--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.07

自転車最強説 ~スクランブル交差点編~

2/7 22:50

人気が少ないスクランブル交差点においては、自転車が最強に感じる。
なぜなら、自分の車道が青信号の時と歩行者側が青信号の時に走っているのをよく目撃するからだ!
本来は車道側が青信号の時にしか渡れないよね?
自転車が横断歩道を通行出来るのは「自転車専用横断帯(?)」がある時だと認識してるんだけど、そうじゃないのかな?
警察も特に注意しないし問題無しか?
多分イケないと思う。

-----

俺がライディングする際は、横断歩道はほぼ通行しない。
大抵、右折の際は二段階右折をしている。
信号で止まらなければ時速30km程度は出ているから歩道に入る方が危険過ぎるしメンドーで仕方ない。
基本的に原チャと同じような行動をしている。
30kmですら法規ギリギリ…。
ちょっと長めの下り坂を走ったらあっと言う間に50km位出ちゃうし…
むしろ30kmに抑える方が困難だ!
後ろからはガンガン飛ばして来る車や原チャ、単車が群れをなして押し寄せる。
デカい車体が側を通り過ぎるだけで風の抵抗を受けてチャリがブレる。
30km以上でてるとそれなりにスリルがある。
慣れてるから気にも止めないが、運が悪くでっかい穴ボコに車輪をブチ当てればそれで高確率でパンクだ!
穴ボコが特大サイズの場合は転倒にも繋がる!
転倒したら最後、後続二輪か幅イッパイ★イッパイの大型車のエジキだ!
そもそも30kmというスピード規制の意味がわからない。
普通車達が時速50km出してたら差が20kmある。
つまり、すぐ端を20kmで走り抜けて行くのだ!
どう考えても危険だろ!
原チャ、チャリの最低速度を引き上げるべきだろう。

ちなみに、チャリのスピード違反も取り始めるようになったので要注意だ!
点数は無しで罰金だけか?
チャリもさ、免許必要だろ!
チャリのマナー悪過ぎ!
何度も事故りそうになった。
長い急な坂をダンジングしながらシャカリんでたら、目の前から無灯火で逆走してくるママチャリ野郎がいて、こっちもダンジングしてるからそれなりのスピードが出てて、あわや接触するとこだった。
向こうは半端ないスピードだったから衝突したらこっちがスピード負け・重力負け・車重負けしてるから派手に怪我してたのは確実だ!
多分顔の骨か指の骨は折れてただろう。
さらに怖いのは後続車による衝突だ!

ママチャリ野郎は黒服で道も薄暗かったからホントに直前まで存在すら気付かなかった。
そういうヤツがゴロゴロいる。
相手の故意な違法で骨折してもバックレられるのは確実だ。
チャリも免許を義務付けないかな…

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。