--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

11.18

風紀改善校長が更迭

11/18 19:30

神奈川県のどっかのパープリンの超バカ学校で風紀が悪いからと、校長が願書や入試に訪れる生徒の服装のガラが悪い場合は試験に合格しても入学させなかった事が発覚し、問題となり更迭された。
だが、保護者は校長に戻してくれと嘆願している。
元校長は3年か5年で中退者を1/3にまで減らす事に成功した実績かあったからだ。

そこで朝日でやってた番組でこの行為の賛否を問う事をしていた。

俺は賛成派だ。
彼の仕事は現状の学校よりも確実により良くしなければならない義務がある。
その為なら仕方ないと思えるからだ!
会社で業績が悪くなれば大量リストラだってするのは当たり前。
しかもそれは生活がかかっているのにもだ!
学校に入れない位で路頭に迷う事はない。
それに基準が「服をちゃんと着ているかどうか」だ。
バカじゃねーか?と。
小学校の入試で「服装が悪い人の絵と普通の服装の人の絵があって、どっちが正しいか?」と言う問題があったらほとんど正解するんじゃねーかな。

それで反対意見はこうだ…

「合否基準になるならば、キチンと公表すべきだ」

もうバカ過ぎて笑いが止まらなかった!!!!!
"服装も合否基準としますので身なりある正装であること"って書くの?(笑)
もうバカかと!(笑)(笑)(笑)(笑)
じゃあさ~、高級レストランのバイト面接や就職の面接でもそんな事書いてますか?と。
もうね、社会の常識をイチイチ公表しなきゃ話しにならないクズはいらねーって至極当たり前な事じゃない?
違う?
良い生徒が欲しいのにバカが来るなら誰だって受け入れたくないだろ!
ちっとは頭使ってコメントしろよ。
コメンテーターって誰でもなれるのか?

じゃあ、万歩譲って全公表制にするよ?
で、「入れ墨が禁止」って内容だった場合はさ、タトゥは良い事になるよな!
だって全部書かなきゃいけないからさ!
「入れ墨及びタトゥは禁止」としてもボディペインティングならOKな訳になるよ。
次に部位の特定もしないとだ!
だって曖昧だからね!
なんせ、全公表制だから!
「全身に及ぶ全ての皮膚組織への入れ墨及びタトゥ及びボディペインティングなどの禁止」
じゃあ、寝てる間に他の人にタトゥシール貼られたらどうするの?
しかも落ちなくてどうしようもないの。
誰がやったかも書くの?
「入れ墨の禁止」1つ書くのにこんなにメンドーでも必要?
普通に考えてさ、そんなバカいらなくね?
しかもさ、「普通の服装かどうか」だけだぜ?
頭イカれてんだろ!(笑)(笑)
え?細か過ぎ?
じゃあ、何を持って細かいと言い切れる?
定義は?
何が細かくて何が細かくないの?
細かいかどうかは全部テメーのさじ加減一つだろ?

コイツは「考慮外の不確かさの合否基準を排除したい」、つまり『全員に平等な透明性のある基準を提示すべきだ』と言いたいんだろうが、現実問題の争点は、「最低基準の社会的常識を持ち合わせているか」なんだよ!
それが校長の好みや明らかに問題ある内容なら話しは別だが、そんな内容ではない。
臨機応変に対応すれば良いんじゃない?
だって元校長は既に実績出してるからね!

しかも「そーいうダメなヤツを教育するのが学校なのに受け入れないとはなんだ?」みたいな事も言ってた。

高校はさぁ、義務教育じゃねーんだよ!
わざわざロクでもねーボンクラ入れて風紀悪化させてまで教育をする義務はねーの!
高校は法律で、普通教育及び専門教育を目的とした所とあり、普通教育では「社会的な教育」も含まれている。
だが、「ちゃんとした服装をする」って教育じゃなく躾じゃないの?
学校で学ぶ事ではなく、家庭で教えるものだ!
学校に何でも丸投げして人間としての教育すら出来なくてガキを産む資格さえないバカ親の尻拭いをしなければならない教師はホントに悲惨で仕方ない。
子供産むのは免許制で良いんじゃん?
バカばっか!
バカだから、犬すらマトモに飼えやしない。
動物飼った事ない人は子供作るなよ。
そんなにヤリたきゃピル飲めよ!
動物も飼わず、核家族で知識も経験もないのにいきなり本番のガキを育てるからボロボロじゃん!
虐待、殺し、バカ、制御不可能、子供の言いなり、甘やかし…
そしてバカ親子による見るも無残な光景だ。
なるべくしてなっている結果だ!

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。