--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.13

Vii パクリ王国 中国

12/13 12:58

言わずと知れたパクリ文化にパクリ産業の中国。
国民のパクリの違法性についての意識は限り無く低い。

任天堂が開発した画期的なゲーム機「Wii」を模倣した「Vii威力棒」という製品を中国企業が発売した。

中国企業側は、「見た目が似ているだけだ。問題ない。」などのことを平気で言っている。

見た目が似てる時点で完全なるパクリだろ!
さらに、システムまでもが同じだ。

「このシステムは任天堂とウチにしかない技術だ!」と語る。

唖然としてしまうが、きっと中国の民度はこの程度なのだろう。

だが、いつもの事ながら似ているだけで性能が伴わないのが中国商品。
Wiiと比べると以下の違いが出てくる。
・Wiiのゲーム情報の媒体がCD-ROMに対して、Viiは内蔵HDD
→つまり、出荷時にインストールされたゲームしか出来ない
・本体の重量がWiiの3倍
・鮮明度が低い
・画像処理が重くて描写が遅い
・ゲームのクォリティが低い
問題は多い。
価格はWiiより5000円安い、20000円だ。
誰が買うのだろうか…

運良くトラップにハマって間違えて買われる事を狙ってるのはミエミエだ。

だが、かく言う日本も昔は散々欧米の真似ばかりしてきて「猿マネ」と揶揄されて来た。
無から有を生み出すより、中を極上にする方が得意なのは日本人の特長だ。

だから中国に激しく言う事は微妙だが、日本と中国の違いは猿マネした結果の商品の精度に現れている。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。