--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.31

腰痛 40日目~54日目 椎間板ヘルニア

---- これは過去録です ----

また腰が痛くなくなってから数日が経ち、ようやくMRIを撮影する日を迎えた。
もうさほど痛くないしきっと筋肉が炎症を起こした程度だろうなって思っていたが、とりあえず念のため撮っておこう。

MRIは「狭い」と聞いていたが、マジで狭いんだね。
ガガガガガッとかギュンギュンギュンギュンとかって音が凄まじい速度で鳴りまくっている。
これはマジでうるさい!
うるさいんで、面倒だから寝ちゃった。
動かないで下さいね~って言われてたけどビクッて瞬間痙攣しちゃったよ。
20分位だったかな。
撮り終わってから30分程度で担当医からの現状説明まで至った。
意外と早いんだね^^
しかも、前回は仏頂面ですっげぇ印象悪かった医師が掌を変えたように冗舌に優しく教えてくれた。
多分、事実を裏付けるほどの情報が無かったので多くを語らなかったのかもしれない。

結果から言うと、軽いヘルニアだった。
マジかよぉ・・・
一生治らない怪我と一生付き合っていくのかよ。
はぁ・・・

MRIはこんな感じ!

横断面
一番負担がかかるっぽい位置の椎間板が後ろにある神経などが通っている液体の方にちょいと出っ張っている。
医者には赤丸の所だけがヘルニアになっていると言われたが、上の椎間板も怪しいような・・・
出っ張り具合はまだマシらしい。
まぁ、テニスさえしなければ無痛だからね!
MRI①

縦断面
赤矢印が神経で、緑四角の部分が椎間板が出っ張っている部分。
緑四角の部分が神経などが詰まっている所を圧迫しているから痛むらしい。
俺のかわいい椎間板ちゃんは丁度真ん中を押しているようで、助かったみたい。
左側のすぐそばに重なりまくった神経群があるのがわかる。
もし、そこをピンポイントで圧迫したら足が痺れていただろうと言われた。
そのまま考えたら左足だよね!
この左側の神経群結構近いから怖いな。
もしモッコリ率がアップしたら最悪足に影響が・・・ガタガタ ヒー
椎間板ちゃんを酷使しないように気を使わないとマジでシャレにならないかも。
MRI②

結構ショッキングな事実が判明した訳だが、逆にこれを知らずに無茶していたらと思うと背筋が凍る。
カイロに行こうかと思っている事を伝えたら、「変に腰を捻ったりするからオススメ出来ないなぁ」と言われ、要は骨格を診てもらおうと思っている事を伝えたら、「レントゲン写真見る限り奇麗な背骨してるよ!」と言われた。
あぁ、そーなんだ!
でも、全体を通してチェックしたいんだよね。

とりあえず、現状は把握出来た。
そしてテニス前夜まで問題なく過ごせた。
正直、テニスをしてまた痛みが再発したらどうしよう・・・と怖かった。

ヘルニアが判明した後のテニスについては次回に続く

------------
追記 6/1

椎間板ヘルニアについて図解入りの解りやすいサイト
http://health.merrymall.net/cb07_03.html


スポンサーサイト

腰痛戦記トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.29

西部警察事故 池田努



女の子「痛い・・・」
お母さん「大丈夫?」
女の子「足が折れた」
女の子「足が折れた」
お母さん「ちょっ・・・」
女の子「足が折れちゃったー」
お母さん「ちょっとー」
お母さん「お父さーん」
お父さん「???いぃ」(滑舌悪くて聞き取れない)
女の子「ダメダメ、骨が見えてる」
女の子「あぁ・・・」
女の子「あはァ・・・」


女の子の悲痛な言葉が強烈に心臓をえぐる。
余りにも痛々しくてどうにかなってしまいそうだ。
これを見た時、頭の中でとんでもない事が起きた。
完全にブチ切れ脳に鳥肌が立っていた。
もし、この子のお父さんだったら最高レベルにブチ切れていただろうと思う。
それこそ、捕まっても良いからそれ以上の地獄を味あわせなきゃ納得がいかない。

このクソ以下の池田努って野郎は、事故を起こした後も謝罪せずに立ち去ったと言われている。
もはや人間としての価値すらないな。
少なくともブレーキを踏めば骨折は間逃れただろう。
ブレーキの効き時間が少なかろうが、摩擦力によって影響する衝突時のエネルギーは驚くほど落ちる。
ノーブレーキの衝撃は見た目以上に計り知れない。
自転車に乗ってる時に横からタクシーが時速35km程度でノーブレーキで突っ込んできた時、「この位なら大丈夫だろ!」と思っていたが、いざ当たってみると当たり所も悪かったのだろうが骨折してしまった。
車とぶつかると、見た目のスピード以上にダメージは大きいです。
イカつい外国人の逃走劇でかなりのスピードの車にモロにぶつかっても走っていくのを見ていると、「アイツらバケモンか?」といつも思う。
とてもじゃないが、あんなのと戦って勝てるとは思えない。
自転車乗ってる時に車が突然進路を変えてきてぶつかるってのは何度か経験あったが、いずれもブレーキをかけていたのでアザにすらならなかった。
特に対人に関してはブレーキはどんなにわずかな時間だろうが絶対にかけるべきだ。

池田努を調べてみると、まだ俳優やってんだね。
どの面下げてやってんだか。
TOKIOの山口達也と国分太一を足して2で割ったような顔してるな。
そういえば、前にテレビで流れていたときに、「観客が沢山いるからカッコ良い所見せようと思ってオーバー演出しようとした」と語っていた事を思い出した。
この女の子は、骨が見えてるってことは「開放性骨折」を起こしているから傷も目立つだろうし完治も遅れ後遺症にも悩まされる事になると思う。
俺の親も子供の時にバイクでひかれて開放性骨折をし、頻繁に足が痛いと言っていた。
長距離歩くのは無理だし、立ち続けるのも辛いと言っていた。
後遺症というのは、一生を台無しにされる訳だ。
相手の身勝手な行動1つで、将来の可能性を容赦無く摘み取られる。
さらにコイツの場合は、そんな事をしでかしておいてのうのうと芸能活動が出来ちゃっている事が許せないね。
国民がもっと正義感に溢れていれば、きっとこんなヤツを芸能人として生かしておかなかっただろう。
そういえば、有名人の交通事故って結構アッサリ片付けられてるね。
日本は本当に堕落してるよ。

-----------
追記 6/2

2chでは・・・
女の子の足はほぼ切断されていた状態だったらしい。
(皮一枚繋がっている程の重症)
渡が座ったまま踏ん反り返っているだけってのも凄まじいね。
年代が古い日本人って頭キレてて恐ろしいな。

追記 6/14

池田努のブログにて、このような書込みがあった。
西部警察事故1

どのような謝罪のコメントがあるのか期待していたが、次見たときはそのコメントは削除されていた。
返事が書きやすいバカでプラスのコメントしか相手にしないこの行為に反吐が出た。
コイツ、こんな態度で芸能人として生きていくつもりなのか?
もはや、芸能人の前に人間としてどうかしてるとしか言いようがない。
犯罪者に見えてならないのは俺だけか?
西部警察事故2



怒りトラックバック(0)  コメント(5) 

    2009

05.28

ケロッグ オールブラン

間食用の食材を探していた。

間食は悪いように取られがちだが、俺はむしろ推奨すべきだと思っている。
ただ、やり方さえ間違わなければね。
最も悪いのが、1日の食事回数を極限に減らして、空腹を耐えて耐えて耐え凌いでガツンと高カロリーの食事をして・・・ってのを繰り返す事だ。
個人的には、お腹の減りを感じたらそれが強くなる前に超軽食をする事でデブ体質を抑止すると考えてる。

そこで見つけたものは、ケロッグ オールブランだった。
栄養成分の割にバランスが良くて悪くない。
食べてみると味も素朴で、適度な量で抑えられるので好印象!
ちなみに、ミルクとか付けずにそのままムッシャムッシャ食べてます。
食物繊維が多いせいか満腹感も結構ある。
もう、かれこれ20箱位は食べているかな。

元々便通はとても良くて、1日2~3回は出てる。
それでも「あ、謳い文句通り、便通が良くなる」と感じる程なので一般の人にはもっと効果が期待出来るんじゃないかと思う。
1箱試しにって食べて1箱で終わるなら、あまり意味ないかも知れない。
そもそも食べ物って少し食べてどうこう変わるものじゃない。
もし変わるならそれは薬だ!
全身の体質改善には3ヶ月かかる。
局所的になら3週間位か。
早いもので1週間位から違いがわかるものもあるが、体質改善は薬を飲んですぐ変えるっていうイメージではなく、良い生活をして少しずつ良化していくってイメージで考えておいた方が良い。

オールブランは、特に夜中寝る前まで持ちそうに無い時にサクっと食べたり、ちょいちょい腹減りそうって時に食べてる。
1回の食事がオールブランだけってのは無い。
フレークタイプと棒タイプのものがあるが、棒タイプの方が栄養面で優れているのでこっちを選びたい。
とりあえず、騙されたと思って1ヶ月続けてみると想像以上のリターンが期待出来ると思う。
結構、これはオススメです。



推奨商品・注目商品トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.26

腰サポーター

スポーツするときだけ腰サポーターを使おうかと思う。
常時付けていると筋肉の代わりになってしまって背筋を弱体化させてしまう。
だから、スポーツ時の数時間だけつけようかと思ってる。
これをつけるだけでダメージが分散され蓄積を少なく出来るなら凄いメリットだと思う。
腹筋は元より、ここ数週間背筋はずっと鍛えてきて結構ビルドアップされつつある。

今買おうと思っているサポーター




腰痛戦記トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.26

スーザン・ボイル

超有名な太ったおばさん。

天使の歌声とか言われてるけど、全くそうは思えない。
ビブラート効き過ぎてるだけでそこまで声量はないし、実際はクリアで奇麗な声がほとんど出ていない。
聞いてるとストレスを感じてきて胃がムカムカしてくる。
それに容姿がキモ過ぎて気分が悪くなる。
悪いんだけど、全く話しになってない。
何でこんなに人気になってるのかサッパリわからない。
言うほど歌も上手くないと思う。
ただ、奇麗風な高音が出てるだけじゃん。
癒しも出ていないし、最も重要な「また聞きたい」と思えない。

歌って、別に高音が出れば良いってもんじゃないだろ。
高音が出れば低音は出にくいだろうし、その逆もまた然り。
発声音域については、マライアのように「7オクターブ(実際は5オクターブ)の声域を持つ歌姫」と言われるように出せる範囲が広いなら凄いけど、片方に特化してるだけって何とも思えない。
高音至上主義なら、それは単純な差別化なだけ。

それにしても動画再生回数が1億8600万回ってどんだけ注目浴びてんだ、あのおばさん。
結婚を申し込む人もいるようだ。
まさに「崖っぷち犬」状態だ!
下心に「売名行為」があるだけで本心ではないだろう。

※崖っぷち犬は野良犬だが、放送されてから保健所に貰い手として電話が殺到した。
※保健所の人が「貰い手がいない野良犬(日本では野良犬は認められていないので最後は毒ガスで15分以上苦しむ殺処分にされる)は他にもいるよ!」と言うと、「(有名な)崖っぷち犬じゃないと意味がない」と言い、他の野良犬は全く相手にすらされない。

司会の「プレッシャーは感じたか?」の質問に対して、おばさんは「何のプレッシャー?」とかわして、さも「私は全く意識してないよ」感を出してるけど、出だし思いっきり声震えてズレまくってた。
前回から比べて衣装や眉をグレードアップさせて意外と意識してるくせに。
結構食えないおばさんだな。



独り言トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

05.25

大日本帝国と北朝鮮

北朝鮮がまた核実験とミサイル発射を行った。
核の威力は長崎に落とした原爆と同等レベルという。

今の北朝鮮が大日本帝国と言われた時代の日本に似ていると思えてしまった。
・完全縦社会のガチガチ軍事国家
・タカ派外交政治
・核実験を行った事による他国受ける経済制裁(ややABCD包囲網に近いもの)
・国内は疲弊し切り資源はほとんど無く追い詰められている
・外交が上手くいかないとキレて(六者協議を)脱退
・薬物で資金稼ぎ

とはいえ、根本は全く異なっている。
北朝鮮は貧乏国でどうしようもないから恐喝目的で軍備配備しているのに対し、大日本帝国時代の日本はアジア圏に勢力を伸ばしていき、さらに軍事費を稼ぐのにアヘンを使っていた事がアメリカには脅威に映った。
※日本はアジア諸国が欧米の植民地になっているのを解放するために軍を進出させたと言っているが、本来は日本が慢性的に資源不足に悩まされているのが致命的だと思い、永久的に日本領土を拡大するために欧米の軍隊を蹴散らしてアジア諸国民に教養を学ばせ戦力になるようにしたかったんだと個人的には思う(結果的に敵を蹴散らし文明化したから喜ばれていたりするが、編成された部隊によって凄く性質が異なり、特に中国方面に進出した部隊が残酷極まりなかったから遺恨を残している・・・とはいえ、その残虐な事をしているのは日本軍として配属されている朝鮮人だと言う)

結果的に、アメリカはハルノートという「属国になれ」を綴った条件を日本に突き付け、当然飲めないので戦争に踏み切らざるを得なかった日本は、ABCD包囲網で石油などを止められているので早く戦わないと体力が落ちるだけと判断して真珠湾攻撃を行い太平洋戦争を開戦した。
今の北朝鮮は、当時のハルノートに相当するものは突き付けられていない所か、むしろ恐喝し出して来ている。
だが、それでも北朝鮮は相当追い込まれているので、今回の核実験で各国がさらに経済制裁を強めて資源が北朝鮮に入っていかなくなると、大日本帝国と同じ道を辿ってしまうんじゃないかと思える。
しかし、昔は周りでもドンパチしまくってるし、日本は戦争によって疲弊しながらも負け知らずで来ていたので踏み切りやすかったんだと思う。
北朝鮮は昔の日本に似ているなぁと本当によく思う。


警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.19

腰痛 25日目~39日目

---- これは過去録です ----

前回の記事ではお先真っ暗的な感じが濃かったが、2日目から突然痛みが消えた。

神様のご加護があったのかと思った。
本当に嬉しかった。
背中を極端に曲げるような動作も痛くはなかったが、さすがに痛くなりそうなものを感じたので割に合わない極端な酷使は絶対に行わない事を心に決めた。
この無敵期間を限りなく長く続けるようにしたかった。
無痛である事がとても嬉しくて幸せな事を思い知った。

1週間が過ぎる頃から更に軽い違和感もなくなり、治ったんじゃないのか?と思えた。
腰痛になってから毎日低負荷背筋トレーニングを行っているのがようやく効いてきたのかも知れないと気付いた。

2週間が過ぎる頃には、腰痛であった事が過去の事だと思えそうな日々を過ごしていた。
実は筋肉の炎症やら疲労が原因で、それが完全に抜けたのか?と考えるようになっていたが、それでもまた痛み出したら嫌だったので大人しく穏便な生活を過ごしていた。

これを維持していく鍵は「背筋だ!」と確信しだしている。
だが、腰痛の根本的な原因は未だに不明だ・・・
俺の体は一体どうなっているのだろうか
それでも明るい光が俺を照らした事に違いは無い。


腰痛戦記トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.18

ストレッチ・ライフ

腰痛になってからは体のケアを真剣に考えるようになり、実践するようにした。
その1つがストレッチだった。

最低でも1日に1回40分程度は行い、トレーニング時や時間がある時は2回行うようにしている。
2週間位すると体が凄く柔らかくなっている事を簡単に気付けるほど違いが現れた。
今はスポーツをしていないので、その恩恵を感じる場面が少ないが、気分が良くて清々しい気持ちになれた。

俺のストレッチのやり方は、こうだ。
①力を入れない、脱力する、優しく行う、絶対に無理はしない
②リラックスする
③時間を気にしない
④痛みや引っ張られている感を瞬間的にでも感じないようにする
⑤元の状態に戻す時などの行動は極力ゆっくり
⑥1回のストレッチで柔らかくしようとせずに、日数をかけて柔らかくしようとする
⑦ストレッチをする事で疲れてはいないこと

2週間付近になってくると、ストレッチすると気持ちよ過ぎて体が敏感になる。
それをゆっくり継続している事でいつの間にか寝てしまっている事もよくある。
トレーニング前のストレッチで爆睡した事も何度もある。
美容院でしかマッサージを受けた事はないが、マッサージは気持ち良くてクセになるから怖くて専門店などには行けない。
しかし、ストレッチをすると気持ち良さのレベルこそ下がるが、同じような快楽を味わう事が出来る。
俺は基本的にマッサージは悪だと思っている。
腰痛から学んだ事でも言ったが、皮膚の上から圧力をかけるというのは本来は良くないと思っている。
スポーツ選手のように短時間で強制的に疲労を取り除く事が求められているなら仕方ないが、それでも後々影響は出る。
スポーツ選手でもなければそんな事する必要がない。
筋肉は適量あるか、食生活は正しいか、栄養は正しく採っているか、普段の姿勢に問題はないか、適度な運動はしているか、日々体をケアしているか、骨格には問題ないか、・・・人間には元々体を治す力があり、それを妨げる事をしていれば弱い箇所から症状が出始める。
車のタイヤを新車の頃から一度も変えなければ走行に支障を来たすようになるのは誰でもわかっているし、それを直すにはタイヤを取り替えれば良いだけだ。
間違ってもガムテープを貼り付けて修復したと勘違いしてはいけない。
つまり、筋肉に直接強引に圧力をかけて乳酸を散らしたり血行を良くしたりして治したと思ってはいけないのだ。
根本的な問題にはなっていない。
そもそも筋肉を押してはいけない!
かける力の強弱で結果も変わるが、体に良くないことをしてはいけない。

だが、さっき挙げた7つの内容を踏まえたストレッチなら体への負荷は極端に低く、リターンが大きい。
瞬間的な指圧をするにしても撫でる程度の優しい力で行いたい。
それで満足出来ないとしたら、既に体に変調が出始めていると思って良いかもしれない。
そのうち、そこん所はマッサージを題材にした記事で書こうと思っている。

ストレッチはとても気持ち良く体の怪我リスクを減らせるので、絶対にオススメだ!
素晴らしいストレッチ・ライフを送っていこう。


体調管理トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.14

腰痛 23日目

---- これは過去録です ----

治りかけては痛めての繰り返しで、回避不可能なテニスレッスンを迎えた。
2週間レッスンを休んで、3週目振りだ!
不安が払拭出来ずにいた。
それもそのはず、既に強い違和感がある状態だったのだ。

コーチに腰痛のことを伝えずにいたら、走らされる走らされる・・・
かがむ事も前にダッシュする事も不可能だった。
ましてや、下の球を打つのは困難を極めた・・・
バックハンドストロークはダブルハンドなのだが、とてもじゃないが両手持ちなんて出来ない。
全部スライスで返すしかなく、打ち込むなんて夢のまた夢だった。
もはや、本来の俺のプレイとはかけ離れていて萎えまくった。
フォアハンドストロークなんて、腰のひねりが全く使えないので手打ちもいいとこで、ひねろうものなら痛い痛い><

なにより、かなり辛いのが球拾いだ!
腹筋だけで上体を支える事が出来ないほど腰が痛いので、コートに片手をつきながら、もう片方の手で2個ずつ位ゆっくりとした動作でカゴに入れるしかなかった。
立ち上がる時は太ももに手をついて少しでも腰の負担を楽にしないと痛くて立ち上がれない。
プレイ中に下にある球を拾うときは、背すじを垂直にしたままスクワットのしゃがみこみで手を下まで持っていく。
間違っても背中を曲げてはいけない。
曲げても痛くてすぐに止めるだろうからやるだけ無駄になる。
しかし、腰より上にきた球は意外や意外、それなりのストロークが打てた!
ボレーも腰より上に来れば普通に出来た。
ローボレーの時は、沈み込んだ太ももに左手をついて腰を安定させながら打っていた。

ここで驚愕的な事実がある。
この特別に作られたレッスンでは、普段打っている人とは違うメンバーなので誰が来るか分からない。
俺は間違いなく一番ダメだろうなって思っていたが、俺が一番上手かった。
ハッキリ言って実力の20%も出せてなかったのにだ。
ビックリしたね、これはマジで!
特に俺のストロークが全く取れていなかった。
下の方の球をストロークで打つのは激痛だけど、腰以上なら腰の痛みが出るかどうかわからない恐怖心がありながらも40%程度で打てていたからだろうが、相手は普通に動けているのにそれって・・・ヤバスだよねぇ
だから他のクラスの人間とは打ちたくないんだよなぁ
今のクラス以外でまともに俺と打ち合える人はそういないのが現状。
なんで俺は初中級のままなんだろう。
他のクラスに振り返るとみんな弱くてマトモに打てないからストレスが溜まる。
結局ストロークの威力を最大限弱めないと続かない。
この状態ってスクールなのかなぁ・・・女相手にテキトーに打ってるサークルじゃん?

あぁ、話しは戻って・・・
俺らしいプレイが出来ず苦痛だったから全っ然楽しくなかった。
こんなのが続くならテニス辞めようと思った。
体が自由に動かせなくて楽しくないのに腰に負担ばかりかけるなんて本気でバカバカしい。

家に帰ってきたときには、ずーーーーーーーっと強い鈍痛が持続的に起きていて超ストレスたまりまくり!
ずっと、イライライライライライライライラしてた。
ソッコーで真水の水風呂に入った。
冷た過ぎて痛い、痛い・・・お腹とか心臓付近とか温度差あり過ぎて痛過ぎる!
我慢して10分入っては温めて、また入ってを繰り返していた。
ハッキリ言って物凄く面倒だよ。
面倒だけどやらないと明日がもっと面倒だから仕方なくやるしかなかった。
浴槽も狭くて本当にダル過ぎる。
足を全部水に漬けるためには心臓付近まで真水を溜めないといけない。
もう胴体は内臓があるから辛過ぎる!

風呂から上がってベットに横になっても鈍痛は治まらずメチャクチャ辛かった。
起きてても辛いだけなので今日はもう寝ようと思って頑張って寝た。
明日には治ってるだろう!と期待していた。
朝起きると、寝る前と何ら変わらない位の鈍痛がまだ残っていた。
さらに、背中が硬くなったようなハリも感じていて最悪に拍車がかかっていた。
椅子に座り続けるのも超辛かった。
どんなに頑張っても1時間が限界だった。

これが一生続くのかと思うと、ゾッとする・・・

腰痛戦記トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

05.11

よかいち

彼女に教えてもらったんだが、「よかいち」というネットショップがある。
ここでは、良品が割引きで販売されている上に、安い金額でも送料無料を行っているから素晴らしいと言っていた。
なので、ショップを貼っておきます。
パッと見ると、良い商品が多い事がわかる。
もし買いたい人がいたら利用してみてください。

俺が使っているものだと、こういうのがある!














推奨商品・注目商品トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.06

腰痛から学んだ事

今回の腰痛は本当に大きなショックと共に、恐ろしい程の傷跡を残した。
だが、ツラさを辛いとだけで終わらせてしまったら、何の成長も無い。
失敗から大切な情報を得られる事はとても多い。
最優先事項としては、「同じ失敗は繰り返さない」ということだ。
そして、次にどういうメカニズムで失敗したかを究明することだ。
最後に水平展開して、類似事項への対策や予防策を十分に行う!

現時点の腰痛への対策などは別の機会にタップリと取って書く予定なので今は置いておくとする。
人間の重要部位であり壊しやすい体のパーツは、首・肩・背中・腰・膝・アキレス腱で、全て体の中心線上にある部分だ。
交通事故に遭えば、それら複数箇所以上同時に破壊される。
ただの移動手段でしかない車やバイクでの事故の多くは、二度と元に戻らない位壮絶なものとなる。
俺は既にタクシーに轢かれて骨折させられた。
しかも比較的重要部位の骨だったので、交通事故ほどバカらしく憎むべきものはないと思っている。
なんでもない普通の部位ならまだしも、重要な部位は金を積まれても治療しても何をしてももう二度と前の状態に戻る事は出来ない。
つまり、体には壊して良い場所(ってホントは良くないが・・・)と壊してはいけない場所が存在する。
既に上げた最重要部位はほとんどの人が一度壊すと二度と完治していない。
俺はトレーニングもしているし、ナマクラ人間と一緒にするなよなってナメていて絶対にそれらの部位を壊すとは夢にも思っていなかった。
ナメきっていた。
だが、それは唐突に訪れ、人生をズタズタに引き裂いてしまう。

腰は何をするにも使うので、腰痛になると行動全てにストレスを感じる痛みを伴うようになる。
最初は「何で俺なんだよ・・・何かの間違いじゃないのか?」と強い悲しみを感じ続けていた。
だが、ヘルニアでもその他の重症な病気や症状でもないので、これだけの注意で済んだのは本当に運が良かったのかも知れないと思うようになった。
例えば、不注意やナメていた事によって、眼球破裂や四肢切断、顔面陥没、耐え難い頭痛や科学的に解明されていない不可解な激痛、生活をするのさえも不可能なほどの苦痛など他を見ればきりが無い位の様々な状況に耐えていかなければならない人が沢山いるのだ。
それに陥った人は必ずこう思うだろう。

あぁ、もっと注意していれば良かった・・・
もう二度とそんな事しないから助けて下さい・・・
元に戻るなら何百万円でも何千万円でも払いますから私を治して下さい・・・

だが、一度起きてしまえば二度と元に戻せない非情な現実だけが待っている。
無知であるからこその最初の大きな過ちが、どれになるかは運次第だ!
だが、いくら「最初の大きな過ち」を経験しても全く注意しなければ、いずれ更なる大きな過ちに遭遇するはずだ。
「最初の大きな過ち」があまりにも小さい場合、それは不運とさえ思えてしまうかも知れない。
だが、損害が少なめな「最初の大きな過ち」によって人生を見つめ直す事が出来たなら、それはなんて幸せなことだろうか。
あまり意識した事ないと思うが、人間(生物)は薄い皮膚組織などを隔てているだけで、その向こう側にはいずれも非常に重要な細胞が存在している。
開腹したまま放置するだけで、あっという間に空気中の細菌に蝕まれ死ぬ事だろう。
その薄い皮膚組織が強いと勘違いしている人が多いが、実際には非常に弱く脆い。
殴っただけで簡単に破れ、むしれば剥がれ、切れば裂け、強い衝撃は簡単に内部まで透過し、暑さや寒さからもほとんど守る事が出来ず、体調によっては細胞結合が弱くなる。
その皮膚組織を全て剥がして、腱や筋肉、骨などが見える状態になれば、絶対に慎重に行動するだろう。
特に、関節部位や潤滑油が満たされている部位、腱周辺などは絶対に触れさせたくないと思うはずだが、薄い皮膚組織があるだけで目隠し効果が得られ、みんなは気にならなくなるようだ。
こんな脆くて貧弱な皮膚組織をサポートするのは唯一、その奥にいる筋肉を発達させることだが、それでもサポートし切れない部位は出てくる。
体が痛いという人は、大抵なるべくしてなる行動を日々行っているものだ。
女性のような柔らかい肉なら、思い切りむしれば骨が見える所までむしれると思う。
みんな皮膚組織を過信し過ぎているのだ。

俺は体が痛くならないように細心の注意を払って行動を取っているから、腰痛になるまで体が慢性的に痛いという事は一切無かった。
だが、それでも甘かった!
結果が全てを雄弁に物語っている。
普段取る行動や癖、姿勢、現状の骨格、筋力や意識などの総合値が結果となる。
改めて自分を振り返り見つめ直す事にした。
そして、これが最も重要なのだが、他の重要部位を絶対に壊さないようにする事だ!
それぞれの部位の特徴と自分の特徴を理解し、もう二度と壊さなければ、それはとても大きな勉強であり利益だ。
もし、「最初の大きな過ち」が再起不能な程の損傷だったらとても辛いだろう。
だが、十分注意を払えば、その可能性を限りなく低く抑える事は十分に可能だ。
これから死ぬまでの間、二度と同じ過ちを犯さなければ今回の腰痛注意報は安い授業料だ!


腰痛戦記トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.04

景気回復を願わない国民たち

1990年代のバブル崩壊以降、ようやく・・・、ようやく景気が回復してきた昨今だが、青天の霹靂だった100年に一度の大不況の引き金になった「リーマンショック」の激震が走った。

※リーマンショックの引き金は、韓国政府が自分さえ助かれば良いという自己中な考えによって傷物リーマンブラザーズをわざわざ嵌めて窮地を凌いだ事に起因していて、結果的に韓国の信用は完全に失墜して今では韓国は破綻寸前・・・
日本の在日議員がこんなバカで愚かな国を日本の血税を使って救済しようとかキチガイのような事を言っているから恐ろしい。
こんな国は滅んでしまえば良いと思う。
韓国という国は、完全な軍国主義だった時代の日本が韓国を併合して美しく知的な国に作り直したのにも関わらず日本がアメリカに負けると掌を返して日本を弾圧し、過去のおぞましい歴史を隠蔽して国民を洗脳し、日本を敵国として見るように仕向けるような国民だから、日本が血税を使って助けても「別に頼んでもないし、過去の話を喋くってんじゃねーよ!もうそれは終わった話しだ!」とか言いかねない。
韓国の史実の隠蔽・捏造・洗脳ぶりは凄まじい。
今韓国人が日本進出しているのは、単純に韓国が大不況で仕事がないから仕事がある日本に来ているだけで、日本が金に見えているのだ。(日本を見下しているのに金のために利用してるって感じだ!)
日本のバカ女がペ・ヨンジュンに42億円も金を落としていて、これは韓国の芸能界でブッちぎりの一位だ!
これについては、別記事で書きたいと前々から思っているが長編大作になるので難しいな。
話しが完全にそれたので、本題に戻す!


今の大不況は本当に危険で、倒産件数も過去最悪を示している。
製造大企業が軒並み大損害を被り、製造の縮小をする事によって今の大不況を乗り切ろうとしている。
これは負のスパイラルのトリガーであり、ここから雪崩式に末端の国民にまで大影響を及ぼす結果に至るが、今はまだマシな時期だと思う。
これからさらに劣悪な状況に突入し、治安が本当に悪くなると簡単に想像出来る。
これを止めるには政府の対策の早さが鍵である事は間違いない。

だが、日本国民のほとんどは景気回復を望んでいながら、景気悪化を招く行動を取っている。
1つ目は単純に金を使わない事だ。
不況に備えて金を溜め込んでいれば、金は回らず企業は潤わないので、企業が事業縮小や給料削減や雇用削減など多くのデメリット運動を呼び寄せる。
結果的に金を使わない事が自分の首を絞めることにつながる。
大企業の役員や有力議員などの金持ち層は、不景気になろうが有り余る資産があるから痛くも痒くもないから貧乏人層だけが右往左往する始末だ。
だが、それよりも最も恐ろしいのは、2つ目の「ようやく金を使っても外資企業の商品やサービスに金を使う」ことだ。
先日オープンした「フォーエバー21」が記憶に新しいが、外資企業に金を使っても日本はちっとも潤わないし、むしろ日本から金が出る事で日本の体力が落ちてしまう。
オバマ大統領も演説で、車関係について外資(日本など)の力に頼らずに自国でなんとかするのような事を明言していた!
つまり、大不況の今は外資企業に金を使うのではなく、日本企業に対して金を使うべきなのだ。
だが、残念ながら外資企業のサービスの方が優れている事が多く、日本企業に魅力を感じないのも事実なのだ。
しかし、今は将来の自国の状態を良くする事を強く意識して日本企業に金を使おう!

俺は政府の政策で国民が日本企業に金を使うように仕向けて欲しいと強く願い続けているが、中々良い政策が発表されていない。
今の日本国民は、アメリカ思考に侵食されていて自分のメリットだけに走る傾向があるのでそこを突くしか道が残されていない。
①日本企業の商品やサービスについては、政府が何割か負担するか国発行商品券(日本企業のみで使用可能)を贈与
②下請けを日本企業にする事で、税金の割引き
③1ヶ月単位で国発行商品券が一定以上溜まると、さらに国発行商品券がもらえる
④エコ商品を作って税金割引き、エコ商品を買って国発行商品券贈与(エコポイントで実現済み)
⑤外国からの収益を上げて税金割引き
⑥自給率を上げる事で日本の弱点を減らす(派遣切りの多くを農民に移行させるため、住居の提供や初期費用の負担(または低利子ローン)や農地貸し出しを行う)
⑦多くの金を落とす旅行や人の流れを狙って、高速道路以外にも国内の飛行機や新幹線も大幅負担

まず、国がケチっていては国自体が潤わない。
高官連中が、「俺らが使える金を削ってまで国民を潤す事などしたくないし潰れる会社は潰れれば良い」とシカトしていられるのは余裕があるうちだけだ。
そのうち、必要経費をケチったためにバンバン倒産が相次ぎ、荒廃して国民が荒んでいったらどうやって修復するのだ?
「今はふるいにかけて優秀な企業が残れば粒揃い企業だけになる」とか考えていたらとんでもない事で、収拾がつかなくなるほど治安が悪く国民が荒れてきて民度が下がったら、必要経費をケチった分ではとてもじゃないが取り戻せない程のダメージが残ると思う。
景気に合わせて政策を考えないといけないんじゃないのか?
前が大丈夫だから同じかもうちょい税金取っても良いでしょ!と安易に考えてそうで怖い。
国自体が出費を渋ってオサイフの口を固くして縛りつけをキツくすれば、国民は当然同じように消費を抑えるようになるに決まっている。
ダメな時はダメなりに臨機応変に対策取ってくれと言いたい!
普通の生活では今まで通りの金の使い方で終わるが、旅行をすると大抵気分が大きくなり、大金を使うようになる数少ないシーンなので、そこを狙ってもっと国内旅行を推奨するようにしてくれれば、特に沖縄などの経営がひっ迫している地方はとても助かるはずだ。
アメリカの過剰消費による大失敗(数千万を超える大金をバンバン借金しながら回そうとしたから当然なんだが・・・)を再現させないようにしながら、国産を消費する事でさらにそこから金に相当するものが貰えるからまた物が買えるようにすれば、収入が少なくても金を回せるんじゃないかと思った。
それは国が負担しているから赤字と言えば赤字だが、暫くは仕方ないんじゃないか?
ていうか、無駄な国がらみの大型事業建設やら使途不明金がらみの不要経費やら闇金を無くせば、年間5000億円かそれ以上が浮くんじゃないのか?
確か、高速道路ETC割引きの費用が5000億円だったよね。
アメリカから早く借金返してもられば良いし、アメリカへもう金渡さなきゃ実現出来そうな気がする。
金を使えば得をして、金を使わない方が損をする(実際問題今の利息じゃあ、何の期待も出来ない訳だし・・・)ような状況を作って金を回す癖を染み込ませれば不況から脱出出来るでしょ?


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.03

豚インフルエンザ

豚インフルエンザを国内に持ち込まないために水際作戦を行っているが、テレビで見る限りでは空港のチェック内容がとても脆弱で頼りなく思えた。

サーモグラフィでチェックとかまるで意味がわからない。
発熱しているかどうかよりも潜伏期間の10日間、強制的に隔離してくれと言いたい!
どこまでのチェックがされているかわからないが、「面倒は嫌だ!気分が悪くても黙ってよ」という自己中が混じってたら、どうやって自国民を守るのだ?
中国のサーズの強行封じ込め策は凄かったが、あれのおかげで中国の被害は相当抑えられただろうし、メキシコでは厳戒令が敷かれ、物凄い規制がされている。
それが、状況が悪化してやらざるを得なくなっているのはわかるが、逆に言うとそこまで達したならどのみち強行策が取られる訳なんだから、損害が多くならないうちに最初からやっておけば良いんじゃないの?
状況が悪くなってから動くのって本当にバカな行為だと思う。
水際作戦は、カッコつけて段階的措置を取る必要はない。
初っ端から全力で完全シャットアウトしてほしい。

帰ってきたタイミングの人は、「運が悪かったね」と言わざるを得ないが強制隔離をして欲しい。
豚インフルエンザが流行っているのを知っていて渡航するなら、確実に安全とわかるまで完全隔離して欲しい。
そもそも隔離に不満を募らせるならば、隔離を拒否した人全員を対象として、「移された人や経済への損害賠償を支払う義務」を課せば良いと思う。
つまり、億単位すら簡単に超えるような損害を支払うとなると、生涯を返済に捧げる事は明白だ。
そんなリスクまで背負って帰宅したがる人間は皆無だろう。
ウイルスが潜伏している可能性がある人間をそのままパスさせてしまうのは国としても問題があるし、水際作戦がいかに無意味であるかがわかる。

ウイルス潜伏の疑いがある成田女性以外に、カナダ帰りの横浜市男子高校生にも疑いがあるようだ。
横浜市が届出を出したってことは、ウイルスが潜伏していないと立証されていない人間を水際作戦とやらを用いてもパスさせてしまったって話しだろう。
もはや何が正しいのかすらわからず、隣人がウイルス保持者である可能性すら否定出来ない。
水際作戦の程度の低さに正直、驚きを隠せないでいる。
首都圏で流行したら、日本特有の電車ラッシュ感染で一気に東京、神奈川、埼玉中に蔓延して収拾がつかなくなり、それこそ不景気なのに更なる経済悪化を招き、何百億円、何千億円の損害を引き起こす事になる。
さらに家の無い抵抗力の落ちたリストラ組が簡単に発病し、バタバタ死者が出て蔓延を助長する可能性が高い。
それに比べたら、多くも無い人数の安全を確認するための隔離など天秤にかけるほどのものではない。
帰国してきた彼らに一体その補償が出来るのか?

どうやら、成田女性はウイルスを保持していなかったようだ。
また、届出を出してきた横浜市とは連絡が取れなくなっている状態のようだ。

日本は全体的に対応がぬるくて、そのために多くの犠牲を払う事が義務になる習性があるようだ。
俺は、今年の頭に風邪を引いてから空気が乾燥している間はマスクをして手洗いうがいを徹底しているので、マスク無しで外を歩く事自体に怖さを感じている。
のどがいがらっぽくなりやすいというか、気分が悪くなりやすく、外にいてもちょくちょくうがいしたい気分になる。
自己防衛を意識している人が少なく、マスク着用者をあまり見かけなかったりすると悲しくなるし、大抵気にしていないバカが手で抑えずに咳をして有害な菌などを撒き散らしている。
もう外気は非常に危険だと思えてならない。
ようやく、自己防衛を意識せざるを得なくなった状況に陥り、マスクが売り切れ続出してた事に友達が「納豆や豆乳などもそうだけど、日々消費している人に迷惑かかるから売り切れるまでバカみたいに買い込むなよ!」と言っていたのが印象的だった。
ちょいちょい情報に踊らされる人間の行為で迷惑を被っていると嘆いていたな。
そういう人間は他人のことなどどうでもよく、自分さえ良ければそれで良いと考えるみたいで、オイルショックのトイレットペーパー買い溜めなどを見るとハッキリとわかる。

すべき事をせずに他人に風邪などを移した場合は、慰謝料を払うべきだと思う。
誰が移したかどうかって話しは、「風邪を引いてるのにマスクしていない人全員が対象」で良いんじゃないかと思う。
無努力人間による迷惑を泣き寝入りする事が当然だというのは時代遅れだと思うのは俺だけか?

-----------
5/24 追記

水際対策とは名ばかりのザル対策の結果、簡単に想像が付いていた国内への新型インフル感染者のすり抜けが発生し、国内で感染者が相次いで発覚する。
それもいきなり数日で3桁に乗ってしまう事態を引き起こした。
つまり、数日も前に感染者が潜伏し公表の遥か前に大量の感染者を出していないとそういう結果にはならない。
水際対策にいくら税金を投じたかわからないが、ほぼ機能を果たさずに撤収した。

国内で感染が相次ぎ、ついに関東圏でも感染者が見つかった。
学校関連は勿論のこと、コンビニや銀行などの接客関連の店舗が一時的に閉店したり、マスク確保が出来ないためにコンサートが中止になったりした。
感染が公表されてからまだ1週間程度だ。
芸能関連では推定1000億円の損失が見込まれ、国内全体でも毒性が低くて2兆円、毒性が高くて20兆円の損失を見込んでいる。
この不景気に国の対策の甘さでどれだけの損失を発生させるのか。

そういえば、中国が俺の対策と同じ事を行った。
それについてメキシコ政府がなんか文句言ってたけどさ、メキシコは終わってると思った。
国の危機を国が完全に排除する事が非難されるのは間違っていると思う。
中国もよく、「そんじゃーさぁ、テメーんとこの人間が新型インフル移したらどう責任取ってくれるの?それだけ全世界に公表してまで罵倒するなら、それによって発生した損害は全部負担してくれるんだろうな?」とよく言わなかったな。

それにしても関東圏で大流行しないで済んでるのは奇跡だし、本当に良かったと思う。
けど、それは時間の問題かも知れない。
みんなマスクしてないし咳しても口押さえない脳ミソ足らずがいるから流行ったら速攻で蔓延するんだろうな。
危機管理無さ過ぎのヤツばっかだからキチンとしてる人間はたまらないよな。
マスクしてないのはマスク売り切れのせい?
俺は既に2箱(120枚)持っているので在庫なんて気にもしなかった。
正直、俺はもっと感染者は拡大すると思っている。
海外への報道も今まで0人だったのに数日で3桁の感染者って、国の管理能力が乏しい事を露呈してる訳だから、またさらに信頼が失墜したよ。
まぁ、日本は梅雨に入ったタイミングで新型インフルからは逃げ切れるから良いんだけど、中国は過去にサーズで痛い目を見たから今回は本当にバッチリだな。
日本はまた同じ事繰り返しそうだけどさ。
とりあえず、梅雨が来るまでのあと半月の間、頑張ってウイルスの防衛対策してくれないかな。

今は弱毒性と言われてるけど、インフルはすぐに変化するから余りにも多くの人間が感染していると変化する確率は上がると思うし、生半可な治療をすればより一層リスキーだ。
もし中毒性、強毒性に変化し出したら東京は完全に機能を失い、未曾有の大損害を被る事になるのは間違いない。
しかも落ち着くはずの他のインフル(A型)がやけに流行っているのがちょっと怖い。
既に相乗効果で変化してしまったのか?
ちなみに、熱波が襲う今年のインドでさえも新型インフルは流行っていると言う。
とりあえず、高温だけでは新型インフルを抑える事は出来ないようで、湿度がどれだけウイルスを殺してくれるかにかかっている。
もし湿度でも抑えられなかったなら・・・

※橋本府知事の「もう大阪は流行ってないから旅行来ちゃってください」って発言は正直身勝手で自己中だと思う。自分とこさえ経済が潤えば何でも良いのか?他に飛び火させる事を阻止するっていう意識はないのか?
※日本を敵視している国(察すればわかるとは思うが・・・)から、感染した人間を送り込んで全国を移動させるような作戦を展開してこないか不安だったりもする


警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

05.02

腰痛 18日目

---- これは過去録です ----

腰痛が気になり、病院に行ってきた。
その病院の腰痛外来は、週1の受付だった。
非常勤の医者ということだ。
その医者は、愛想も無く患者の話してることをあまり聞かない嫌なヤツだった。
ちょいちょい触診して、「ヘルニアではないと思います」と言って最後にレントゲンを取ったきり終了。
レントゲンはその日に出来るだろうが、そんなメンドーな事もせず、次は5/19で!

はぁ?
一ヶ月も先なのかよ!!
脳みそ腐ってるとしか思えない。
その時にならないとMRIが取れないって理由なんだが、少なくともレントゲンの骨の状態の結果位教えろよ!ヤブが
そんでもって、レントゲンの結果を知りたいなら予約じゃない一般外来で来てくれと・・・
早くて2時間、遅ければ4時間にもなる可能性がある。
その時の外来数次第なのだ。
あまりにもバカ過ぎて呆れてくる!
普通、レントゲン程度の結果は2時間もあればわかるし、レントゲン如きを後日に回すってどんなヤブだよ。
しかも、そのヤブが週1の非常勤だから、予約が取れるのは最短でも一週間後(週単位)だ。
思い知ったよ、非常勤医者にかかるバカらしさを。
もう二度と非常勤医者に看てもらうことはないだろう。


腰痛戦記トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。