--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.27

ブッシュ大統領 核兵器使用問題

以前に書いた記事だ。
ブッシュ大統領による放射能汚染の実態

一人でも多くの人間に見てもらいたい。
アメリカという国が世界最大の核兵器使用国である事は揺るぎも無い事実だ。
しかし、各国も劣化ウランを使用した兵器を所有していると言う。
近代における戦争では放射能汚染を回避する事は難しいのだろうか?
戦地が常に放射能汚染される事は非常に脅威だと思う。
というのも、上記の過去記事における惨劇が各地で起こるとなると大変に恐ろしいからである。
永久的に悪夢と戦わなければならなくなってしまう。
考えるだけでゾッとする。
そして放射能物質は風に乗って隣国にも影響する。
チェルノブイリ原発事故も風の影響で隣国に多大な影響を及ぼした。

イラクの生態系に異変が起きているのではないか?と思う映像を見た。
まさにゴジラ化しているのか?と思ってしまう。
イラクの「ヒヨケムシ」は異常に巨大だ。
日本の「ヒヨケムシ」の容姿とはまるで違う。

イラクのヒヨケムシ

《youtube動画削除》

日本のヒヨケムシを写真で見た事があったが、2~3cm足らずの細い弱々しい小さな虫だった。
これが地域が生んだ自然な差なのかどうかはわからないが、放射能の対応しなければ生物は生きていけないのだから変化を遂げてもおかしくないだろうと思ってしまうしゴジラのように放射能が原因で突然変異してしまったのか?と思ってしまった。
実際はどうなのかはわからない。

<ちょいグロ注意>
こんな生物が住んでいる地域が嫌過ぎる

《youtube動画削除》


-----------------

訂正

以前どこかで見たサイトで日本のヒヨケムシを紹介していたので勘違いしてしまった。
日本にはどうやらヒヨケムシは生息していないようだ。
あのちっこいひょろいヒヨケムシはなんだったのか不明だ。
ヒヨケムシに関しては無意味な情報となったのでyoutubeの動画情報も削除します。
もし見たい人がいれば、下記のURLを辿ってみてください
1つ目の動画URL
2つ目の動画URL

 

警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。