--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

07.03

言葉遣いが性格を変える

最近、特に実感した事がある。
それは、言葉遣いが性格を変えるという事だ!

以前、「食べ物が性格を形成する」という記事を書いた。
まさにその通りだと思ったが、言葉遣いもそれと並ぶ位だった。
むしろ、即効性で言えばこちらの方が圧倒的に有効だ!

ここ1週間程、メールのやりとりが多い事があった。
そこでは相手に対して敬意を払い、丁寧語や謙譲語を使ってた。
そうすると、どうだろうか・・・
驚くべき現象が起きた。
闘争や喧嘩のような事を極端に嫌いになり、腰が低くなったのだ。
「争いなんて良くないだけ、僕は安全にノンビリと生きていきたい」と思うようになった!
その後、そのメールのやりとりが終わり、普通の生活に戻ると次第に普段の状態に戻ってきた。
正直、この心境の変化にはどれだけ驚いたかわからない。
だから、子供を穏やかに育てたいならば、「無駄に怒らず、言葉遣いを丁寧にし、また子供にも丁寧な言葉を強要し、喜怒哀楽を抑える」ようにすれば良いだろう。
逆に、言葉遣いが凄く悪い環境に長く置いたり、それを使っても注意されないと性格はドンドン荒んでいくので注意したい。
食事と合わせて教育する事を心から強く願う。


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。