--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

04.07

筋肉痛を取り除く

筋肉痛になるなぁ・・・
経験からにしろ、違和感にしろ、誰しもが必ず感じた事があることだと思う。

だが、ほとんどの人がその筋肉痛や疲労を回避することが出来ないでいる。
このブログでも前に「BCAAは筋肉痛にならなくなる」と書いたが、そのほとんどが筋トレの場合だった。
毎回トレーニング後などにBCAAが体に馴染む位摂取する事で徐々に筋肉痛にならなくなるのは確かだ。
しかし、スポーツをした場合はこの限りではない。
やっぱり、テニスやバドなどをする度にケツ筋~ハムスト筋辺りが筋肉痛になってしまう。
スポーツの場合、負荷レベル自体は筋トレに及ばないが、持続時間が桁外れに長いので否応無く疲労物質の絶対量が増えるために筋肉痛が起こると考えている。
どうやら、その疲労物質を取り除ければ筋肉痛にはならないようだ。

この前、即効性がある疲労物質除去方法を教えてもらった。
「疲労部を思いっきり冷やして、すぐに温めるを何度も繰り返す」
スポーツ後になるべく早く行うのが望ましい。
最後は温かい状態で終わること。
出来れば、ストレッチしてから上記を行い、またストレッチする。
これは自己流となるが、冷やす時はシャワーで真水で1分間位冷やし、温める時はシャワーで結構な熱さで温めている。
本来は、水風呂とお湯風呂を交互に入る方がいいが、銭湯でもない限りなかなか出来る事じゃない。
実際、どの位の温度で何分間冷やす事がいいのか、どの位の温度で何分間温める事がいいのかわからないのだが、実践しているレベルで十分効果を発揮してくれている。
なんでもこの方法を行うと疲労物質を流してくれるようだ。

テニス練習後は決まって、ケツ筋~ハムスト筋辺りが筋肉痛になり、腰がダルい状態になる。
次の日は、結構な疲労感だったりする。
そこで早速試してみた。
練習後、すぐに帰ってきてストレッチしてから除去方法を行い、ストレッチしてみた。
驚くことにあれだけの筋肉痛レベルが一切起こらなくなった。
正直、ビックリした。
実際は多少緩和する程度だと思ってたんだが、ピタっと一切起こらなかったのにはすこぶる満足した。
だが、原因が違うのかケア時間が短いのか、腰の重い違和感は消えることはなかった。
筋肉痛を抑えるような商品なんかよりも100倍の効果を発揮する。
アフターケアとして、筋トレ後も毎回行うようにしている。
あとね、翌日~翌々日にかけて筋肉の状態が非常に良い!
なんというか、身体の各部分がホクホクして気持ち良い感じで眠くなるような状態なわけだ!
触るとやたら気持ち良い状態でもある。

最初に水で冷やす時は、正直鬼のように地獄だ。
「痛って・・・」て感じから始まる!
筋肉が炎症を起こしてたり熱を持っている場合は氷水にするべきだ。
何度か交互に行うと、冷やす時に外側は冷たいんだけど(もう麻痺気味で冷たさはそこまで感じない)、内側からジョワ~ンと温かみが出るようになる。
これが異常に気持ち良い!
そのうち、これがクセになる!
本当はお湯風呂に入りたい所だがアッチンチンのお湯シャワーでも感じることが出来るのだが、冷えた部分を温めると、これまた気持ち良い!
温度差があればあるほどに気持ち良いが、温度差が少ないと何も感じなかったりする。
ガツンと熱めので温めたい。


体調管理トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。