--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.30

地球デイ プロジェクト

まず、番組を作った本当の理由が知りたい。
温暖化による環境破壊を伝えたいなら、フジテレビが温暖化対策を打ち出すべきだ!
今の現状を映しているだけって無責任だと思う。
正確に言うならば現実を映す事だけでもプラスだとは思うが、ただそれだけって言うのに疑問を抱く。

---- 温暖化で絶滅するホッキョクグマ ----

小西真奈美がとりあえず、ウザい!
カワイコブリッコが鼻につく。
デッパ柴田の偽善的な考えも相当イラつかせてくれた。

「飢えに苦しむホッキョクグマに少しでも良いから餌をあげれば良い」

じゃーさぁ、その餌と言っているのは一体どの動物?
オマエか?
オマエが死んで、その肉をホッキョクグマに差し出すのか?
違うんだろ?
餌として死ぬ動物について考えたことあんのか?
オマエみたいに毎晩ビール飲んで焼肉食ってガハハ、ガハハと下ネタばっかやってるクズがこの手の番組に出ても何の説得力が無ーよ!
つーか、まずはテメーが肉食う事から止めろや!
努力すら出来ねーくせに一丁前に語ってんな!
この番組が終わって、「じゃー、焼肉でも食いにいこーか!」とか言ってんじゃねーの?
こういう番組をやるなら、オールベジタリアンで番組を作ってくれよ!
何の説得力もねーし、逆に怒りさえ感じる。

ていうか、ここでデッパ柴田があれだけ涙流して発言したのが、「餌を与える」事だけだったのがマジで滑稽!
本来まともな人間であるなら、涙を流すなら「私も無駄に電気を使わないから皆さんも無駄に電気を使わないで下さい。CO2削減に手を貸して下さい!」位の事を言うんじゃないのか?
アイツはバカだからその場限りの事しか考えられないんだろうな。
ガンになったら痛み止めさえ飲めばそれで良いのか?
何の解決にすらならねー上に人間との共存すら危うい状況に至らせる事を公共の電波を使って平気で喋っちゃうあのアホに乾杯!
もう二度と出てくんな!
知識がないにも程があんだろ!
ちょっと位勉強してから撮影に臨め!

ここで映ってたホッキョクグマは、犬みたいだと思った。
超巨大版犬って感じ!
だけど、動物園で見るホッキョクグマってもっと顔が細長い気がする。
動物園にいるからアゴが退化してるのかな?
体重700kgって陸上動物では最大級クラスだ。
飢えてるとはいえ、今でも350kgあるのはスゴいよ。
人間などひとたまりだろうね。
ワンパンチで首の骨が折れるか顔が陥没しそうだ。
でも自分の栄養が奪われても子供に授乳させるのだから母熊は凄い愛情だなって思った。
父熊は子熊を食べちゃうが、母熊は自分の体力を削ってまで子熊を育てている。
間違いなく人間より凄いよ。
でも共食いが横行しているなんて凄い状態だ・・・
アメリカ、中国、日本を中心にこれからも温暖化に拍車がかかり間違いなくホッキョクグマは絶滅するだろう。
だから今のうちに映像を沢山撮っていてほしい。
それにしてもホッキョクグマはデカかった。


---- 虐待されるオランウータン ----


江口は結構ウルせーな!(笑)
ナレーションは声も低くて冷静で知的な感じがして良いんだけど、現地で話してる内容がまるで動物に興味が無くてテキトーにやってるのがバレバレ。
そして言ってる事がオッサン!(笑)
普通に感じたのは、ここで数頭の悲惨なオランウータンを紹介するより1日に何千頭も虐殺されている畜産動物をどうにかするべきだ!と言う事だった。
クリステルに振られてから話したコメントに何の意味も無い・・・
何しに行って来たんだろう?と思った。


---- 温暖化によるサバンナ ----

ナ、ナイロビだ!
ナイロビの蜂を思い出した。
トゥルカナ湖・・・懐かしい。

いや、懐かしがってる場合ではない。
大干ばつによる数万の死や増水によるヌーの川渡りの溺死の群れ、キリマンジャロの雪大幅減少、人間の残虐行為・・・
壮絶なことになっていた。

メインで人間に耳を切られた子象とゲストとのやり取りを映していた。
悲劇というアクセントを利用して感動させる画が欲しかったのか?
何かピントがズレている。
じゃあ、第二第三のレサンジュが出たらまた映しに行くのか?
違うんじゃない?
感動させるためだけの餌にしか過ぎないように思えた。
本来はレサンジュを出さないための特捜などを映す事じゃないの?
どうしたら犠牲者が生まれないシステムに出来るかじゃないの?
なんだか、視聴率目的の感動モノを作りたいが為に題材にされただけのような気がしてならない。

--------------------------------------

結局、どれも感動させるために利用されただけに過ぎないと思える。
そうさせないためにどうすべきか・・・
本質については何1つとして言及していない。
スゴいね、あのゲストと司会者たち、そしてフジテレビ!
所詮は視聴率しか見えていないということだ。


怒りトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。