--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

04.22

K-1 WorldMax2009 世界一決定トーナメント開幕戦

見た感想。

①アルトゥール・キシェンコ×アルビアール・リマ

キシェンコ 1R TKO勝ち 1R目ダウン奪う、1R目テクニカルダウン奪う、1R目TKO

キシェンコはボクシング技術がメチャクチャ上手くなってるのに、パワーも相当アップしてて凄い!
相手のリマって選手も相当強いらしいが、一方的な展開になっている。
要所、要所でリマのカウンターも当たってて、ちょいちょい効いてたりするけどキシェンコが全然止まらない。
だけど、最後の1R終了間際のTKOはちょっとリマがかわいそう。
K-1は、不可解なTKOが多すぎる!(K-1ジャッジと言っておくか)
オープングローブでぶっ叩いてたから、あと数秒は持ち堪えられたよ。
でも、キシェンコの実力が際立ってた!
これがさらに3ヶ月の時を経てレベルアップするんだろうな、魔裟斗はもう勝てない気がする。
魔裟斗は、外からの強豪と渡り合う自信がないから引退なんだろうな。

②山本優弥×イム・チビン

山本 3R 判定勝ち 2R目ダウン奪う

解説で、技術に差はほとんどないとか言ってたけど、明らかにイムの方が上だった!
山本は運良くバックブローがヒットしたから形になったが、それも空を切ってたら何も出来てなかったよ。
イムの方が早いし、巧みだし、動きが良かった。
山本は鈍臭い攻撃しかしてなかった印象だった。
山本の故意のバッティングでイムの左まぶた上を深くカットされたのがきっと山本の好材料だったんだろうな。
イムが本来勝っていたと思うよ!
有効打撃数えれば明らかだしな。
山本は一か八か戦法と空振りが目立っていた。
イムの顔、ほとんど綺麗なままじゃん。

③ブアカーオ・ポー・プラムック×アンドレ・ジダ

ブアカーオ 延長戦 判定勝ち 1R目ダウン奪われる 延長戦でジダへのイエローカード

これまた、レミー×オーフレイムと同様、「総合×立ち技」の因縁対決だ。
ジダのパンチ力は、バンダレイ・シウバが「こんなに強いパンチを持った選手を見た事がない」と言うほどの破壊力という。
1R目は、そのジダのエレファントパンチが面白いようにバシバシ当たる、当たる、当たりまくる!
初っ端のパンチがタイミング良く入り、オープニングクリーンヒットでいきなりダウン!
あのブアカーオがいきなりだ!
ブアカーオは、苦笑い&照れ笑いをしていたが、その後もバッチンバッチンとアホかと思う位にもらいまくりだ!
あの強靭なパンチ力を何十発も!
アゴの直撃やコメカミの直撃なんてザラで、もらいすぎてて死ぬかもしれないとさえ思えた。
だが、ダウンはしなかった。
日本人なら死んでると思う。(特に自演乙は死んでる)
この打たれ強さは驚異的だった!
あと一歩で落ちそうな程のダメージを負っても、すぐさま反撃するブアカーオの精神力の強さもまた驚異的だった!
あんだけ打たれまくって攻撃するってホントに有り得ない位凄い!
ドーピングやってるのか疑った程だ!
2R目に入ると、ブアカーオが冷たい鉄の壊し屋に変貌した。
ボディ、ハイ、ミドル、ロー、首相撲からのみぞおちなどへのヒザを無限ループで淡々とジダに見舞っていくようになる。
ジダのエレファントパンチは、徐々にクリーンヒット出来なくなり、ジャブやリードブローなどが主体となっていた。
それに比べて、ブアカーオの攻撃の音の方が明らかに重い!
それを休み無く淡々と繰り返すので、ジダが押されっ放しの展開。
ホースト全盛期のような姿に見えた。
だが、全体的に1R目のダメージをある程度引きずっていたので慣らし運転って感じだった。
3R目からは、完全に一方的な展開となった。
ジダの攻撃自体がほとんどなくなり、エレファントパンチはもはやクリーンヒットすら許されなくなり、ジダはほとんど何もさせてもらえなくなる。
ジダのこのRの有効パンチはジャブ数発とロングパンチ1発程度か。
それに比べて、ブアカーオはさらにエンジンがかかりまくり、有効打撃は50以上じゃないかと思う。
ジダは完全に戦意喪失して力無くマットにへばりつくような行為を何度か見せるようになる。
審判がいなければ、ジダを殺してしまうんじゃないかと思える程の殺意を感じた!
判定は、ダウン分があるのでドローで延長戦!
EXRは、3R目と同様な一方的な展開でブアカーオの圧勝!
ジダは、もはやボディのダメージで、序盤以外はパンチも出せないしキックなんて絶対無理、足も踏ん張り利かないから何か踏ん張るような動作をするたびにマットに崩れ落ちる!

④アルバート・クラウス×長島☆自演乙☆雄一郎

クラウス 1R KO勝ち

キモいし弱いしナンデスカ?(完)

⑤魔裟斗×HIROYA

エキシビジョンマッチ勝敗なし3分1R戦
HIROYAは、ヘッドギアとスネ当て
魔裟斗は、スネ当て

バカくせー試合!
魔裟斗の位置付けがわからんな。
ボッコボコにするのか、スパーリングをしたいのかさっぱりわからん。
何がしたいの?
HIYOYAを大舞台で戦わせたいの?
それとも、何かしら安全パイな試合だけこなしたいだけなの?
みんなスゲー気合入れて頑張って戦ってんのに、なにテメーだけ殿様気分でエキシビジョンやってんだよ!
バッカくせー
テメーが最後だからなんてしらねーし、みんなと同様に参加して一から戦えよボケが!
何様だっつー話しだわな。
ていうか、魔裟斗よりも強ぇヤツ、この大会に沢山いるよ!
自分より弱いのが殿様扱いされていてみんなどー思ってんだろう。

⑥アンディー・サワー×リーロイ・ケスナー

サワー 3R 判定勝ち 1R目ダウン奪う、1R目ダウン奪う、3R目ダウン奪う

ケスナーは体が全然出来ていなくてまさに子供って感じ!
だけど、超タフで精神力は凄い!
ボッコボコに殴られても顔面を何度ヒザで潰されても立ち上がってくる。
サワーのパンチは1パンチで魔裟斗をダウンさせ、武田幸三をKOさせる位の威力はある訳だ!
それを何十発食らっても立ち上がる!
普通、ヒザを顔面に何度も食らえばKOでしょーよ!
ケスナーのタフさは異常だよ!
これで体をシッカリ作ってきたら、かなりヤバイと思う!
サワーは、王者のクセに結構汚いなぁ・・・
ゴング直後に攻撃しちゃったりするし、逆にケスナーの方が紳士的だった。
1R終了直前で2回目のダウンを奪い、あと8秒位で倒して終わりだーーー!と思ってけしかけたら、審判に「ノンノン」と間を分けられ、結局KO出来なかったのが痛かったね。
サワーは、「自分が真のチャンピオンだ」と思ってるようだけど、20歳の新生相手に3Rまでもつれちゃった・・・(汗
内容こそ圧倒的だったが、頂点との差はこんなものか?
逆に、サワーはKO出来ずに焦りさえ見せていたし、ケスナーは尻上がりに良くなってきて悪循環だったね。
ケスナーは経験が少なかったために1R目飲まれちゃったけど、これは強くなるよ!
タイプ的には、キシェンコのような印象がある。
殴られても殴られても前進してアグレッシブに攻撃してくるから経験積んで体作ってテクニックを持ったら、こいつぁモンスターになりそうだ。
あと3年位かな。

⑦ジョルジョ・ペトロシアン×ジャバル"チンギスハン"アスケロフ

ペトロシアン 3R KO勝ち

この猫みたいな名前のペトロシアンは、小さなバダハリ(命名:リトルハリ)って感じがする。
筋肉の多くが瞬発系なんだろうなって位、体の動きが俊敏で、物凄く反応が速く、相手をよく観察している。
相手が動く瞬間にカウンターをバシバシ入れるタイプで、パワー自体はメチャクチャあるように見えないが、カウンターをバンバン決められるから凄く効きそう!
凄ーく、ブアカーオと戦って欲しい!
高速戦必死で、ブアカーオも相性良さそう。
それでもブアカーオの方が速いと思う!
特に、ブアカーオの首相撲からの投げ捨てや、首相撲からのヒザで相当体力消耗して自慢のスピード筋肉が見るも無残に散る予感がする。
ペトロシアンとしては、パワフル一発系の方が相性良さそうだ!
ドラゴは組み易しって感じかなぁ・・・

⑧ドラゴ×佐藤嘉洋

ドラゴ 延長戦 判定勝ち

佐藤は、死にもの狂いで勝つ気あるのかな?
ほわわ~んとしてて、よくわからない!
特に佐藤の戦い方は短いRだと不利だよね。
最後は完全にスタミナ切れで口が開きっ放し・・・
もっと即効性がある攻撃を武器にした方がいい気がする。
あれだけのタッパとリーチの長さなんだから、パンチの重さは物凄いと思うのになぁ・・・
カウンターで一発KOとか普通に狙えるんだけど、反射神経がそこまで良くないのかカウンター取る前にバンバンパンチもらっちゃうからリズムが崩れちゃってる。
あれだけ恵まれた体なんだから、力まなくてもタイミング良くスッーーと伸ばしたパンチで十分にダウン取れそう。
勿体無い。
正直、ドラゴの良さが分からない!
泥臭く、グッチャグチャに殴り合うだけなんだからもっと冷静になれば良かったのにね!

-----------------

キシェンコ   →OK
山本      →ジダに代えて欲しい
ブアカーオ   →OK
クラウス    →OK
サワー     →OK
ペトロシアン →OK
ドラゴ     →リマに代えて欲しい


この中で魔裟斗が勝てそうなのは、山本、クラウス、ドラゴかな。
ていうか、多くの選手が満身創痍なのに魔裟斗は弱い者イジメでピンピンしてるんしょ?
その差はだいぶデカいよね。
特に、ブアカーオはあれだけ打たれて平気なのか?
たったの3ヶ月で、リフレッシュ&練習により実力アップ出来るのか?
魔裟斗は、ちょい汗かいただけでこれからまたすぐに練習出来るんだよね・・・ずるー

これだったら、凄く面白そうなんだけどなぁ・・・
キシェンコ
ジダ
ブアカーオ
クラウス
サワー
ペトロシアン
リマ

魔裟斗は、彼ら全員とそれぞれワンマッチの10R位の試合をするべきだと思う!
ワンデイだと負傷具合があるからフェアじゃない。


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。