--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.27

悔し涙

1/27 15:45

テニスの支度をしていたら大阪国際マラソンで福士が単独爆走していた。
風よけもなく並走もなく果敢に攻めていた!

解説者の話しで「マラソン初挑戦で、1ヵ月前からの調整で臨んだ。練習内容は20km、30km走のみで1日に20kmを朝と夕方に走る。質が高ければ練習内容は問題ない。」などの事を言っていた。

トラックというスピード勝負の人間が1ヵ月でスタミナ勝負の体を作れるとはとても思えなかった。
福士持ち前の負けん気根性でガンガン攻めていた!
24km辺りでも元気だったから「もしかして…」と思ってた。

だが、32km辺りからガクンとペースが落ちた。
続々と押し寄せる後続選手に抜かれ、35km辺りからは福士は1kmを6分ペースで走っていた。
もはやトラックの女王(10000mを6連覇、5000mを日本新記録)の威厳はなかった。
しかし、自分には負けたくない一心で走り続けていた。
トップ選手はとっくにゴールし終え、他の選手が続々とゴールをしていく中、福士はまだ2kmも残していた。

彼女は何を考えて走っているんだろう…
きっと「もう良いかな~と思ったけどなんかよくわからないけど最後まで走りたいな
と思ったから走りました!(笑)」とケロッと言いそうだ。
と思いながら見ていた!
そろそろ家を出なきゃいけない時間だった。

そしたら福士は転倒してしまった。
立ち上がるその姿には力は無く、足をブルブルと震わせながら生まれたての小鹿のようだった。

トラックでは国内敵無しで何年間も頂点に君臨し続けている彼女なのか?
きっと悔しいだろうな!
辛いだろうな!
屈辱だろうな…

そう思ったら悔しくて悔しくて俺が大泣きしてしまった。
涙が止めどなく出て来た。
だが、彼女の方が比べようもない位に悔しいはずだ!
完全に目は釘付けとなった。
トラックに入ってからも2度転倒した。
もはや体が完全に悲鳴をあげていた。
足は映像でハッキリとわかる程に痙攣していた。
並の選手では走る事も出来ずに即棄権の状態だ!
精神力のみで走っている状況だ!
スタミナを包含させた筋肉を作り切れなかったのとペース配分が敗因だったろうが、それは指導者のミスだ!
コーチは20数kmでペースを上げろ、上げろ!と連呼して並走したらしい。

これで競技人生に悪影響を及ぼすようなタマではないが、吹っ切るのには少々時間がかかるだろう。

だが、マラソン関係者の中には「トラック選手が1ヵ月で2時間16分出せるとか言ってんじゃねーぞ!マラソンなめんな!」と思ってる人もいるだろう。
それで日本新を出されたらマラソン専門でやってきた人達のプライドはズタズタだろうから!
とはいえ、トラック競技、ハーフマラソンで実績を出している彼女はスゴい!
この経験をプラスに変えてオリンピックで良い結果を出して欲しい。

今日の彼女の教えは、「どんな状況でも自分に屈するな!」だ。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。