--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.07

美形野生動物 チーター

野生動物は危険のない動物ばかりを身近にしている人間にとっては計り知れない脅威と危険性をはらんでいる。

犬猫は種別にもよるが寿命はおよそ10~15年程度。
健康体で20年を超える大往生なパターンもある。
が、しかし・・・
野生動物での寿命はこの通りだ。
ゾウ    60年
サイ    45年
ラクダ   25年
キリン   25年
ダチョウ  40年
フラミンゴ 40~50年
馬     20~30年
カバ    30~45年

体が大きく生命力があると予想を上回る寿命を手にする事が出来ている。
ただ、ゾウが60年の天命を全うする事は密猟者や環境などを考慮すると難しいだろう。

そして、野生動物の中でも飛び抜けて好きな動物がいる。
チーターだ!
チーターは自然の中にいて、なおあの美形な体を保持している。
ビックリしてしまう。
競走馬や犬の品評会で人間の手を加えて鍛えると素晴らしい体を手に出来るが、逆に野生動物においては脂肪を蓄える方が戦った時に後遺症を負いづらく、また食料が取れない時にエネルギー源となるので何かと有利に働くため、美しい姿の動物は非常に稀である。
熊など走るとプルンプルンと肉が揺れる。

では、チーター堪能会を始める。

まずはモデル並みの横向きショット!
20071107014344.jpg

親子ショット!
子供もカワイイ!!
20071107014413.jpg

20071107014601.jpg

おちゃめショット!
何でも許せてしまいそう。
とても凶暴に見えない!
20071107014545.jpg

20071107014457.jpg

20071107014427.jpg

20071107014418.jpg

20071107014406.jpg

アスリートショット!
カッコイイ!
理想形とも言えるフォームだ!
20071107014356.jpg

ノーマルショット!
体のラインがとても綺麗!
可愛すぎてたまんない(><)
20071107014535.jpg

20071107014447.jpg

20071107014433.jpg

フレンドリーショット!
あー、触ってみたい。
20071107014554.jpg

20071107014507.jpg


野生動物のツアーで、チーターとの触れ合いがある!
多少餌付けしてたりするそうだ。
人間がいると外敵からも身を守れるし車の上に乗る事で遠くまで見えるので利用される。
そして、多少餌ももらえるという事で一部の野生のチーターは人間に好意を持っている。
また、野生においてチーターが人間を襲ったという事は過去に一度もない。
人工的な環境においても、動物園に飼われているチーターの檻にいきなり入っていったオバサンに驚いて殺してしまったとされる1件以外の事故以外は記録に残っていない。
チーターがグルグルと言うのは気持ち良い時に出す声で甘えているというのを聞いた事がある。
※リンクが重いものもあるので辛抱強く待ってやってください

フレンドリーな野生のチーター
http://home.att.ne.jp/red/mkinoshi2004/MVI_0146.AVI




声が可愛すぎです!!


瞬間時速110kmという地上最速を誇るチーターを凌駕した人類
http://www.break.com/index/saved.html


実はチーターは闘争を極力嫌う動物だ!
チーターの武器は1にも2にも地上最速を誇る脚だ!
しかし、早く走るために無駄な肉を削ぎ落とした体や限界ギリギリにまで研ぎ澄ました脚は弱点でもある。
深手を負った脚は、ハンティングの成功率を極力低下させる。
つまり死を意味する。
チーターの狩りは、他の捕食動物の成功率と比べると高い。
だが、チーターの闘争嫌いを知っていて、折角捕った獲物を横取りされる確率も他を抜いている。
ライオンを筆頭にハイエナが待っていたとばかりに出しゃばってくる。
ライオンやハイエナなどはチーターを見つけるとずっとついていく。
そして獲物を捕るとここぞとばかりにかっさらっていく。
非常に痛い動物だ。
キングバブーンという猿にも負けるし、鳥にもバカにされたりする。
ジャッカルがけたたましくしつこく鳴くと、他の捕食動物が来てしまうという理由で獲物を置いて去ってしまう事もある。
非常に肩身の狭い思いをしている。
http://jp.youtube.com/watch?v=17gCuIf30pY&mode=user&search=

実はチーターは猫と犬の中間の種族とも言われている。
チーターは個体の減少により血が濃くなってしまっており、子供のうちに死んでしまう確率も他の捕食動物に比べて高い。
そして、現在もなお絶滅危惧種である。
こんなにも美しい野生動物を絶滅させてしまうのはとても惜しい。



動物トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。