--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.08

奇跡の産物 「映像の世紀」

NHKが作成した「映像の世紀」という奇跡の産物がある。
俺のお気に入りのうちの1つだ!

内容についてはwikipediaなどを見て頂くとする。
当時の生の映像が実際の状況を生々しく物語り、ナレーターや構成、音楽の選曲も非常に優れている。

特に衝撃的なシリーズが、これだ!
第2集 『大量殺戮の完成』
第4集 『ヒトラーの野望』
第5集 『世界は地獄を見た』
第8集 『恐怖の中の平和』
第9集 『ベトナムの衝撃』

最終話の第11集 『JAPAN』は、戦争直後の当時の日本人が映っているが、日本人はこの60年の間でどれ程ビジュアルが良くなったか思い知る事となる。
この100年ほどのそれぞれの歴史の門を叩くにはうってつけの番組となっている。
「映像の世紀」は、ネットで流されていない時代には年に1回~2回全シリーズを数ヶ月に渡って深夜に流すだけでそうそうお目にかかれない代物だ!
俺が最初に見たのは中学生位だったと思う。
それは非常にショッキングだった。
また、世界的に有名な映像や写真も数多く収録されている。

「映像の世紀」を見るとわかる通り、昔の人間はもっと情熱的で関心が高く、自分の安全や希望は自分たちで切り開く人間が多く見受けられる。
今の時代は本当に楽観的で安全だと感じる。

少し前の記事に挙げた黒人問題を他国の日本人にも非常に生々しく理解出来るように綴られている。
それが、この第9集 『ベトナムの衝撃』 だ!
血で血を洗う暗黒の時代だ。
WW2の後遺症だろう。





















感動・Good情報トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。