--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.01

アンチエイジング

7/1 23:30

アンチエイジングが永遠の課題である事は言うまでもない。
世の女子たちが血眼になって若さを保ちたがっているのは誰もがわかる常識的な行動だ。
だが、男子はどうだ?
男子がアンチエイジングを積極的に取り組んでいたとしたら、それはちょっと違和感がある気がする。

「そんなもん気にすんなよ!」

それが男子では一般的な常識だと誰もが思う。
だが、本当にそれで良いのか?

女子があれだけ努力しているのに同じ人間の男が全くケアしないと言うのは、それこそが異様に思えて来た。
誰もが平等に老化する。
今の若さ(今の顔)のまま歳を取れると言うのは無知ゆえの妄想であり、極めて危険な妖怪化への序章であると感じるようになった。

食いたいものを食い、努力もせず体も鍛えずに酒を飲み、肉を食い、脂を採りまくり、タバコを吸い、食っちゃ寝の結果が見るも無残で目を覆いたくなる程の荒れ果てた妖怪化した所謂オヤジという生き物だ。
どんなにイケメンだろうが、上記の事を続ければギトギトオヤジになってしまい、一度足を踏み入れたら元には戻る事が出来ない暗黒の領域だ。
丸めた紙は伸ばしてやれば元に戻るが、折り目をつけた紙はどうしようが折り目をなかった事のように元に戻す事は出来ない。
老化を止める事は出来ないが遅くする事は可能だ。
20歳の頃に最大限ケアして頑張った時の肌や筋肉組織の状態のMAX値が90だったとしたら、それ以降の人生で90を超える事は不可能だ。
オヤジラインが45だったとしたら、45の猶予があるだけでいかに45のデッドラインを下回らないようにするだけだ。
穴の空いたポリタンクの90%にラインを引き、45%のラインに線を引く。
そこに水を入れ、後はその穴からどれだけ水が流れ出る事を遅く出来るかというだけだ。
一度無くなった水は足す事は出来ない。
若さゆえに無謀な事をしている人は後悔するツケを払っているだけだ。
確実に細胞にダメージが刻み込まれ一度出来たシワはほぼ修正する事は出来ないと考えた方が良いだろう。
30代前半で既にオヤジ化しているのも普通にいるし20代でオヤジ化(ホロウ化)も珍しくはない。
アキバの通り魔も23歳位だったが相当オヤジ症が進行していた。
アレはとても23歳位に見えなかった。

オヤジと言うのは歳ではなく外見や振る舞いの状態を指す。
オヤジの要素は、肌が汚い、肌にツヤや張りがない、シミ・シワがある、不潔、脂ギトギト、太っている、ハゲている、スタイルのラインがない、すぐに臭いのある汗をかく、体臭がキツい、口臭がキツい、身だしなみに気を使えない、相手への配慮がない、若々しくない、ファッションが古い、と思っていて世のオヤジは基本的にほとんどを満たしている。
そして全ての条件を満たした時、最悪レベルのオヤジと化する。

世の中には、その場凌ぎや身を犠牲にする代りに今を輝くための物で溢れかえっている。
そしてその多くがそれらを遣う事が正解だと感じている。
特に医薬品は非常に危険だ。
常用すべきものではない。

本来は体を研き、健康を維持し、不足した栄養素を補えばそれで十分過ぎる位に自分の体が正常化する力をみんな持ち合わせている。
白アリやカビで朽ち果てた部屋をいくらリフォームで外見上良くしても朽ち果てて行く事は止められない。
一から自分を分析し、再設計して立て直す事が最優先課題だ。
だが、いくら頑張っても65の容姿が変わるボーダーラインを最大値が超えなくなる時が来る。
つまり、俗に言われる35歳の曲がり角だ。
どんなに頑張っても35歳を超えた特に骨格や肌などが急に変化してしまうようだ。
そういう時に市販のケア商品を使って届かない差分を補えば良いのだろう。
だが、偽装に大金を注ぎ込み疲弊するのに何の価値も見出せない。
最大値が70で現在値が60の人はその場限りの偽装により63や65に引き上げる事が出来れば「効果がある」と勘違いしてしまうが、果たして本当にそれで良いのだろうか?

だからこそ、若いうちからのアンチエイジングが重要なのだ。
よりナチュラルに、より安全に、食や体の仕組み・ケアを学び実践すれば必ず良化する。
だが、それは汚物を振り落とした無垢な状態だから少しの変化やダメージに非常に弱く驚く事になる。
常に努力をしなければ無垢な我が身を守る事は出来ない。
マトリックス1でモーフィアスにカプセルを飲むか?捨てるか?と尋ねられている状況だと思って良い。
多くを知ればそれだけ葛藤に苦しみ、多くを経験すれば今まで見えなかったアラが見えるようになりそれだけストレスを感じるようになる。
鈍感が最も楽に生きるのに適している。
それが他人からどう映るかは別の話しだが…

俺は若い時から実年齢よりも若く見られていた。
今年で29歳だが、23~26歳に見られる。
23歳って四年大の新卒じゃん。
なんか、…微妙。
ガキっぽいのは嫌だな。
まぁ、それはスポーツしてる時に言われたから私服とはまた違うな。
今はまだ若いから微妙な差だが、40歳の時に32~33歳(出来れば20代)位に見られるようにありたい。
全ての人が歳と共に体質が変化する。
若い頃の癖のまま歳を取れれば苦労は少ないが、今までの常識ではない自分になる事は覚悟しなければならない。
そしてそれは戻る事もない。

遠くない将来の自分が朽ち果てるも良くあるのも今のケア次第だ!

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。