--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.28

ミャンマーのデモ

どうやら、アメリカがミャンマーに経済制裁を発動した。
ブッシュ政権は、対ミャンマーに対して躍起になっていると報道されている。
理由がわからない。
イラクの汚名晴らしか?
国家の悪行に苦しむミャンマー国民を助けて、ヒーローのステイタスを勝ち取るという構図なのか?
アメリカは噛まれると本気になりやすい国だ。
ちょっと不安ではあるが、武力を使わないで解決することを望む。

また、アメリカは日中に対しても同じく行動するなどを求めているようだ。
日本とミャンマーは歴史的に友好国であると外務省が示している。
これで日本も積極的に動かざるを得ない状況になった。
福田政権は波風の立たない行動でサッサと解決したいはずだ。
就任後の大きな問題が海外問題か。
外交下手な日本政府としては面倒なのかもしれない。

時事問題トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。