--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.01

天使の歌声

天使のような歌声を持つ人だと、いつも思い崇拝に近い思いさえ抱かせる人がいる。
声だけで人を感動させてしまう奇跡のような彼女たちの声は、もはや神に近いとさえ思えてしまう。
怒っていた気持ちや憎しみの心などをほんの僅かな間で浄化する事さえ可能だと信じられる。
もはやこれは、「歌手」というレベルでは収まらないと思える。

彼女は元々好きなアーティストの1人だ。
沖縄出身だったらもっと切なかっただろうな・・・と思えた。
元ちとせ
青のレクイエム


あなたがここにいてほしい


ワダツミの木



最初に知ったのは、たまたま奇跡的に目に止まった「僕らの音楽」で、それもエンディングでラスト3分位だった。
基本的に歌番組は全然見ないので、それまで歌は知ってても彼女の存在は全く知らなかった。
「僕らの音楽」で歌ってた彼女を見て、鳥肌が立った。
そしてソッコーで録画して調べた。
手嶌葵



テルーの唄


The Rose



彼女に関してはハズレが無いとまで言い切れるレベルの高さだ。
Enya
Only time


Book Of Days


a day without rain
(これ、寝ちゃう・・・zzz)


------- 番外編 -------

声質の観点で言うと種類が違うのだが、凄く印象的なアーティストの1人でもある鬼塚も一般のアーティストとは一線を画す存在ではある。
ただ、彼女の場合は虐待のような体験をしたのか?と思える歌詞が痛々しい・・・
凄く心に染み渡る。
凄く懐かしいと言うか、その気持ちを汲み取れる体験をしたからだろう。
(残念ながら圧縮のせいか、音質は相当悪い・・・というか、音質の悪さはどれにも言えるが、この鬼塚シリーズは特にヒドいのでちゃんとCDなどで聴こう)

鬼束ちひろ
月光


私とワルツを


眩暈



沖縄について歴史を調べて行った、この前の沖縄旅行以来、「沖縄病」になってしまった。
沖縄訛りもあって凄く愛着がある。
特に歌詞がチャラけてる訳じゃなく、沖縄について語っていて凄く良い!
上で紹介した人たちについても感動出来るが、彼の歌は涙が出てくる。
BIGIN
島人ぬ宝


三線の花

PVの方がエイサーが凄く良いので追記

(エイサーのラップが超カッコイイ!!)

(エイサーはこっちの方が迫力がある)


オジー自慢のオリオンビール
(ノリが沖縄でサイコー!!! ※出だしが音痴気味なのは御愛嬌)
(時間を忘れてのんびり海とスローライフに生きるのも良いかもね!)



---- 沖縄編 ----

とても涙無くしては聞けない歌
悔しくて辛くて悲しくて・・・何度聞いても鳥肌が立って涙が出る。
戦争は二度と繰り返してはいけない・・・それを決められるのは今生きている俺達だ。
正義と意思を持って、政治に敏感になる事が必要だ。

夏 川りみ
島唄



感動・Good情報トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。