--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

08.31

今年初めてのサーフィン

今年4月に椎間板ヘルニアをやっちゃてから、腰がようやく安定してきた。
土曜のテニス後痛みがなかったので、台風が近づいてることもあり日曜サーフィン行ってきた。
久しぶりぶりだったので、正直不安だった。
不安はもう1つある。
波に飲まれると全身がグチャグチャにもまれるので腰は大丈夫か?という点だ。
しかも9'2fのロングを持ったときに腰は大丈夫かという事も不安要素の1つだった。

台風が近づいているので、朝の時点で波はそれなりに出ていたが、昼頃から波が無くなってしまってる。
なっぬーって感じだったんだけど、どうせ夜になって台風がより接近するだろうからまた波は出るはずだと思ってサーフィンに出掛けた。
着いてみると、「あら安全、波がないっす」
これには正直、絶望感が・・・
台風どっかいっちゃったの?と思うほど。
準備運動して入海すると、海が冷たい冷たい!!

えーと、まだ8月だよね!?
10月位かと思った。
しかも波がセットの時にしか来ないもんだからヒマでヒマでしょうがない。
久しぶりだったので無駄にパドリングしたりして体を慣らしてたが、太陽は厚い雲に覆われ天気悪し。
もう寒くて寒くてしょうがなかった。
風は当然ながら突風で、濡れた体は恐ろしいほどに体温が低下した。
むしろ、冷たいと思った海に浸かっている足の方が温かかった程だ。
18時頃になると本格的に寒くなり、セットも15分に1回程度ととても少なかったので、勿体無いけど3時間程度で上がっちゃいました。
寒さには異常に弱い俺、ウィンタースポーツ系は全くやりません。

一度パーリングしかけたので、腰を捻って回避した時に違和感が・・・
この程度で痛むようなら、デカい波に飲まれたらヤバイかもしれん。
パーリングや波に飲まれる事は絶対に避けなければならないようだ。
前者はともかく、後者の波に飲まれるのは回避のしようがないような。
サーフィンは体にかかる負担が物凄いので、続けるにはまた肉体改造再開が必要かもと実感した日だった。
折角、ナチュラル筋肉を付け出したのになぁ・・・

特に帰る時、突風に煽られながら持つロングの腰への負担が物凄かった。
腰が痛くて休まないと運べない状態だ。
行きはそうではなかった事を考えると、確実に腰にダメージがあったんだとわかった。
もう頑張ってショートに転向しようかな。

ちなみに、今日は波が凄い!!
朝5時時点で既にバシバシ波が来てた。
夕方になると肩~頭レベルの波が引っ切り無しに来てて、セットで頭オーバークラス!
セットは逃げるとして、肩位の波で沢山練習したーーーーい!!
しかも人は数人しかいないからトライし放題じゃん。
羨ましい限りだ・・・
俺が練習に丁度良いと思う波サイズは腰かな。
強くも無く弱くも無く練習には持ってこいだ!
人工波製造プールでも良いから日々練習したい。
まぁ、そんな便利な物があったらサーファーで溢れかえって自分の番が回ってくるのは一体いつなんだろうかって感じだな。

スポーツトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。