--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.02

解体という現実

一番最初に紹介した「屠殺について」のサイトが更新されていた。
友達に教えてもらった。

解体される牛の映像が映っていた。
まず見てもらいたい。
http://saisyoku.com/index.html
「鉄壁の向こうに隠された涙 」というタイトルをクリックすると見る事が出来る。

牛の頭に撃っているのは「電気ショットガン」と呼ばれるものだ。
文献によると、牛の神経を破壊し動かないようにするもので、その時に痛覚も破壊されるとある。
しかし、映像を見てもらうとわかる通り、痛覚など破壊されていない。
単純に牛を吊るすまでの間、動きを止めるだけの代物だろう。
人間だけが得をするものだ。
虐待と言われる事に対して企業や肉食主義はこの「電気ショットガン」で意識はないと言っている。
これは海外の映像だが、恐らく日本でも同じことが起きているだろう。
片足で数百kgを超える体重を支えることの辛さを人間はわかっていない。
拷問が合法だった時代で、「吊るす」という行為自体が拷問として確立している。
人間の場合など簡単に脱臼してしまうそうだ。
耐え難い苦痛でやってもない罪を認めてしまう人もいる。

これは、永遠に終わる事のない残虐行為のほんの一部を垣間見たに過ぎない。
これを見てまで人間は肉が食べられるのだろうか?
「気持ち悪いから見ない」という人間がいる。
なんというご都合主義者なのだろうか!
嫌な部分を見たくなく、美味しい部分は味わいたい。
そんなに世間は甘くない!
権利があるなら義務もある。
少なくとも、肉を食べている人間は絶対に見なければならない!
そして、懺悔をすべきだろう。
現実世界で行われている、今もなお止まる事のない虐殺行為に加担していることを!
もっと現実を知るべきである。
テレビやラジオで流れている情報は、政府などによって検閲されたごく一部の情報である。
今現在行われている事実が全て流れている訳ではないのだ。
国民は情報操作されている。
インターネットには本当の真実がある!
勿論、捏造された情報もある。
鵜呑みは良くないが調べていけば大抵の事実を突き止めることは可能だ!
少しでも虐殺される動物が減るように「肉を食べない」行為をしてほしい。
今ここで変われば、その時点から生産される量が確実に減る。

虐殺をやめさせよう。

そして周りに伝えよう。

血の通った人間であるのなら!

食欲という名の欲求に打ち勝とう!

たかだか「肉を食べたい」というだけのことだ。

あなたにプライドがあるのなら。

ベジタリアントラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

私もそう思います。
肉を食べる人は、どういう過程を経て、とさつされているのか、知る義務があると思います。

必要なことだと思います。

ふくこ:2010/06/13(日) 13:51:53 | URL | [編集]

ですね!
格安商品やダイヤモンド、サッカーボールなどあまりにも安いものや価値のあるものの裏にはとても大きな声で言えない事情がありますよね。
自分さえ良ければそれで良いのか?に留まらず、購入する事はその行為を支持していると認識しないといけないと思います。

管理者:2010/08/16(月) 18:11:33 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。