--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.08

壁波

今日サーフィン行ってきました。
台風が近づいていることもあって波が立っている!
3週間位ずっと小波しか立ってなかった。
わっほぃ!

ん?

台風来て喜んでる人ってサーファーだけか?
まぁ、それは置いといて!
サーフィンショップに着くや否や・・・

「今日の波見た?ダンバーだよ!ヤバいよ!」

いつも上級者のような強気の発言が目立つI氏が、こんな珍しい事を言う。
まぁ、あまり気にしないでせっせと準備をする。
そして浜についた。
波を見てみる!

・・・。

???。

★△◆。

波がデカ過ぎて壁になっていた。
しかも幾層にもなって波が押し寄せていた。
沖に行くとさらに一回り巨大な波になっていた。

I氏が波状況を写真でアップするために浜に来ていた。
ちょっと話したが、「昨日波に飲まれてボード折っちゃった人いるから気をつけてね!うっかり体も真っ二つにならないように!」と言っていた。
さらに、「これは沖に行くと死ぬかもしれないから気をつけて!」と・・・

沖に行く事は技術的に不可能だが、もし沖に出てしまったら100%死にます。
足が地面に絶対に届かない位置でデッカイ波に飲まれたら多分死にます。
そんな深い水中で、飲まれた勢いで何回転もした挙句にようやく海面に出てもまた次の波が来て同じ事の繰り返し。
呼吸出来ずにパニックになる。
沖の波を見た時に「怖い」と思った。
とりあえず、ショアブレイクの次の位置にある波に乗ってみようと思った。
ボードに乗った視線で押し寄せる波の高さは、2m位はあった。
うーん、部屋で腹這いになってみてほしい。
その状態で天井位の位置まである波がくる。
波の向こうに行くのが大変だった。
波自体もパワフルで、ローリングスルーをしても波のパワーで海面に引っこ抜かれちゃったりしたこともあった。
浜についたのが既に遅く、日没まで2時間あるかないかだった。
普段は5時間位していたが、この日は2時間程度で十分に疲れた。
最悪だったことに、ヴァームを忘れてしまったのだ。
きっとそのせいもあっただろう!
もっと練習しなきゃ!!


---------------------------------------

「海が好き」さんから借りました。
これは早朝だから波が綺麗だけど、これよりももっとヒドかった状況ですかね。

20071007-1.jpg

20071007-2.jpg

20071007-3.jpg

20071007-4.jpg


スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。