--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.23

中国大地震

5/23 10:37

中国の大地震で日本人救助隊が中国政府の待機命令で3日遅れで現地に赴いたが、結果的には生存者の救出は出来なかった。
中国人救助隊が生存者を次々と救出している。
人海戦術の賜物か?
正直、俺はヤらせだと思ってる。
アメリカもヤらせは得意中の得意だ。
孤児に母乳を与える女性を聖母だとか大々的にテレビで伝え、聖火リレーでエベレストに登頂して「~民族が勝ち得た聖火だ!」とテレビで大々的に誇張表現して盛り上がってしまうような国だ!
日本は何十年も前に来てるしホスト国には必ず来るし。
ようやく認められたのが嬉しいらしい。

で、大地震の震源地は核開発の拠点のようだ!
密かにアメリカが大地震を誘発する技術を編み出してピンポイント攻撃を試みたんじゃないか?と荒唐無稽な事を思ってしまった。
そんでもって軍事最重要機密地帯なもんだから各国の援助を直ちに受け入れなかった。
3日の間に人命を無視して軍事機密を隠蔽する動きは間違なくあっただろう。
最終的に日本人救助隊は比較的被害の少ない周辺地域しか動けなかった。
だからこそ、中国国家は人民を救助していると言う映像が欲しかったはずだ。

ちなみに中国は機密地帯での核汚染は無いとされているが、証拠は何もない。
これから向かう医療チームは核汚染疑惑地帯には行かないようなので安心しただろう。
助けに行って生涯に渡る体調不良はバカバカしいものだ。
まぁ、日本政府としても中国に貸しを作っておきたい所だったから願ってもないチャンスなのか?
駒にされるスタッフが気の毒だ!

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。