--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.27

高橋大輔の身体能力

今、男子フィギュアスケートやっててちょっと観てた。
帰って来てつけたら高橋大輔がプレイしてた。

彼は天才だね!
前に観たときの「オペラ座の怪人」と言い、今回の「白鳥の湖 -ヒップホップバージョン-」といいステップワークに魅了される。
安藤にあって浅田にないものだろう。

いや、言いたいのはそこじゃない。
ステップに魅了されつつも、最も感じたのがあの小さな体に「スタミナ」と「筋力」が備わっている事だ。
あれだけステップを踏んだのにも関わらず、ケツがかなり下がっているシットスピンをしていたのだ。
要領を得れば簡単なのかもしれないが、シロウト目から見て、それなりの太もも筋とケツ筋がないと出来るものではないように思えた。
あれだけアグレッシブにステップを踏んで、2回やって見せていた。
思わず、「スゲー!」と思った。
まさに生きている筋肉だ。
無駄な筋肉がついていないから、ステップも華麗に見えて動きも良い。
素晴らしいね!



体調管理トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。