--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.04

キレる大人たち

2/4 12:41

MSNにこんな記事があった。
暴力件数を世代別に見た時に50~60代の増加が目立っているそうだ。
50代が5.6倍、60代が12.5倍だそうだ。
駅職員やスーパー従業員など不特定多数の見知らぬ人間を相手にしたりする人間たちが犠牲となりやすいみたいだ。
暴行を受けたり罵声を浴びせられたりと散々らしい。
救急隊員も同様の被害に遭って骨折している人もいるそうだ!
彼らを守るために強化防具などを検討してるらしいが、日本はホントに受け身が大好きだ!
Mが多いのか?

暴力の原因は、「反撃されない」と言う安全感があるからだ!
一方的に罵ったり殴ったりしても反撃されないんだからやりたい放題だわな。
特に前者は訴えないだろうから逮捕もされないだろう。
どうせ職員がキレて「おめぇよぉ、マジいい加減にしとけよ?あ?黙ってりゃいい気になりやがって!ブチ殺すぞ!」と怒り出してみなよ。
「あ!職員が手を出すんだ?へー、良いんだ?○○会社はそーいう教育してるんだ!」とか絶対に言うぞ。
店員にブチ切れるヤツは大抵ショボ男と相場が決まっている。
俺もちょこっと接客した事があって、こーいうナメ吉野郎を相手にしたが、イラっときて殺意剥き出しにしたらそんな事言われた。
要はビビリなんだよ!
列に割り込むカスなんていくらでもいるけど、そーいうヤツにガンガン言ってるオッサンは見たことない。
職員がちょっとした不手際をしたならここぞとばかりに激しい剣幕で罵るだろうよ。

一番楽に解決する方法は、職員も危険が及んだら高圧的反撃が出来るようになる事だ。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。