残に殺されるのではどっちが良いか?

んなこた、分かり切った事言ってんじゃねーよ!って話しだろ。
それは食べる側でも同じだ!
命を頂く時には死んでいった彼等に懺悔、敬意を払うべきだ!

だが、コイツらにはそんな事を考える知能すら持ち合わせちゃいねーよ!
俺はこの記事を「怒り」だけで書いている!
許せないし悔しい!
命を踏みにじられた多くの生物たちがかわいそうで許せないんだよ!
涙が出る位の悔しさが込み上げて怒りで書いてるだけだ!
それだけ食い散らかしまくるくせに人間として何の魅力も感じられねークズだから尚更だ!
コイツらが後の世界をより良い物にしていく能力があるならまだ納得も出来るが、人間の中でも最下層じゃねーか!
ほとんど身体障害者と変わらねー雰囲気じゃねーか!!
本当に無駄死に以外のなにものでもねーよ!

家族に守られながら生きてるにも関わらずあの醜態が許せねー!
俺は親から赤ん坊の頃から殴られ続け、幼稚園の時には掃除、洗濯、風呂洗い、風呂入れ、トイレ掃除、布団たたみ、布団敷きを全部やってたよ!
ただで親から金を貰った事もねーしお年玉なんてある訳もねー!
家事をやって50円とか貰って自分で働いて貯金してた。
テメーの事はテメーでやるのは当たり前で、親のメンドーまで見なきゃいけない。
オヤジは喧嘩がメチャクチャ強ぇーからタイマンで勝つ事は難しいし、小学生の頃だろうが深夜3時に腹を蹴られて叩き起こされ、過去の事について説教されたりテメーがブッ壊した物の掃除をさせられたりなどよくあった。
ガキん時は歯が折れたり気絶したり顔の輪郭が変わる程殴られる事はよくあった。
鼻血など毎回だ!
壁に血痕が沢山ある程だ!
圧倒的に強い相手に罵声を浴びせられ殴られまくる!
どんな状況か理解出来るヤツなんてそーはいねー!
そこには絶望しかねーよ。
途中で死ぬんじゃねーかと何度思った事か。
さすがに高校の時には殺し合いのような関係になり18ん時に家を出た。
勿論、親は保証人にもならねーし仕送りなんてある訳もねー!
大学行きながらバイトして生活してたが、自分の事だけをやれば良いなんてなんて楽なんだと感じたもんだ。
ガキのあの頃に比べりゃ世の中なんて楽ショーで仕方ねーよ!

コイツらはテメーで精一杯な訳だろ?
ナメんなよ!
今すぐ世のために死ね!

モブログトラックバック(0)  コメント(1) 

    2008

10.22

紀州はちみつ南高梅 おにぎり

コンビニで仕方なく飯を食う事になった。

どれだけ被爆(?)するか検討もつかなくてかなり嫌だったのだが、仕方なーーーーーーく、コンビニで飯を買うことになったのだ!!
マトモそうなampmで、最も安全そうな「紀州はちみつ南高梅」というおにぎりを買ってみた。
ビックリしたよ、完全にナメ切ってたコンビニのおにぎりが美味しくて!!!
というより、この梅がデラックスうめー!

紀州はちみつ南高梅

この「紀州はちみつ南高梅」ってのをちゃんとした所で買って食べてみたい。
とりあえず、ampm行ったら食べてみそ!


紅茶トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.21

チェンバル語

10/21 14:57

彼女は、…大丈夫??(笑)

とにかく、勇気は凄いと思う。
元々系統はダダ系だからギャップって程ではないんだが、あんなキャラで全国に晒してしまう事は親にとっても本人にとってもデメリットにしか思えない。
芸人は売れるとそんなに金が入るのか?
まぁ、メリットだからやっているのだろうけど、結婚相手は早めに探した方が良いかもね…
彼女は有名になればなる程多くの人にチェンバル語を披露しないといけないけど、それはどうなんだろか。
会場も笑いってよりは悲鳴じゃないか…
小さめ声で女が「うわぁー、イヤァ…」、「キャ~」ってのがマジで痛い!!
見ててかわいそうだけど、慣れるとウケてきた。
最初はキモーっとしか思えなかった。

でもあれって講座(チェンバル語教室)だから生徒が一斉に真似する訳だよね?
凄い光景だ…

でもいきなりチェンバル語を話されたら怒ってても笑ってしまいそう。

もしかしたら、チェンバル語が平和をもたらすのかも知れない!
ノーベル平和賞も夢ではない??

頑張れ、いがわゆり蚊!
世界平和のために…

※彼女が実は宣伝用の諜報部員であるとかないとか…

A.全くないです。


-----------
追記

彼女さ、メッサ怖いやん・・・
むしろ、平和とは逆のタイプな気がする。



モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.17

4400 地上波放送

4400が金曜の深夜1:50にテレビ朝日で地上波放送する!

24シーズン6、プリズンブレイク3に続き4400が地上波放送するなんてこのゴールデンラッシュは凄いな!
4400は遥か昔に映画を借りたとき1話無料で追加されてたので見てみたら結構面白そうだった。
(見たのが直接GOODって訳じゃないが、布石を敷いたストーリーだったので後々面白くなっていきそう)
とりあえず、要チェックや!



感動・Good情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.16

Windows2000が悲しい事になってる件

Windows2000は発売以来ずっと使い続けているのだが、Microsoftからサポート終了が告げられてから最近特に悲しい思いをする事が多い。

なんと、XPかVISTAじゃないとインストール出来ない事が多くなったのだ。
ここ1週間でさえ、ブラウザのsafariやSONYのSonicStageがそれが原因でインストール出来なかった。
その他にAdobe系を始め、いくらかあった。
WindowsXPは、Windows2000のマイナーアップデートに過ぎないのにプロフェッショナルのアップグレード用ですら2万もする。
しかも、そのくせ推奨するハードスペックがグンと高くなるからウザったい。
普通に使う分には、WindowsXPである利点はセキュリティの面だけだと思える。
それすらもちゃんとサービスパックをインストールしておけば、ほぼWindowsXPに肩を並べる事が出来る。

Windows2000は、ハードスペックが低くてもサクサク動いてとっても便利だ。
一時はLunaスキンに憧れた時期があったが、今となっては過去の事だ。

低スペックでサクサク動き、強靭なセキュリティ機能を持ち、正確でより早い検索機能、管理・保守機能が豊富にあれば、それだけでいい気がする。
MicrosoftがWindowsOSをバンバン作りまくってるけど、マジで必要ないと思う!
こんなものは、金儲け以外の何者でもない。
WindowsOSがバグ天国でOSとして欠陥商品であることはMicrosoft自体も認めている。
彼等の自社では、WindowsOSを毎日再インストールしていると聞いた。
動作が怪しくなって危険なんだろう。
Windwos98とWindows2000のレベルには到底埋める事の出来ない程の溝がある。
それ程Windows2000が素晴らしかったし、Windows98が大大欠陥商品だった。
永遠にサービスパックが出続ければ、俺はきっと一生Windows2000を使い続けたかも知れない。
と言うのは完全に言いすぎだが、少なくともあと10年は確実に使い続けられた気がする。

今のマシンのスペックは大体こんな具合で古代化してきた。

CPUPen4 1.7GHz
メモリ1GB
HDD160GB
マザーボードAOpen AX4PE Max
ビデオカードGeForce4 Ti 4200
サウンドカードオンボード
ドライブDVD-ROMドライブ
その他冷却ファンあり、TVチューナーなし

買ったのは大体、7年半位前だったと思う。
当時ではそれなりにハイスペックだったが、今となっては時代遅れな感が否めない。
当時ではまだ珍しいBTOマシンで発注した。
有名所の銘柄は結構少ない感じだ。
HDDがちょっと最近マズい感じになってきた。
5年前に「ピーッガガッ」というようになり、最近では立ち上げると、チリチリチリ・・・っと絶えず何か音がする。
あと頑張ってもって2~3年か?
HDDの寿命は4~5年って言うから、まぁもってくれてはいる。
一応、バックアップ用外付けHDDを買った。
なんと、1TBだ!(笑)
脅威の18000円台だったので、買っちまった!!
どんだけ安いんだよ!
俺がメモリスティックUSBを最初に買った頃は、125MBで8000円はしたぞ・・・
Cドライブの主要なデータを60%程度コピーした所だ。
HDDには全部で60GB位のデータがある。
USBだからちょっと時間がかかる。
今度は、eSATAが良いなぁ・・・

で、ね!
今のOSのマザーボードも古いからさ、拡張するのもちょっと大変。
だから、将来的に微妙なこのマシンに今更WindowsXPを乗っけても今更感がある。
このマシンはこのマシンでオフライン用(パソコン通信は出来るようにする)にして、新しいマシンを買ってしまおうか迷ってる。
きっと、このマシンで動画作成ソフト入れて処理したら、重くてたまらんな!!!
久しぶりにBTOマシンのサイトを見ると、低価格で驚く程のハイスペックマシンがGET出来るのは凄いね!

そうそう、WindowsVISTAはヤバいだろ、あれ!
仕事でちょっとイジってみたけど、めっちゃストレスかかる!
マジでイラネって感じだった。
何か、失敗感(正確には「まだ成功してない」らしい)があるしビミョーだろ!!
ゼッテー買わねー!
アホみたいに高いし、あと2年位でWindows7が出るからそっちの方が絶対にマトモそう。
ていうか、推奨ハードスペックが天井知らずに上がっていく政治的策略がウザい。
そんな事よりもとにかく、セキュリティ面なんとかしてくれよな。
酷過ぎる・・・
フィッシング詐欺でネットバンクの預金全部無くなったとか嫌過ぎるしな。
IE7もヤバいし、期待のIE8もどうなんだろう・・・
IE8がこの後正式版に出たとしても、safariよりも検索速度が異常に遅いしとりあえず使い勝手悪いからIEは使えないよ。

もう画面なんかに凝らなくていいよ。
子供騙しでしかない。
それよりも世に広がるフリーのイケてるツールを標準装備してくんないかな?
どノーマルのWindowsOSは如何せん使い勝手が悪くてダメダメだ。


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.14

電車内がションベンくせー

10/14 9:52

電車内がマジでションベンくせー!!!
異常な程に不快だ!
なぜこんな臭いがするのか?
公衆便所となんら変わりない。
俺が思うに、ルンペンの野郎が朝方から最低賃金払ってソファ代わりに寝てんじゃねーか?と思ってる。
服にくせー臭いが着いたらマジでどーすんだよ!
周りの人間はこの異質な刺激臭に気付いていないのか?
微動だにしてなかった。
悪臭検知器でも設置して不適格者は乗車させないで欲しい。
ビルもまた同じでくせーヤツは入れないようにして欲しい位だ!
異臭は「姿無き犯行」だと言っても過言じゃない。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.12

野菜の認識

ふとした事を思った。

飯を食ってたら、他にも席がガラガラ空いてるのになぜかバカ日本人は隣に座ってきた。
しかも男2人組!
うっとーしーだろが!!

はぁ?って顔して2人を見ていたがお構いなしだ。
マジでキモい。
で、声がデカいから聞きたくも無いのにガンガン聞こえてくる。
そこで、マジでコイツ馬鹿だろ!って思ったことがあった。

A男:「俺結構野菜好きなんだよね!!」
B男:「へぇ、そーなの?何が好き?」
A男:「生姜は凄く好き!」
B男:「あぁ!」
A男:「生姜って凄く旨くて好きなんだよ!」
B男:「ていうか、生姜なら俺も好きだよ!」
A男:「野菜も好きで、ムシャムシャすげー食うよ!」(サラダを頼んだ)
B男:「へぇ!」
A男:「野菜すげーウメーよな!」
B男:「野菜人か!」(ドラゴンボールのサイヤ人とかけてる)
A男:「そうそう、俺スーパー野菜人!!!」
B男:「わははっ!」
A男:「わははっ!」


牛丼大盛り頼んでるテメーがそんなクダラネー事言ってんじゃネーよ、ドチビ!殺すぞ?

もうね、世間の「ベジ」とか「野菜」とかの認識がおかしい。
ちょっとサラダを食うと「野菜大好き」らしい。
野菜食う事は別に普通だし!
こういうヤツは結構多くて、ダッセーって俺は蔑んでみてる。
大抵のヤツは、肉もガツガツ食うからな、全くベジじゃねーし!!
まぁ、個人の認識の違いならまだしも店で「ベジ」がついても、それは野菜を多く使ってるだけで思いっきり肉も入ってる。

「はぁ?・・・どういうこと?」

ベジとかエコとか言うのがきっとカッコイイとか勘違いしてるエセ野郎の仕業なんだろうが、ホントにウザいのこの上ない!!!!
メニューにベジがついても、ちゃんとレシピに肉を使ってない事を確認しないと大変な事になる。
しかも昭和時代の生き残りか?と思うほどの時代遅れが、ベジタリアン=ヴィーガンとしか考えていない。
説明すんのもメンドクセーって話し!

ベジの認識や肉を食うという事への認識が本当におかしい。
何も考えない馬鹿なヤツに哀れみを感じる。
肉を食う、食わないって事を「価値観の違い」とだけしか考えていないヤツに殺意を覚える。

一度さ、屠殺場で何が起きてるか見学に行ってこいよ、テメーは!
なんならオメーをこの場でテメーをブチ殺しても構わねーんだぜ?



ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.11

初動負荷トレーニング

前回記事で書いた「肉離れ」になって考えた事があった。

それは前からずっと思っていた事だが、筋力トレーニングにおいて、より重い重量で筋トレをしていくと次のステップに上がるとさらに重い重量で筋トレをしなければならない。
より強度な筋肉をつけると共に負荷重量は上がっていく。
それはとてもツライことだ!
ウンザリする事もよくある!
だが、やらないと筋力は少しずつ低下する。
これを生涯行った場合、絶対にムリが出るのは目に見えていた。
今は若いから耐えられるだろうが、歳を取れば取るほど細胞は老化していきトレーニングに耐え切れなくなる。

今回、軽い肉離れになったのは考え方が変わるのに良い機会だった!
体のどこかに影響が出たらトレーニング出来なくなるってのもどうかと思った。
つまり、非常に激しい体への負荷がかかっている事は体に必ずしも良くない所か、一歩間違えば逆に体を壊しかねない。
きちんと栄養補給しなかったり体が良好でない場合など、いつ壊れてもおかしくはない。

もっと軽い負荷で効率良くトレーニング出来ないものかと考えていた。
そこで教えてもらったのが初動負荷トレーニングだった。
これはアスリート選手に必要な瞬発力系の筋力トレーニング方法の1つだ。
中動負荷は一般的なトレーニングマシンで鍛えられる筋肉で、終動負荷は筋量・筋力を最大限鍛えるトレーニングだ。

初動負荷トレーニングは、「初動負荷理論とは」で言うような内容であり、元ボディビルダーでありスポーツトレーナである小山裕史氏が打ち出した新しい理論だ。
これはアメリカでも認められ、イチローを始め、多くのトッププロ選手が実践しているものだ。
だが、ハッキリ言って初動負荷トレーニングを完全に理解したトレーナーがいなければ、これを実践することは出来ない。
簡単に実践出来ないのか、初動負荷トレーニング方法を紹介しているサイトは無かった。

筋肉には瞬発力系の白筋と持久力系の赤筋がある。
その割合は人によって様々だが、一般的に男子の方が瞬発力・筋力に優れ、女子の方が持久力系に優れている。
見た目的に、痩せ型や背丈があり細いタイプなどは赤筋が多く、丸型やイカついタイプは白筋が多いと個人的には思っている。
勿論、割合がより多い方の運動が向いている方向である。

色んなサイトを読んでいて納得出来たことがあった。
スポーツにおいて、そのほとんどが初動負荷であるということだ。
昨今のスポーツは、よりスピードが要求される傾向にあり、スピード(瞬発力系)を出している最中にプレイを行う事が多い。
初動負荷とは、いきなり強い負荷をかけ、その負荷をクリアした途端に今までかかっていた負荷が一瞬で無くなるような負荷のことだ。
実際の動作で考えるならば、短距離走や走り幅跳び、槍投げやハンマー投げ、ダーツ投げなどが解りやすい!
初っ端から高負荷がかかるが、プレイが終わった途端に負荷から一気に解放される。
それが非常に短い時間で終わる。

一般的に行われている中動負荷トレーニング、筋量をめい一杯増やすためのボディビルダーなどが行う終動負荷トレーニングは、そういったスポーツで使う筋肉とは違うのだ。
中動負荷トレーニングで使われる例としては、匍匐前進や中距離走などスタミナと筋力を必要とするものと想像出来るが、終動負荷トレーニングで使われるスタミナがなく瞬間的にしか使えない最大級の筋力は日常的動作やスポーツ的な動作の例がすぐには出てこない。

俺はテニスをしている。
テニスの場合は、走りながら打球時までの間に筋力を使う。
打ち終わりは脱力している。
打球後は、またすかさず走りながら打球を行う。
ここで出てくるのは、「走る」、「タイミング良く打球する」の動作だ。
それに加えて、現代スポーツでは欠かせない「スタミナ」という要素も必須だ。
「走る」のは、瞬発系なので初動負荷トレーニングが必要だ。
「タイミング良く打球する」のは、瞬発力と80%程度そこそこのパワーだ。
「スタミナ」は、有酸素運動だ。

これを考えて、初動負荷をイメージした時、テニスは完全に初動負荷とは言い切れないが、だが、確かにテイクバック~打球時までは筋力をとても使い、フォロースルー間は筋力は全く使わない。
ここは同じだ。
それと、より早く移動出来るための初動負荷トレーニングはそのまま必要だと感じた。

最初と最後が軽くて途中が最も重くなる中動負荷とは異なる動作である事はわかった。
とはいえ、瞬間的な筋力だけでもないから、初動~中動の間位が最も適している気がした。
テニスのプレイに合わせて筋力トレーニングをしてみると、単純に「同じような動作になるように鍛えれば良いだけじゃん?」と思えた。

だが、これがとても難しい。
なかなか、イメージしたようにトレーニングが出来ない。
初動負荷専用のトレーニングマシンがある位だから、一般的なトレーニングマシンでは実践は不可能に近かった。
だが、幸運にも初動/中動/終動の切り替えが出来るトレーニングマシンが数台あったので、すかさず使ってみた。
普段は中動がデフォルト設定になっているが、ほとんどの人がやっていない初動に設定してトレーニングをしてみた。

・・・。

すっごく、力が入れづらい!!!!
中動の時と同じ負荷でトレーニングが出来ない!!
2割程度、負荷を落としてトレーニングするが、こういった筋肉を普段鍛えていなかったのかすっごく疲れる!
いつも、「ぉぉぉぉ、ぉ・・・お、オラッ!!!!」と最後の方に力を入れるトレーニングがメインだったから「オラッ! スーッ・・・」ってのは気持ち悪かった。
思いっきり筋肉使うくせに、後がいきなりガクッとスーッと力が抜けるんで、ホントに気持ち悪かった!
初動負荷のメリットの1つの、「乳酸が溜まらない」/「疲れが残らない」ってのは確かにその通りで、大抵10回3セットするとかなり疲れてパンパンになる感じがあるが、初動負荷はそういった疲労感がまるで無い!
実際に負荷が減っているせいもあるが、普段よりも多くトレーニングが行える。
しかも同じトレーニングの初動に慣れてくると、段々と負荷を上げても意外と耐えられる。
4セット目位には、中動で行っていた時の負荷位まで行えるようになる。

感想としては、物足りない感がある。
俺は体の割には結構筋力があってみんなビックリするんだが、それは中動~終動のトレーニングを行っているからだろう。
こういうトレーニングの場合は、トレーニングが終わると全体的にかなりの疲れや筋肉の変化を感じる。
だが、初動トレーニングは、トレーニングが終わった後もそこまで疲れを感じない。
それ所か、トレーニング後なのにトレーニング前より体が軽く感じ、動きが軽快になっていた。
トレーニング中にテニスのスイングを織り交ぜるのだが、普段よりも格段にスイングが早かった。
まさに、勝手に腕が動く感じだった。
それ故に、低負荷での初動負荷トレーニングではパワー系の筋肉は期待出来ない。
俺の優れているパワー要素は、このトレーニングだけをしていれば落ちるのは確実だ。
なので、初動:中動:終動の割合を、6:3:1または6.5:3.5:0にしようと考えている。

だが、問題もあり、初動負荷トレーニングが行えるマシンがとても少ない上に、俺が鍛えたい部位のマシンがほとんどないのだ。
東京の初動負荷トレーニング専用マシンを設置して、初動負荷トレーニングを理解しているトレーナーも擁するトレーニングジムがある事はあるが、今のジムを変えてまでメリットがあるかどうかは不明だ。
初動負荷トレーニングでも筋力は鍛えられるだろうが、それはやはり重量の負荷を重くする事だろう。
となると、瞬発的な力を必要とするトレーニングで高負荷の筋トレは、想像すると結構怖い!
それこそ、筋肉がブチンと切れないか心配だ・・・
それに、そこまで辿り着くのに結構時間がかかり、今あるパワーはやはり落ちるのではないか?と想像した。

今俺が行っている初動負荷トレーニングは、普段の2割減~ラスト普段の負荷で行っているせいもあり、関節や筋肉の負担が少なくストレスも比較的低く、トレーニングがちょっとストレッチっぽくて気持ち良い所もあった。

と、ここまでは良かったが、トレーニング後はここ数ヶ月はBCAAのおかげで起きていない筋肉痛が発生した!!

「え?負荷も普段より低めなのに、なぜ!?」

想像するに、普段使っていない筋肉を使ったからか???と思っている。
瞬発的な動きでスピーディな筋トレだったために、瞬間的に伸ばされるのに筋肉が慣れていないのかも知れない・・・

あと、初動トレーニングを行っていて気付いたのだが、普通のトレーニングマシンやバーベルを使っても出来るんじゃないか?と思った。
普段よりも3割程度、負荷重量を落として瞬発力でトレーニングを行う。
後半、少しずつ速度が落ちてきて中動的なトレーニングになってしまうが、初めの方の瞬発的なトレー印具は初動負荷トレーニングに結構似ていた。
だが、普通のトレーニングマシンやバーベルの場合は、中~後半の負荷が自然になくなる訳じゃないので必ずしも同じとは言えないが、それでもそれに近い結果は期待出来ると思えた。
中~後半は完全に脱力し、筋肉を弛緩、収縮させてあげないといけないのは、やはり専用マシンを使わないと難しいかもしれない。
ただ、トレーナーなど補助の人がついて、軽いバーベルでトレーニングする際に補助がバーベルを持って初っ端に負荷をかけ、中~後半のタイミングで補助がバーベルを持ち上げてあげればかなり近い状態にはなるだろう。

初動負荷トレーニングを完全に理解しているトレーナーをつけてトレーニングしてみたいと思った。
また違う体に生まれ変われると確信出来た。

----------
継承記事
初動負荷トレーニング的トレーニング実践


追記 09/11/24
TBS系の番組「バース×デイ」で亀田興毅を特集した時に小山裕史氏が初動負荷トレーニングマシンを使ってコーチングしていた。
昔、イチローの時にも初動負荷トレーニングマシンを使ったトレーニングを行っていたものがあった。
動きが不思議な感じで、通常のマシンのように鍛えたい方向にしか動かないっていうよりは無駄に色々な方向に動くような感じのものだった。
筋肉による筋力でトレーニングするというよりは、関節可動域を最大限使ってバランスや力の使い方を理解しないとキチンとトレーニング出来ない印象があった。
ストレッチに低負荷トレーニングを融合したようなものかな。
関節可動域まで深く伸ばしてからの伸張反射を利用しながら瞬発筋力で「筋肉を使わずに」行うイメージでどことなく近い気がする。
筋肉を使うと、器具が色々な方向に動いてしまうので気持ち良くトレーニング出来ないのかもしれない。



体調管理トラックバック(0)  コメント(2) 

    2008

10.04

[沖縄旅行] 久高島

久高島

神々が宿る島と言われ、沖縄では「神の島」と呼ばれている。

沖縄本島知念岬の東海上5.3kmに浮かぶ、周囲8kmの細長い小島。
面積は1.37km²、人口は200人強、最大標高は17m。
交通は南城市知念安座真(あざま)港より高速船で15分、フェリーで20分。

久高島_航空写真
久高島_地図

とても小さい島で、島民もとても少ない。
そのためか、子供達が旅行者に会うとみんな必ず挨拶をしてくる。
昔の日本ってこうだったよね。
俺はずっと東京だったけど、親に「人に会ったら挨拶をしなさい」と強く言われていたのでとても懐かしかった。
そして、気持ちが良い!
だが挨拶するのは子供だけではなく皆さんしてくれる。
島全体が家族のような雰囲気を感じ、そしてまた俺達も島に入った瞬間から他人ではなく親戚のような気持ちになった。
凄く親近感がある人たちだった。


久高島に入ってからの軌跡は、大体以下の通りで、赤→紫→青→オレンジの順番となる。
久高島_地図_移動軌跡

写真ポイントは大よそでこんな感じだ!
久高島_地図_ポイント


まず、フェリーで島に着いてからすぐに自転車屋に行き、自転車をGETした。
そこで久高島のMAPを受け取る事が出来た。
島自体はとても小さいが、市街地(?)から少し離れると途端に悪路になるためか結構自転車を走らせるのに神経を使う。
ママチャリよりはマウンテンバイクを置いて欲しいと思った。
右側の外道は、黒めの砂利道が続き、中央側の道は白い砂利道が続く。
見た目は黒めの砂利道の方が走りづらそうだが、実際は白い砂利道の方が走りにくかった。

軌跡MAPの色と関連づけて記述

第一ステージ
自転車を借りてから地図を見て、主に中央通りと右側通りがメイン通りとなっていたので中央通りを走る事を決定した。
だが、市街地(?)は入り組んでる風だったので、左側から行き中央通りに入るようにした。
元々、ネットで左側の崖側の方が魚がいると言う事だったためだ。
で、ひたすら左側を走っていこうと最左側の道に向かった。
自転車を走らせると、久高島の風景に魅了された。
ローカルなテイストが綺麗でとても気に入った。
もしかしてここら辺一体は、地図で言う所の「集落」かも知れない。
_画像 215
_P1010318.jpg
_画像 218
_P1010319.jpg
ハイビスカス(?)の花が家に飾られたりしていてとても綺麗だった。
_P1010321.jpg
優しい穏やかな空気が流れていると感じる。
この光景が凄く新鮮だった。
_P1010323.jpg
簡易郵便局を発見した!
_P1010322.jpg
とても穏やかで良いね。
_画像 224

少しすると、深めの木々が生い茂る道に入り、これ以上行ってもダメじゃないかと思い中央通りに向かったが、想像以上に小さくあっという間に右通りに着いてしまった。
右側は浜辺が続いているのですぐに海の音が聞こえるようになる。
下のような所を抜けると...
_P1010324.jpg
広い海が顔を出すようになる。
遠浅のリーフな海が600m位続き、その外でリーフブレイクが発生していた。
_P1010325.jpg
遥か遠方までずっと浜辺は続いていた。
人の気配は全く無い。
ここは赤矢印の「矢印」部分だ。
_P1010326.jpg
浜辺は、サンゴの死骸で溢れていて砂とは違う歩き心地だ。
_P1010328.jpg
サンゴは角が削られ丸まっているので、触り心地はとても滑らかで何か良い!
穴を空ければすぐにアクセサリに使えちゃうレベルだ。
_P1010329.jpg
色のついた石も落ちていた。
上の方のはビンのかけらが削られ丸まっただけだと思うが、下のは石じゃないかと思う。
_P1010330.jpg
ここではシュノーケルが出来無そうだったのでまた移動する事にした。
結構遠くまで来たと思っていたら、グルンと市街地(?)の周辺を一回りした程度だった。


第二ステージ
どうせならって事で買い忘れた飲料水を買いにもう一度市街地(?)に戻った。
飲料水を扱っている店は1つしかなく、さっき自転車借りた店まで目と鼻の先だった。
グルリンと1周して来てしまったよ、もぅ・・・
ただでさえ10:30~15;00と少ない時間なのに無駄にしまくりでちょっとショックだった。
しかもこの頃は既に11:00を回っていた。
自販機でミネラルウォーター2本とアクエリアスを1本買った。
売店の中に行き、何か食べられる物がないか探していたが、しょっぱい系の菓子位しかなく特に買えるものは見当たらなかった。
この日はとても暑く、めっちゃ汗かいていたのでグビグビッと水を飲んでから先端辺りを目指しつつ自転車を走らせた。
日差しに弱い彼女は、この時点からフルウェットスーツを着て肌を保護しだした程だった。
市街地(?)は舗装された道がとても気持ち良く走れてよかったがそれもつかの間で、すぐに砂利道になる。
今度は右側通りを最初から走った。
すぐにさっき海岸に出て行ったポイントを通り越した。
もう、ホントに市街地(?)からちょっと行った所だった。
そのままひたすら砂利道を走る。
わだちが出来ていて結構走りづらい。
おばあちゃんに遭遇し、挨拶を交わす!
結構走った頃に、イシキ浜(?)辺りの看板が出ていたので地図を見ると大して進んでいない事を知った。
ロードバイクならあっという間にこんな島の道のりを一周出来るのに、ママチャリと砂利道という最悪な組み合わせで悪戦苦闘していた。

暫く走るとまたT字路に出たので、そろそろ中央通りに移っておこうと思い曲がってみた。
途端に白い道に移る。
「やった、まともな道になった!」と喜んだのもつかの間で、より悪路になった気がした。
大体「貯水池」辺りだったが、この辺をちょっとグルグル回ってしまった。
_P1010331.jpg
_P1010332.jpg
_P1010333.jpg

結局の所、真ん中の道を走ってみた。
すると、急に「ジャイアント・スパイダー」が姿を見せた。
そう、日本最大の大きさを誇る「オオジョロウグモ」だ!!!
_P1010335.jpg
コイツァ、マジでイカついガイだった!(ホントはデカいのはメスなんだが・・・)
マジで巨大!
俺の掌サイズはあった。
この写真をクリックして別ウィンドウにしてから、マウスを暫く合わせておくと拡大ボタンが出てくるのでクリックし、拡大されたクモの大きさをちょっと小さくした位のサイズだった。
とにかく、マジでデケーのなんのって、ヤバいね!
足は太いし黒色がテカってやけにギラギラしていた。
彼女が、「もぅ、嫌だぁ~」ってドン引きしてたよ。
どうやっても俺達にはくっつかない高さの場所に巣を張っていたからまだマシだった。
「こんなデカいクモがいるのか!」と知ってからはクモレーダー機能を搭載してみた。
ここから先はちょっと速度を落として進む事にした。
もう少しすると、クモポイントに差し掛かった。
ここは、高めの位置と低めの位置にジャンボのヤツが一丁前に巣を構えていた。
俺は高めの1匹しか気付かずにいたんだが、彼女が「ホントやだ!ホントやだ!」とメチャクチャ嫌がりながら先を走った。
その時に、彼女の視線をチェックしていたら、上と横を見ていた。
「ん?」と思っていたんだが、彼女が通り過ぎてから俺が通ろうとしたら結構低めの位置にジャンボがいた。

「おぅ!!」

もうちょっとでコイツの巣にぶつかる所だった。
低速で走っていたのが功を奏した。
危なかった。
クモ・クライシスをやり過ごしてから暫くすると「チリ置き場先ビーチ」付近に着いた。
_P1010336.jpg
ここから島の先端が見えた。
まだ先端じゃないのか・・・
_P1010337.jpg
ここは結構高い崖になっていたが、下りようと思えば下りれたが登るのは結構大変そうな感じ。
「彼女は間違いなく下りれないだろうな」と思った。
_P1010338.jpg

これより先に行くとよりキツい「クモ・クライシス」があると思い、戻る事にした。
ていうか、ここから見る限り先端にはマトモな浜辺があるとは思えなかった。
海岸に出るまでは道が作られてる事が一般的だが、久高島にはそういった海岸に出るための道などは基本的に無い。
ヤブっぽい道を抜けて出て行く感じだ。
この頃には、既に12:00近くまで回っていた。
1時間半もこんなクソ暑い中、チャリこいでいて何かウンザリしてきた所だった。
この辺になると彼女の様子がおかしくなっていた。
どうやら、この炎天下でフルウェットを着ていたために日射病風な感じになっていた。
顔が赤くなって頭がガンガンしていたようだ。
結構「ツライ」って連呼していた。
が、体に買った水をかけるか脱ぐかしかないからどうする事も出来なかった。

第三ステージ
クボー御嶽辺りを目指して戻る事にした。
何度と無く海岸方面に出るような道があったのでトライするが、行き止まりだったりする事ばかりだった。
とにかく未開発地域な感想が非常に強かった。
木が茂っていて暗い所に差し掛かると、またしても「クモ・クライシス」だった。
もう慣れてきたのもあったが、やっぱりウザいのには変わりがなかった。
クボー御嶽近くを通り過ぎるが、観光目的ではないのでスルーした。
この辺で遂に彼女が我慢の限界に達して叫びだした。
ウェット脱いだ方が良いよ!と言うと、脱ぎだしたがグローブを取ってから地面に投げつけていた。
そんな怒るなよ!って言ってもパチ切れていて、「もー頭がおかしくなるかと思ったよ!こんな炎天下の中で熱のこもるウェットにグローブで暑くて死にそうだった!サウナの中で加圧トレーニングを1時間もしたらおかしくなるよねー!」と・・・
この後、この状況を「加圧!加圧!」と言っていたのでウケてしまった。
全部脱いで私服に着替えたら涼しくなったのか、穏やかになっていた。
すると、「もう今日は海には入らない」と言う。
説得してももう体が限界だと言っていたので、俺一人でシュノーケルをすることになった。
それは結構ショックだった。

ここの「ヤグルガー」という所には、下に下りる階段が作られていた。
珍しく文明的な所に出て心が躍った。
_P1010339.jpg

が、しかし!
お祈りをする所だったので海岸に出られる場所ではなかった。
だが、海はとても綺麗だった。
_P1010340.jpg
_P1010341.jpg
もうここが最後だと思って浜に下りてみようと思った。
やや急斜面だったが浜には下りられそうだったので下りる事にした。
岩はとてもギザギザと尖っていて裸足では間違いなく下りられない。
サンダルを履いて下りていったが、メインサンダルだったので絶対に濡らしたくなかった。
_P1010342.jpg
下から見るとこんな感じだった。
_P1010343.jpg

辺りを見回すと釣りをしている人がいた。
_P1010344.jpg

下りてみるととても小さな浜だった。
_P1010346.jpg
_P1010347.jpg

早速、シュノーケルの準備をして入ってみた。
思ったほど透明感も無く、魚も数えるほどしかいなかった。
しかもこれまで入ってきた海の中で最もしょっぱくてからかった。
エンゼルフィッシュみたいな魚はどこにでもいるんだな・・・
遊泳して1km程探索してみたが、マジで魚がいない。
あのオジサンは魚釣りしてたけど釣れるのかな?
彼女は上で待っているので、こんな所に長居してもメリットないから早々に引き上げた。

第四ステージ
彼女と合流し、ひとまず市街地(?)に向かった。
すると途中に、別の海岸があった。
しかし、さっき下りた所とあまり変わらないのに急に魚がいるとも思えず下りるのは止めた。
_画像 222
_画像 221
_画像 220

さらに進むと、広場と宿泊所が見えた。
オレンジの屋根が良い感じだった!
泊まっていると思われる人が布団を干していた。
_P1010348.jpg
_P1010349.jpg
_画像 223

朝7:00に食パン3枚食べただけだったから腹が減ってきた。
今は13:00頃だった。
だけど、俺の場合ちょっとした菌の混入や食材が合わないだけで腹痛は無いものの軽い下痢を起こしてしまうので正直、こういう離島などで食事をするのは本当に怖かった。
もし下痢気味になったなら折角離島に来たのに台無しになってしまう。
でも、那覇付近に16:00頃に着いて食べ処をまた探すのは凄いストレスだろうなってのもすぐに想像出来たのでここでの食事にかけてみた。

食事が出来る店は2店のみだったので、メインぽそうな所に入ってみた。
メニューは、「豆腐チャンプル」だ。
食べてみるとやっぱり島豆腐がデラックス美味い!!
とりあえず、チャンプル系はハズレ無しだ!(勿論、肉抜きか肉無しのものを注文する)
大体、軽下痢が起こるかどうかは食べ始めて5分もすればわかるようになる。
(最近では味でも判断出来るようになってきた・・・多分俺が思うに、いけない農薬などじゃないか?と思ってる。普通の人は多分気付かない位のもの。とにかく体がマズいと判断して排除しようとする)

大丈夫だった。
安全管理が出来ていて嬉しかった。
時間がもう残り少なかったので、それからすぐに動いた。
もう遠くまで行く時間もないし何も無いかもしれなかったので、仕方なくピザ浜に向かった。
ここはウニの養殖場でもあった。
看板には「無許可でウニを持ち帰らないように」とあった。
誰かが養殖しているのに持ち帰る狂った人間がいるのか?と思いつつ、平気で浜辺にタバコの吸殻を捨てる大馬鹿野郎がいるのだから過去にあったのだろう・・・
吸殻が海に流されたら魚は死ぬぞ!!
ホントに嫌な世の中だ。

リーフの遠浅の海が広がっていた。
至る所にプールが出来てた。
干潮だったのかも知れない。
_P1010351.jpg
_画像 226
_画像 230

遠くでリーフブレイクが出来ていたが、サイズはヒザ程度の小さいものだった。
とりあえず、シュノーケルの準備をして入ってみた。
サンゴの周りに魚はいる事はいるが、魚の種類も数もヒリゾよりもとても少なくガッカリした。
1時間程見回ってから帰ろうと思った。
ナマコ★パラダイスで、奥に行けば行くほど巨大なナマコがいた。
仕方ないからナマコと魚を見ていた。
リーフがやけに多く、水深が浅い部分はリーフで肌を傷つけそうだった。
リーフに挟まった感じでウニがメッチャ多い!多い!
ウニを触らないように移動していたが、至る所にウニがいる。
シュノーケルする人がいないためか、魚があまり人馴れしていなかった。
グルグルと色んな所を見て回ると、穴になにやら動く影が・・・
よーく見てみると、デッカいフグがいた。
ここにいた魚の中では一番の大物だった。
フグと挨拶を交わし次に移った。
彼女に「ヒトデをひっくり返すと頑張って元に戻る」と聞いたので、ヒトデをひっくり返してみた。
確かに弱点の部分を見せると言う事は死ぬ恐れがあるから頑張って元に戻ろうとするだろうなと思った。
徐々にねじれてきて最後には体を反転させて元に戻った。
時間にして大体5分以内という早業だった。
ナマコにとっても同じ事が言えるだろうと思って巨大ナマコをひっくり返すと、確かに元に戻ろうとする。
ちょっとずつ横に転がるようにひっくり返るように元に戻った。
コイツらも頑張って生きてるんだなって実感した。
もっと沖に行けば大物がいると期待してひたすら沖に向かった。

なぜか段々と水深が浅くなり、肌がルーフにぶつかり所々切っちゃったりしつつ、だが泳いでは向かえない位に水深が浅かったのでダルかったが立ちながら進んだ。
今まで水に浮いていたから体がダルい程に重くウンザリした。
期待は絶望に変わったが、リーフブレイクしている所まで到達した。
水深はホントに浅く、波は常に押し寄せてウザったかっただけだった。
魚をチェックする程の水深もなく、波で静観もままならないしむしろムリだろ!
さらに沖に向かおうと思ったが、有り得ないだろうが急なリップカレントに遭遇しても面倒だったので止めた。
ピザ浜での軌跡はこんな具合だ。
ピザ浜での軌跡
丁度、沖にいる時に船が出ていた。
もしかして、・・・乗ろうとしたフェリー船か?
いや、1時間半以上も経ったのか?
まさかなぁ・・・
でも、久高島に来る船は限られている。
ちょっとマズいかも。。。
もう他に楽しめる所はないと思って彼女が待つ浜に戻った。

時間を聞くと15:00は過ぎていた。
あっという間に時間が過ぎていた。
最終手段として、17:20に来る高速船で帰ることにした。
彼女は何をしていたのかというと、ヤドカリで遊んでいた!(爆)
ヤドカリが殻を奪い合っていたり、動き出しているのを見てるだけでも楽しいと言っていた。
そこら中にヤドカリがいる。
大抵、転がってる貝殻にはヤドカリがいるのだ。
_画像 229
_画像 228

それはよかった・・・

と思った。
何でもヤドカリ激戦区があるらしく、ヤドカリが密集していて盛んに動きまくっていたみたいだ。
でも何かわかる気がする。
俺もサーフィン中に波がキツくなった時にたまに浜で休む事があるが、その時に波が引くと「プッ、プッ」と泡が出る所あり、そこは貝が呼吸するための道なのだ。
ガリガリと素手で掘りまくると貝がいたりするが、大抵の場合は鳥に食われて貝殻しかない。
運良く生きた貝GET出来たなら、その子を浜に置く。
すると、貝が触手を出して砂を掘り出す。
グッグッグッと貝が見る見るうちに砂の中に入っていく。
それをまた捕まえて砂の上に置く。
結構これが楽しかったりする。

「あぁ、生きてるんだなぁ~」って・・・

でも、自然界で栄養の確保って凄く大変だし、きっとこういう行動ってメッチャエネルギー使うのかな?と思うとそれが元で体力消耗して死に繋がるのかな?と心配になってしまう事もあった。
彼女はヤドカリを見ていて楽しんでいた。

「目が緑で綺麗なのとあまり可愛くないのがいる」とか言っていた。
結構ウケた!!(笑)
ヤドカリが貝殻の引越しをするのを「ヤドカリング」と命名し、これは帽子を被った状態で店の帽子を被る時にも使われる。
帽子を被った状態の髪って大変な事になってるから、誰にも見られないように素早く店の帽子を被るのが丁度、醜いヤドカリの姿を瞬間的に出してしまうが新しい家に潜り込むのに似ていたからだ。
そういう場合は、「ヤドカリング」と言ってすかさず被りかえる。
俺がヤドカリングをグズグズしてると勝手に被っている帽子を剥ぎ取り、「あらら~大変!早く!早く!」とか言って慌ててる俺を見て楽しむとんでもないヤツだ!(笑)

話しはそれたが、そのヤドカリを俺も見ていた。
ヤドカリもまたひっくり返すと、「モッサー」と姿を現して元に戻そうとする。
見ていると、アグレッシブに動くヤドカリとずーっとジッと息を潜めて滅多に動かないヤドカリがいる事に気付く。
大抵、デカいのは動かない事が多い。
人間界では「殺す」事は御法度なので、調子に乗って"大立ち振る舞い"をしても根性が座ってるとか言われるが、それは泰平の世の事だからだ。
自然界では「殺す」事は生きるための常套手段で、それは当たり前に行われる。
"大立ち振る舞い"をしようものならエネルギーの大量消費にもなるし、その分目立つので危険にも晒される訳だ。
なので、自然界で長生きをするには圧倒的で強大な力がある訳では無い場合、目立たずヒッソリと生きなければ簡単に命を落とす。
人間界のカッコイイは、自然界の死を意味する。
大きいヤドカリの姿を見る事は出来ないが、チビヤドカリは沢山動き回るので飽きない!
戦利品として海底から拾ってきたヒトデをプールに置いてみた。
プールとそれ以外では温度が全く異なり、浜辺に着く時には結構海水の温度が高いと思った程だった。
ヒトデ大丈夫かな?

それでヒトデをひっくり返して反転するまでの一部始終を観察していた。
彼女が写メでバンバン経過をとりまくっていた。
ヒトデが元に戻ったら、また見たいと思って3回繰り返してしまった。
「ヤバい、ヤバい、体力の消耗が・・・」
ちょっと疲れてるかもと思い、気の毒にと元の海底に戻してきた。
(ツッコんでくれても構わない)

海中生物とひとしきり遊んでから、ピザ浜を後にした。
大体、15:50頃になっていた。
残り時間は1時間30分だ。
後はシャワーを浴びて帰る準備をする。
シャワーリングをしようと思い行くが、ドアにはカギが掛かっている。
バイオハザードの「ガチャガチャ」「鍵がかかっている・・・」状態だ!

なにーーーっっと!!

既にアンダー一枚の状況だっつーの!
パンツ一丁の姿を他のシャワーを使おうと思った観光客に見られつつ堂々と戻った。
鍵を借りないといけない模様だ!
売店の所で200円払って鍵を借り、シャワーリングをした。
着替え終わって鍵を返し、17:10頃に高速船に乗り込み、久高島を後にした。

さらば、久高島!
_P1010356.jpg


今回の沖縄旅行での初めての離島だった。
荷物も重く、真夏の炎天下(35度は超えていたと思う)で色々と大変だったが、今となっては今回の沖縄旅行の中で最も印象が強かった思い出となった。
当時は、苦労が多いのに収穫がほとんど無くて落ち込んだものだ。
フィッシュウォッチを目的にするならば、正直良いとは言い難いが沖縄の人々を強く感じたいならば、きっと良い場所だろう。
この旅行の中で最も親しみやすかった人たちのうちの1つだった。
平穏と安らぎ、静かさ、落ち着きを求めるならば、久高島はオススメだ!
とても平和な空気と優しい空気が流れていた。
要所で島民と喋っていたが、みんな親切で優しかった。
すれ違ったり目が合うと気さくに喋りかけてくるので、快く愛想良く応じよう!



旅行トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.03

プリズン・ブレイク シーズン3 地上波放送

プリズン・ブレイク シーズン3が今日の深夜1:30から日本テレビで放送される。

24に続き、現役レベルが放送されるのはとてもお得だ!
とりあえず、録っておこう。

つーか、24と被ってるし・・・
W録バンザイだな。


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.02

K-1MAX2008王者 魔裟斗

ついに魔裟斗がK-1MAXの王者になった。

ていうか、魔裟斗ヤベー強いな!
ヤクでもやってんのか?って位にスタミナもハンパないし瞬発力も衰えていない。
佐藤とあれだけやりあってんのに異常なタフネスさも凄かった。
だが、キシェンコもだいぶタフで強かった。
正直、4R判定で終了させるにはキシェンコには申し訳ないとさえ思ってしまった。
キシェンコはあんな負け方になるなんて納得いかないだろうな。
「魔裟斗VSキシェンコ」のワンマッチを組んであげるのが道理だろう。
会場が盛り上がりすぎていたというのと魔裟斗がアグレッシブだったので見落としがちだが、佐藤戦も含めてダメージ総数は明らかに魔裟斗の方が上回っていた。
キシェンコは足がヤバいと言われつつもキチンとローをカットして対応しているし、その足でハイキックや膝を繰り出していたのだから、ローで倒すのはもう少し時間がかかったはず。
魔裟斗の方も何度もカットされてたからスネが痛くてローを連発する事も結構辛かっただろうし。
魔裟斗も凄く頑張ってたしかなり感動したけど、「所詮はK-1は日本の団体だから、キシェンコは団体組織に負けにされた」と言われてもおかしくなかった。
均衡している試合を判定で勝敗つけるのは俺としては結構不満だ。
あと1Rあったんだから、最後の1Rを戦わせるべきだっただろう。
その時、ピンチなのは言うまでも無く魔裟斗の方だ。
アメリカのホームデシジョンもかなり酷いが、日本もそういったことは一切行わないで欲しい所だ。

だが、魔裟斗のファイトはとても熱く強く日本人に無い、「絶対に勝つ」という飢えた狼のような執念を感じた。
きっと魔裟斗は、足が折れようが拳が壊れようが今が勝てるならどうでも良いと思ったに違いない。
そんな殺意を感じた。

佐藤が4Rの判定前に、「負け、負けた」と言っていたのが印象的だった。
「魔裟斗をなるべく勝たせる」というのが裏では繰り広げていたのか?
4Rは確かに魔裟斗が優勢だったが、その前の3Rまでの判定はぶっちゃけ、佐藤が勝っていたと思った。
所詮はジャッジも感覚で採点してるから完全に勝利をものにするにはKOしかない。

例えば、2分45秒までA選手が手数(60発)&有効(15発)打共に優勢に試合を進めていても、B選手がラスト15秒でまとめて30発位連打しまくって、そのうち10発が有効打になれば、一気にB選手有利になる訳っしょ?
感覚で判定するなんて微妙だな。
ジャッジする人の戦い方の好き嫌いがモロに影響されるし、選手への好き嫌いも出てくるだろう。
手数と有効打を正確に分析して、有効打が何発以上差があったり、手数が何発以上差があったり、ダメージ指数、アグレッシブさなどに一定の差が出た時点で得点に開きをつけたりすべきだ!
そりゃ、勿論戦い方なども考慮に入れるべきだろうが、採点の不明確さがいつもいつも納得いかない。
所詮は、組織ぐるみの作られた勝敗ってのが拭い切れないといつも思っていた。

とりあえず、魔裟斗選手にはお疲れ様と賞賛したい。
もし、K-1MAXに彼がいなければもっとつまらなかった事だろう。
もし、日本最強選手が小比類巻だったらクソつまらない試合だった事だろう。
そーいや、K-1ヘビー級に似た戦い方する日本人選手がいたっけな・・・
もう期待してないし、いつも彼の試合は早送りして観ないから良かったら引退してくれないかな。

-------------

そーいや、K-12008開幕戦のシュルトVSアーツの判定も正直、疑問が残った。
結果的にシュルトが負けたのは俺としては「良し」って感じだが、ダメージ総数は圧倒的にアーツの方が不利だった。
アーツはアグレッシブに手数を出したりやられかけてもガッツで乗り切った結果、勝つ事が出来た。
早い話しは、シュルトは「ノラリクラリとしてたから負けた」ってことだ。
それに加えて日本では見えない力がとても大きな要素を占める。
それは、「根性と精神力」だ。
どんなに一方的にダメージを負っていても頑張ってアグレッシブに攻め続ければ、そのうち何発かクリーンヒットしようものなら、確実にダメージを負っている方の選手が判定で優位になる。
だが、それが日本人選手になると話しは別で、競っている場合は日本人選手が優位になりやすい。
K-1の判定で何度不満を感じたかわからないが、とにかく「はぁ?」と思うことは非常に多い。

そーいや、バダハリは結構ヤバかったな・・・
決勝進出出来た事は嬉しいが、正直これも微妙だった。
試合前は、「チェホンマンは死んでしまうかもしれないが良いのか?」と言っていたらしいが、フタを開けるとチェホンマン優位だった。
バダハリはあんなにデカい体であんなに身軽な動きが出来るのはやっぱり凄い!!!!!
だけど、巨人の骨の頑丈さやタフネスさは卑怯だと思うほどに規格外だ。
残念だが、バダハリはいつKOされていてもおかしくなかった。
チェホンマンがもっと体重落としてスピーディな動きが出来るようになったら、第二のシュルトになってしまう。
みんなチェホンマンをシロウトだとナメているが、ヤツは相当強いと思う。
チェホンマンがマジメに練習しまくれば、3年後位には優勝候補筆頭になっていてもおかしくないかもしれないと俺は思っている。
だが、彼の動きの遅さは致命的だ。
巨人がする試合がつまらない原因は動きの遅さだろう。
でも、腕を動かす時のエネルギー量などがきっと異常に高かったり人間としては規格外だから生物的に早く動くのはムリがあるんだろうな・・・
巨人は巨人級ってのを作って巨人だけで戦って欲しい所だが、つまらなくてみんな見ないだろうな。
バダハリは実際に目の前で観た事があるが、あんな巨大な人間が小さく見えるってチェホンマンやシュルトなどは一体どれだけデカいんだ?
だけど戦争に突入したら、速攻で狙い撃ちされて死んじゃいそう・・・


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。