--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.27

新撰組の写真

■斉藤一
新撰組の中でも実力がベスト3に入ると言われていた三番隊組長であり撃剣師範である斉藤一の写真を公開。

新撰組ファンならとっくに知っている情報だと思うが、意外に知られていない斉藤一の写真。
※るろうに剣心で出てくる斉藤一とは顔がまるで別人である事は注意したい
20071027170801.jpg

下は新撰組を抜けて警視庁としての写真だ。
アゴデカになっているのは気のせい?
20071027170807.jpg


ちょいネタ(複数の他サイトからの転記)

あまり無駄口を利かない男で、生前の彼を知る人によれば「眉がふさふさとして目つきの鋭い、炯々とした背の高い男だった」らしい。
左利きだったという話は、子母澤寛の創作。小説作品によく見られる、傷の切り口から「左利きの人間の仕業だ」と判断するシーンも、実際には切り口から(少なくとも当時は)判断などできないので、無論フィクション。(赤間倭子『斎藤一の謎』などの研究書を参照されよ)
剣の腕は沖田や永倉新八と並んで新選組の中でも最強だったらしい。
明治23年頃に麻布警察署詰外勤警部になる。この頃の警視庁内での撃剣会の試合記録も残っている。
かなり高齢になっても、妻の時尾と共に東京女子高師(現お茶の水女子大学)に勤め、時には登下校する生徒のために人力車の交通整理もやっていたという。

斎藤一の逸話でこんな話があります。
昭和の剣豪といわれれた山本忠次郎という人がいました。その山本忠次郎は若いころいつも空きカンにヒモをつけてつるして突きの練習をしていました。
ある日そこに一人の老人がとおりかかり、山本忠次郎から竹刀を受け取り空きカンに早業で突きました。しかし突いたはずなのに空きカンは少しも揺れていませんでした。山本忠次郎はおかしいと思い空きカンを覗くと、その空きカンは見事竹刀でまっすぐに貫かれていました。
その老人こそ斎藤一だったという話を剣道家の祖父にききました。
本当の話かわかりませんが・・・斎藤一の突きは竹刀でも木に突き刺さるくらい凄かったみたいです。

新撰組の隊長格でも屈指の剣腕を誇り、阿部十郎は一に永倉、二に沖田、三に斎藤一の順であったと後年語っている

■沖田総司
一番隊組長を務める沖田総司。
近藤局長や土方副長と仲が良いといわれている。
美少年というのはどこかの小説で作り上げた虚像だという事を知った。
竹刀での勝負では新撰組随一の実力を誇り(数いる実力者を子供扱いにしたとか)、新撰組最強説が根強い沖田。
沖田の得意な三段突き(一足飛び中に3回突く)は、科学的に不可能だとされフィクションではないかとも言われている。
20071027171359.jpg


■土方歳三
新撰組副長を務める土方歳三。
鬼の歳三とも言われ、捕らえた賊の尋問(拷問)は天下一品だったらしい。
この当時でこれだけのイケメンはそうはいない。
しかも洋服まで着こなしている。
タイムスリップしちゃった人のようだ。
20071027172933.jpg


■近藤勇
誰もが知る新撰組局長を務める近藤勇。
新撰組立ち上げ時は、コネで芹沢鴨という最低最悪な男が頂点にいたが余りにも剣士として逸脱した行動が多く散々だったため、のちに近藤の計画で粛清された。
その後、近藤が局長を勤めるようになった。
最期は幕府のとかげの尻尾切りに合い、近藤局長は公開処刑され首を晒された事はとても有名。
この時、新撰組は事実上壊滅した。
20071027173354.jpg



後は省略・・・


未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。