--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

09.12

百獣の王「ライオン」

サバンナの野生動物と言えば何と言っても、百獣の王で知られるライオンが最も有名だろう。
強さの象徴でもあるライオンだが、必ずしも最強でも無くチーターやハイエナの餌を横取りする横着者としても有名で、雄に至っては「狩りはしないくせにご馳走は雌を蹴散らして一番乗り」、「子供育てないし食べちゃうし」と結構最低なヤツだ。
しかもネコ科のくせにプライドという群れを作っちゃう例外なヤツでも知られている。
個人的には雄のタテガミが嫌いだし、顔がかわいくない・・・雌はかわいいんだけどね。
正直、チーター意外の大型肉食野生動物は余りにも危険過ぎると思っていた。
しかし、そんな常識を打ち破る動画を見つけてしまった。
ライオンは人に懐き易いと言われている。
それはプライドという名の群れを形成しているからだろうか・・・

↓ 動画多いので、続きをクリック ↓
まず、英語版から見て欲しい
■ライオンを育てたケヴィン・リチャードソンとライオン"クリスチャン"(英語完全版)


■ライオンを育てたケヴィン・リチャードソンとライオン"クリスチャン"(英語解説版)


■ライオンを育てたケビン・リチャードソンとライオン"クリスチャン"(日本語解説版)


売られていたライオンを人間の社会環境で育て、突然「野生に返すべき、それが幸せ」というのはただの身勝手な発言でしかないだろ!!と最初は思った。
今まで狩りもしてないし環境が全く違う。
人間の愛情で育てられた動物が突然愛情が無くなったらとても悲しいと思う。
結局は偽善者でしかないなと感動出来なかった。
テメーらの中ではハッピー物語かもしんねーけど、当事者はどうなんだよ!!とね。
まさか、経済的理由や近隣住宅理由で身勝手に野生に返すのが理由だったら、マジで言葉もねーわ!と。
だが、もし彼らに引き取られなく売れ残ったら殺処分されたかも知れないし、サーカスに安値で売り払われて愛情もない過酷な生活を送っていたかもしれない。(時代が時代だけに)
結果論だが、プライドも築けて生活出来ているから良かったのではと思うようになった。
----------------
野生雌ライオンに「オメー、なんか神経質で弱々しくね?」とばかりにちょいちょいイタズラされてたのがかわいかった。
それに対して、「ちょ、何すか、何すか・・・」とキョドってるのがやっぱり人間に育てられたんだなぁって^^
犬も人間しかいない狭い環境で育てられると同じような態度取るからみんな同じだねー
1年後会いに行ったシーンがあったが、最悪食われる覚悟していたのか?と思ったが、カメラもあるしどーせ銃持ってんだろ。
で、咬みつかれようものなら撃たれると!
テメーで偽善ぶって野生に放置しておいたくせに勝手に会いに行き、野生に適応するために否応無く凶暴にならざるを得ない状況にテメーらで追い込んでおいて、そのままの状態で対峙したら殺されると!一体どんな権利があるのかと聞きたいわな。
ライオンちゃんが知性高くて情に厚かったからハッピーエンドで終わっただけの話し。
だが、正直ライオンのこの学習能力というか情の厚さというか、これにはホントに驚かされた。
人間に飼われて何代目だったのかが気になるが、こんなに懐き易いのはなぜなのか。
イヌ科ならまだしもネコ科なのに、だ!

※1つ疑問があるのだけれど、タテガミのジャンボさがきっと成長度合いなのかなと思うのね。わざわざタテガミ切るはずもないし、ましてやライオンが切ることもないからね。
野生に放置するときって雌ライオンかと思うほど無いのね、タテガミ。
でね、子供がいるときのクリスチャンは中々ジャンボなんですよぉ、タテガミ。
そんでね、1年後の再会とやらの時にね、無いんですよ、タテガミが。
どういうこと?
定期的に散髪してあげてたのかな?
でも、1年振りなんだよね?
1年振りのクリスチャンと放置するときのクリスチャン、めっちゃクリソツなんです。
これ、どういうこと??
※雌がいる時って、クリスチャンのタテガミ無いね、つまり・・・放置時期のもの?
そんな瞬間的にプライドに入れたの?
そもそもプライドって一夫多妻制だよね?
雄同士の戦いがなければプライド作れない・・・
元々雌もいたのでは?
だって、プライドのくせに雌1匹しかいないし何か不自然。
1年後会えたのに、なぜそれ以降会えないの?
なんか、おかしいねー


■動物学者ケビン・リチャードソンに懐くライオンたち
その壱


泥水でライオンが抱きついてるのがタマラン><
しかし、手がデカいな・・・

その弐


後半の檻に入っていく所だけど、ほとんど捕食されてるのかと思う画なんですが・・・
最後、雌ライオンがハイエナにウザかったらしく、ガゥガゥし出したら危険を察知したのか、ハイエナを抱えて引き離したけど、ハイエナも懐いてる・・・これはタマラン!!
ハイエナ、結構かわいいンすけど!
けど、あの歯はちょっと怖い・・・刺して引き千切るというよりは噛み砕く系だから痛そう!!

その参


今度はワニさんですか!と。
もう何でもアリだな。
あのぉ、靴咬まれてますが・・・
ライオンちゃんはジャレてるだけだと思うんだけど、威力あり過ぎだよね。
毎回、対応するのに命懸け!
絶対してはいけない過ちは、爪で引っ掛かれて血を出さない事だろうね。
コイツ、んっめーー!!って思ったら喰われそうだし。
ライオンからすると、生かしておけば毎回ジャレ合えるし優しくさすってくれたりと自然界にはない癒しを与えてくれるけど、殺してしまったら大して食う所もないから食べ終わって癒しを与えてくれる人がいなくなったときのショックが計り知れなそう。
チーターの子供、かわいいなぁ
でもネコですらすぐに肌がボロボロになるからコイツらにチョイチョイされた程度で縫う位の傷負いそうなもんだよ。
豹もいるし、なんだコレ!
ちょっと思うんだけど、ライオンのじゃれ方が異常・・・
目もイッちゃってるしさぁ、これってマタタビ?
檻の中で持ってたスプレーってマタタビの液体かな?
みんなネコ系(ネコ目含む)だもんな。
ん?そういえば、ワニがいたな・・・

その四


わざわざ口の中に手を突っ込むな!!
バカだろ、マジで!
そういや、人懐こいチーターの口の中に指を突っ込んだバカ外国人がいたな。
暫く力入れて離してくれなかったから焦ってたけど、切断しても自業自得。
意味がわかんね、どんだけマゾだよ。

その五
南アフリカライオンパーク


このケビン・リチャードソンがオーナーみたい。
他の人にも懐いてるん。
十分な食事を与えて大満足にしてからマタタビで酔わせてるのかな?

■サーカスのライオン
その壱


その弐


一見微笑ましいだろうが、サーカスは虐待で成り立っている。
イザと言うときのための拳銃が腰にあるし!
ライオンの表情や対応がまるで違う。
威嚇してるもん。
嫌々なのが見て取れる。
一番右側の雌ライオンはもはや抵抗すらしない大人しさ。
大きなニャンコかと。
整列させて伏せてる映像、デラックスかわいすぎ><
雌ライオンがかわいいよ!といいつつ、触りに行けば食い殺される。
エラいツンデレだな。

■雌ライオンの情


本来、餌であるインパラ(?)の子供と一緒に過ごしている。
食べようとしたりするが、牙を突き刺す事が出来ず、躊躇っている。
ライオンは想像以上に情が深く知的な動物だったのだ。
完全な野生のライオンなのかどうかは不明だが、人間以外の餌を目にして食べるな!と教え込むのはかなり難しいと思える。
完全な野生の状態であるならば、ライオンという動物に期待をしてしまう。

■このサイズかわいいが後が怖そうだ


■犬と遊ぶトラ、ライオン


今だけ限定ほのぼの映像!
って、それでもちょっと大変そうなシェパード。

■クマもあります




クマたんの一撃はライオンちゃんより凄いっす。
大丈夫かな?
いつ、野生の血がたぎってもおかしくな・・・ブルブル
クマは単独なのが救いだが、正直ライオンよりも怖いっす。

■それでもライオンは怖い
http://www.telegraph.co.uk/travel/travelnews/6139806/Daily-Telegraph-writer-mauled-after-entering-lions-enclosure.html

これ、ヤバいね。
特に最後スイッチ入りかけてるし。
管理の人、全然ダメじゃん!
教育、環境の違いかな?
野生で育っちゃうと誰でもってのは難しいのかもねー
だって管理してる人も恐怖心持ってるもん。
基本的に動物相手に不安な気持ちは隠せないからねー、感じたら見下されると思う。
一瞬でも「怖い」と思ったら関係は成立しないと感じる。
それにしてもこのマッチョ(脱ぐと大した事ない・・・)なレポーターは驚くほど冷静で凄い!
ヤクでもキメてんじゃねーかと思う位に。
だってさ、あのヘナチョコ管理者が制御不能になったら食い殺されるんだぜ。
どんだけ痛いか想像してみなよ、悶絶とかそんな次元じゃないでしょーに。
出ろって言ってんのに悠長な行動で、助かりたくねーのか?と。
その悠長さで最後の足への咬み付きを喰らった訳だが、傷が結構凄いね。
まぁ、アレでしょ、また例の如く、檻の向こうから銃を構えてるんでしょ。
全体的にジャレ合った位で致命的な一撃を喰らったようにも見えないのに体が傷だらけ!
この破壊力は物凄い。
どうやったってライオンには勝てないね。
恐ろしいわ、大型肉食野生動物。
肩の傷、すげーなぁ・・・
もうちょっとでバックリいってたじゃん。
医者に診せたら全部縫われそう。
きっと、これテレビ放送するだろうからクールでカッコイイ自分を演出したんかな。
だけど、日本人に比べると外国人は危機感の感受性が低いらしい。
だから危険な事を平気でやっちゃうわけで・・・外国人からすると日本人はビビりなんだろうね。

■やっぱりライオンは怖い


この程度の咬みつきで肋骨4本イッちゃうとは・・・
元々警戒してるし機嫌が悪そう。
ライオンの管理が悪かったのかな。
そんな時に隣で怪しい動きをしてるもんだから、つい・・・
それにしても咄嗟にライオンの下顎を蹴り上げなかったら、そのまま咬まれて内臓潰れてたな。
女子の骨なんてライオンにとっちゃ軟骨程度だったのかな。


番外編


■まさに組織的行動の目覚め


最終的に助かったけど、あれだけ咬みつかれたから菌に感染して死は免れないんだろうな。
でも、悲痛の中喰われて死ぬよりは仲間と死ねるからマシかな(最期は一人置いていかれそう)
途中、ワニとライオンの取り合いが痛々しいが、ワニが勝ってたら奪還は不可能だったから結果オーライだね!
この群れのアフリカスイギュウちゃんがこの行動を当たり前のように行うようになったなら、物凄い進化だと思う。
まさに組織的行動の確立だ!


動物トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。