--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

03.30

ブログ終了の延期

またしても想像以上にブログがかけなかったので4/10まで終了を延期しようと思います。

スポンサーサイト

ブログトラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.26

NEW スーパーマリオブラザーズ Wii 後編

ヨッシーに色々なタイプの色がいるんだけど、今まで見たのは4種類かな。
緑、黄、ピンク、青緑のような奇麗なやつ。
俺は最後のが好きなんだけどヨッシーを紛失しないから1度しか見たこと無い。
ヨッシーは木の実を5つ食べるとアイテム出すから木の実食べるのは片方だけに限定するんだけどそのヨッシーを紛失すると痛いから俺が食べちゃってる。
チビマリオならキノコ、デカマリオならファイヤーやアイスなどのMAXアイテム、ファイヤーマリオなどの最終形態なら1UPを出してくれる。
だからファイヤー欲しい場合はヘリコバクターなどでも一度敵に当たってデカマリオにパワーダウンさせておく必要がある。
ヨッシーにキノコなどのアイテムを食べさせるとアイテムをキープ出来るので相方がミニなどにパワーダウンした場合に吐き出してあげると良い。
また、ミニマリオとデカマリオで移動している場合、ファイヤーなどのMAXアイテムが出た場合はミニマリオに取らせる方が良い。
というのもデカが取ると、「デカ→最終形態」と通常の1段階アップなのだが、ミニが取ると「ミニ→デカ→最終形態」と2段階アップするので総合的にプラスだ。
だが、その最終形態の特性を効果的に使わないとクリア出来ない場合は俺が取っちゃう。

前編を記事にしてから1ヶ月半が経つが、未だにクリア出来ていない。
というのも、あれからプレイ出来た日が3日しかなかったからだ。
なかなかゲーム出来る日がなくてクリアが出来ないでいる。
早くクリアして売りたい。
ちなみに、前編を記事にした時点では、6面前半まで到達していた。
スターコインの未取得状況は以下の通りだ。
1面:0
2面:0
3面:1
4面:1
5面:2
6面:1

前に書いた時はうろ覚えだったので正確ではなかった。
そこから3日で8面のラスボスステージまで到達し、スターコインは以下の状態にまでなった。
1面:0
2面:0
3面:0
4面:0
5面:0
6面:0
7面:0
8面:2(1つのステージのもの)

8面がとても難しかった。
まず、何と言ってもスピードを要する面がいくつかあった。
俺はスリリングで非常に楽しかったが彼女がキツいと言っていた。
開始してから相方を気にする事はせず自分の命だけを考えようって事でお互いが同意した。
といいつつもある程度待ってしまうのだが、自分もヤバい時はフレームアウトさせてしまっている。
スターコインで残してあるのは、暗黒の面のものだ。
見えづらいのを我慢してイライラする位ならすっ飛ばしてしまえって事で合意した。
ゲームでストレスを感じるのは勿体無い。
そこまでする必要はないだろうって事になった。
他にも難易度が高めなステージはいくつかあったのだが、とりあえずやりきれた。
ちょっと意外だったのが、「ちゅうだんする」というコマンドの意味だった。
一時的セーブなんだろうなってのはわかっていたが、「じゃあ、セーブと変わらないじゃん」と思ったのだ。
そんな時、ラスボス前で「ちゅうだんする」をせずに終了させた事があった。
まぁ、前回「ちゅうだんする」をした所から始まるのかと思ったら、「セーブをする」をした所まで戻ってしまった。
つまり、数個前のステージまで戻ると思ったら、中ボスステージまで戻ってしまったのだ。
これは結構戻ってしまった。

そうそう、下の画像で分かると思うが、マリオの帽子がなくなった。
capnasi.jpg

というのも俺が谷で待っていると、彼女がジャンプして俺を踏みつけたのね。
偶然だっていうんだけど俺に向かってきていた。
すると、俺は吹き飛ばされて僅かにジャンプしてしまい、たまたま飛んできた弾に頭をかすってしまった。
そして、帽子が吹っ飛んでしまい、帽子無しの状態に。
すぐ直るのかと思ったら、かなり長い間ずっと帽子がないままだった。
ファイヤーマリオとかになってもさ、色的に好ましくないので正直早く戻って欲しかった。

また、俺は途中から使えるアイテムを極力使わずにきた。
というのも絶対に欲しくなるときがくるからだと思っていた。
彼女はそんなのまた取りに行けば良いじゃん!という。
この「取りに行けば」というのは、例えばヘリコバクターが欲しいなら「1-1」、ファイヤーが欲しいなら「1-3」など、特定のアイテムが取りやすいステージがあるので一度そこでアイテムをゲットしてから先に進むという方法のことだ。
だが、中間旗をキープした状態にするには一度も離れてはいけない。
アイテムを取りに行くには中間旗を放棄して取りにいかないといけない。
アイテム取得後は、また最初から始まる。
この意味は大きいと何度も言っているのにそんなことないと言い張る。
絶対後々泣きをみるからオマエは黙っとけ!って感じでやり込めてきたが、8面ラスボスでようやくその意味をわかってくれた。
というのも、この8面ラスボスで鬼のように死んだからだ。
難易度が異常に高かった。
まず、このステージは距離がとても長くて何度も何度も死にまくった。
マグマなので最終形態だろうが一撃死だ。
どんな状況だろうと関係ない。
ここが難易度が高い理由で、相方が死んでもすぐに割ってあげて、自分はすぐ死んでを繰り返す死のバトンタッチのような状況も何度と無く発生した。
ようやく中間旗まで来たが、ここからが大変だった。
デカクッパがオブジェクトをバリバリぶっ壊していくのだが、これがハンパない。
ここの時点でアイテムは以下の通りだが、ほんの一時間ほどでほぼ全滅に近い状態になった。

キノコ 35個
ヘリコバクター 10個
ファイヤー 12個
アイス 13個
ペンギン 8個
マメ 8個
スター 13個位

   ↓

キノコ 0個
ヘリコバクター 0個
ファイヤー 3個
アイス 0個
ペンギン 3個
マメ 8個
スター 13個位

しかも、散々使い散らかした挙げ句、全然進めないときた。
絶望的な位に。
マグマのサーフィンっぽい所から先にいけない。
しかも帰る時間のリミットが迫っていた。
なので、敢えて「ちゅうだんする」をやめて終えた。
つまり、アイテムはまた戻るが、振り出しに戻る感じだ。

まず、ラスボスステージに行く前に「キノコ狩り」をしないといけない。
これは、ボーナスステージみたいな所でクリアする度にキノコアイテムを3つくれる所だが、これを何度もやってアイテムを貯金しておかないと絶望的な未来が待っていることだけはわかった。
ちなみに、ラスボスクッパがデカくなる前の吐いてくるファイヤはアイスマリオで消す事が出来るので避ける必要が無くなる。
実は、9面があるということは知っている。
ここでアイテム使い果たすとどうなってしまうんだろうか。
スターが異常に使いづらいのだが、きっと復帰直後から欲しくなる状況があるんだろうな。
そう思いたい。
また、ジャンプする時に無駄に回転するので、タイミングがズレてしまい非常に扱いにくい。
あれは何なんだろうか。
次の1日で8面ラスボスと9面をクリアしたいが、それはムリなんだろうなと覚悟している。


ゲームトラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.26

「ヤリ逃げされた」は被害妄想

この言葉を使うのは主に女だと思うのだが、非常に不思議でならない。
というのもこの言葉を使う人の多くは自分を「被害者」だと思っているからだ。

条件として「お互いが独身における場合」であるなら、それは能力が低いから仕方ないんじゃないかと思う。
まず、sexするって事はお互いの同意の上である事が前提だ。
その前提を満たさないならレイプになってしまうので違法行為である。
つまり、強引に行っていないのであればお互いがしたいと思ったのだからその後の関係などは知った事ではないのだ。
それ以降も繋ぎとめるかどうかは、本人の能力次第となる。
片方が人間としても求めたくなるほどの異性力や人間力があれば、相手はずっとい続けるだろう。
しかし、離れてしまうという事はそれ以上の魅力を感じなかったのだ。
最初は体目的だったかも知れないがどんな理由であれ同意した時点で立場は同等であり、またそれ以降の関係も自由である。
これが本来あるべき姿だ。
体を許したからと言って強引な拘束力を発揮するのは間違っている。
もしそれが当然だと言い張る人がいるならば、相手の尊厳を完全に無視して自分の独特の概念を押し付けているだけに過ぎない。
基本的に、個人の自由と尊重は保障されるべきであるからだ。
その後の心配をするならば、最初からリスクを負ってまで行動すべきではない。
それを承知で行動したのならそれは自分にメリットがあると感じたはずだ。
つまり、勝率は無視したとして自分が賭けをした上で負けたのにギャーギャー騒いでいるだけにしか見えないのだ。
全ての人間には、自分の意思によって行動を決定する権利がある。
なので、「ヤリ逃げされた」という人は人間としてどれだけ未熟なのか自分で発表しているように思える。
ただ、唯一拘束力がある場合がある。
それは妊娠した場合のみだ。
「付き合うことを前提で求められた」と言った場合も無効だ。
金銭の授受による肉体関係は法律で認められていない。
という事は、ある約束を元にした肉体関係はグレーである。
それは本来あるべき状況ではないと言っておきたい。
ボノボやチンパンジーが食べ物を貢ぐかわりにsexを求める行動と被ってみえる。
なので、もし何かの約束を元にしたのなら自分を安く値下げしてしまった事を悔いるべきだろう。
異性力や人間力が優れているならば、何も言わずに相手は留まる事を希望するはずだ。
浮気云々言うのも同様に感じる。
何かに失望したり耐えられないならば、我慢せずに適している相手を探す旅に出るべきだと思う。
ストレスを感じてまで一緒にいる必要は何もないからだ。
それを薄々感じていながら結婚に突入してしまうのは自分の能力不足と判断ミスでしかない。


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.25

カスペルスキー

ウイルスソフトはここ3年程ずっとノートンを愛用していたが、数日前に期限切れになってしまった。
ノートンは優秀だが如何せん重過ぎるという陰口を叩かれ続けてきた。
確かにノートンは重いと思う。
また、ガッカリする点がいくつかある。

たまにFireFoxの通信に毎回許可を求めてくる
→基本的にタブが5~6枚あるので、1回で5~6回の許可を求めてくる。何かページを更新する度にタブ数分許可を求めてくるのは正直ゲンナリする。面倒だからそういう日は止めちゃっている。ちなみに、IEなら問題ない。

たまにアプリケーションに影響を及ぼす
→ノートンが裏で暗躍しているため、アプリケーションが正常動作をしない時がある。メールソフトやインストールしたばかりの新しいソフトなど。

ノートンの定義データベースの更新が頻繁ではない
→自動で更新してるのかも知れないが、手動で定義データベースを更新した時に常に最新になっているのはどうなんでしょ。

そこで色々と調べて見るとノートンよりも高性能なウイルスソフトがある事に気が付いた。
それがカスペルスキーというソフトだった。
とりあえず体験版があるので早速ダウンロードしてみたが、ノートンを削除しないといけないようだ。
まぁ、いいやとノートンを消してカスペルスキーをインストールしてみた。
ソフトウェアに関しては見た目はどうでも良いと思いつつもやっぱりある程度は良くて欲しい。
と思ったら俺が好きな緑色を活用してくれていて結構良い感じだった。
Kaspersky.png

インストール後、速攻で「システムの完全スキャン」を実行してみた。
既に過去ノートンが隔離してくれたウイルスも見つけてしまったが、ノートンが見つけられなかったウイルスは存在していないようだ。
まぁ、定期的にOSを再インストールしてるからそりゃそーだろな。

このカスペルスキーというソフトは、グレイゾーンのものもバンバン検出してしまうので色々と判断が大変らしいが、その検出能力は折り紙つきのようだ。
FireFoxに反応しなかった所はとても好ましかった。
このソフトは、軽快な処理とウイルス検出処理能力が売りのようだ。
定義データベース(新型ウイルス対策データ)の更新頻度が非常に高いようで信頼度が高いらしい。
2009年版は一般人には敷居が高過ぎるようだったが、2010年版を見る限り一般的なものとさほど変わりが無い。
処理速度がどの程度早いか試してみた。
システムの完全スキャンについては、ノートンと変わらず5時間程度かかった。
一方、簡易スキャンは数分程度と極めて早い。
また、常時何かしらスキャンを実行しているような様子が伺える。
価格も以前は1万円と高価だったが、2010年版は2台までで4300円程度と安価になった。
まだ試したばかりだけど信頼性が高いなら購入するだろうなと考えている。


ツールトラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.24

教育システムが今後の日本を左右する

教育でどんな変化をもたらしても根本が変わらないから意味がないといつも感じる。
政治家が理想論を唱えて変化をもたらしたとしても、生徒のほとんどが「何かが変わっても意味がない」と感じていると思う。
そもそも1つの教室に大勢の生徒を詰め込んで勉強をするという事自体が良いとは思えない。
6人程度の少人数制にして、それを1つのチームとする。
チーム内ではお互いを高め合うように常に発言出来る環境を作り、チーム単位で多く存在する。
チームのメンバーがテストをした結果をスコアとし、チーム対抗でスコアにより順位付けをする。
チーム内の誰かが劣る部分を助け合う環境整備が必要だと思う。

また、得点の1つに「思いやり」というものを追加して欲しい。
イジメや迷惑行為で減点し、人の手助けや優しさで加点するシステムだ。
起きた事をみんなで話し合い、どういう理由で加点減点するか決定する。
後はチームメンバーの決め方だが、好きな者同士で良いんじゃないかと思う。
新学年の場合は人間関係を見るために泳がせ期間のような形で。
色々な人間がいるのに1つの教室に詰め込む事にあまり重要性を感じない。
ただ、唯一の懸念事項は出会った事もないタイプの人間に対する対応が出来ないなどの人間関係性だが、現実ではそれは良いように働いてない所か悪影響が出ている位なので今更気にするものではない。
もっと人間同士の連帯感、連携感、思いやり感を強く養えるようにしてほしい。
これから進むであろう少子化でも優良で戦闘能力の高い国民にするにはそれなりの対応が必要だと感じる。
今のままいくと、人数が少ないのに腐食具合が進むだけの腐れ国民だけしか生み出せないんじゃないだろうか。
今国民が最も注目しているのは老後の年金などだろうが、これからの新芽をいかに高レベルにするかが最も大事だと強く感じる。


政治/時事トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.24

遺伝子組換え作物

まず、ここを読んでほしい。
ttp://www.clinica.jp/entry/122

日本の流通規制は非常に緩く、世界中で一番遺伝子組換え作物を多く食べているのは日本人です。

多分、遺伝子組替え作物を食べていると思っている日本人は1割にも満たないと思う。
これが意味する所は、遺伝子組替え作物の試験を日本人が担っているということ。
つまり、今後10数年の間に日本人に何かしらの未知なる突発的な病気が蔓延したりすれば、アメリカ人を始めとする各国が「あぁ、遺伝子組替え作物は危ないんだ」と理解するのだろう。

これをみると、いかに国内産を選ぶかが重要になってくる。
なんせ、アメリカで従事する労働者って貧困層が多いのだ。
アメリカ政府があれだけ狂牛病の汚染傾向がある部位を除くものを送ると言っているのに、堂々と除外部位が付いて送られてくる始末だ。
実際に労働している人間は日本人のそれとは根本的に全く違う連中なのだ。
特に大豆のようなちっちゃな豆粒で見た目的に分からないものは発見しようがない。
つまり、いい加減な物が輸入されていると考えた方が良いだろう。

なぜ、遺伝子組替え作物が敬遠されるかは、それが「未知なる生物」だからだ。
今までの大豆などなら安全が保障され栄養面なども徹底的に調査されているが、遺伝子を操作してしまったという事はまるで別の生物に生まれ変わるということなので、今後どのような変化が起きるか誰にも予想が出来ない。
それが人間にとって猛毒にならないとも言い切れいないのだ。
その作物がアメリカで自生していると言うのだから、恐ろしい。
その系統が一体どんな進化を遂げるか誰にも分からない。
人間は、責任が取れないとても大きな世界に強引に入ってしまったがためのツケを払う日が来るだろう。
そして、その代償は日本人の体で以って払う形となっている。
価格は高いが国産品にこだわってみる事は有効だろう。
大抵、安売りしているものは全て外国産だ。
政府には規制を強化して国民を守って欲しいと思うのだが、恐らく政府の中でも国民の一部をモルモットとして見ている部分はあるんじゃないかと思う。
年金を受け取る直前で死んでもらう事が国にとって最良だからだ。


警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.23

面白いブログ

ここのブログでいくつか笑えるページがあるのだが、特にこのページは面白かった。
この人、絵が上手い。
ttp://ameblo.jp/oldworld/entry-10048600968.html#main

ここのページの絵もかわいい。
ttp://ameblo.jp/oldworld/theme4-10000421235.html#main

なぜ、このブログを見ようと思ったかというと、古代の生物に興味が湧いたからだ。
なぜ、昔の生物は巨大なのか・・・という疑問を解決したいためだ。

「生と死の自然史」という生物学的内容が綴られたものが発端であった。
そこに彼の答えが載っているが、生物などの絵はネットを利用していこうと思ったからだ。
昆虫でさえ巨大なので、もし人間がそこで生存していたらどうなっていたのだろうか、と考えると面白い。
きっと、ナウシカのような世界なのかな。
まぁ、ナウシカは虫の体が巨大過ぎるので現実離れしているが、それでも虫ですら脅威である事には変わりはなさそうだ。


面白情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.23

国内における臓器移植手術に反対

日本人が臓器移植を行う場合、中国やアメリカで施術を受ける場合がほとんどだ。
アメリカよりも圧倒的に安価で済む中国が人気である事は言うまでも無い。
だが、臓器移植を行う国では問題が多く起きているのもまた事実だ。
というのも生きた「臓器」が商品価値になるからだ。

中国では死刑囚などから臓器を摘出しているという事実が発表され、死刑囚でありながら全身縫合された形で遺族に引き渡された亡骸がよくあるそうだ。
俺はその写真を見たことがある。
また、アメリカでは幼児の人さらいが頻繁に横行しているようだ。
それこそ、遊園地でちょっと目を離した隙に子供がいなくなるという事が起きている。
知らない男に連れ去られる前に見つけて無事に救助出来た例もある。

そもそも健全者のリスクを負ってまで臓器疾患患者を助ける必要性があるのか?と疑問を抱く。
患者がいなければ、健全者は健全のまま生きていけるのだ。
患者が健全者の命を脅かしてまで施術してもらってもそれでも健全者よりも生命力は低く、またその先の安全性も保障されていない。
この矛盾した事態を引き起こす原因は、金に物を言わせて強引に臓器移植手術を受ける人間がいるからだ。
街頭に立ち、なにやらアピールして多くの人間から金を恵んでもらい正義の名の下に堂々と渡米している家族がいるが、その臓器はどういう過程で手に入れたか考えた事があるのだろうか?
それとも他人のことなんてどうでも良いのか?

事故や寿命で命を失った場合の臓器ならば、まだ話はわかる。
死にゆく臓器ならば利用しても良いと思える。
だが、現状では「死んでしまうので臓器を下さい」と健全者に欲求をぶつけている。
誰かが開腹して臓器を提供しないと死んでしまうなら、それは天命じゃないのだろうか?
俺はそのまま天命を全うすべきじゃないのかと感じる。
大抵、「臓器ヲクレ」と言う人間は、「臓器を提供しても死なないじゃないか。私は死ぬんだ!」という事をアピールしている。
じゃあ、勝手に死んだらどうでしょうか?としか思えない。
自分の事しか考えられない人間は別に必要としていないので安心して天命を全うして欲しいと願う。
それに納得いかないならば視点を変えてみよう。

貴方は誰に対して慈悲を与えた事がありますか?

ほとんど全ての人間はそんな事しやしないのだ。
今まで何も考えた事ないくせに自分が悲惨な立場に立たされたら急に喚き散らすなど、愚の骨頂だ。


貴方は毎日数百万の命を失っている畜産動物に対して慈悲をかけた事はありますか?


きっと貴方は食べる欲求さえ満たせる事が出来るなら、畜産動物の命なんて何とも思わないよね?
それと同じだと思いませんか?
貴方がそうであったように、他人は「他人の為にわざわざリスクなんてコレっぽっちも負いたくない」んだよ。
それが貴方が行ってきた行動なのだからね。
だから臓器を与えられる機会があったとしても臓器を渡すかどうかは別問題なのですよ。
渡せるから渡さないといけないという訳でもないし、その義務もない。
俺は間違いなくドナー拒否カードを持つだろう。
なぜなら、臓器を渡して生きながらえたらきっとこれまで通りに畜産動物に慈悲をかけずに食い漁るだろうからだ。
なぜ大切に育ててきた臓器を肉食動物に渡さなければいけないのか理解に苦しむ。
本当にこういう人にだけ流し、そういう人が該当しないなら廃棄してほしいという尊厳ある行く末を保障してほしいと思う。

臓器提供のための手術も安全とは限らない。
後遺症が残る例もあり、臓器を摘出するという事は不自然な行為なので、確実に生命維持活動に大きな影響を及ぼす。
そして、筋肉層を切断するという事は筋肉の破壊を意味する。
努力して良い状態の筋肉をつけたものをなぜ壊されなければいけないのか?
理解に苦しむもう1つの点だ。
また、提供側は一体どのような補償を受けているのだろうか。
もしかして、現在でも無償なのだろうか?
もしそうなら、得をしているのは医者と患者だけだろう。
俺がもし提供してくれ!と言われたら断り続けるだろうが、「妥協出来る条件を提示して」と言われれば以下の点だろう。

・ベジタリアンになること
・命の尊さを知ること
・死ぬその日まで一人でも多くの人間に命の大切さや現実に起きている悪行を理解させること
・常に努力して自分の細胞を思いやること(タバコや酒ばかりの日々など論外)
・最低でも5000万円は出せること

それが最低限妥協出来る条件だろうな。
それが出来ない人間に別に生きて欲しいとは願わない。
ただ、以下の内容であるならば、それだけで承認出来る。

・世界や文明、人間の生き方を大きく変えられるだけの天才

つまり、相手の価値によって決まるんじゃないかと思う。
現状の「誰に渡るか教えないシステム」じゃ、有り得ないと思う。
そして、臓器提供者へのメリットが無い点もどうかと思うが。
多分、「所得税などの税金が死ぬまで免除」とかだったら物凄い人数が手を上げるだろうと推測できる。
まぁ、それを患者が負担するって手もあると思うが、後は患者側の努力次第じゃないだろうか。


--------------
一部の関連情報

ttp://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2634459/4496756
ttp://www.j-cast.com/2009/02/22036175.html
ttp://tuki.cocolog-nifty.com/happy/2009/04/post-4029.html
ttp://www.bengo4.com/bbs/read/3750.html
ttp://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa2121081.html?check_ok=1

中国での命はとても軽い




こんな臓器を移植されたらどの道長くないな。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.23

秦基博

この人の歌好きかも。

「アイ」
久しぶりに「詩の良い歌」だと思った。



僕らの音楽で歌ってた「カブトムシ」
後半ノイズィな感じになるのが勿体無い。
ttp://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080513086325_1.htm?nwsThough=1

aikoの「カブトムシ」は物凄く好きで、名曲だと思う。
なぜか涙が出てしまう。

aikoが歌う「カブトムシ」
本人だけあって上手いのと、秦から比べるととても声が滑らかだね。
滑らか過ぎて声が多少弱いのが残念だがレコーディング環境じゃないから仕方ない感じか。
アレンジにみえるイレギュラーな歌い方は声が出なくなってるのかな・・・明らかなミスもある。



感動・Good情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.23

CBSドキュメントの放送終了

TBSで深夜放送している「CBSドキュメント」が放送終了してしまった。

長らく見ていた当番組の放送終了には大きなショックを受けた。
今年に入ってから隔週放送になり、遂に先週で最終回となった。
いくらでも放送打ち切りになっても無害な番組が放送されているのに、これだけ良い番組を消してしまうのはどうかしている。
ビキニ姿で繰り広げるアホ番組、バカがMCを勤める何の意味もないクソ番組、放送終了すべき番組が溢れている中、なぜ当番組がその対象となったのだろうか。

穏やかな口調なピーター・バラカン氏と吉川美代子アナには非常に好感が持てる。
録画した番組を再生する前に「最終回」とあった時、「またか・・・」と思った。
有意義な番組が消えていく事は残念ながら少なくないものだ。
以前も子供向けチックだが、池上彰氏の冠番組だった社会情勢を優しく解説する番組が消えたばかりだ。
池上彰氏はあと1年程番組に出続けて名前を売っていけば選挙に出たら多分当選するだろう。
この流れのパターンは実に有効であると感じた。

CBSドキュメントは名前を変え、テレビ局を変えてまた放送してもらえないだろうか。
また、形式には拘らないので似た番組をバンバン作って欲しい。
何ならNHK教育辺りでやってもらえると助かる。
NHKスペシャル、ドキュメンタリー、ETV特集などと言った番組はかなり楽しめる。
ただ、NHKの情報操作疑惑は注意しつつ、情報を調査して見る事は忘れてはいけない。


疑問トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.23

真空化機械はまだですか?

食材が酸化する事を防ぐため、容器内の酸素を抜く機械が今後爆発的に流行るだろうと想像出来る。
容器の口を替えるためのアダプターを用意して、機械は同じものを利用する。
あとは容器の口に合うものを使って容器内の酸素を抜くだけだ。

こんなものが欲しいのだが、いつ製品化してくれるのかな?
いくら体に良い物でも酸化して化学変化を起こしたら意味がなくなってしまう。
それはもはや空腹を満たすだけのものであり、悪影響を与える物質になってしまう事態にも発展する。
何のために摂取するか、もはや目的が見えなくなる。
恐らく、5年位したら騒ぎ出し、5~7年程で爆発的に巷に溢れるんじゃないかと思っている。

現在ではこれが限界のようだ。
ttp://www.nikko-factory.co.jp/shop/apv-22.html
専用の容器ではなく、ある規格にあった容器の口のサイズに合うアダプターを多数用意し、また手動ではなく安全に電動で酸素を99%以上抜きたい。
ただ、99%以上だと容器の耐久性も関わってくるのかな。
5000~8000円位なら出しても良いと思える。

食についてトラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.23

サルサ依存症

サルサ狂いな程、サルサが大好き。
ダンスじゃなくて食べ物のサルサ(ソース)の方だ。
サルサがあればそれで良い!という位に大好きだ。
サルサは何にでも合う!
ご飯やチップス、フレッシュ野菜、調理次第ではうどんやパスタ関連でもいけると思う。

だが、サルサは一般的ではないようで、ポピュラーな食材ではない。
そのため、比較的値段が高い。
ここが非常にネックだ。
大抵、カルディなどの輸入品取り扱い店で買ったりするのだが、メキシコって品質どうなん?
そして値段がやっぱり高いんですね。
こんな具合。

パシフィックチョイス サルサソース(ホット)
パシフィックチョイス サルサソース(マイルド)
カサフェスタ プレミアムサルサディップ
ラ・コステーニャ サルサソース(ミディアム)
ラ・コステーニャ サルサソース(ホット)

この値段の差って何なんだろう・・・恐いんだけど。
しかも量がね、結構少ないと思う。
こんなビンなんて二食で無くなっちゃうからね。
少なくてビックリする。

日本企業ではカゴメが出している。
240gで280円位だった記憶がある。
カゴメさんのは一食で完食ですがな・・・

カゴメ/サルサ 240g

彼女の家に行く時に久しぶりにサルサを買っていったのだが、玄関でその他多数の食材など買っていったのを渡した時にサルサを袋ごと落としてしまった訳さ。
もう大理石に当たって割れてしまった。
重かったのに、凄く期待してたのに・・・
このショックはハンパなかったのだが、向こうも罪を認めず険悪なムードが。
こんな事してても意味ないので水に流す事にしたのだが、どうしてもサルサが食べたい。
以前、彼女の家でサルサを作った事があった。
ちゃんとハラペーニョも用意してバッチリ金かけて作った事があったがもっと安く出来ないかと次の日レシピを調べてみた。
すると、なかなか良いものがあった。
いくつかのレシピを統合してみた材料がこれだ。

トマト、タマネギ、ピーマン、ニンニク、レモン、タバスコ、塩

結構イケると思った。
塩は前に書いた記事にあるように不要な分は採らないので消した。
ピーマンも今の時期は高いのでパスだ。(1袋4~5個入りで198円前後)
結果的にこうなった。

トマト、タマネギ、ニンニク、レモン、タバスコ

早速作ってみた。

容器にトマト、タマネギ、ニンニクを適当な大きさにアッシュして入れ、レモンを切って汁を絞り、タバスコを1/8程度入れて冷蔵庫に2時間放置する

これ、調理時間10分位だから凄く簡単。
日々、間食用で生野菜を食べられるのはとても良い。
生タマネギのせいか、整腸作用が物凄い。
トマトピューレ缶を入れると量が増えて良い!
654円で1200ml容器のうち、800ml程度埋まった。
市販より279円安く出来たが、トマトを誤って高いの買ってしまった(4個で580円)のでもう少し安く抑えられるだろう。

と、ここでだ。
驚くべき事が起きた。
なんと、タバスコが好きになってしまった。
今までタバスコが嫌いでダメだったのだが今回のサルサで好きになり、今ではタバスコ信者になった。
例えば、ご飯におぼろ昆布、タバスコで十分美味しく頂けるようになってしまった。
熱々のご飯にタバスコをかけると、なぜがチーズのような味になる。
また、うどんにもタバスコをかけたりと大丈夫か?と思うような行動をしてしまっていて自分でも驚いている。
だが、タバスコもまた高い。
とにかく、量が少ないのに250円くらいする。
安い所なら198円位だがそれでも不満だ。
業務用がないか調べたが、売ってる店で3倍位の商品があったが、値段も同じ位上がっていてほどんと差が無い。
となるとさ、空気に触れて酸化が進む分、デカい方が圧倒的不利でしかない。
なので通常サイズを買っている。
どうにかならんかと思い、またレシピを見てみた。

生の赤または青唐辛子、食酢、塩

簡単だーーーっ!!
というのもつかの間、生唐辛子自体が売ってない。。。
韓国サイトで500gで800円台とかあったが信用してOK?
生唐辛子さえあれば、何とかなりそうだが手に入らない。
唐辛子の旬を調べてみると、本来なら6月~8月のようだが、ハウス栽培が一般的で普及率は変わらない?
夏には価格が安くなるだろうが、手に入るのかどうかが問題だ。
タバスコも自家製でいけたら良いのだが生唐辛子の入手が難しそうだ。


食についてトラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.14

パソコン再起不能の危機

実は新しいパソコンを買おうかどうか迷っていたが、とりあえずパーツ交換の選択肢を取った。
パソコンは素人に近い状態だったが、メモリ交換、HDD交換、CPU交換を行い少し自信がついたのか、今回は電源とグラフィックボードの交換をしようと思ったのだ。

グラフィックボードだけ交換したら電力不足でエラー音が鳴っていたので電源も一緒に交換したまでは良いんだけど交換後、ケースの電源ボタンを押してもウンともスンとも言わなくなった。
もう、焦ったよ・・・
これまでは何か問題があってもとりあえず、「ウィィィィィン」と立ち上がる事は確実だったから、まさか電源が入らないとは思っても見なかったのだ。
ヤバ過ぎる!!と思ってとりあえず、昔の電源に戻してみたが、これまた立ち上がらない。
電源が入らないってどういうこと!?と思いながら、プチパニックになった。
とりあえず、マザーボードが生きているのは赤色のLEDが光っているので確認出来るのだが、後はファンも何も動かない。
最も単純な構成にしようと無駄なものは全て取り外した。
残ったのはマザーボードだけというスッカラピンな状態で正面のケースまでも取ってみた。
この際だから不要な部品は取ってしまえと思い、FDDや内蔵スピーカ、ケース部品を取り除いた。
新しい電源を買ったので電力は余りに余っているのだが、ほとんど利用していない部品を残しておくのに気持ち悪さを感じたのと内部の配線がスッキリするので省いてみた。
そこで再度電源ボタンを押すが無音状態のままだ。
もうパソコン廃棄して新しいの買うしかないのかなぁって思い途方に暮れていた。
最悪なのは家にパソコンが1台しかないからパソコンで何も調べられない点だった。
ケータイで検索しまくっていくつか気になる点があったのが全てダメだった。
マザーボードがどこまで機能しているか確かめようとLANケーブルを入れてみるとADSLモデムが接続した事を示す光を点灯させていたのでLAN機能は大丈夫なようだ。
となると、やっぱりケース電源がおかしいのだろう。
パソコン組み立て系企業で買ったパソコンなのだが、マニュアルがないのでマザーボードのそれぞれの情報が全て読み取れないし設定方法がサッパリわからない。
これはコマッタ・・・

そこで、「POWER SW」というキーワードを見つけ、「???」と思い調べてみた。
ケース電源のコネクタのようだ。
もはや、原因はここしかないと思った。

POWER SWはこういうヤツ
ttp://bbs.kakaku.com/bbs/05405013139/SortID=7342725/

マニュアルがないので2ピンコネクタを色々と差しまくってみた。
すると、どこかのタイミングで「ウィィィィィィィィィン」と動き出した。
救われた・・・そう思った。
この後もエラー音声が出るなどいくつかの問題があったものの調査して解決し、現在ようやく普通に使えるようになった。
悩んだ時間は多分10時間かそれ以上だっただろう。
それにしても一度もいじっていない部分なのに変えないと電源が付かないなんて理由がサッパリわからなかった。

少なくとも今回と同様程度の問題には簡単に対応出来るようにはなった。
まぁ、何事もチャレンジ精神と努力、柔軟な思考力ということだろうか。


ちょっと一言/雑談トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

03.13

ブログの今後について

今年に入ってからブログを辞めようかと考え、2月下旬に3月一杯で辞めることを決意しました。
3月に入ってから忙しくてブログ更新が出来ていないのとは無関係で自分でも驚いてる位ですね。
多分、365日毎日更新する位のネタはあるんだけど記事を書くのはそれなりに時間かかるので時間がないときは実際大変ですね・・・
辞める理由はブログの方向性がブレたからです。
中途半端になってしまい、僅かずつのズレが蓄積して今では大きな歪みになっていてこのまま続けるのはどうかと思いました。

あと半月ですが、テニスネタを少しといくつかの思ったことを書いていきますので、良かったら最期まで付き合って下さい。
コメントが来ているようなので、後日返事書きますね。
それでは。


ブログトラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。