--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.01

普段の食生活

普段食べてるものはこんな感じだ。
おりじん
※おにぎりを3つ、おくらめかぶ豆腐、セロリサラダ、トマト、コンニャクと厚揚げ
このうち、おにぎり1つは朝食用。
これでおよそ900円台だ。
毎回、朝食&昼食で900~1200円食べている。
夕食も残業がなくてベジ系を食べに行く場合以外は、オリジンで済ませている。
夕食を大量に食べると、体内環境と言うか調子が微妙に悪くなる事がわかるようになった。
なので、夕食は少なめにしておよそ400~500円程(おにぎり3つとおくらめかぶ豆腐)食べている。
夕食がこれより少ないとハードトレーニングに耐えられない。
途中でエネルギー不足で急に力が出なくなる。

久しぶりに、「はーべすと」で食べた。
「はーべすと」は、横浜地域に2店舗あるが、ワールドポーターズ店よりヨドバシカメラ店の方が、値段が500円安い上に野菜を使った物が多く、とても良い!
はーべすと3-1
※厚揚げ豆腐、大豆こんぶ、コンニャク、さつまいも、ひじき大豆、蒸した野菜、キャベツと油揚げ

はーべすと3-2
※ピクルス(パプリカ、きゅうり、大根、ニンジン)、きゅうりの漬物、柚子の野菜和え、何とかの野菜和え、白身魚の揚げ物、堅焼きそば、ほうれん草系を2種類

これにグラタンとパスタ少々。
食べてる間は至福の時だが、ヴュッフェスタイルのために食べ過ぎの傾向に陥り易く、毎回腹がパツンパツンの状態だ。
いつも考えるのは、この一食で「1000Kcal超えてるかな?」だ。
そして、「超えてるに決まってる!」と言われる。
そりゃ、カツ丼が900Kcal台だからカロリーが1000Kcalを超えている事は言うまでもないんだが、まぁ、それぞれの栄養素別で見れば断然マトモだ!

ベジタリアンを始めてから8ヶ月経つが、完全に味の好みが変わってきた。
元々、豆類や芋類、小麦類は大好きだったが、特に「美味い」と感じるようになってきた。
「はーべすと」で食べた、大豆とサツマイモがメチャクチャ美味くて何回もおかわりしていた。
「こんな美味い食材があるなんて、何て恵まれているんだろうか!」と思いながら食べていた。

その他にも、野菜の味の違いがわかるようになってきた。
野菜には、「肉系」、「繊細系」、「スパイシー系」、「嗅覚系」があると思うようになってきた。
肉系:キャベツやおくら、トマトなどの食べ応えがある野菜で、料理の中でもメインを張れる存在
繊細系:葉などの味を染み込ませる事が出来、味付けでガラリと雰囲気が変わる脇役的存在
スパイシー系:唐辛子などの一般的な香辛料と区分されているもので、味付けのベクトルを大きく変える存在
嗅覚系:パクチーやシェラントロ、クレソンなどの香草系やパセリ、みょうがなどの鼻で感じてから舌で味を感じる野菜で味のレベルや品を向上させてくれる存在
野菜がより美味しく感じるようになった。

その野菜から見れば、豆類、芋類、穀類、小麦系はより味が強く美味しい。
野菜では引き出す事が出来ない次元の味だが、それぞれに「美味しい」と感じる長所がある。
野菜1つを取っても満足出来るに十分な食材だと感じる。
全てが野菜で作られた食事でも高い満足度はある。

ただ、栄養学に詳しい人ならわかるが、人間で非常に大切な『タンパク質』が不足してしまう。
ここで挙げた、そのどれもがタンパク質の含有量が非常に少ない(というか皆無のものが多い)。
はやり、タンパク質を自然界から効率良く採るには魚介類しかない。
魚はちょっと気が引けてしまうが、個人的にはタコ、イカ、エビ、カニ辺りは魚と比べると良心の咎めが結構少ない・・・
特にタコは、超高タンパク質、超低脂肪、低カロリーで非常に良質な食材だ。
タコが大好きで、サクを買ってきて1分以上洗ってからワサビだけをつけて足1本丸ごと食べてしまう。
タコはなぜあんな宇宙人のような気持ち悪い容姿なのにあれだけ美味いのか・・・
だが、値段は非常に高価だ!
鶏が100g辺り大特価で30円台で売られている時代に、タコは100g辺り200円前後だ。
だが、そういつもいつも魚介類に頼るのも悪いから、ハードトレーニングをした時はプロテインを積極的に採るようにしている。
あとは、マルチビタミン剤とカルシウム剤は欠かせない。



ベジタリアントラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。