--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.03

ミャンマーのデモ

ミャンマーのデモが大変な状況になっている。
公式発表では鎮圧のために死んだ人数は10人と言っていたが、実際は138人位と見込まれている。
治安維持部隊が展開し出してからのこの一週間程度で138人が犠牲となったのであれば、結構な数の死傷者が毎日出ていたはずだ。

ミャンマー政府は人口の7%程度しかいない少数民族であるカレン族の掃討作戦も行っていたようだ。
森林を焼き払っていた航空写真も出ていた。
現在、カレン族は難民として彷徨っている。
以前、世界ウルルン滞在記でカレン族にホームステイしていたので聞き覚えがあった。
もう当時の家族に会えることは一生ないのだろう・・・

ミャンマーという国は楯突く者は容赦無く殺してしまう考えのようだ。
日本はミャンマーに対して過去に援助を行っており、現在も友好国の関係のようだ。
こんな国であるのなら民主化に改革してあげて治安を良くしてあげても良いだろう。
というより、軍事政権の緩和化などを日本としてミャンマーに交渉しているようだが、例の如く日本の公言はアッサリ交わされてしまって話しにならない。

ミャンマーは現在は軍事政権時代の真っ最中で、欧米ではミャンマーと交友関係のある日本も同様に見なされかけている傾向にある。
日本は「友好関係」という言葉に弱い。
逆にそれを盾にされてナメられている。
欧米諸国からは、日本によるミャンマーへの圧力を求められ、それが出来ない場合は対日経済処置も在り得る状況のようだ。
しかし、ミャンマーの武器調達や資金調達の大部分を中国がまかなっている。
また、中国はミャンマー最大の油田を見返りとしているようだ。
日本が圧力をかけて中国側の国となった場合、アジア圏内における日本の立場はまた一歩厳しい状況となるのだろうか・・・
(ロシア+)中国+韓国(南朝鮮)+北朝鮮の最も日本を気嫌っている軍団の予備軍が増えてしまうのは、なかなか痛いだろう。
日本側として味方になってくれる主要国は台湾、フィリピン、タイ辺りか?
アメリカの犬となっている日本では、きっと欧州側での偏見もあるだろうし、反米感情を持っている国からも好ましく映ってはいないだろうし、テロリストの標的にもなっているはずだ。
好感度という調査では、日本は世界中で高得点を得るだろうが、それは資金はポンポン出すし物腰は弱いし、言いなりになるし、敵にならないから『カモ』として見られているだけの気がする。
もっと日本は積極的に発言すべきだろうし、アメリカからの恐喝まがいな行動を断るべきだと思う。
ドラえもんで言う所の「のび太」的な存在なのは明白だ!
ドラえもんがいなければ何も出来ない。
日本は今、とんでもない経済難を抱えている。
他国より自国をどうにかしないと日本国は潰れてしまうだろう。
核兵器を所有して、アメリカに湯水の如く大金を垂れ流している蛇口を止めなければならない。
日本には圧倒的な力が無いので、北朝鮮にまでバカにされている始末だ!



時事問題トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。