--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.06

禁煙者の素直な対応!

海外ではタバコはとても嫌われている!
このおじいちゃんの行動は実に普通だと思う。
そもそも、タバコの副流煙は強い発ガン性をもたらす。
その行為自体裁判で有罪になるべき行為だと個人的には思う。
どんな権利があって他人の健康を害するのだろうか!
ただ吸いたいがための自己中な考え方だけで健康を害するのはたまったもんじゃない!
http://flash.matrix.jp/view?04616
そして、タバコを吸う人間はモラルやマナーの低下が著しい。
タバコのポイ捨て、タバコの箱のポイ捨て、タバコのビニールのポイ捨て、副流煙による健康被害の拡散、景観を損なう事を平気で行える。

フランスの過激な禁煙運動だ!
見ててうなずける内容だった。
こんなモラルが日常的な国は羨ましい。
日本は先進国中最もタバコの規制が緩いダメな国だ!
むしろ、国がタバコを勧めている。

ただ、絶対に禁煙者に副流煙の被害をもたらさないならば、それはそれでアリだと思う。
せっせと天井知らずの高い税金を納めて、定年ギリギリまで働いてあとは死んでくれれば税金を国が保有出来る。
彼ら自体にはそんな意識はなくても、とても愛国心がある人たちととれる事も出来る!(笑)
要は、禁煙者に迷惑さえかけなければ良いと思う。

そういえば昔、とても小さいな飲食店で嫌な思いをした。
ホールがワンルームクラスのとても小さな所だった。
隣との距離もやたら近くて不快だったが、とりあえず座った。
タバコは誰も吸っていなかった。
メニューを注文して5分程度たっただろうか・・・
一人のバカ男が灰皿を要求した。
それを見るや否や、周りのほぼ全員が一斉に同じ行動をとった。
そのちっぽけなホールの席は全て埋まっていた。
合計で20人ほどはいただろうか。
そのうち、16人程が一斉にタバコを吸いだした。
あまりの臭さにキレた!
後ろからタバコ吸ってるやつらを全員蹴り倒してもよかったが、そういう行為は彼女があまり好まないので、店を出ると店員に言った。
すると困惑する。

「もう出来るので!」

そんな事は知ったことではない!
どんだけ旨いかわからない飯を食ってまでストレスを溜める事はない。
バカげている!

「こんな臭い部屋で食えるわけねーだろ!頭おかしいんじゃねーのか?」

とても我慢が出来る状況ではなかった。
ガス室と言っても過言ではない。
だけど、彼女が煙いのは嫌な顔をしつつも、「いいよ。食べよう」と言う。
彼女のこの発言には驚いた。

というのも、俺の親はタバコを吸っていたし周りもタバコを吸っていた。
別に煙について何も思っていなかった。
だが、彼女が強烈な程にタバコを毛嫌いしていた。
その対応は異常かと思う程だった。
しかし、健康被害や我慢しなければならないという事、ストレスを一方的にためなければならない事の話しを聞いて、半年位してから俺も大のタバコ嫌いとなった。
ちなみに俺はもちろん吸わない。
ソイツが吸いたいがためにこっちまで最悪な状況に陥る必要は無い。
むしろ、本人どもはフィルターを通しているが、周りの人間はフィルターを通さずにダイレクトに煙を吸っている。
副流煙の方が健康被害が深刻だ!
許されない話しだ!

結局、ソッコーで食べてすぐに出た。
こんなモラルのない店には二度と行く事は無い。
のちに分煙になっていたが、あんな狭いとこで分煙にしてもたかが知れている。
服についたヤニ臭や着色を取る為のクリーニング代は出るのか?
もし1着2~3万のシャツを着ていたらどうするのか?
ヤツらにそんな他人事はどうでも良いのだ。
自分さえ楽しめれば問題ない!
タバコを吸っている人間はそういう人種が大半を占めている。
古いデパートの場合は毒ガス飲食店は多いが、新しいデパートでは禁煙飲食店がデフォルトになっている。
当然だと思う!
マナー後進国日本はようやく気付きだした。




-----------------
2007/11/10 追加

屋内禁煙
イタリア(2005年1月10日禁煙法施行)、アイルランド(04/03/29より屋内禁煙)、スコットランド(2006年春全面禁煙)カナダ、キューバ(2005年2月7日施行)、ノルウェー(2004年より屋内禁煙)、北アイルランド(2007年4月より全面禁煙)
スペイン(06/01/01禁煙法施行)、バングラデシュ(2005年3月25日反タバコ法)、ニュージーランド(2004年12月禁煙法施行)イングランド(2007年夏より全面禁煙)香港(2006年内の屋内完全禁煙施行)、ベトナム(2005年4月屋内禁煙)
オーストラリア(2006年7月より屋内外禁煙)、スウェーデン(2005年6月1日禁煙法施行)スコットランド(2006年3月より全面禁煙)ベルギー(2006年1月より屋内禁煙)、マルタ、タイ(2002年禁煙令)、オランダ(2004年禁煙法施行)
シンガポール(2007年7月1日より全面禁煙)、ウルグアイ(2006年より屋内禁煙予定)、スロバキア(2006年内屋内禁煙)

ほぼ屋内禁煙
フィンランド、ペルー、インドネシア(ジャカルタで2006年より屋内禁煙)

完全禁煙 ブータン

洲によって禁煙
アメリカ
ニューヨーク、ニュージャージー、カリフォルニア屋内禁煙法他9州で
(カリフォルニア州屋内禁煙、屋外禁煙)ユタ州、バーモント州
ほか半分以上の州で規制

東部ニュージャージー州議会は9日、オフィスや飲食店など公共の室内空間
での喫煙を原則的に禁じる法案を賛成多数で可決した。コーディ知事代行の署名か
ら90日後に施行される。
ロイター通信によると、国内ではニュージャージーのほか、
ニューヨークやカリフォルニアなど少なくとも9つの州で同様の法案が可決されている。(共同)

対策方針のみ決定
中国:タバコ大国である中国は北京オリンピックは禁煙オリンピックにすると 中国政府が表明。オリンピックまでに規制・法整備を加速させていく。
韓国:金大中前大統領ら各界の158人がタバコ禁止法を請願。国会議員(定数299人) の過半数の与野党195議員も別 途、請願を支持する署名を提出した。

日本の現状
政治家とJTとマスコミがつるんで自国民を肺癌で皆殺し喫煙自由国家
*日本政府はタバコ規制についてなにもするつもりもないし、話し合いも 全くしていない。

日本のタバコ税は最安値レベル
http://www.nosmoke55.jp/signature/indexx.html


怒りトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。