--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.03

マリアージュフレール アールグレイ フレンチブルー

俺は紅茶がとても好きだ。
コーヒーをあまり飲まないせいもあるだろうか・・・

以前、彼女にマリアージュフレール(MARIAGE FRÈRES)の「アールグレイ フレンチブルー」という銘柄をプレゼントした。
マリアージュフレールのアールグレイ フレンチブルー

100gで2200円程だ。
もともとアールグレイが好きだったので味はとても満足している。
青い花のブルーエが少々入っており、アールグレイの匂いが多少柔らかくなっていてとても良かった。
マリアージュフレールのアールグレイ フレンチブルーの中身

味としては渋みもほとんどなく、アールグレイの味がとてもおいしい。
この前に飲んでいたのは別のメーカーの100gで1200円程度のアールグレイだったので、味が強く直球勝負という印象があったが、この「アールグレイ フレンチブルー」は味はきちんと出ているのに強すぎず丁度良かった。
俺としては熱いうちは匂いを楽しみ、冷えてきてから味が一段と濃くなるので、そのタイミングで飲むのが好きだ。

この品質のアールグレイを飲んでいると、ファミレスで出てくるアールグレイやそれなりの店で出てくるアールグレイを飲んでも渋いだけでとても美味しいとは思えなくなってしまった。
舌がおかしくなりそうで、一口飲んで終了となりますガラガラガッシャン

しかし、1点残念なことがある。

原産国が中国だった。
しかし、アールグレイの主な原産国は中国かスリランカのどちらかだ!
スリランカの国情や体質は未知だ。
中国と変わらないかもしれない。
『中国産』はアールグレイを飲むのであれば、目をつむるしかないのだろうか・・・
実に残念だった。


マリアージュフレールの刻印


紅茶トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。