--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

11.25

ゴマ

最近、おやつでゴマを食べるようにしてる。
スーパーで買ってきたただの「ゴマ」だが良質な脂質やゴマグリナンを目当てに、またそのままでも美味しいので結構重宝している。
ゴマの種類は白ゴマで基本的に皮むきゴマを選んでいる。

ゴマは外殻が固く1粒1粒噛み潰さないと栄養素を吸収出来ないため咀嚼量を増やさないといけない。
普通の食事ではそこまで咀嚼している人は少ないだろうと思うので案外栄養素を吸収できてない気がする。
なので俺は仕事の合間などに集中することなく噛み続けるようにしている。
前歯で1粒1粒潰すのが意外と好きだったりする。
一口入れたら数分咀嚼する感じかな。
それを簡略化するために「擦りゴマ」という形でも売られているが俺はこれはあまり良くないのでは?と思っている。
そもそも擦るのってどうやってるかわからないけど、機械でグリングリン擦るかミキサーみたいなのでバラバラにするんだよね?
しかも一度に多くの量を。
量が多くなると自然と時間も長くなるがそれがまた状態を悪化させると考えている。
まず、機械で加工すると必ず熱が発生してそれは小さなゴマの温度を急激に高めるだろうと思う。
その時点で品質低下を招くだろうし、そもそも空気に触れながら加工するので酸化が著しく進む。
そして最終的には中身がバラバラに外に出された状態で乾燥するわけだ。
元々脂っぽいものが乾燥することで栄養面ではかなりの変化が起きるだろう。
擦ることで咀嚼の代用になるので栄養を吸収しやすい状態にはなるだろうが、そもそものゴマに含まれている栄養含有量はどれだけ低下しているかが心配だ。

今食べている「むきゴマ」だが、触感がパフのような感じでとても軽くサクサクしていて脂っぽさをあまり感じない。
むく方法としては薬品は使ってないとあるが、薬品使ってる場合があるんかい!って突っ込みたくなった。
食べていて殻付きゴマとは明らかに味が異なるのが正直怖い。
ゴマって噛むと中からぎゅぅぅって脂が出てくるし生々しくて水っぽいんだけど、そういうものは全く感じられない。
やっぱり加工されたものはダメなのかなーって思ってる。
ちゃんと普通のゴマをシッカリ咀嚼して栄養吸収が必要なのかもしれないな。

ゴマは肝臓に良いと聞いたのでトレーニング時に普段より多く採るプロテインを分解する肝臓を気遣ってトレーニング後にゴマを大量に採ってみた。
すると勘違いかもしれないが筋肉痛が和らいだ気がした。
気のせいかも知れないのだが筋肉痛の程度が明らかに下がったことを何度か体験した。
そういう効果があるとは思えないが何気に特効薬だったりするのかな。

スポンサーサイト

体調管理トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

11.06

デフレスパイラルをブチ破れやっ

最近よく思ってたんだが・・・

今のデフレスパイラルは、企業の業績不振→給料低下→購買意欲激減→低価格競争→企業収益激減がループして終わりなき下降トレンドなワケでしょ?

今って多くの国が低価格競争のため、人件費が安い海外に製造などを頼ってるんだけど海外に金を流さないで国内で賄えないのかな。
つまり、製造も国内で行い、その分価格が高くなるけど海外労働者を使わずに積極的に国民労働者を使うからとりあえず失業率問題は解決する。
失業率を1.5%以下に抑えられる位にまで頑張る。
次に給料を多少上げる。

これで、「物価は高いが給料も高い」状態になる。

あとは、海外に金を流さないように国内製品にポイントつけて確定申告で還付金として戻すか、普通に次から国内製品購入時に利用できるようにする。

これで、「物価は高いが給料も高く国内製品購入率が高い」状態になる。

これで金回るんじゃないかなーと思うんだけど。
国内製品の保険を全て5年位つけて品質とサポート面の良化を向上してほしい。
抜け駆けして安い海外製品買う人はポイント分損失と保険無しってのでどっちもどっちの状態にする。


まぁ、スイスっぽいかなー、「物価高くて給料高い」ってのは。
そうなると働かない人や定年退職者には厳しい世の中になるかなぁ
前者は良いとして、後者は何か考えないとねぇ
年金でさえ破綻寸前なのに解決策を作るのは厳しいだろうな。
あと、自由競争の観点から見ると不自然だから色々と厳しい批判や日本は国を守り過ぎの体質だとかアメリーさんが激怒しそうねぇ
やっぱり海外の安物に逃げる人がいるだろうけど、個人貿易(ネット販売する人が増えてアホみたいに儲ける人が出る)や貿易会社や商社の利益が上がりそうだから関税メッチャ上げるとか。
変に制約作ると「自由はどうしたー」とかブチ切れる人や組織もあるか・・・

なかなか難しいけど一番難しいのは愛国心のない自分さえ得すればいいやって人が多い事だね。
だったら今のまま大不況をあと10年は維持しちゃうけど、それでもOK?って感じだ。
そもそも今の状態だと海外の購買力復活頼みだもんねー、不況から抜け出せるわけが無いっす。
もっと独自ルートでなんとかしないとー

そういや、国が株取引するとか何とかあるんだったっけ・・・
利益目的・損失回避目的で国が特定企業に肩入れしないんだろうか?
物価を上げるとかもさ・・・なんか急速過ぎるけど金がない状態で実施してもダメだと思うの。
まずは金を握らせないと日本人は安心しないと思うんだよね。
日本は定年後などの現役引退者にとっては地獄のような国なのがダメだよね。
だから将来不安で不況になると購買力が一気に低下するんだもんね。

民主党の皆さんがどんな政策立ててくれるか期待せずに待ってみるとする。

政治/時事トラックバック(0)  コメント(2) 

    2010

11.05

尖閣諸島沖中国漁船衝突映像





既にいくつか上がってるようだけど、時間ないから軽く紹介。
ネットには44分だけ上がってて逮捕する時の映像はないようだ。
他にpart1、part2があるのでリンクから辿ってほしい。

素人目から見て結構な証拠だと思うんだが、なんせ民主党は韓国・中国の支援に躍起になってる在日議員が多くいて無駄な税金を削減するまではいいが、それをセッセセッセと外国に金をばらまいてるから向こう側に不利になる証拠を提出出来るわけないよね。


警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

11.03

腰サポなしのテニス練習

久しぶりの腰痛戦記シリーズ。

俺としたことが本当に愚かなミスを犯してしまった。
腰サポ恩恵を受けられるようになってから初めての失態だろうと思う。
それは、腰サポを忘れてしまった事だ。
忘れた事に気付いた時、青ざめたよー
いくら健康そうに見えてもねー、腰に爆弾を抱えてるのは一緒で酷使したら一撃死は健在のはずー

ムムムッ・・・どうしよう

帰るか迷ったがどうせ時間割いて来た訳だし、腰の状態の確認もあるからちょっとやってみるかな。
そして練習に臨んだ。
不安で不安でしょうがなかったから自分の中で最低限のパワーで最小限の動きでプレイすることにした。
もう、本当に・・・本当に・・・本当ーーーに・・・ノンビリとユックリと優しくね。

だが・・・
球出し一球目のストロークを打った直後、背中に違和感を感じた。
こんなハエも止まるスイングでか?
もう絶望感にドップリと侵食されそうだった。
うわっ、終わったかもなー
(オマエモナー)

とにかくいかに腰に負担がかからないようにスイングするかがその日のテーマだった。
打ってる球は別にそんなショボくはないと思う、それなりだろうね、他クラスのプレイヤーと比べても遜色ないと思う。
ただ、うちのクラスでは最も弱いだろうがね。
レッスンが終わった時に無痛である事が絶対条件だった。
全く力を加えずに正確なフォームでスイートスポットに当てることだけを考えていた。

すると、だ・・・

コーチが凄く褒めてくる。
ナンデナン><
安定性さえあれば良いんかよー
確かにほとんどノーミス状態に近いさ、球が普通レベルなんだから、それは当たり前さ。
数回にわけてのボレストでは全部で80往復はしたかな、それでミスが4回くらいだったからね。
でも、普通に打ってるんだからそうなるさー
特段凄い球打ってるワケじゃないんだし。
それでもこの安定感の方を評価するなんて心外もいいとこ。
普段は全力で打ちまくっていかに続けるかを目標にしてるから安定感で言えばそりゃぁ、ね。
この位の安定感を最優先にしてって言われれば常に出来るさ、普通の球で良いんなら。

でもね、前回の「虚無のテニス」で言ったとおり精神を一定に保ち、いかに冷静に確実に良いプレイだけをするかを目標にしてたから丁度その導入的な位置づけにはなって良かったとも思えた。
というか、強制的にそうせざるを得ないと言ったところか。
練習が終盤に進み、試合形式のプレイになった頃かな、少しずつ違和感がグズりだしてきた。
動きに精細さを欠いてきて、違和感も強まり押されてる感じがジワジワと強くなってきて軽い吐き気がしてきた。

あ、これヤバいかもしんない・・・

すぐにそう感じた。
早く終わらないかなー
そんな事を思ってプレイしてた。
丁度その位の時にレッスン終了になってホッとした。
当然レンタルコート練習などせずに直帰だ。

どこまでダメージを負ったのだろうか。
心配で仕方ない。
とりあえず寝る時は腰サポつけて寝返りダメージを削った。
朝起きるとちょっとダルい感じはあったものの胃に軽い二日酔いの影響があるのかな程度で済んでいた。
ただ、背中を曲げるのは若干痛みが出そうかなってのは感じ取れた。
やはりそれなりにダメージを負っていたようだ。
その日は腰サポ無しで寝てみた。
2日目の朝は何とかほぼ無痛状態で回復したものの多少押されてる感はあった。
さらに数日経っても普段レベルにまで回復はしていないものの特段支障が出るほどではないがダメージの影響ははかり知れないと思った。

いくら普通っぽくてもやっぱりダメなんだなー
残念だ。
もし誰かが今にも落ちそうな状態で手を掴んで引き上げないといけないって場合に腰サポがなかったら残念だけど助けることは出来ないかな、人は呼ぶけど。
あとで数日に渡って日常生活に支障が出るほどの激痛に見舞われるのを承知でも助けたいと思えない限りはね。

みんなも腰は大事にねー

腰痛戦記トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。