--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.13

新銀行東京とペイオフ

3/13 12:58

税金1000億円を注ぎ込んで石原都知事が発足した新銀行東京が旗揚げからたったの3年で285億の赤字を出した。
だが、赤字は債権回収不能などでさらに3年後に総計600億円にまで膨らむのが確実のようだ。

石原の理念としては、銀行の貸し渋りに泣く中小企業のバックアップで、担保要らずで大金が次から次と借りる事が出来ていたらしい。
だが、利子は通常銀行の2倍以上だった。
「どんな企業でも良いから金をどんどん貸しまくれ!」の号令の元、行員たちはがむしゃらに貸しまくった。
貸した金が返ってくるかなどの企業査定などまるでしちゃいなかったと言う。
企業に金を貸した行員はボーナスがジャンジャン出たらしい。

都職員の「定時までダラダラ仕事してりゃい~や」的な生温い考え方は、もはや企業戦士としての価値が無いに等しい。
その結果、3年で285億円の赤字となった。
石原は再建したいと言う事で400億円の税金の追加投入を希望しているようだが、一般企業はそんな事してもらえてねーぞ、クソ石原コラ!
眠い事ぬかしてんな!
オメーの全財産を返済に回せや!

大事なのはここからで、新銀行東京は当然ながら銀行だ!
貯金している人が沢山いる。
だが、ペイオフ制度というクソみたいな法律が出来たおかげで、銀行は倒産しても1000万円以上の返済義務がない。
ペイオフ制度で悲惨な運命を待つ口座が9610件、477億円にまでのぼる。
こりゃ、誰だって沈没する船にとどまる訳が無い!
1000万円以上預けている顧客は一斉に解約する事だろう!
そうなれば、いくら税金を追加投入しても再建出来る訳がないのだ。
倒産するなら被害を最小限に抑えるべきだ!

それにしても石原がすげーな!
東京都に超赤字効果をもたらしてくれた訳だ!
ていうか、赤字が膨らんで来ている事はわかってたのに何も言わない根性がスゲーよ、ホント!
アイツは言い訳だけは一流だわ。
早く辞めてくんないかな。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。