--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.31

問答無用国会

1/31 10:00

増税されたガソリン税の有効期限が3月末で切れる。
自民党としてはこの値上げ状態のガソリン税を今後10年間に引き延ばしたいようだ。
理由としては、道路公団の収入増加で更なるインフラを推し進めたいらしいが、かなり怪しい公団だから実態は…。
だが、10年間の延長の決定は値上げ期間中に行わないといけないらしく、あと2ヵ月じゃとても間に合わないとかで、「とりあえず値上げを2ヵ月延長しようや」という、つなぎ法案が掲げられた。
法案決定には参議院で可決→衆議院で可決が絶対条件だ。
参議院ではどっかの党リーダーっぽそうな人が完璧ブチ切れていて「国民をないがしろにして自分たちだけで勝手に決めてんじゃねーぞ、自民党コラ!」のような事を言っていた!
結果、自民党の人間の量でなんなく参議院では可決してしまい、衆議院に持ち越された。
決まるのも時間の問題だと思ってた。
が、国民がどう思っているかソワソワ状態だった自民党や民社党は最終的には手打ちにしてなかったことにした。
だが、年内に一定の結果を出すと言う事で話しはまとまった異例の事態だった。
福田政権何かと国民の顔色を伺う姿勢だ!
薬害の時もそうだ。
それなりに暴走政権よりはマシだろう。

だが、1つの党が大半を占めているような国会は非常に危険だ!
何でも案が通ってしまう。
一昔のなりふり構わない政権なら大変なことになりかねない。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。