--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.26

スーザン・ボイル

超有名な太ったおばさん。

天使の歌声とか言われてるけど、全くそうは思えない。
ビブラート効き過ぎてるだけでそこまで声量はないし、実際はクリアで奇麗な声がほとんど出ていない。
聞いてるとストレスを感じてきて胃がムカムカしてくる。
それに容姿がキモ過ぎて気分が悪くなる。
悪いんだけど、全く話しになってない。
何でこんなに人気になってるのかサッパリわからない。
言うほど歌も上手くないと思う。
ただ、奇麗風な高音が出てるだけじゃん。
癒しも出ていないし、最も重要な「また聞きたい」と思えない。

歌って、別に高音が出れば良いってもんじゃないだろ。
高音が出れば低音は出にくいだろうし、その逆もまた然り。
発声音域については、マライアのように「7オクターブ(実際は5オクターブ)の声域を持つ歌姫」と言われるように出せる範囲が広いなら凄いけど、片方に特化してるだけって何とも思えない。
高音至上主義なら、それは単純な差別化なだけ。

それにしても動画再生回数が1億8600万回ってどんだけ注目浴びてんだ、あのおばさん。
結婚を申し込む人もいるようだ。
まさに「崖っぷち犬」状態だ!
下心に「売名行為」があるだけで本心ではないだろう。

※崖っぷち犬は野良犬だが、放送されてから保健所に貰い手として電話が殺到した。
※保健所の人が「貰い手がいない野良犬(日本では野良犬は認められていないので最後は毒ガスで15分以上苦しむ殺処分にされる)は他にもいるよ!」と言うと、「(有名な)崖っぷち犬じゃないと意味がない」と言い、他の野良犬は全く相手にすらされない。

司会の「プレッシャーは感じたか?」の質問に対して、おばさんは「何のプレッシャー?」とかわして、さも「私は全く意識してないよ」感を出してるけど、出だし思いっきり声震えてズレまくってた。
前回から比べて衣装や眉をグレードアップさせて意外と意識してるくせに。
結構食えないおばさんだな。



独り言トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

まったく同感。

一見、男か女かすら判別できない容姿と歌声の落差が大ウケしてるんだろうに、眉剃ったりドレスアップしたりはポイントダウンだよね。


このおばさんテレビ慣れしてきてるから、人生狂わないならいいけど。

yui:2009/05/26(火) 17:27:50 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。