--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

12.21

M-1グランプリ 2009

一度も笑うどころか、くすりともしなかったんだけど。
これが過去最高の出場人数の結果なのかと思うと芸人って大した事ないんだなぁって感じ。
笑い飯の鳥人の発想は結構良かったのだが、その鮮度と面白さを終わりまで保つ事が出来なかったのは残念だったな。
南海キャンディーズは漫才じゃなくてコントだから対象外の上にストレスを感じた程のイラつきを覚えた。
ナイツ、ハリセンボンは想像通りで無関心。
ハリセンボンの春奈は「芸のために男を作りません。」とか「男なんか作ってるなよ!」と相方に言っていたがトチってたのは春奈本人という点やいつも感じるあのキレ芸がイライラした。
東京ダイナマイトの金髪のヤル気無さには驚いた。
ハライチだったと思うんだけど、「来る途中に小さな・・・」と言っていた時は「おぉ!」と期待値が急上昇したのだが、「犬が・・・」と続き、もう一瞬で興味が冷めた。
なぜそこで、松っちゃん被りで「おっさんが・・・」とか「妖精が・・・」とか言えないん?
センス無さ過ぎの上にスゲーつまんね。
あまりのつまらなさに脳死状態に陥り爆睡モード突入!
起きた時はノンスタイルのネタ終わり間際。
「あ、このパターンのネタ知ってる・・・」
またウトウトしてきた。

決勝前に彼女に起こされると、勝ち残ったのは「笑い飯」、「ノンスタイル」、「パンクブーブー」
『パンクブーブー!?』
なんだコイツ?
結構面白かったと教えられのだが全く期待はしていなかった。
ノンスタイル:もうマンネリ・・・直前とクリソツじゃん
笑い飯:あ、ダメだ・・・ツマンネ
パンクブーブー:弟子入り志願側の態度が生意気で面白いとかそんなん前にイライラしてきて「嫌い」という感情が・・・

これが決勝戦なんだね。
パンブー、いやバンブーの方が言いやすい。
大型猿のバブーンの方が見た目シックリくるぞ。
で、消去法でバブーンが優勝した訳だが、勝った要因は「新鮮さ」と「周りがコケた」の2点だけだ。
決して実力ではない。
そして彼等になんのオーラも感じない。
安価であり2009王者ということで呼ばれやすいが決して売れるとは思えない。
まず売れないだろう、それが直感!
左側のゴリラ風だけど、顔が気持ち悪くて生理的に受けつけないんだけど右もヒドいね。
バブーンには華がない。
M-1で最も面白かったのがサンドウィッチマンでブラマヨも相当面白かったが他に名前が挙げられない。
ちなみに、M-1に出場したコンビで好きなのは「サンドウィッチマン」、「ブラマヨ」、「タカトシ」、「トータルテンボス」、「オードリー」かな。


スポンサーサイト

ちょっと一言/雑談トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.18

FX セカンドインパクト後

米ドルのセカンドインパクト後からまたFXの取引をしてみた。
参考記事「久しぶりのFX
あれから3週間経ったが、とりあえず積極的に参加した結果がこれだ。

fx1.png

3週間で22万円の利益はそれなりに満足しているが、損失のうちセカンドインパクト後の2万の損切りとユーロの行方の不安からの9万の損切りは納得がいかなかった。
もっと資金があれば相当共に損失をゼロに抑えられたからだ。
というか、基本的に損失は自動的に損になるわけじゃないので自分で含み損から損の確定を行う。
つまり、自分で完全な損ではない状態から完全な損の状態に決定するのである意味グロかったりするものだ。
損失を出さなければ3週間で約40万円の利益を上げるだけにいかに損失が起こり得そうな取引を無くす事かが重要だろう。
予想が出来て勝つ自信があるだけに参加してしまいやすいが、気持ちを自制する重要さを忘れてはいけない。
FXは非常に奥深く、そして人生の哲学が集約されている。
これを語るととても長くなりそうなので、気が向いたら今度記事にしてみようと思う。

資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.15

ベジタリアンと出会いたい

ほんのささやかな願いなのだがいつも思うことがある。

ベジタリアンと出会いたい

たったそれだけなのだが俺がベジタリアンになってから2年以上経つが一人たりとも出会ったことがない。
同志と言える人間に出会えることはとても素晴らしく幸運であると思う。
簡単なもので以下の条件を満たしている人がいたら良いなと思える。
・ベジタリアンである
・スポーツをしている
・栄養管理が出来て薄味志向
・筋力トレーニングをしている(ヨガやティラピスなどでもOK)
・健康に気を遣っている
・服装や外見に気を遣っている(老けを避け、若く見られる)
・相手を尊重し尊敬出来る

つまり、俺がやっている事の一部なんだけど、それだけでも良いから同調出来る人がいるなら男女問わず友達になりたいと思う。
ベジなんだけど、それ以外は全く何もないって言うパターンはあまり好ましくない。
掲示板見てもたまにあるのが、「ベジなんだけど栄養失調気味」とか有り得ないと思う。
それはベジと言わずに単純な偏食なだけですよ。
前に女と知り合って「私ヨガやってるの」と言われて「へぇ~マジで?」と思って聞くと年数回とか・・・
それも回数券のチケット買ったからってだけで積極的にやっている訳じゃないの。
俺、無言になっちゃった
女友達出来ても「肉大好き」って言葉で一気に興味が失せるというか、こっちから連絡しなくなる
なかなかレベルの高い人っていないよねぇ、こういう人って一体どこにいるんだろう。
一番手堅いのはそういう事をしている施設などで探す事なんだろうけど、1つだけ頑張って他何も無いってのが多くて一から素晴らしさを教え込むのも面倒臭いよね。(多分そうしても嫌がるだろうし)
さらに男でベジってほとんど絶滅危惧種かと思う程話しを聞かない。

逆に、オヤジや一般的な人間ってさっき提示した条件の間逆を行くから本当に残念でならない。
つまり、何も気にせず努力もせずただ生きているだけってパターンだね。
多分、このブログを見ている人は最低でも上記の条件の何らか1つを満たしていると思う。
じゃなきゃ興味ないと思うから。
より多角的に物事を見ることが出来るようになれば、更に多くの興味を持つようになると考えている。
今まで何とも思わなかった物事に対して興味を持ち、その分野の能力値を上げる事が出来るようになる事はとても素晴らしいと思う。
俺は全ての事柄に興味があり知らない事なら尚更で、全く知らない分野の話しを聞いていても凄く興味津々に食いついて理解しようとするクセがある。
しかも物凄い勢いで質問したりして短時間のうちに理解度を上げようとする。
全ての事柄は1つの理論から派生したものであり、それらは応用出来ると信じているからだ。
知識として片隅にあるかないかはとても大きいと思う。
無から有は生まれにくいが、有から有は非常に生み出しやすい。
今まで考えていた事が間違いだと気付いたら、未練もなく即座に切り捨て新しい情報を受け入れる。
そして、新しい情報からの視点でものをみると今まで考えていた事が一変することに気付く。

この世はプレイヤーとシナリオとデータで構成されている。
プレイヤーは人間で、シナリオは考え方、データは人間以外の現物だ。
プレイヤーはシナリオに基づいた動作を行い、データを消費する。
データは永久不変であり、それ自体には大きな差はない。
善か悪かは全てシナリオ次第なのだ。
なので、シナリオの内容により一方にはプラスに映り、一方にはマイナスに映る。
掲示板などで「どっちがいい?」などの下らない質問が載っていたりするが、それは価値観や考え方次第でどっちもが善であると言えるし、実際にそういうパターンは非常に多いものだ。
それが尊重というものだから。
一方が一方的な側面しか見えない(見ない)定規でデータを測ろうが無駄なのだから。
だが、中にはデータへの死や残虐行為を敢えて推奨してまで行う必要があるのか?と思える事柄に気付くようになる。
気付くかどうかは人間としての成長度によると思う。
なぜなら、自分の欲求を律し、正義を貫き通さなければ出来ないからだ。
ほとんどの人間はそんな面倒な事は気にしないで蜜だけ求めている。
シナリオを交換してあげるだけで今まで見てきた世の中が一変する事に気付かない人は多い。
それが映画として出たとしてもほとんどの人間が「映画だから」、「現実じゃない」などとしか考えない。
考える事自体を放棄している人間たち。
彼等は今後30年経ってもきっと何の成長も遂げないんだろうな。
そして最も醜いのは、「自分がその殺される側のデータになった時に初めて涙を流して命乞いをし、この世の異常さに気が付く」という点だ。

俺は自発的に自分のやるべき事に気付いて行動を起こした人間がとても好きだ。
その中でベジタリアンというものはとても大きいと感じる。
これから日本でもベジタリアンが増える事を強く願う。
日本人が野蛮な中国人を「民度が低い」と差別する場面をよく目撃するが、俺は「毛皮を平気でまとい、生物を殺すだけ殺して食べもせずゴミとして処理する」日本人も相当民度が低いと思う。
日本は世界一ゴミ廃棄量が多い国で有名だ。
食わずに殺すなら、頼むから殺さないでくれと言いたい。
それこそが本当の無駄死になのだから。


ベジタリアントラックバック(0)  コメント(12) 

    2009

12.14

冬に向けての準備

冬に向けての準備を始めだした。

現在の東京の気温は最高10度、最低7度のようだ。
室温は19~21度の間を推移している。

俺は去年からエアコンの暖房を使っていない。
部屋が寒くなる原因の1つに窓ガラスからの外気が大きいと思う。
なので、去年から窓ガラスに断熱シートを貼るようにした。
これでだいぶ寒気を防ぐ事が出来ている。
断熱シートを窓ガラスに直接貼ると剥がす時に汚くなるので、窓の縁にテープで貼っている。
また、去年から暖房器具としてデロンギのオイルヒーターを購入した。
本当に寒くて耐えられなくなった場合に少しだけ使うようにしている。
オイルヒーターのメリットは、優しい暖気、乾燥しない、風が出ない、音がほとんど出ない、器具の上方に洗濯物があるとあっという間に乾く点で、デメリットは部屋が暖まるまで1~2時間位かかる、電気代が非常に高い、古来日本家屋のような密閉度の低い部屋には向かないという点だ。
オイルヒーターの温かみはとても気持ち良いが、電気代が高いのが難点だ。
どの位高いかというと、1日8時間(寝る前3時間+寝ている時5時間)で月18000円だ。
残念ながらあまり使っているイメージはないのにこの費用は正直驚いた。
費用を気にしないで質だけを求めるならオイルヒーターは最も良いとは思う。

だが、基本的に暖房器具には頼らないようにしたいので衣類関連で頑張ってみた。
まず、去年はインナーにアンダーアーマーのコールドギアを着てシャツを2枚位着てナイキのジャージ(上下で14000円)、下はアンダーアーマーのスパッツとナイキジャージに靴下って具合だった。
今年は、アンダーアーマーのコールドギア「メタル」が出たので早速購入してみた。
1着11000円位のものでとても暖かくて最高だった。
アウトレットでセールしてたので覗いてみたら、なんと1着4200円だったから3着買った。
スポーツ時にも使えて凄く便利!
今の所、今年買ったものはコレしかないがゆくゆくはモコモコスリッパみたいなものも買いたいし、山系ブランドで出している手袋で手を暖めたいなぁって考えている。
あと、去年から使っている湯たんぽが結構良くて助かっている。
活動中に寒い時はお湯を入れた湯たんぽをシャツで巻いて膝の上に置いておくと結構暖かい。
ベッドで使っているのがちょっとヤバくて薄いタオルケット1枚と薄い毛布1枚しかない。
去年使っていたダブル布団かけがあるのだが、まだ洗ってなくて使えていない。
この気温じゃ乾かないからコインランドリーで乾かしにいくの面倒だなぁって思ってて後手後手に・・・
ユニクロのヒートテックがどの程度暖かいのか興味あるが、見た目がヤバ過ぎる。
まぁ、部屋着だから良いんだろうけど。

去年は仕事から帰ってきたら室温5度なんてザラだったからこれからかなり寒くなるのかと思うとガッカリするね。
暑さは耐えられるけど寒さには異常に弱いんだよね。
今年はオイルヒーターは使わずに済みそうだけど15度を下回ってくると結構辛そうだ。
だけどやっぱり窓ガラスへの対策をもっと何重にも施す方が確実に効果が出そう。
例えば断熱シートを何重にも貼ったりスポンジのようなものを敷き詰めたりね。
何が効果出してるのか調べてみよう。


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.12

バドミントン

高校のときにやっていたのがバドミントンだ。
一部過去記事を引用。
※下の動画を先に再生→一時停止しといて読込みさせておいた方が待たずにスムーズに鑑賞出来るのでオススメ

「バドミントン」と聞いてどういう印象があるだろうか。
女がキャパキャパ言って羽子板のように打っているイメージが多いのではないか、と思う。
2980円で売ってるバドセットを使って公園で遊んでいる人もたまに見かける。
そんなチョロいスポーツ。
それが一般的かも知れない。
だが、競技用バドミントンになると、それは壮絶で過酷なスポーツとなる。
ハッキリ言っておこう、体力がない人間にはバドミントンは出来ない。
ダブルスはまだ楽なので苦ではない(相棒との呼吸がとても大事)が、シングルスをやればすぐにわかるだろうが四方八方に振られ落とされ前方ダッシュや後方ダッシュに高速反復横飛びのような動きを休みなくすれば、たった20分で足はプルプル、ケツはブルブル筋肉痛と足への疲労、スタミナ不足を体感して二度とやりたくないと思う事だろう。
数回しかやった事ない大口叩いていたズブの素人を相手に地獄を見せた事があった。
キツいコースを打ち込んだり高速スマッシュをすれば続かないから、とりあえず走れば取れるコースにゆっくりとした速度で前後前後と延々に走らせ走らせ走らせまくって急に横の動きや斜めの動きをさせるためのコースを打って、最も遠い対角線のコースに延々と打ち込む。
最初は意気揚々とついて来るが、5~6分程度で息が切れ始めてきて、そのうち足が重くなったのか移動速度が遅くなり取れるはずのシャトルを追わなくなってくる。
そのうち振っても動かなくなり弱音を吐くようになる。
この競技は精神力と完全にシンクロする。
相手が女子になればすぐに足は動かなくなる。
だから長くラリーを楽しみたい時はなるべくいる所に返してあげないといけない。
基本的に移動はステップダッシュしかしないから一般人が競技系バドミントンをするとほぼ確実にケツ~太ももにかけて筋肉痛になるようだ。
ダッシュのトレーニングをしてないと俺もケツ中央内部の筋肉痛になる。
一般人には3日間連続で競技系バドミントンをする事は不可能だと思っている。

高校の練習では、ランニングやダッシュ、永遠に続くコート上でのステップワーク、素振りばっかりやっていた記憶が残っている。
一言で「酸欠」が適している。
常に高速で動いているのに切り替えしがとても早く休む時間が全くない。
それに加えて締め切った体育館が異常な湿度と熱気でクラクラしてくる。
そこにいるだけですぐに服はビジョビショになり、少し動こうものなら大粒の汗が止めどなく出てくる。
そこで最速かつ長時間動き続けるから疲労感がハンパなかったな。
コートが汗で滑る事は当たり前で試合中は休む時間は基本的にセット間しかないので靴紐結び直したり構えるまで時間かけたり主審に何かしらのアピールしたりして体力回復させるのはよくみかける光景だ。
さらにサーブ権が存在する時代だったので、1点ずつの点の取り合いだとサーブ権しか移動しないので試合が全然進まなかったりとかで何かと精神力と耐久力、瞬発力が要求される。
特に実力伯仲しているとなかなかラリーが途切れないので、コート内を15往復位してようやく1点動くかどうかという具合。
高校を卒業してからたまーに遊びで打つ事があったが、その時初めてバドミントンって楽しいスポーツなんだなって気付いた。
お互いに決めあうことなくずっと続けるように打ったり短い点数で本気試合とかは良い運動で爽快感があった。
相手が素人だとリハビリ感覚で体を動かす軽度トレーニングという位置づけで筋肉たちが気持ち良さそうだった。

今テニスをしていてステップやタイミングの取り方が独特なのはバドミントンの影響なんだろうと思う。
テニスやってる人の動きって瞬発系の動きというよりは一定の動きで動作していると感じる。
動きに緩急はつけないし、前方に振られない限りは本当にダッシュというものをしない。
ジャンプしたり跳ねるようにステップしたりステップインするクセは俺の中ではプラスだと考えている。
今までやってきたスポーツのバックボーンによって動作のクセは色々ありそうで興味深い。

参考1:コートの広さ
■バドミントン
シングルスで縦が6.7m、横が5.1m
ダブルスで縦が6.7m、横が6.1m
■テニス
シングルスで縦が11.9m、横が8.2m
ダブルスで縦が11.9m、横が10.9m

参考2:シングルス動画

観客でガキ連れてきてウルセーのってブチのめしたくなる。
さっさと退場しろよ、ウゼーな。
この位近い方がリアルで面白いのはテニスと一緒か・・・


続きがあるから興味ある人は辿ってみてね


北京オリンピック決勝戦の一部
アホみたいにシャトル替え過ぎ・・・資源を大切に。


追加








スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.11

残虐行為

アングラ系のサイトなんでエロい画像とかあるけど気にしなくていいよ。
この程度の動画を敢えてアップする必要はなかったのだが、こういうことも行われているという一例で。
グロさは最高とは程遠いので、まぁ大丈夫だと思われる。

生きたまま火あぶり
昔はアフリカでよく行われ、ロシアやインドなどでも度々行われていたと聞いた事があるが現代でも平然と行われている事には驚きを隠せない。
というより周りが止めなければ何でもアリだから低知能な地域では残虐行為が日常茶飯事なのかも。
内戦とかになると女はみんなレイプされたり殺されたりってよくあるみたいだし。
ttp://www.theync.com/media.php?name=8600-extremely-disturbing

風呂場で人間解体
組織を裏切ったのかな。
隣などからこういうドンドンという音がした時は要注意かも知れない。
いや、よく聞くが・・・
こうなってくると畜産業と変わりないと言いたいが、畜産業は生きたまま切り分けるからさらに鬼だな。
ttp://www.theync.com/media.php?name=11559-brutal

レイプ男を虐殺(音量注意)
足がブランブランなのに一向に構わない所が殺す目的なんだと感じられる。
出血多量で動けない状態なのに、それでも動く所を見るとやっぱり火は痛いんだなぁ。
日本でもコレくらいやれば減るんじゃないかと思うが、先進国は野蛮な行為はいけないって屁理屈優先ですぐに出所→またレイプの加害者天国万歳だもんな。
だけど強姦で日本の死刑よりもムゴたらしい刑罰なんだから殺人を犯したらどうなっちゃうんだろうか。
ttp://www.theync.com/media.php?name=8413-shocking-rapist

犬を橋から落とす
こいつらもまとめて橋から落としてやりたいね。
上の観衆集めたら・・・
ttp://www.theync.com/media.php?name=12740-cute-dog-thrown-off-bridge


でも最もエグい事が日々日本でも行われてるけどね、対象が動物なだけで。
そっちの方がよっぽどエグい。
それも肉を食べる人間がいるという理由だけ。

警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.10

自業自得・・・


ウケを狙ったアナウンサーが泥にダイブして頚椎骨折後、あわや溺死寸前というお粗末な映像。
自分に振られたとき断る選択肢もあり、負ける際に普通に落ちる選択肢もあっただろう。
なぜ、彼がここまでして垂直にダイブをしたのかは人生経験の浅さだとしか言わざるを得ない情けなくもお粗末過ぎる一部始終。
これによって彼が溺死しても、「しゃーねーわな」で終了でOKだと思う。
命を賭して演出した「泥ダイブ」として語り継がれるだろう、彼も本望かもしれない。
人体のモロさと後遺症の恐怖を全く理解していないバカだとしか思えないが、きっとこれによって彼の人生経験は変わり、他の誰よりも慎重な行動を取るようになった事だろう。
高い授業料で同じ過ちを犯さなければ「良し」と前向きに考えるしかない。

だが、「笑い」を取りたいがために冷静な判断が出来なくなっているこのバカ女アナを含め、ここにいた3人には人間としてのモラルが欠けていると思えた。
彼の肺には恐らく泥が入った事だろうし、ダイブ後に頭を揺らされた痛みはそれ相応だと思う。
というよりも強すぎる圧迫感で逆に感覚がボヤけて重く熱く力が入らなくて気持ち悪いって状態かも。
ババア(よくみると男)、ブリッジさせすぎだろ。
何が目的だ!
ここまでブリッジして疲れたとかで放したら頚椎が地獄だな・・・
折れてんのに最悪顔面叩き付けの刑だぞ、考えただけでも恐ろしい。

追記:彼のブログを読んでみると、本質を理解し健康である事の素晴らしさに気付いたようだ。あと少しでも早く気付いていたらまた違った人生だったろうが、誰しもが絶望的な状況に追い込まれて初めて気付くのが健康の大切さだ。絶望を知った者だけがわかる「普通に生きていける喜び」はいい歳こいてスリルが欲しかったという理由から万引きをするカス老人の平和ボケ振りとは対照的だ。きっと彼は全ての事柄が新鮮であり暖かく感じられた事だろう。その気持ちを忘れずに生涯を送ってほしい。
私たちけい損(けいつい損傷)患者の間では、その怪我を負った日を“誕生日”と呼びます。

2008年6月14日。

思えばこの一年、これほど深く自分自身と向き合い、“生命”について、“人生”について考えた時間はありません。

あれから一年…。

いくつもの奇蹟の連鎖と、皆様方の温かい励ましのお陰で、私もようやく一歳の誕生日を迎えようとしています。
皆さんに繋いでいただいた大切なこの私の命をいかして

少しでも多くの方に恩返しするには

まだ多少時間はかかると思いますが、毎日力の限りリハビリに精進していくしかないと考えています。

どうか今後とも変わらずに叱咤激励のほど宜しくお願いいたします。

一年ぶりのブログの最後になり恐縮ですが、

私の入院している福岡の専門病院の中庭に

《カンパニュラ》が満開になりましたので添えさせていただきます。

花言葉は『感謝』

再び仕事復帰の第一歩となるブログ更新が果たせたことを心から感謝します!

そしてこの一年、ご心配ご迷惑をおかけしたすべての皆様に“ありがとう”“ごめんなさい”
そして、
 “ただいま”

柳田哲志



これは非常にショッキングな映像だ。
相手は、あのウツボ様ですよ?と・・・
むしろ、こんなにも懐く生物なのかと驚いたほどだった。
警戒心が強く用心深いウツボが餌に釣られてこんなに姿をあらわにするとはね。
懐くまでメチャクチャ早いじゃん。
このウツボが敵無しだったのも大きいのかもしれないな。
これだけ大きなウツボを見て恐怖を感じないってどんだけイッるんだか・・・
ヤクでもキメてたとしか思えないな。
まぁ、餌だと間違えて喰らいついたんだろうが、中々取れなくて「オラッ」と噛んで指切断か。
さっきの餌よりも美味いっす、アザーーーッスと言ったところか。
足の指を移植するとは、さすがに親指がないと支障を来たすのね。
背に腹は代えられないよな。


こんな死に様は嫌だなぁ・・・と思った動画だ。
著名なダイバーであるユーリ・リプスキー氏がエジプト・アラブ共和国のブルーホールでなぜか物凄い勢いで潜っていき、死を遂げてしまう。
なぜ91mも潜ってしまったかは未だに謎に包まれているが、ここエジプトのブルーホールでは大勢のダイバーが命を落としている事でも有名だ。
別の動画で潜っていくと死んだダイバーの器具が放置されている状態が多々あった。
ここの魚達は人間は美味しいと知っているだけに引きずり込まれた可能性も捨てきれず、またダウンカレントや何かトラブルがあったのだろうとも言われている。
もうカレントって言葉聞きたくない。
人間は海では無力であり海流に流されるままされるがままだ。
溺死はツラい死に方だが、深海での溺死は凄い孤独感があっただろう。
車を運転しているというのも非常にリスキーな行動だが、ダイビングというのもまた非常にリスキーな行動である事を再確認させられた。
オープンウォーターなんて本当に恐ろしいよな。
まず助かる事もない状態で確実に迫っている死だけがハッキリと分かる。
特に夜の海が恐い・・・


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.08

「信用する」という言葉の意味

人が相手を「信じたい」ときに使う言葉、「信用する」について疑問がある。

FXや株などのように資金運用をしていると気付く事がある。
それは、「信じる」という言葉だ。
「誰々が言ったから信じる」や「○○さんだから信用する」と言う事をよく耳にする。
資金運用などのブログで、不確定要素について「信じる」と度々使っているのを目にする。
俺はこれらの事象についてとても強い違和感を感じずにはいられなかった。

なぜ、いとも簡単に信用出来るのか?

そう思った。
信用とは本来、重要であり非常に重い言葉なのだ。
色々と見たり聞いたりしていて、「信用出来る」のではなく「そう信じたい」、「大丈夫だろう」という楽観的期待値が含まれている事が多いのではないか?と思うようになった。
俺が思う「信用」とは、長年その人間を見続けてきて言動共に想像出来る範疇でその行動を容認でき、例え裏切られたとしても我慢出来る場合に使うものだと思っている。
大義ではそれ以外を信用とは使いたくない。
社会では人間的要素を排除するため、「信用」は過去の実績の結果であり、裏切られた場合に損を被らないように「担保」や「保証人」を要求する事が一般的だ。
だが、人間関係においてそれは非道徳的なとらえ方をされる。
対個人においては「信用」の意味する言葉の重さを非常に痛感するのだ。
つまり、泣き寝入りせざるを得ない状況が発生しやすい。
信用という言葉は、信用する側が使う言葉であるにも関わらず、信用される側が「信用してほしい」や「信用出来ないの?」と使う事がよくある。
そういう人間が吐き出す「信用」はその場凌ぎの軽いものが非常に多く、またその信頼度は非常に低い。
これは経験論だ。
その時さえ良ければあとはどうでも良いと考える人はよくこの言葉を使いたがる。
要は、自分さえ良ければいいという自己中な人間だ。
「信用」という言葉の重さを知っている人間は絶対に自分からこの言葉を口にすることはない。
なぜなら、それは相手に押し付けるものではない事を知っているからだ。

「信用」する側のあるべき姿として以下の内容を理解しなくてはならない。
・裏切られる事を覚悟すること
・その際のリスクマネジメントをシッカリすること
・全ては自己責任とすること

つまり、信用する場合は裏切られても耐えられる程度の事柄のみとする事が良いと思う。
俺は25歳位の時に55万円を貸した事があるが、返済予定とはまるで異なる行動を取られた事があった。
毎月返すと言っていたし返済期間も長めに1年にしてあげたのにも関わらず返ってきたのが3年後だった。
この時、「貸した金は返ってこないと思った方が良いよ」と言われた事があり、友達でもそういう経験をした人が何人かいた。
こちらが良心的な行動をしようが相手には関係ない事が多く、そういう人間はその時の恩は「忘れている」ようだ。
そして、次の危機に四苦八苦していて「そんなもん過去のことでしょ」とでも言うかのような態度を平気でする人がいる。
リスクマネジメント不足と無努力行動が自分の立場の危機を生み出しているのにそういう人間は気付く所かそういった努力を非常に嫌う傾向が強い。
だからそういった危機を無限に生み出しているのだが・・・
しかもそれだけ待たせたくせに気持ちとしての利息も何もない。
唖然としたね・・・
俺も親と友達に一度ずつ金を借りた事はあるが、必ず利息を払っていた。
まだ金が無い頃に25万円程度を3ヶ月借りて2.5万円多く払ったりって感じだった。
感謝の意と自分への戒めとしてだ。
こんなクズのような行為を慣れてはいけないと思ったし、それが本来あるべき姿だと思った。
もう二度と借りる事も貸すこともないと思っている。
借りに来ても「仲間とは金のやりとりはしない」と言うようにして、しつこい場合は「街金とかに行けば?」と言う事にしている。
一般人や友達だと取り立ても甘く馴れ合いや甘えが生じてだらしなくなるからだ。
人に何かをしてもらうならそれに見合った行動をする義務があると思うしその逆も同じ。

金融関連の動画を見ていると、一般投資家などがやはり「○○さんを信じています」と言うシーンがあった。
バッカじゃねーのか?と人格を疑ったものだ。
俺的には「信じるかどうかは貴方の勝手だけど裏切られてからギャーギャー騒ぐなよな?」と思った。
それによって資金の半分以上を失っても仕方ないと思えないなら軽々しく「信用」という言葉をクチにするなと強く感じる。
なぜなら、大の大人がガキでもないのにアレやれコレやれと言われるがままに行動するなと言いたいからだ。
大人ならば自分の判断で行動出来る訳だし、長い経験からどうすれば良いかはわかっているからだ。

5階にいて、「その窓から飛び降りたら口座に1000万円振り込まれるよ」って言われたら飛び降りますか?

するはずがないだろう。
なぜなら、「結果がわかっている」からだ。

例えば、著名なアナリストが「アメリカ経済は家を担保とした借金をして物を買いまくるバブルがあったが、今では内需が非常に低いからこれからアメリカは暗黒時代に突入し、米ドルが80円を割り、今後の見通しが立っていないからこの一ヶ月から一気に円高が加速する」と言っていたら、どうするか?

それを参考情報と捉えて自分で判断する人もいれば、信用してその通りにする人もいるだろう。
ここで問題なのが後者の場合だ。
これは「自分の思考能力では判断出来ないから凄いだろうと思う人の意見に楽観的期待値を含ませた」だけにすぎない。
それでいて裏切られたら発狂しだすとしたら目も当てられない。
自分ではわからないのに「勝手にそうあって欲しい」と思って自分で判断した責任を負った行動をとり、良ければ「ニンマリするか自慢するか」で悪ければ「散々批判する」というのは非常に惨めである。
強く勧められたり強要されたりと、どんな理由であれ「最後に判断を下すのは自分」である事にかわりはない。
俺は「マンションなどの連帯保証人」になる行為が信じられない。
連帯保証人というのは俺が「借りた」または「買った」と同意のリスクを負っているにも関わらず、一銭の得もしないという理解不可能な状況。
まだ、自分の子供なら納得出来るかも知れないが、それ以外の人間のために責務を負うのはバカげてる。
ちゃんと払うかどうかを天(雇用と景気)に任せて凶と出れば数千万円の借金を肩代わりとか意味わからん。
残ったマンションだって中古物件となり価値もダダ下がりで、今のような大不況ではもはや資産価値は半分程度かどうかだろう。
まぁ、そのリスクを商品化して肩代わりシステムがサブプライムローンなのだが・・・

「信用する」という事について、今一度考え直してみるのも良いと思う。
悪いまたは最悪な結果が出て騒ぎ出す位ならば、「信用するな」と言っておきたい。


独り言トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

12.05

手嶌葵 -天使の歌声-

手嶌葵さんを知っているだろうか?
ロト戦記の主題歌を歌った事で有名だったが、名前まで覚えていない人は結構いるのではないかと思う。
以前にも天使の歌声として取り上げたのだが実力者なのに意外と知名度が低くて驚きを隠せない。
日本人の多くが聴力に重大な障害があるのではないかと思えるほどにカスな歌が売れていて俺はこれは長期に渡るドッキリじゃないかと思っている。
彼女のような歌手よりもチンドングループや親の七光りグループなどが世間を賑わせている事にやるせない気分になる。
所詮は実力よりも知名度が上回ってしまうのが日本なんだなって痛感した。
彼女は繊細でシットリ系なので好み自体は別れる所だがそれでもその実力が分からない人はいないだろう。
その歌声を聞くや否や鳥肌が立ち涙が出そうになる。
そんな歌手が日本に一体何人いるのだろうか。

カヴァーも本物喰いしてしまう位に歌い上げるし、どれも良い歌だが俺が一番好きな歌と外国カヴァーをつけておく。
映画版の方が映像が奇麗だが、音はこっちの方が躍動感があって良かったのでこっちを貼った





感動・Good情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.04

久しぶりのFX

あー、FX久しぶりだなぁ~
ここんとこ動きが不安定で恐いから全然手を出せなかったけど、セカンドインパクト後をチャンスと見て久しぶりに参加した。
とはいえ、リスクを抑えたいので取引額をだいぶ少なくしている。

アメリカ指標の一部がプラスに転じて値動きが尋常じゃない。
俺は米ドルに関してはここん所の上昇トレンドを一気に裏切る如く下降トレンドを描くと思っていたが、上昇トレンドに拍車がかかった。
だが、信用しきれていないのであまり取引したくない。

先週金曜から参加したから6日間になるかな。
結果は利益19.1万円で、損失4.7万円だったので14.4万円の利益を出した。
6日間と取引額を考慮すると結構良い感じだった。
危険を冒せば、あと4万程度は稼げたけどそういうのは望んでいなかった。
また、取引額を以前のようにしていたら、この3倍は固かっただろうと思う。
最悪、10~15円反発しても耐えられる程度の低額だった。
損失も実はセカンドインパクト直前(1.5時間前)から取引していたので、この時のセカンドインパクトを察知して直前で損切りしたので、あの一件がなければ損失を2.3万円程度まで抑えられただけに参加タイミングが悪かった。

------------
追記

勝負単位ではなく取引単位だと55勝28敗だった。
特に後半3日間は19勝1敗で利益10万円と圧勝だったのは勝負の仕方を変えたのが非常に大きい。
負けなければソコソコ稼げるし損を小さいうちに切っておけばリスクを抑えられる。
この勝負をかえたのは友達からの1つのアドバイスだった。
そこから自分なりにかなり調査して、ある方程式に気付けたのはとても良かった。
熟練者は結構ニンジンぶら下げてくるなぁ~って思った。


資産運用トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

12.02

またしてもバダハリに遭遇

今日バダハリを見掛けた。
やっぱりデッカいなーっ
友達だか取り巻きだかが12~13人いてどれもイカツいんだけど。
モデルみたいな女がいたけど、あれは彼女かな?
オランダにはあんなイカついヤツばっかりいるのか?
だとしたら恐ろしい国だな。
イカついのに結構みんな顔は良い方で悪いヤツが好きな女はきっと好きになりそうな雰囲気だった。
あの恵まれた体格は羨ましいな。


ちょっと一言/雑談トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。