--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.24

自作「スパイシーツナカレー」

カレーライスは好きだ!
しかし、市販のカレーカレー店はカロリーや脂質が恐ろしいことになっている。
自分で作ればカロリーの調整がしやすい。

料理上手な彼女のを見て、自分の家でも作ってみた。
この作り方や材料は別に彼女のレシピではない。
というか、全く違う!
当然、彼女の方がもっとオーソドックスで圧倒的に美味い。

俺は香草が大好きだ!
スパイスも大好きだ!
多分、日本製カレーとはタイプがまるで違う。
まず、日本に親しまれているカレーカレーに限らず、様々なものが)は、カロリーや脂質が高すぎる!
脂質を使えば美味しいものが出来るに決まっている。
当然のことである。
それでもマズい店は料理人失格である。
人間の遺伝子に脂質の高いものが美味いと反応する要素が絶対にあると思っている。
自然界で脂質の高いものを食べることは、命をつなぐことになるからだ。
体に必要なものは美味しく感じる。
だから、好んで摂取する!
生物の生きる知恵だ。
俺が本当にスゴいと思うのは、ローカロリー&ローファットで美味しいものを作れる人間だ。
ハッキリ言ってとても難しいと思う。

使用する材料=栄養素になるので、材料選びは最も重要な要素の1つとなる。
俺が集めた材料はこれだ!
カレー材料

・S&Bカレーパウダー
・トマトジュース(ホールトマトを使っていたが、潰す手間が面倒)
・有機ブルドックソース
・トマトケチャップ
・クミン
・ガラムマサラ
・ターメリック
・一味唐辛子
・肉として、ツナ
・野菜として、タマネギ・ピーマン

気付いたと思いますが、S&Bカレーパウダーがデカいのは目の錯覚ではありません!
実際に巨大です。
左の一般用と右の業務用があり、一般用が300円に対して業務用は1000円と破格の値段だ。
SBカレー

買わない手はない。
このカレーパウダーは、主にスパイスで作られている。
カレールウのようにコク(要は脂肪分など)や味の深みはない。
余計なものが一切入っていない、理想のカレーパウダーとなっている。
主にドライカレーを作るときに使用される。
カレールウを使わずに、カレーパウダーでカレーを作るアイディアは彼女から教えてもらった。
それをみて、カレーが身近になった。
持ちも良いし、とても良いメニューである。

で、作ってみた。
30分以内で調理終了!
出来たのがこれだ!
カレーライス

バリ旨い♪
しかし、一味唐辛子が効きまくってて汗は止まらない。
体を温めるという点ではいいが、あまり強烈だと胃に悪い。
その後、胃が重かった。
今度は一味唐辛子を半分に抑えてみよう。
味の決め手はソースとツナである。
それらを入れないと、ちょっと粉粉過ぎる上に味が薄い!
スパイスだけで味を濃いレベルにまでするには材料費が高くつく。
手軽で旨くてヘルシーで低価格!
これを考慮して作りたいものだ。

発汗作用があってスパイスが効いている食べ物はヤミツキになってしまう。
香草がとても好きで、東南アジア圏内の料理も好きだ。
特に、ここ最近急に好きになった。
もしかして、ベジタリアンになった効果なのか?

P.S.

生きてきた中で最も美味いと感じたカレーを食べた。
本気で神がかっていた!
カレーの枠を超えた。
今度、記事にすることにしよう。

食についてトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。