--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.23

死刑判決

4/23 13:00

広島の母子殺害事件の被告が死刑判決となった。
俺はテレビを見ていて涙が出た。
やっと妻と娘の無念と怒りを晴らせた…その一言に尽きると思ったからだ。
だが、原告は至って冷静で、本来は相手の命を奪う事も良くはないと言った。
彼は裁判と言う寿命を削った9年間の間にもの凄い何かを見出だせ、成長を遂げたのだと思った。
彼がしきりに口にしたのは、「死を望むものではなく、彼自身に反省をしてほしい」と言う事だ。
彼は神の境地に足を踏み入れたのかも知れない。

ハッキリ言って、ソイツ自身が反省しようが泣こうが更生しようが何の興味もない。
興味があるとするならば、犯行を死ぬ程後悔する位の拷問の末の死だけだ。
完全に排除すべき対象物としか思えない。
愛する妻や子供をただレイプしたいという腐った欲望のためだけに殺されるなんて想像しただけで正気じゃいられない。
彼は本当に凄いと思う。
正当な行動にも関わらず、「死を求めるのは行き過ぎだ!」などのヤジさえあった。
さらに先が見えない結果的に9年と言う莫大な時間を費やし資金も費やし色々と噂や心無い罵声もあっただろう、人生も棒に振り、全国区レベルの認知度、再婚も出来ない状況…数えればキリがない程のデメリットを抱えながら信念と正義、今は亡き愛した人達のための行動。
この判決を下した裁判長は、腐った判例に囚われない正しい判決をしたと思っているし、原告の彼もまたそれを強く感じていた。

イラついたのが、被告の弁護士だ!
不服?
テメーは、身内、愛する人を殺されてもなお同じことが言えんのか?
キモいオタク顔のクソ弁護士が!
ほんとにコイツには同じ境遇に立って欲しいな。
被害者の気持ちを知って恥を知れ!

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。