--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.18

ストレッチ・ライフ

腰痛になってからは体のケアを真剣に考えるようになり、実践するようにした。
その1つがストレッチだった。

最低でも1日に1回40分程度は行い、トレーニング時や時間がある時は2回行うようにしている。
2週間位すると体が凄く柔らかくなっている事を簡単に気付けるほど違いが現れた。
今はスポーツをしていないので、その恩恵を感じる場面が少ないが、気分が良くて清々しい気持ちになれた。

俺のストレッチのやり方は、こうだ。
①力を入れない、脱力する、優しく行う、絶対に無理はしない
②リラックスする
③時間を気にしない
④痛みや引っ張られている感を瞬間的にでも感じないようにする
⑤元の状態に戻す時などの行動は極力ゆっくり
⑥1回のストレッチで柔らかくしようとせずに、日数をかけて柔らかくしようとする
⑦ストレッチをする事で疲れてはいないこと

2週間付近になってくると、ストレッチすると気持ちよ過ぎて体が敏感になる。
それをゆっくり継続している事でいつの間にか寝てしまっている事もよくある。
トレーニング前のストレッチで爆睡した事も何度もある。
美容院でしかマッサージを受けた事はないが、マッサージは気持ち良くてクセになるから怖くて専門店などには行けない。
しかし、ストレッチをすると気持ち良さのレベルこそ下がるが、同じような快楽を味わう事が出来る。
俺は基本的にマッサージは悪だと思っている。
腰痛から学んだ事でも言ったが、皮膚の上から圧力をかけるというのは本来は良くないと思っている。
スポーツ選手のように短時間で強制的に疲労を取り除く事が求められているなら仕方ないが、それでも後々影響は出る。
スポーツ選手でもなければそんな事する必要がない。
筋肉は適量あるか、食生活は正しいか、栄養は正しく採っているか、普段の姿勢に問題はないか、適度な運動はしているか、日々体をケアしているか、骨格には問題ないか、・・・人間には元々体を治す力があり、それを妨げる事をしていれば弱い箇所から症状が出始める。
車のタイヤを新車の頃から一度も変えなければ走行に支障を来たすようになるのは誰でもわかっているし、それを直すにはタイヤを取り替えれば良いだけだ。
間違ってもガムテープを貼り付けて修復したと勘違いしてはいけない。
つまり、筋肉に直接強引に圧力をかけて乳酸を散らしたり血行を良くしたりして治したと思ってはいけないのだ。
根本的な問題にはなっていない。
そもそも筋肉を押してはいけない!
かける力の強弱で結果も変わるが、体に良くないことをしてはいけない。

だが、さっき挙げた7つの内容を踏まえたストレッチなら体への負荷は極端に低く、リターンが大きい。
瞬間的な指圧をするにしても撫でる程度の優しい力で行いたい。
それで満足出来ないとしたら、既に体に変調が出始めていると思って良いかもしれない。
そのうち、そこん所はマッサージを題材にした記事で書こうと思っている。

ストレッチはとても気持ち良く体の怪我リスクを減らせるので、絶対にオススメだ!
素晴らしいストレッチ・ライフを送っていこう。


体調管理トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。