--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.20

スタイリッシュになろう!!!

まず、今回の記事はシャープなボディを維持出来ている人には関係ない。
どうしても太ってしまうと言う人に見てもらいたい。

最初に肝心な事を断言する。

「痩せられない体はない」

という事だ。
よく聞くのが、「痩せない体質だからしょうがない」や「何しても痩せられない!」という言葉だ。

まず、原点に戻ってみようか!
そもそも、人間は動物だよね?
コンピュータでもセメントでもなく生物だ。
存在する物質が永久不変に続くという事はどう考えても100%有り得ない。

人間がまだ文化を持たずに野生動物を狩りしていた頃を考えてみよう。
この時代で絶対に痩せない体があれば、常に身を潜めておけば人間の生存率は非常に高かっただろう。
しかし、人間も野生動物と同じ生物だ。
そんな事は絶対にないのだ。
食物を食べなければ痩せるし、食べた分は脂肪として蓄えようとする。
これは生命体が想像を絶する程の長い期間を経て獲得した生存する確率を高めるための生命維持システムだ。
これにより命を繋ぐ確率の向上が可能となった。

"痩せたい"という贅沢な悩みは、近代の社会になってからの話しだ。
人類何万年のうちの30~40年程の事だろう。
飽食時代のおかげだ。
今後の人類の時代も含めて今が最も「安全で楽で過ごしやすい時代」だと思っている。
何百年後には文明は急発展を遂げて、より栄えるだろうが、資源の枯渇や環境問題など避ける事が出来ない巨大な問題と向き合わなければならない。
間違いなく極めて著しい格差社会が形成される事だと思う。
その頃には、また「ふくよかな体型は富の象徴」とされるのかもしれない。
アフリカでは、今でもふくよかな女性が人気があるようだ。

前置きが長くなったが、全体を把握出来ているのとピンポイント情報しか知らないのでは考え方や応用がまるで出来ない。
仕事が死ぬほどハードで運動がまるで出来ずに肉がついてきた時から、またスリムに戻した時の体験談から利用可能な情報を抜粋・応用していくとする。

■背景
24時間以上働いて12時間以内にまた24時間以上働いてってのを土日もほとんどなく半年以上続けると、体調管理どころか人間としての意識も段々と薄れてくる。
その時の食べ物は、何でもいいやぁ・・・って感じでカロリーとか気にする程の余裕もない。
むしろ、なぜか高カロリーのものを食べたいと思うようになる。
既に考え方が崩壊している状態だった。

■スタート地点
⇒この状態から、運良くこの現場を離れる事が出来た。
完全に食生活は偏り、バランスなどもなく、運動したいという意欲もなかった。
休みはノンビリまったり出来ればいいや~って感じだ。
あの頃はホントに人間崩壊しかけていた事だろう。
体のナマリっぷりを指摘された。
ムムムッ!
闘争本能に火が点いた!

■step1 体質改善期間 2~3ヶ月程度
いきなりハードトレーニングをしても絶対に体を壊すだけだ。
まず、体質が完全にイッてるから、そこから治さないといけない。
過度なギャップは体の生命維持システムを稼動させる事になるから注意が必要だ。
[筋トレ]
まずは筋肉痛になるかどうかという低負荷で肉体を慣らしていく
[食生活]
味の濃い物や高カロリーの物をやめる、または量を減らす
[メモ]
・あくまで苦にならない程度で行う事が重要
・この辺で変に続かない位のオーバーワークをするとすぐにヘタる人は多い
・スポーツもまだ早い

■step2 肉体改善期間 4ヶ月程度
体が慣れてきて、多少強めのトレーニングをしても苦にならない状態になっている。
step1の初期時と比べると、見た目的にも体にハリが出てきて運動能力は結構向上している。
体がちょっと位の激しい変化にも対応出来る状態となる。
[筋トレ]
毎回筋肉痛になる程度の負荷で体をイジめる
[食生活]
味が普通(濃くない)ものを常食し、高カロリーの物は絶対に食べない
[メモ]
・最も効果が現れてきて意欲により火が点く段階
・スポーツも問題なく行える状態にある
・どんだけトレーニングしてもまだまだ蓄積しているエネル源がバックアップしてくれる

■step3 意識改善期間 3ヶ月程度
この頃になると完全に別人となる。
自分に相当自信を持てるようになる。
研ぎ澄まされた肉体は壊れやすくなるのでメンテナンスが重要となる。
ここで必要なのは、自分をどういう方向に進めるかなど、精神的や意識的な部分となる。
[筋トレ]
大抵の筋トレでは筋肉痛にならない状態になっている。
部分的な向上または筋肉維持が求められる。
[食生活]
薄味やより質の高い物を食べる事を考える。
この辺にまで来るとちょっとやそっと食べただけでは太らないが、あくまで意識的な物が重要となる。
この時点で○○が食べたいと思える状態にはなっていない。
[メモ]
・よく頑張りました!ここから先は見た目ではなく内面や精神面の強化が求められる
・インナーマッスルをメインに鍛えて行きましょう

■step4 完全体目標期間 ?ヶ月
ここの時点で完全に基礎的な土台は備わっているので、自分が進みたい方向を見つけて全力で突き進む努力を継続する。
[筋トレ]
バランス能力、柔軟性、有酸素的筋肉、インナーマッスルなどの使える筋肉をつける。
スポーツに合わせた筋肉を形成する。
[食生活]
常により良い食べ物を探す努力を怠らずに妥協せずにいこう。
この辺になると、高カロリー高脂質の物を食べると吐き気がするようになる。
自然と良い物だけを採るようになっている。
[メモ]
・既に脳に自動ナビが備わっている状態なので言う事はないでしょう


全ての細胞が生まれ変わるのが3ヶ月と言われている。
1年間に細胞自体を完全に変えるチャンスが4回ある。
部分的な細胞によって周期がまるで異なるが、おおよそで3ヶ月間食べ物を頑張れば、絶対に絶対に絶~っ対に変化が出ているはず!
出ていないとすれば、どこかで怠けているか妥協しているとしか考えられない。
逆に言うと、どんなに努力をしても良化より劣化の方が圧倒的に早いし目に見えて分かるので、良い所まで頑張ったならば、妥協はせずにそのまま頑張り通そう!


※今回はちょっと分かりづらかったと思うので、もっと簡単にした目標の記事を書こうと思う。



体調管理トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。