--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.02

K-1MAX2008王者 魔裟斗

ついに魔裟斗がK-1MAXの王者になった。

ていうか、魔裟斗ヤベー強いな!
ヤクでもやってんのか?って位にスタミナもハンパないし瞬発力も衰えていない。
佐藤とあれだけやりあってんのに異常なタフネスさも凄かった。
だが、キシェンコもだいぶタフで強かった。
正直、4R判定で終了させるにはキシェンコには申し訳ないとさえ思ってしまった。
キシェンコはあんな負け方になるなんて納得いかないだろうな。
「魔裟斗VSキシェンコ」のワンマッチを組んであげるのが道理だろう。
会場が盛り上がりすぎていたというのと魔裟斗がアグレッシブだったので見落としがちだが、佐藤戦も含めてダメージ総数は明らかに魔裟斗の方が上回っていた。
キシェンコは足がヤバいと言われつつもキチンとローをカットして対応しているし、その足でハイキックや膝を繰り出していたのだから、ローで倒すのはもう少し時間がかかったはず。
魔裟斗の方も何度もカットされてたからスネが痛くてローを連発する事も結構辛かっただろうし。
魔裟斗も凄く頑張ってたしかなり感動したけど、「所詮はK-1は日本の団体だから、キシェンコは団体組織に負けにされた」と言われてもおかしくなかった。
均衡している試合を判定で勝敗つけるのは俺としては結構不満だ。
あと1Rあったんだから、最後の1Rを戦わせるべきだっただろう。
その時、ピンチなのは言うまでも無く魔裟斗の方だ。
アメリカのホームデシジョンもかなり酷いが、日本もそういったことは一切行わないで欲しい所だ。

だが、魔裟斗のファイトはとても熱く強く日本人に無い、「絶対に勝つ」という飢えた狼のような執念を感じた。
きっと魔裟斗は、足が折れようが拳が壊れようが今が勝てるならどうでも良いと思ったに違いない。
そんな殺意を感じた。

佐藤が4Rの判定前に、「負け、負けた」と言っていたのが印象的だった。
「魔裟斗をなるべく勝たせる」というのが裏では繰り広げていたのか?
4Rは確かに魔裟斗が優勢だったが、その前の3Rまでの判定はぶっちゃけ、佐藤が勝っていたと思った。
所詮はジャッジも感覚で採点してるから完全に勝利をものにするにはKOしかない。

例えば、2分45秒までA選手が手数(60発)&有効(15発)打共に優勢に試合を進めていても、B選手がラスト15秒でまとめて30発位連打しまくって、そのうち10発が有効打になれば、一気にB選手有利になる訳っしょ?
感覚で判定するなんて微妙だな。
ジャッジする人の戦い方の好き嫌いがモロに影響されるし、選手への好き嫌いも出てくるだろう。
手数と有効打を正確に分析して、有効打が何発以上差があったり、手数が何発以上差があったり、ダメージ指数、アグレッシブさなどに一定の差が出た時点で得点に開きをつけたりすべきだ!
そりゃ、勿論戦い方なども考慮に入れるべきだろうが、採点の不明確さがいつもいつも納得いかない。
所詮は、組織ぐるみの作られた勝敗ってのが拭い切れないといつも思っていた。

とりあえず、魔裟斗選手にはお疲れ様と賞賛したい。
もし、K-1MAXに彼がいなければもっとつまらなかった事だろう。
もし、日本最強選手が小比類巻だったらクソつまらない試合だった事だろう。
そーいや、K-1ヘビー級に似た戦い方する日本人選手がいたっけな・・・
もう期待してないし、いつも彼の試合は早送りして観ないから良かったら引退してくれないかな。

-------------

そーいや、K-12008開幕戦のシュルトVSアーツの判定も正直、疑問が残った。
結果的にシュルトが負けたのは俺としては「良し」って感じだが、ダメージ総数は圧倒的にアーツの方が不利だった。
アーツはアグレッシブに手数を出したりやられかけてもガッツで乗り切った結果、勝つ事が出来た。
早い話しは、シュルトは「ノラリクラリとしてたから負けた」ってことだ。
それに加えて日本では見えない力がとても大きな要素を占める。
それは、「根性と精神力」だ。
どんなに一方的にダメージを負っていても頑張ってアグレッシブに攻め続ければ、そのうち何発かクリーンヒットしようものなら、確実にダメージを負っている方の選手が判定で優位になる。
だが、それが日本人選手になると話しは別で、競っている場合は日本人選手が優位になりやすい。
K-1の判定で何度不満を感じたかわからないが、とにかく「はぁ?」と思うことは非常に多い。

そーいや、バダハリは結構ヤバかったな・・・
決勝進出出来た事は嬉しいが、正直これも微妙だった。
試合前は、「チェホンマンは死んでしまうかもしれないが良いのか?」と言っていたらしいが、フタを開けるとチェホンマン優位だった。
バダハリはあんなにデカい体であんなに身軽な動きが出来るのはやっぱり凄い!!!!!
だけど、巨人の骨の頑丈さやタフネスさは卑怯だと思うほどに規格外だ。
残念だが、バダハリはいつKOされていてもおかしくなかった。
チェホンマンがもっと体重落としてスピーディな動きが出来るようになったら、第二のシュルトになってしまう。
みんなチェホンマンをシロウトだとナメているが、ヤツは相当強いと思う。
チェホンマンがマジメに練習しまくれば、3年後位には優勝候補筆頭になっていてもおかしくないかもしれないと俺は思っている。
だが、彼の動きの遅さは致命的だ。
巨人がする試合がつまらない原因は動きの遅さだろう。
でも、腕を動かす時のエネルギー量などがきっと異常に高かったり人間としては規格外だから生物的に早く動くのはムリがあるんだろうな・・・
巨人は巨人級ってのを作って巨人だけで戦って欲しい所だが、つまらなくてみんな見ないだろうな。
バダハリは実際に目の前で観た事があるが、あんな巨大な人間が小さく見えるってチェホンマンやシュルトなどは一体どれだけデカいんだ?
だけど戦争に突入したら、速攻で狙い撃ちされて死んじゃいそう・・・


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。