--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.29

自然派風邪薬 納豆

納豆はパワフルな食材だ!

納豆を食べていると風邪を引かない。
2~3週間食べなかった時に風邪を引いた。
5日間位は風邪の初期症状が続いて治らなかったが、納豆食べた次の日に治った。
納豆は大好物で1日に2食食べていた頃も多かった。

大豆イソフラボンという物質は女性は取り過ぎると副作用があってあまり良くないと言われている。
なので1日1食を目安に食べると良いそうだ。
納豆はご飯にかけてもイケるしそのままでもイケる。
でも強いて言うなら、ご飯で食べた方が旨い!
キムチ、めかぶ、高菜・・・何に合わせてもかなり旨い!
そのまま食べる時は付属のタレだけで食べて、ご飯のときは麺つゆ(前は醤油)&付属のタレで食べている。

納豆にも欠点がある!
それは臭いだ!
納豆好きなら特に気にしないのだが、嫌いな人は多分好きではないんだと思う。
商品によっても臭いはだいぶ違う!
味の素から出てる「におわなっとう」はホントに臭わない。
あとはマゼマゼする回数が少ないほど臭くない。
マゼマゼすると菌が醗酵するのかな?
だが、納豆の糸がとても良いのだ。
マゼマゼする回数は多いほうで、多分50回以上はやってると思う。

納豆を食べ始めた理由はベジタリアン転向が大きく、「マトモな食材」の結果到達した。
食べた納豆の種類は結構多く、10種類位は食べている。
「オカメ」は、昔ながら風で硬派な感じ。
「きんのつぶ」は、色んなパターンがあって軟派な感じ!
その他の色々な納豆は、ドッコイドッコイで・・・
最近のお気に入りはオカメの「国産」だ!
粒が大きめで素朴な感じだ。

原料の大豆はほとんどがアメリカかカナダで正直、安全性に疑いがある。
特にアメリカは遺伝子操作した大豆を黙って輸出してそうで危ない。
所詮は、イエローモンキャーことジャップとしか思っていないからな。
俺の体質からなのか、「きんのつぶ」系を食べるとガスが溜まりやすい。
一人暮らしを始めてからは乳製品をあまり採らなくなったためか乳製品を大量に採ると腹が緩くなりやすくなった。
覚えてる範囲で、1日にヨーグルトを300mgを3日続けると確実に腹が下る。
牛乳は600mlで確実に下る。
もうメンドーだから随分と採ってない。
もしかしたら、「きんのつぶ」の生産工程にそういうのが入ってたりするのか・・・
「きんのつぶ」は味からして本来の納豆の味がしない。
大衆ウケさせるために味が非常にまろやかで何だか怪しい。

納豆は温度が上がると、苦味が強くなる。
とはいえ、冷蔵庫から出した直後のは本来の味気がない。
ご飯を暖める方法はレンジを使わずに蒸している。
だからその時に納豆もポンと!

常温の場合は5時間位置いておくと良い感じになっているが、10時間を越えると苦味がキツくてとても食べられない。
今でこそオリジンの強力なバックアップを受けているからやっていないが、昔は職場に納豆持っていっていた。
メンドーだったけど食べる物がないから仕方なかった。

納豆があまりに旨くて御馳走に思える。
納豆を見るとよだれが出てくる。
普通ってもっと肉々しいものでなるんだよね・・・
粗食万歳だ!





独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。