--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.21

チェンバル語

10/21 14:57

彼女は、…大丈夫??(笑)

とにかく、勇気は凄いと思う。
元々系統はダダ系だからギャップって程ではないんだが、あんなキャラで全国に晒してしまう事は親にとっても本人にとってもデメリットにしか思えない。
芸人は売れるとそんなに金が入るのか?
まぁ、メリットだからやっているのだろうけど、結婚相手は早めに探した方が良いかもね…
彼女は有名になればなる程多くの人にチェンバル語を披露しないといけないけど、それはどうなんだろか。
会場も笑いってよりは悲鳴じゃないか…
小さめ声で女が「うわぁー、イヤァ…」、「キャ~」ってのがマジで痛い!!
見ててかわいそうだけど、慣れるとウケてきた。
最初はキモーっとしか思えなかった。

でもあれって講座(チェンバル語教室)だから生徒が一斉に真似する訳だよね?
凄い光景だ…

でもいきなりチェンバル語を話されたら怒ってても笑ってしまいそう。

もしかしたら、チェンバル語が平和をもたらすのかも知れない!
ノーベル平和賞も夢ではない??

頑張れ、いがわゆり蚊!
世界平和のために…

※彼女が実は宣伝用の諜報部員であるとかないとか…

A.全くないです。


-----------
追記

彼女さ、メッサ怖いやん・・・
むしろ、平和とは逆のタイプな気がする。



モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。