--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.04

散々な自転車ライディング!

今日は昼過ぎから横浜まで自転車ライディングを楽しむ計画だった。
内容としては、横浜の綺麗な風景をデジカメで撮るためだ。

しかし、振り替えでテニススクールに行ってからとなった。
その前に曇りだったので撮影は微妙だったのは明白だった。
正直、諦めようかと思ってた。
だが、若干天気も回復したので夕方近くからライディングする事を決定!

横浜までは30km前後だ。
久しぶりのライディングにも関わらず、なぜかとても快調だった。
信号ストップの連続だったのに22kmの時点で48分程で走れた。
本当の目的は元町周辺の綺麗な建築物だ!

まずはMM地区の様変わりぶりを撮った。
後は走っているうちに横浜の綺麗な街並みのみを撮っていった。
そして、元町についた。
港の見える丘公園まで登り、その周辺の建物を撮っていった。
夜になっていたので綺麗にライトアップされていたので思ったより撮る箇所が多かった。

雰囲気の良いケーキ屋があった。
正面にモロにベンツが止まっていた。
これじゃ、写真が撮れない!
しかも10分位店から戻ってこず、待ちぼうけ!
ようやく帰ってきて、ベンツは行った!
パシャリ!
暫くすると高級車っぽい車が店の前で止まった。
ケーキ屋の前は住宅で車庫があった。
この辺の住人かと思ったが、ケーキを買いに来た常識知らずだった。
ここは片側1車線ずつがギリギリのとても狭い道だ!
もう邪魔だった!
もう少し先まで行ったが、時間も時間なので元町の散策も終わり帰ろうとしたら、まだあの車がいた。
メチャクチャ自己中なヤツだ!
その車の横を通り過ぎようとしたら、対向車がその停車してる車を避けようとして俺の車線にまでハミ出してきた!
というか、俺が走る場所がない位にスピードも落とさず強引に走ってきた!
当然俺はバックライトもフロントライトもつけているのでわからない訳がない。
自転車を軽視してやがる!
ウゼー!
その車はエルグランドよりもデカめのかなりイカツイ車だった。
スピード落として路肩ギリギリまで寄って走った。
とりあえず、クソエルをやり過ごした瞬間に、路肩の路面が壊れていて思いっきり大きな穴が開いていた。
そこにガツンと前輪が衝突してしまってパンクだ!
この自転車で1500kmは走っていたが初めてのパンクだった!
元町は石畳が多く、さらに路面が劣悪なのであまり好きではなかったが遂に最悪の事態が発生してしまった。
パンク修理キッドも無いし困った!
家から35km以上も離れている。
とても自転車を押して帰れる距離ではない。
本当にマイった!
どうしようかと思った。

自己中停車の車さえいなければ、絶対に起きなかった。
最悪な状態に陥るのはいつもこーいうマナーの悪い人間がいる時が多い。

テクテク自転車を押していたら近くのフェリス女学院の警備をしているオジサンがいたので自転車屋があるかどうか聞いてみた。
とても親切で凄く助かった。
どうやら、ここから8分程度歩いた所に1件だけ自転車屋があった。
ベコガリベコガリとうるさい前輪を押しながら行ってみた。
石川町駅の近くだった。

が、しかし!
まだ18:30前なのになぜかシャッターが下りている!
Ouch!
目の前の美容院の人に聞いてみたら、さっき車に何か積んで出て行ってたよ。
ウギャー!
終わった・・・

この辺には他に自転車屋は存在しない。
どうやって帰れば良いのか不明だった。
横浜駅近くのジャックモールの中にあるスポーツオーソリティの中に自転車部門があった。
ソコだーーーー!!
だけど、ベコガリベコガリうるさい自転車を押して歩くにはちょっと遠い。
今計算してみたら4km程あった。
みなとみらい線を使えば速攻だ!
元町・中華街駅の駅員に自転車持ち込みOKか聞いてみた。

「折りたたみ以外の自転車はダメだよー!」

確か、以前ロードレーサーのタイヤを外して電車に乗っていた人と話した事があった。
タイヤを外して乗れるか聞いてみた。
すると、誰かに電話しだした。
その50代位のオッサン駅員は自転車を中に入れたがらないヤツだった。
電話で聞いた時、

「自転車は乗せられないよねー?」
「うん、折り畳みじゃないの!」
「タイヤを外してもダメだよねー?」

思わず舌打ちしてしまった!
タイヤを外してもダメだと言うのが前提で質問してやがった!
こういう無能がいるだけで本当にバカをみる羽目になる。
「タイヤ外して折り畳み自転車位の大きさにしたら大丈夫かな?」という質問の仕方はないんか?
クソジジイが!

それで電車を使う手段はなくなった。
もう19:00だ。
オーソリティは夏季以外は確か閉まるのが20:00だったはず!
あと1時間以内に行かないとダメだと思った。

もうひたすら早く歩きまくった!
サッカーのスパイクシューズを履いているので歩きにくいし足は締め付けられるし痛い。
(自転車専用シューズは怖くて履けない)
実はスパイクが良い感じでペダルに噛み付いてくれて走りやすい!
スパイクがないノーマルシューズと比べると結構違う!
自転車用シューズと専用ペダルを使っていると足を引く動作も漕ぐ事になるのでとても良いというのは聞いていたが、緊急時にペダルからすぐに足が離れなかったらヤッパリ怖い!

最後の方は太ももに若干引きつり感を覚えていた。
40分で歩ききった。
19:40についた。

自転車部門担当の人に話したら、「パンク修理はお預かりになります」と言われた。
マジっすか?
どうやって帰れと?
自転車着しかありません!
確か、ベイサイドポート近くにももう1件あったが、既に19:40だ。
普通の店なら既に終わっている。
悩んだ挙句に預けた。

さーてと、どうやって帰えっかなぁー
薄着の半袖と膝までのハーフパンツにリュックにサッカーシューズとグラサン姿という怪しさ満点の格好で帰れと?(笑)
周りを見ると、皆さん既にコート着てますから!
こんなキチガイの格好で電車に乗るのかよ・・・
あー嫌だ嫌だ・・・

仕方ないから新高島から乗った。
とても横浜駅の中をこんな格好で歩くほど度胸はない。
絶対に物珍しい視線の餌食になる。
このまま可能な限り、田舎系東急系列の電車で帰った。
こんな屈辱というか恥は初めてだ!
だが、どうしてもこの状況を変える事は出来ないから、むしろ自信満々で駅に行った。
見てくるヤツがいようものなら、「こんな格好ですが、何かー?」という視線で返してやる!
というか、寒い!
チャリ降りてから結構経つから体が冷えて仕方ない。
電車の中は暖房が効いてて疲労もあり寝てしまった。
何度か乗り換えしてるうちにあっという間に最寄駅までついた。
家についたのは21:00を過ぎていた。
全くもって、こんな予定ではなかった。
足も思いのほか、疲労してた。
夜も予定があったのに・・・
もしいつものように真夜中だったら帰って来る事自体不可能だった。
急に怖くなった。
そろそろタイヤも限界だよなぁ・・・
HUTCHINSONの「トップスリック ゴールド」か「トップスリック エアーライト」のタイヤか、Panaracerの「Tサーブ」に変えてみたいなと考え中だ。

肝心の写真は近日アップ予定!



スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。