--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

07.24

マンション更新料が「無効」となった快挙

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090723/trl0907232001008-n1.htm

この件はちょっと相手が卑劣という事もあるが、裁判官の「趣旨が不明瞭で(全国的に)更新料が慣習化しているとも認められない」という言葉に明るい未来を感じられた。
そもそも、この借家の2年毎の「更新料」とは首都圏など一部の狭い地域でしか存在しないものだ。
少しでも大家が金を搾取するための凄い手口な訳だが、それを飲まないと契約が出来ないという借り手の弱みを突いた汚い規則だ。

俺もよく不動産屋とはこういった内容で大喧嘩したものだ。
慣例とか他の人はやってるとか、知ったこっちゃねーんだよ!
そっちの都合で何やらかしちゃってんだ?って事なんだわ。違いません?

それはもう何時間×数日のバトルを永遠と繰り返していた。
不動産屋は、「じゃあ出て行けば?」などと言ってさもテメーが大家かと思うような意見を速攻で言ってのける。
それは権限以上の事なんじゃないの?
そういう所も火種となり、ノンストップモードで凄かった。
単独でやっててラチがあかないならマンション全員に入れ知恵つけて交渉するよ?
相手も人間のようで、「コイツ、メンドくせーわ」と思うと僅かながら妥協してくる。

特に書類の更新料と部屋のクリーニング代が納得がいかなかった。
金額の問題じゃない!
倫理的な問題だ。
特にクリーニングはテメーの資産だろうが!
何でもかんでもおんぶに抱っこしてんじゃねーよ!ってのが俺の意見。
レンタカーは返すときに毎回クリーニングすっか?ん?どーなん?
テメーの資産はテメーで管理するのが筋だろう!
部屋に住む事が目的でもなく、要は人に貸して金を得ようとしてるのに、それが目的のくせに、その目的が達成出来てるのに借り主に「実際に部屋が汚れたかどーかは知ったこっちゃねーよ。オマエ住んだんだからオマエがクリーニングして出て行けよ。何から何まで奇麗にしたらまたそれで俺は他にすぐ貸すからよ!それだと俺楽だからな!俺の資産を奇麗にしてってな。頼んだよ!クリーニングしないと人がつきにくいし自分で払うの大変じゃん?俺の資産だけど俺はこれっぽちも金かけたくねーからオマエが俺の資産に掛け捨て投資しろよな。じゃな!」って訳だ。
それを「そーですね、そーですね!僕、アナタ様の資産にドブ捨て投資して出て行きますね~!だからジャンジャン請求してくださ~い!ウフ」ってのが一般的な立ち回り。
もうね、バカかと。


まぁ、それらについては既に記事で書いた記憶がある・・・
で、だ!
ようやく、ようやく法律が更新料を「無効」とする方向に動き出した。
まぁ、相手は再審するだろうが、これで良い結果になれば少しずつ首都圏にも波及しその影響を受け、首都圏内にいる数百万人、数千万人もの借り主が蜂起してついには「更新料は存在しない」という常識を作り出すに至るわけ。
そのための第一歩が踏み出された瞬間だ!
この裁判の行方を物凄く期待している。


感動・Good情報トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。