--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.14

優しさのトライアングル

最近、また職場が変わった。

職業柄、同じ職場には数ヶ月~数年位しかいない。
職場の人間が全員知らない人になる。
気分は心機一転と言った所か。

相手の年齢も関係なく、職場で知り合った人には挨拶やお礼を必ず敬語で言うようにしてみた。
年下の人もそれなりにいると思う。
だが、敢えて歳は聞かない。
年下と思った瞬間に少なからず関係に固定概念がつくからだ。
相手が誰だろうと良いと思った。
気にするのは、相手が嫌な人間かそれ以外かだ。
今の所、とても良い人たちだと感じる。

自分が優しさを出せば相手も優しさで返してくる。
それを見ている職場の空気も優しくなる。
だからまた自分も優しくなれる。

良い循環だと思えた。
そして、心も晴々して無の境地となる。
邪念がない。
心は草食動物のように穏やかでほのぼのしていると思う。

うん、気分が良いね!
普通の人間であれば、親切な対応や優しい対応、気持ち良いと思える対応をされれば、自然と心を開くものだ。
もう少し進化して、「コイツ嫌いだな」と思える相手に対しても無心で優しい対応が出来るようになれば凄いと思う。



独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。