--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.14

腰痛 23日目

---- これは過去録です ----

治りかけては痛めての繰り返しで、回避不可能なテニスレッスンを迎えた。
2週間レッスンを休んで、3週目振りだ!
不安が払拭出来ずにいた。
それもそのはず、既に強い違和感がある状態だったのだ。

コーチに腰痛のことを伝えずにいたら、走らされる走らされる・・・
かがむ事も前にダッシュする事も不可能だった。
ましてや、下の球を打つのは困難を極めた・・・
バックハンドストロークはダブルハンドなのだが、とてもじゃないが両手持ちなんて出来ない。
全部スライスで返すしかなく、打ち込むなんて夢のまた夢だった。
もはや、本来の俺のプレイとはかけ離れていて萎えまくった。
フォアハンドストロークなんて、腰のひねりが全く使えないので手打ちもいいとこで、ひねろうものなら痛い痛い><

なにより、かなり辛いのが球拾いだ!
腹筋だけで上体を支える事が出来ないほど腰が痛いので、コートに片手をつきながら、もう片方の手で2個ずつ位ゆっくりとした動作でカゴに入れるしかなかった。
立ち上がる時は太ももに手をついて少しでも腰の負担を楽にしないと痛くて立ち上がれない。
プレイ中に下にある球を拾うときは、背すじを垂直にしたままスクワットのしゃがみこみで手を下まで持っていく。
間違っても背中を曲げてはいけない。
曲げても痛くてすぐに止めるだろうからやるだけ無駄になる。
しかし、腰より上にきた球は意外や意外、それなりのストロークが打てた!
ボレーも腰より上に来れば普通に出来た。
ローボレーの時は、沈み込んだ太ももに左手をついて腰を安定させながら打っていた。

ここで驚愕的な事実がある。
この特別に作られたレッスンでは、普段打っている人とは違うメンバーなので誰が来るか分からない。
俺は間違いなく一番ダメだろうなって思っていたが、俺が一番上手かった。
ハッキリ言って実力の20%も出せてなかったのにだ。
ビックリしたね、これはマジで!
特に俺のストロークが全く取れていなかった。
下の方の球をストロークで打つのは激痛だけど、腰以上なら腰の痛みが出るかどうかわからない恐怖心がありながらも40%程度で打てていたからだろうが、相手は普通に動けているのにそれって・・・ヤバスだよねぇ
だから他のクラスの人間とは打ちたくないんだよなぁ
今のクラス以外でまともに俺と打ち合える人はそういないのが現状。
なんで俺は初中級のままなんだろう。
他のクラスに振り返るとみんな弱くてマトモに打てないからストレスが溜まる。
結局ストロークの威力を最大限弱めないと続かない。
この状態ってスクールなのかなぁ・・・女相手にテキトーに打ってるサークルじゃん?

あぁ、話しは戻って・・・
俺らしいプレイが出来ず苦痛だったから全っ然楽しくなかった。
こんなのが続くならテニス辞めようと思った。
体が自由に動かせなくて楽しくないのに腰に負担ばかりかけるなんて本気でバカバカしい。

家に帰ってきたときには、ずーーーーーーーっと強い鈍痛が持続的に起きていて超ストレスたまりまくり!
ずっと、イライライライライライライライラしてた。
ソッコーで真水の水風呂に入った。
冷た過ぎて痛い、痛い・・・お腹とか心臓付近とか温度差あり過ぎて痛過ぎる!
我慢して10分入っては温めて、また入ってを繰り返していた。
ハッキリ言って物凄く面倒だよ。
面倒だけどやらないと明日がもっと面倒だから仕方なくやるしかなかった。
浴槽も狭くて本当にダル過ぎる。
足を全部水に漬けるためには心臓付近まで真水を溜めないといけない。
もう胴体は内臓があるから辛過ぎる!

風呂から上がってベットに横になっても鈍痛は治まらずメチャクチャ辛かった。
起きてても辛いだけなので今日はもう寝ようと思って頑張って寝た。
明日には治ってるだろう!と期待していた。
朝起きると、寝る前と何ら変わらない位の鈍痛がまだ残っていた。
さらに、背中が硬くなったようなハリも感じていて最悪に拍車がかかっていた。
椅子に座り続けるのも超辛かった。
どんなに頑張っても1時間が限界だった。

これが一生続くのかと思うと、ゾッとする・・・

腰痛戦記トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/tennis/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/tennis/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
tQPHhiFf

sirube:2009/05/14(木) 08:43:01 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。